タグ:TOKIO

    1: 2016/10/22(土)17:39:19 ID:l87
    滑走路

    【TOKIOがDASH島でギリギリ作れなそうなもの】の続きを読む

    1: 2017/05/13(土) 20:26:45.31 ID:I0Bg7TaZ0
    no title

    no title

    【【画像】TOKIOさん、とんでもない格好で溶接をする】の続きを読む

    1: 2017/05/15(月)20:07:09 ID:b5Y
    新宿DASHとかあいつの冠企画的な感じだったのに来なくなったし。

    【TOKIOの中に一人だけいらないやつがいるよな?】の続きを読む

    1: 2017/05/13(土) 14:29:54.71 ID:CAP_USER9
     人気グループ・TOKIOの城島茂と山口達也が、14日に放送される日本テレビ系人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜 後7:00)で、“学会で発表するレベル”という超貴重な生物で幻とも呼ばれる古代サメ・ラブカを生きたまま捕獲したことが、わかった。

     これまでにも東京海底谷の生物調査を行っていた2人は今回、横浜DASH海岸を出発。東京湾の入り口にある「東京海底谷」を訪れた。そこは水深500メートルにも達する深海で、東京湾に注ぐ河川からの栄養が流れ込み“栄養豊富な深海”として世界的にも貴重な生物が棲みついている。

     ラブカの存在は、恐竜やシーラカンスよりも古く、4億年前から姿を変えずに現存する最古の魚類。発見したのは4月上旬。ロケの最中、深海に仕掛けた刺し網を漁船の上で引き上げ、グロテスクな姿が水面から姿を見せると「なんだこれは!」(城島)「うわぁ~気持ち悪い!」(山口)。2人が驚いている中、DASH海岸監修の木村尚氏は「ちょっと! これすごいですよ! 学者も驚くやつだ」と声をあげた。

     それもそのはず、古代サメ・ラブカが生きた状態で捕獲されることは殆ど無く、2004年にアメリカの無人探査船が生きて泳ぐ姿を撮影した時は、世界中のサメ学者が驚嘆する大ニュースにもなったのだ。生きた状態で現れたラブカに城島も「こりゃすごいことだぞ!」と興奮し、山口は「でも、なんか口の歯並びとか…見た目ヤバいよね」と驚きを隠せなかった。

    全文はソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000368-oric-ent

    【TOKIOが超貴重生物を発見!!!!】の続きを読む

    1: 2017/05/06(土) 16:16:08.86 ID:CAP_USER9
    TOKIOの国分太一(42)が司会をつとめる朝の情報番組、『ビビット』(TBS系)の視聴率の低迷が囁かれている。
    2015年に女優の真矢ミキ(53)とともにスタートした本番組は、番組開始時は3%の視聴率が、現在では2%に落ち込んでいる。
    また同時間帯の民放番組では、最下位を記録することもあるという。

    ちなみに国分はこの番組の前身にもあたる、『いっぷく!』(同)から司会を担当している。こちらも視聴率の上昇が見込めず、わずか1年で番組終了となった。
    同時間帯で人気を博しているのが、国分と同じジャニーズ事務所に所属するV6の井ノ原快彦(40)が司会をつとめる『あさイチ』(NHK)だ。
    こちらは、2010年から番組がスタートし、現在もなお継続中である。
    ともに司会をつとめるNHKアナウンサーの有働由美子(48)との掛け合いも話題を集め、幅広い層に支持され続けている。

    「『あさイチ』をきっかけに井ノ原は再び人気を上昇させました。実際に国分の起用もこうした井ノ原の人気ルートにあやかろうとしたものだったとも言われています。
    しかし、どうにもうまくいかないのが現状です。TBSとしても『いっぷく!』に続き終了を検討しているとか。
    これといった対策もなく、突然の解雇はジャニーズ事務所との関係もあるため、とりあえずギリギリまで放送を続けさせている状態なのでしょうね」(芸能関係者)

    この時刻は他の民放局も、『スッキリ!!』(日本テレビ系)、『モーニングショー』(テレビ朝日系)、『とくダネ!』(フジテレビ系)が放送され、凌ぎを削る時間帯だ。
    こうした中で新たな打開策が出るまで、TBSとしても現状維持を保つよりほかないようだ。

    ■TOKIOからも孤立状態?

