タグ:SMAP解散

    1: 2017/03/20(月) 09:53:30.10 ID:9l+w/l2i0
    稲 垣 吾 郎

    【SMAPで完全に消えたメンバーwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/03/12(日) 02:17:44.52 ID:qSYi52Hv0
    言うほど違和感ないな

    【SMAP解散してもう3か月になるけど】の続きを読む

    1: 2017/03/06(月) 13:04:53.40 ID:CAP_USER9
     元SMAPの中居正広と稲垣吾郎は30年ほど前、東京・原宿にあったジャニーズ合宿所に住んでいた。

     2人が入居する前にはたのきんトリオの田原俊彦、野村義男、近藤真彦のほか、男闘呼組の成田昭次、高橋一也、岡本健一、前田耕陽、さらに少年隊の植草克秀、錦織一清、東山紀之らが住んでおり、光GENJIの諸星和己が転がり込んでからは、連日、女性ファンであふれていた。

     中居が入居したのは、そんなスターたちが巣立った後。広い空間でTOKIO城島茂と2人となり、その後、稲垣が入寮した。当時からジャニーズを取材していたアイドル誌の編集者は、こう話す。

    「合宿所は未成年者ばかりなので、事務所からしょっちゅう確認の電話が入るんです。『○○くんは、ちゃんといる?』という抜き打ちチェックです。ある日、稲垣の在寮を確認する連絡が入ったのですが、稲垣は好きな女の子と外泊していました。すると中居は彼をかばおうと『いますよ。今、風呂に入ってるかな』と応答してその場を凌いだそうです(笑)」

     ウソはよくないが仲間をフォローしあうのも共同生活ではとても大事。さすがは男気ある中居だ。ところが稲垣は違った。

    「今度は中居が不在の日にチェックが入りました。でも、電話を取った稲垣は、あっさり『いません』と答えてしまったんです。これによってスタッフの間で“稲垣は正直者で、中居は嘘つき”という認識が広まってしまった(笑)。友だち思いの中居は稲垣に裏切られ、スタッフからの信頼もなくしたカッコウに‥‥。なんとも、かわいそうです」

     そんな出来事を乗り越え、後に2人はSMAPとして絆を深めていく。今、そんな10代の頃の思い出話を口にする2人の姿が見られないのは、なんとも寂しい限りだ。

    (北村ともこ)

    2017年3月6日 10時14分 アサジョ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12758768/

    【SMAPの亀裂はすでにこの時から?中居正広を売ったもう一人の裏切り者】の続きを読む

    1: 2017/03/06(月) 09:34:02.60 ID:CAP_USER9
     元SMAPの草なぎ剛(42)が、グループ解散後の自身について「良いスタートを切れてるんじゃないか」と語った。

     草なぎは6日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」にVTR出演。ソロになって「元々やっぱりSMAPだったので、グループじゃない僕1人になったので、責任だとかプレッシャーを感じてないというのはウソになっちゃうのかなと思う」としたが、「楽しめてる自分もいるし、良いスタートを切れてるんじゃないかと思ってます」と手応えを感じていることをうかがわせた。

     「自分のことを役者だと思ったことない。そんなのおこがましくて」という草なぎ。自身の10年後については「もちろん演じるのは好きなんで、10年後もこういう(役者の)仕事をやっていたい」と俳優業への意欲を見せた。その一方で「お芝居の延長としてギターができたらなぁ」と音楽活動への思いも明かし、軽部真一アナウンサーから「ソロアーティストとして何か歌うということも、100%なくはないですね?」と聞かれ、「そうですね」と笑顔を見せた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-01788299-nksports-ent

