タグ:NHK

    1: 2019/07/24(水) 16:21:30.05 ID:SbL65usi9
     NHKは24日、東京・渋谷の同局で定例の総局長会見を開いた。

     NHKは17日、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに、同事務所を退社したSMAPの元メンバー稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を出演させないよう
    圧力をかけた疑いがあり、公正取引委員会が独禁法違反につながる恐れがあるとしてジャニーズ事務所を注意したと、先駆けて報道じた。ジャニーズ事務所は
    同日、公式HPで声明を発表し「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はない」「公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や
    警告を受けたものでもありません」としていた。

     この日、会見でこの件が問われると、同局編成幹部が回答に立ち、「調査は公取委が行っているものです」と説明。ジャニーズ事務所からNHKへの圧力に関しては
    「圧力に関してはまったくありません」とした。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000097-dal-ent

    【NHK、ジャニーズ事務所から「圧力に関しては全くありません」】の続きを読む

    1: 2018/11/27(火) 20:11:04.74 ID:CAP_USER9
    関ジャニ∞の村上信五(36)が、レギュラー出演する26日放送の日本テレビ系「月曜から夜ふかし」(月曜・後11時59分)でNHKに向け異例の“紅白司会へのお願い”を行った。

    これまでにも同番組で「紅白司会やりたい宣言」を公表し、今年の男性司会に嵐の櫻井翔(36)が決まったあとにも、「(櫻井や有力視された嵐・松本潤と)競ったと思うよ」などと語っていた村上。
    すでに来年(19年)の司会を狙っているようだが、マツコ・デラックス(46)は「来年は元号が変わるし、オリンピック前の紅白でしょ。(そんな大事な年の司会に)絶対来ねえじゃん」と一蹴した。

     これに「いやいや、分からないから」と反論した村上は、「新しく世の中が変わっていくという時に、チャレンジや。NHKはチャレンジや」と、変革の時こそ自分が必要と猛アピール。これにはマツコも勢いに押された様子で「ここまでやる気なんで、NHKのみなさん。
    どうにか来年、村上さんにお願いできないでしょうか」と、他局の電波を使って売り込んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000123-sph-ent

    【【 関ジャニ】村上&マツコ、日テレ番組でNHKに異例の“お願い”】の続きを読む

    1: 2017/02/23(木) 08:31:43.35 ID:CAP_USER9
     昨年大みそかをもって解散した「SMAP」が2011年に出演したNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の再放送を望む声が今年1月も多数、同局に寄せられたことが、23日までに同局公式サイトで公表された「視聴者対応月次報告 平成29年1月」で分かった。解散してなお、国民的グループの人気が実証された。

     1月、視聴者から同局に届いた再放送の問い合わせと要望は1万897件。再放送希望上位10番組のうち、「プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル“完全版”(BSプレミアム)」が1位(499件)、「プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル」が5位(189件)にランクインした。

     SMAPは11年10月10日に放送された同番組の第161回「SMAPスペシャル 挑み続ける5人のすべて」で取り上げられた。

     「プロフェッショナル 仕事の流儀 SMAPスペシャル“完全版”(BSプレミアム)」は昨年10月から4カ月連続して再放送希望番組1位。昨年10月は1955件、同11月は2378件、同12月は1351件。1月は499件と数こそ減ったものの、1位となった。

    スポニチアネックス 2/23(木) 8:25配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000079-spnannex-ent

    【【SMAP】解散してなお、国民的グループの人気が実証される】の続きを読む

    1: 2016/11/29(火) 11:39:00.92 ID:CAP_USER9
    ◆和田アキ子落選はSMAP枠確保が理由だった!一方でNHKがSMAP紅白出場で提示したえげつない交換条件とは

    11月24日に発表された2016年紅白歌合戦の出場歌手の数が昨年より5組程度少ない46組だったことについて、
    女性自身は「SMAPの出場枠15分確保のため」と報じています。
    さらにSMAPを出場させるため、NHKは破格の条件を提示していたとFLASHが報じています。

    ***********
    [以下引用]

    昨年は、51組の歌手が出演した紅白歌合戦。
    だが今年の出場歌手として発表されたのは、それより5組も少ない46組だけだった。
     
    「今年は“なんとしてもSMAPに出演してもらいたい”というのがNHKの悲願。
    解散発表があった8月から、NHKは紅白への出演交渉を続けてきました。
    じつはその中で、SMAPの5人にNHK側の“熱意”を示すため、昨年よりも出場歌手を減らし、
    SMAPの“出演枠”を確保したのが、今回、出場歌手が5組も減った理由なんです」(NHK関係者)
     
    紅白での歌手1組の持ち時間は約3分といわれる。
    つまり、“奇跡の出演”が実現した場合のため、NHKは3分×5組=15分をSMAPのために確保しているということ。
    だが、5組も出場枠が減った影響は小さくなかった。
     