    また国分については、TOKIOのメンバーの中でも「浮いている」という声が最近囁かれているという。
    特に国分の違和感は、彼らの冠番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)において顕著に表れていると言われている。

    「番組ではメンバーが自然に触れながら、本格的な農作業や無人島の開拓など“力仕事”を行っているのですが、
    国分の出番がほとんどないことがファンをざわつかせているようです。
    平日は毎日朝の生放送があるので、ロケ地まで通えないというのも理由としてあるのでしょう。
    しかし一部ではこうした体当たり企画を、国分自身が毛嫌いしているという声もあるようです」(前出・芸能関係者)

    メンバー間でもチームワークがよく、『鉄腕!DASH!!』内で見られるプロ顔負けの力仕事に精を出す姿に、
    ジャニーズでは珍しく男性ファンも多いといわれているTOKIO。そのなかでも国分はまとめ役を買って出ることが多い。

    「TOKIOのメンバーで、MCをつとめているイメージがあるのは国分と山口達也(45)くらいですが、メンバー全員が集まった際に仕切ることが多いのは国分が圧倒的。
    『ビビット』だけでなく、フィギュアスケートの中継やスポーツ番組でもキャスターや司会のキャリアもあるため、こうした役回りになるのは確かです。
    しかしこうした部分が最近では“出たがり”と捉えられる部分もあるようで、他のメンバーが控えめな分余計に浮いてしまっているようです」(前同)

    メンバー間格差とまではいかないが、国分が浮き切ってしまわないことを願うばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1307294/?page=2
    2017.05.06 11:45 デイリーニュースオンライン

    【TOKIOに深刻な内紛?あの人の番組低迷で”孤立”が表面化】の続きを読む

    1: 2017/04/10(月) 05:02:27.88 ID:CAP_USER9
    サンケイスポーツ 4/10(月) 5:00

     TOKIO・長瀬智也(38)が7月スタートのTBS系「ごめん、愛してる」(日曜後9・0)で、18年ぶりにラブストーリーの主演を務めることが9日、分かった。

     2004年に韓国で制作・放送された同名ドラマ(ソ・ジソブ主演)が原作。当時は「冬のソナタ」の27・6%を超える最高視聴率29・2%を記録する人気を誇り、日本では06年にテレビ東京系などで放送された。

     長瀬は母親の麗子に捨てられ、裏社会で生きる岡崎律を演じる。律は憎しみながらも思慕の情を抱く母と再会するが、母が別の息子、サトルに愛情を注ぐ現実に直面。さらにひょんなことで出会い、好意を抱いていた凛華がサトルに思いを寄せていたことも分かり、運命に翻弄されたヒロインと母をめぐる2つの三角関係を繰り広げる。

     男気あふれる雰囲気が魅力の長瀬にとっては、1999年のフジ系「砂の上の恋人たち」以来、久々のラブストーリー主演作。長瀬は「これまで『ラブなんか』とちょっと否定的でしたが、今回は素直に『自分がラブストーリーと向き合うならどうなるか』という思いでやりたい」と誓った。

     凛華役は吉岡里帆(24)で、今回が連ドラのヒロイン初挑戦となり、「ヒリヒリと痛い愛の物語と丁寧に向き合いたい」と長瀬との共演を心待ちにした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000502-sanspo-ent

    【【TOKIO】長瀬、TBS系「ごめん、愛してる」で18年ぶりラブストーリー主演】の続きを読む

    1: 2017/04/03(月) 14:27:49.49 0
    老害扱い

    【ハロプロにTOKIOがいた時にありがちなこと】の続きを読む


    【【嵐】二宮、TOKIOの山口にキレられるwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/03/21(火) 17:31:06.57 0
    俺だったら耐えられない

    【TOKIOって3年ライブやってないらしい】の続きを読む

    1: 2017/03/25(土) 15:33:03.019 ID:k6eYYpqQ0
    国分からボッコンボッコンにするところまで考えた

    【TOKIOと乱闘になった時の対処法教えて】の続きを読む

    このページのトップヘ