    【草なぎ剛、SMAP解散後の心境を語る】の続きを読む

    1: 2016/12/26(月) 23:16:00.993 ID:0/jFznO20
    わりとどうでもいい

    【SMAP解散について感想書いてけ】の続きを読む

    1: 2017/02/24(金) 00:51:39.33 ID:1tXTy+6o0
    なんだったのか

    【【悲報】SMAPが解散しても特にTVに影響がない】の続きを読む

    1: 2016/12/27(火) 14:55:41.77 ID:LGQ8ghNw0
    中居と一緒に泣いたで

    【SMAP解散が悲しいやつ集合】の続きを読む

    1: 2017/01/24(火) 00:07:31.89 ID:CAP_USER9
    女性自身 1/24(火) 0:00配信

     SMAP解散から1カ月になろうとしている。元メンバーの5人は、ソロでの活動を本格化しつつある。

     だが96年にSMAPを脱退し、オートレース選手に転身した森且行(42)の存在に、いまファンが“再結集”の
    希望を託しているという。

     森は、昨年の大みそかにキムタク以外のメンバー4人が都内の焼肉店に集まった“解散の宴”にも、
    ゲストとして参加していた。

     森の“5人への思い”を聞かせてほしい――。本誌は埼玉県内の自宅マンションから出てきた森を直撃した。

     1月14~17日開催のレースに出場し、最終日、1番人気となるも5着で日程を終えた森。オフとなった翌日、
    自宅マンションから出てきた。

     黒のキャップに黒いレザーのジャケットでデニム姿。マスクが大きく見えるほどの小顔で、首もとには
    “解散の宴”にも着てきていたルイヴィトンのストールが巻かれている。

     ――女性自身です。SMAP存続を願うステッカーを張ってレースに出ていましたね。

    「ああ、名刺はいらないよ(苦笑)。どう話しても、ちゃんと伝わらないし、話したくないです」

     ――大みそかに、メンバー4人とお会いになりましたね。

    「……何も言えないよ、さすがにね」

     苦笑まじりに答える森。だが、最後の質問には、しっかりとこう答えてくれた。

     ――元SMAPのみなさんには、どんな“思い”を?

    「頑張ってほしい、それしかないですよ」

     少し寂しげな様子だったが、森がSMAP解散について口を開いたのは初めて。口ぶりには力強さがあった。
    森くん、5人の絆を再びつなぎ合わせる“キーマン”をお願いします!

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170124-00010000-jisin-ent
    https://pbs.twimg.com/media/C23TMrFUcAA0nnA.jpg

    【森且行 SMAP解散から1カ月…初めて語った“5人への思い”】の続きを読む

    1: 2017/01/11(水) 23:14:02.49 ID:CAP_USER9
    さらに、4人の独立を認める条件として業界を揺るがす人事案も出てきた。
     
    「でジャニー社長は勇退を考えるようになった。会長職に退きジュリー氏を一気に社長に昇格させ、ジャニーズ事務所の一新を図るというんです。
    業界ではジャニーズの衰退に繋がるのか、あるいは新たに強力な組織として生まれ変わるのか、興味津々ですね」(同)

    いずれにせよ、中居、香取、草なぎ、稲垣ら4人を引き取り、まとめるキーマンと見られているのが元マネージャーのI女史だ。
    「それこそ名だたる芸能プロが水面下で動いていたが、最終的に二つのプランに絞られている。
    一つは解散騒動の際、木村のドタキャンで流れてしまった田辺エージェンシーに所属、もう一つは4人の新事務所を設立する案です」(芸能関係者)

    残る1人、木村には4月以降、家族と共にフランスに移住する青写真が浮上している。
    「妻の工藤静香との間に15歳と13歳になる2人の娘がおり、この自慢の愛娘は都内のインターナショナルスクールに通っていて、英語もフランス語もペラペラ。
    おまけにフルートとピアノが得意。特にフルートに関しては、某有名音楽スクールのコンクールで最優秀賞を受賞したこともある才媛だ。
    ルックスもいい。過去に何度も大手芸能プロダクションからデビューオファーがあったそうです」(音楽関係者)

    ところが、木村と工藤は芸能人になることを絶対に許さないという。
    「そもそも、インターナショナル校だからミーハーな日本人はまずいない。木村は2人の娘に自分の仕事のことはほとんど話さない。
    だから、木村が芸能人であることは薄々知ってはいるものの、詳しいことは何も知らない状態だそうだ。
    工藤のことも元モデルで現在は画家だと信じて込んでいるんです。2人の娘はSMAPが解散することさえ知らなかったらしい」(同)

    なぜ、木村は家族で日本を脱出しようとするのか。そこには2人の娘に不利益が及ぶことを警戒しているのだという。
    「一番はイジメです。現在はインターだからまだいいが、もし日本の高校に進学したら間違いなく娘たちは心ない誹謗中傷に晒される。
    悩んだ結果、娘の教育環境を最優先するために家族で移住することにしたそうだ。

    木村は仕事がある時だけ日本に帰って来る逆出稼ぎスタイルを取る腹を固めたようだ。
    1人で活動していく自信がないのか人気急落を防ぐためか、木村は今後もSMAPの名前を使用し続けますからね」(同)