    「もっとも煽りを受けたのが和田さんなんです。例年どおりであれば、確実に和田さんは“当確”でしたが……。
    ただ、理由はそれだけではありません。じつはNHKは、毎年独自に“紅白で見たい歌手”を調査しているんです。
    順位は極秘ですが10年ほど前までは、和田さんは必ず20位以内に入っていました。
    それが近年は名前が入らない年も多く、NHK側も“いつかは……”と考えていたんです」(制作関係者)

    [女性自身]
    ***********

    NHKの公式サイトによると、2016年の紅白歌合戦出場歌手は確かに46組。
    2015年が紅組白組ともに26組ですから合計52組なので、女性自身の51組は間違ってますね。
    ただ、昨年比だけでなく、2013、2014年は51組、2012年は50組、2011年は55組と、過去5年は50組は超えています。

    その前、2010年は桑田佳祐さんが癌での闘病後久々の表舞台として紅白に出た年は44組でしたが、
    この年は前年より放送時間が15分短かく255分でした。
    そして、2016年については過去5年と同じ265分であると発表されていますので、
    多いときは55組も出場したのに今年は46組と思うと、過去5年比、最大で9組も少ないわけです。

    紅白歌合戦はこのところ歌だけでなく合間のイベントにも力を入れていますし、
    ギリギリで出場歌手が発表されることもあるので単純に比較はできませんが、
    NHK自体SMAPのことは諦めていないと公言していますから、
    SMAPのための処置が入っていることは間違いないでしょうね。

    出場歌手を減らさなければいけない中で対象になったのが和田アキ子さんであったのは、
    そのNHKのアンケートの結果が影響しているのでしょうけれども。

    NHKが必死なのはSMAP出場と引き換えにジャニーズに提示した条件からもわかります。
    なんと今日発売のFLASHによると、8月にSMAPの解散が発表された翌日から、
    SMAPの紅白出場を求めるNHK局員による連日の「ジャニーズ詣で」が始まったといいます。
    その中での口説き文句には「今後、何年でも紅白の司会をジャニーズタレントにまかせてもいい」というものがあったんだとか。

    このところジャニタレの司会が定番になっているとはいえ、えげつないですね。
    そもそも今年の紅白のチーフプロデューサーである矢島良さんは『のど自慢』の人ですが、
    『のど自慢』はSMAPとしても出場経験がありますが、中でも香取さんは一人でも何度か出ており、
    矢島さんが今回紅白のチーフプロデューサーに選ばれたのはその縁もあるとFLASHにはありました。

    芸能スクープ、今旬ナビ!! 2016年11月29日 10:06
    http://www.imashun-navi.com/article/444436110.html

    >>2以降へ続きます。

    【【SMAP】NHKが紅白出場で提示したえげつない交換条件とは】の続きを読む

    1: 2016/11/11(金) 15:21:51.95 ID:CAP_USER9
    SMAPの稲垣吾郎(42)が12日未明に放送されたTBS系トーク番組「ゴロウ・デラックス」に出演し、NHKの朝の連続テレビ小説への出演に意欲を見せた。

    この日の放送は脚本家の中園ミホ氏(57)がゲストとして登場。担当した「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日)や「やまとなでしこ」(フジテレビ)などの人気ドラマ制作の舞台裏を明かした。

    数々のヒット作を手がけてきた中園氏の近年の大仕事といえば、平均視聴率22・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したNHKの朝ドラ「花子とアン」(2014年)だ。
    「毎日書かないと絶対無理です」と語るほどのハードスケジュールとあって「二日酔いとか絶対できない」と振り返りながら「でも、しちゃうんです。次の日、死に物狂いで書く」とおどけた。

    もう一度朝ドラを担当することについては「私は無理です」と即答。これに稲垣がすぐさま反応し「やりましょうよ、朝ドラ。出してください、僕を。やりましょう!」と朝ドラ出演を熱望した。

    すると、中園氏も「あ、そう出る?」と先ほどとはうってかわって前向きな回答。自身の担当作品への出演オファーを何度も出していたが、実現しなかっただけに、稲垣の“おねだり”に、まんざらでもない様子だった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12268955/
    2016年11月11日 13時1分 東スポWeb

    【【SMAP】稲垣、NHK朝ドラ出演!?】の続きを読む

    1: 2016/10/17(月) 20:26:29.04 ID:CAP_USER9
    12月31日で解散するSMAPだが、同日放送される『NHK紅白歌合戦』でラストパフォーマンスを見せるのか否か、いまだ決定していない。
    一部報道によれば、木村拓哉(43)は出場に前向きな姿勢を見せているというが、『紅白』出演を希望する理由は、少なくとも「ファンやグループのため」ではないようだ。

    「CDデビュー25周年の記念イヤーにグループ崩壊したSMAP。当初予定されていた記念コンサートの話も聞かなくなり、
    現状、解散までの約2ヶ月半に残されているのは12月21日に発売される記念アルバムと、同28日発売の映像集のみ。
    ファンの間では『最後にもう一度グループのステージを観たい!』といった声もあり、
    NHKとしてもSMAPを今年の『紅白』の“目玉”にするべく熱烈オファーを出しているのですが、当のSMAPサイドが乗り気ではない。
    一部メンバーがすでにヤル気を失っているので、なかなか首を縦に振らない状態が続いています」(スポーツ紙記者)

    ■身勝手な木村拓哉の皮算用

    そんななか、どのメンバーよりも『紅白』出場に意欲的と言われているのが木村だ。

    「木村はもともと解散に反対していたことから、“ならば、せめて『紅白』でファンに感謝を伝えよう”と考えての前向きな姿勢だと思われていました。
    ところが最近、木村の真意が別のところにあることが分かった。
    実は、彼は2018年度のNHK大河ドラマの主演を狙っているんです」(テレビ局関係者)

    NHKは今年9月、2018年度の大河『西郷どん』の制作発表を行ったが、主演はまだ決まっていない。

    「そこへ、木村サイドが猛烈な“逆オファー”を掛けています。木村は解散騒動で好感度を失ってしまったことから、大河主演で名誉挽回したいという思いがあるのでしょう。
    NHKの起用基準は“実績”、つまり局への貢献度が重視されるため、“SMAPの『紅白』出場”は木村にとって逃したくない実績なのです」(前出・テレビ局関係者)

    しかし、その一方で「他メンバーからすれば、そもそもグループ崩壊の一翼を担った木村に、これ以上利用されるのは御免だろう」(前同)と見られている。
    木村の思惑も虚しく、SMAPの『紅白』出場はやはり絶望的ということか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1212701/
    2016.10.17 20:05 デイリーニュースオンライン

    【【SMAP】目的は大河ドラマ主演?木村拓哉だけが”紅白”に固執するワケ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/09/18(日) 16:29:24.13 0
    ワロタ

    【嵐がNHKで東京オリンピックパラリンピックの長時間番組をやる件でSMAPヲタが激怒してる件】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/09/18(日) 17:21:40.06 ID:CAP_USER9
    オリコン 9月18日 17時5分配信

     人気アイドルグループ・嵐のメンバーが全員出演する番組『嵐スタジアム』が
    10月10日(後7:30~8:45)にNHK総合テレビで放送されることが決まった。
    メンバーそれぞれが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを皆で
    楽しむため、独自に取材してきたさまざまなテーマをプレゼンし、そのテーマに沿った
    クイズやゲーム形式のコーナーを交えながら進行する。

     同局でレギュラー番組『グッと!スポーツ』(毎週火曜 後10:25~11:00)に
    出演中の相葉雅紀は、「たくさんアスリートから、それぞれの経験や裏話が聞けて、
    これまで以上にスポーツとの関わりが増え、今回の番組も非常に楽しみに
    しています。普段は僕一人でお話を伺っていますが、今回は嵐の皆と一緒に
    楽しむことができるので、いつも以上に盛り上がると期待しています!」と
    気合い十分。

     「リオでたくさんの感動が生まれ大野、いよいよ東京大会に向けて期待の高まり」を
    感じている相葉は今回の番組を通して「日本中の皆さんにたくさんの希望が届くよう、
    精一杯頑張ります」と話している。

     相葉は、オリンピックで活躍したアスリートたちのリオでの熱戦の舞台裏を聞き出す
    コーナーを担当。プロ・アマ問わずさまざまな分野の選手たちと、レギュラー番組で
    触れ合ってきた相葉ならではの視点で、アスリートたちの知られざる思いに迫る。

     櫻井翔は、新国立競技場の設計を共同企業体の一員として担当した建築家・
    隈研吾氏のもとを訪ね、新しいスタジアムについてインタビューする。これから
    建設が始まる新国立競技場の建設予定地にも足を運び、巨大プロジェクトの
    スケールを目の当たりにする。二宮和也は、東京大会に新たに追加される種目の
    注目選手を紹介。

     大野智は、1964年の東京オリンピックが広く普及するきっかけとなった
    ピクトグラムの世界を紹介するコーナーを担当する。松本潤は、宮城県石巻市にある、
    旧国立競技場の聖火台をめぐる物語を取材し、東日本大震災の被災地から
    2020年への希望のメッセージを届ける。

     同番組が放送される10月10日は、1964年東京オリンピックの開会式が
    行われた日、体育の日。この日、NHKでは、4年後の東京オリンピック・
    パラリンピックに向けた12時間にわたり特集番組“テレソン”を放送。
    『嵐スタジアム』はそのグランドフィナーレを飾る番組として放送される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00000309-oric-ent