    波乱はまだまだ続く。

    2017年1月11日 15時0分 週刊実話
    http://news.livedoor.com/article/detail/12523518/

    イラスト
    no title

    【<SMAP解散問題>中居正広「独立」vs木村拓哉「フランス移住」】の続きを読む

    1: 2017/01/09(月) 08:28:42.38 ID:CAP_USER9
     辣腕マネージャーと共に「SMAP」は揃って事務所を退社する――。5人はむろん、メリー喜多川副社長ら「帝国」トップも了解済みの案件だった。だが、この団結に亀裂が入り、癒えない傷を生む。2015年大晦日、紅白歌合戦の本番直前、ある男の一言から。

     ***

     SMAPは16年8月に解散を発表。なのに「スマスマ」(フジテレビ系)には出演を続けるほかなかった。スポンサーとテレビ局のしがらみにつながれているからだ。真実の姿に戻ろうとしても5人に生ぬるい拷問が続くようだった。

     一方で、NHKは、「紅白歌合戦で最後の歌声を」とオファーを重ねてきたが、ついに叶わなかった。通算23回。スマスマ同様に5人を育てた紅白への出場拒否は、彼らのお子さまぶりを際立たせたが、その背後には抜きさしならぬ理由があったのも事実だ。

     木村拓哉(44)以外の4人、すなわち中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)にとっての「紅白のトラウマ」である。

     それを物語るには、15年の秋にさかのぼらねばならない。

    ■“みなさんを驚かせるようなことが…”

     本誌(「週刊新潮」)既報の通り、その頃から、5人組と育ての親である飯島三智チーフマネージャー(58)は独立を画策。その後ろ盾として、芸能界のドンこと田邊昭知氏が率いる「田辺エージェンシー」がつくことも織り込まれていた。というのも、

    「事務所を飛び出して芸能界で生きていくには田邊さんを頼るほかなかったから」

     と、ジャニーズ事務所の関係者のひとりが告白する。

    「当初、ジャニーズのメリーさん(喜多川・副社長)は激怒していました。ただ、事務所を抜けてもコンサートの売り上げやグッズ販売の一部を上納するという条項を付けることで、これを諒としたんです」

     16年はSMAPのデビュー四半世紀の記念イヤー。その年のしかるべき時機を捉え、「円満退社」することで事が進んでいた。そんな矢先の15年12月30日。5人は紅白恒例のフォト・セッションに臨んでいた。

    「彼らを囲んで来年の見通しについて問いかけた際のことです」

     と、現場にいた担当記者。何のひねりもない、お約束の質問に倦むような空気が流れた。

    「このとき木村は“みなさんを驚かせるようなことが起きると思いますよ”と答えました。われわれとしては、残りのメンバーへの『檄』だと捉えた。水面下でごたごたはあったけれど、25周年ライブを頑張ろうぜ、というものですね。結局それは幻に終わってしまったわけですが……」

     そんななか、居合わせた別の記者は、

    「そのときに少し気になっていたことがあります」

     とし、こう継ぐ。

    「この撮影場所にやってくるまで、木村だけが残りの4人と20メートルくらい距離を取っていたんです。何らかの意図を感じましたが、そのときはなかなか答えが見つかりませんでした」

    ■紅白本番でのワンシーン

     先の関係者はこう打ち明ける。

    「木村は31日、メリーさんに対し、“自分はジャニーズに残ります”と意思表示をしている。そして、その話はNHKホール入りする直前、飯島さんを通じて、他の4人のメンバーにも伝えられました。彼らは最後まで木村も一緒に事務所を出ると信じて疑わなかった。だから、“えっ、決まった話なのに……なんで?”と。心ここにあらずというのかな、そんな状態に置かれたんです」

     超優良中小企業から、ドンの援護があるとはいえベンチャーへ。未来への心配が、メンバー唯一の妻帯者・木村の心に忍び込んでいたとしても不思議ではない。

     彼の動揺と言えなくもないシーンが紅白本番であった。

     5人が15年に初登場した「NHKのど自慢」に言及し、その魅力をリレーで伝えていく場面である。

     香取、稲垣、草なぎと引き継がれた台本棒読みのメッセージを、「のど自慢」でおなじみの鐘に気取るように手をかけた木村が引き取って、

    「みなさん、本当にこの鐘を鳴らそうと必死に歌っている姿は本当にみなさん輝いて見しぇま、見えました」

     そうやって派手に噛み、バツが悪そうな顔をし、中居にバトンをうまくつなぐことができなかった。

     いずれにせよ、SMAPが「4対1」に分かれ、「4」が紅白を忌避し続ける理由である。

    週刊新潮2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号 掲載
    http://www.dailyshincho.jp/article/2017/01080805/?all=1
    no title


    【SMAP解散、「4対1」の亀裂を生んだ2015大晦日の出来事】の続きを読む

    このページのトップヘ