    【【嵐】メンバー5人といまから楽しむ東京五輪2020特番10・10放送決定】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/04/20(水) 13:02:36.95 ID:CAP_USER*.net
    ジャニーズのMC進出が止まらない。4月から嵐の相葉雅紀(33)が『グッと!スポーツ』(NHK)のMCに参戦。
    Hey!Say!JUMPの伊野尾慧(25)は『めざましテレビ』(フジテレビ系)木曜レギュラーと、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)初の男性MCに大抜擢されることとなった。

    ジャニーズタレントのMCといえば、『あさイチ』(NHK)の井ノ原快彦(39)、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の櫻井翔(34)、『news every.』の小山慶一郎(31)、
    『白熱ライブ ビビット』の国分太一(41)と、すでに多くの先例はあった。よほどうまみがあるのだろう、ますます拍車がかかっている感がある。

    ■月9『ラブソング』に圧勝した『月曜から夜ふかし』

    芸能事務所のパワーバランスを背景にしたキャスティングに当初、世間の反応は冷ややかだった。

    「顕著なのが関ジャニ∞の村上信五(34)です。当初はジャニーズのゴリ押し、世間は求めていないと批判の声も聞こえました。
    ところが、いざやってみたらさばきは抜群。村上が司会をする『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は、深夜放送にも関わらず視聴率10%前後を出し、
    4月11日放送のスペシャル回は15.9%をたたき出した。福山雅治(47)主演の『ラブソング』初回の10.6%に圧勝したのだから見事」

    見事にハマった采配。実は、これが今のジャニーズの新しい戦略だった。

    ■ドラマ、音楽番組に替わる力の源

    ジャニーズに詳しい関係者は語る。

    「かつてジャニーズはドラマや音楽番組に出演させることで、知名度をあげてきました。
    しかし今、ドラマは低視聴率で、主演に抜擢されても低視聴率のレッテルを張られてしまう。
    一方の音楽番組はどんどんなくなり、露出効果を狙うことも難しい。そこでジャニーズは新たな戦略としてMC枠拡大に乗り出したのです。
    MCなら番組が続く限り長期で露出でき、それまでジャニーズに興味がなかった層にもアプローチできる。
    既存のファンにはアイドルではない新しい面を見せ、MCとして成長していく姿を見せることできます。非常に練られた戦略なんです」

    MC番組を持つということは、それだけ番組への影響力を強めるのと同義だ。ここにも大きなメリットがある。

    「司会をしてる番組には他のジャニーズタレントを呼びやすい。
    つまり、バーターがしやすい。これまで力の源泉だった音楽番組やドラマが少ない時代であっても、
    あらゆる局に根を張ることができ、若手もバーターで出演させられるのです」(前出・関係者)

    かくして強固な影響力を築き上げたジャニーズ事務所。新たな試みを視聴者はどう受け止めるだろうか。


    http://dailynewsonline.jp/article/1118648/
    2016.04.20 12:06 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】相葉もNHKで抜擢…ジャニーズが”MC”に進出する舞台裏】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 投稿日:2016/04/10(日) 07:23:27.93 ID:CAP
    嵐の相葉雅紀(33)がNHKでMCに抜擢された「グッと!スポーツ」(火曜22時25分)。

    毎回、スポーツ選手を迎えてプレーを解説したり本音に迫ったりするバラエティーで、初回ゲストは卓球の石川佳純(23歳、大人になったし、私服だとなんだかカワイイぞ!)。

    相葉は「相葉マナブ」(テレビ朝日系)もやっているからか、進行はソツなくこなしている印象だ。
    スタジオで石川のサーブを体感する時も、アイドルMCにありがちなムキになるところはまったくなく、レシーブできないヘタレな姿で笑いを取れる幅の広さがある。

    少し舌ったらずなところは気になるにしても、石川のような若い女性ゲストは相葉くん相手だと楽しそうに話す(来週の放送では、相葉が石川と福原愛との関係にも切り込むようだ)。

    番組自体は卓球の試合に加え、同級生のプライベート秘話などVTRがよくできている。嵐のメンバーの新番組だから用意周到に準備し、制作してるって感じ

    それにしてもNHKに嵐がバラ売りでバラエティーを持つようになるとは……。
    今までもEテレでは「Rの法則」で山口達也、「テストの花道ニューベンゼミ」で城島茂(ともにTOKIO)、「みんなの手話」で三宅健がMCを務めている。
    ただし、これらは教養や趣味の番組だから、NHK総合では「あさイチ」の井ノ原快彦に続いてジャニーズバラ売りMCは2人目になるのではないか。

    民放に比べれば“ジャニーズ冠もの”は圧倒的に少ないとはいえ、人気絶頂の嵐メンバーのレギュラーを制作するということは
    今後、NHKのジャニーズ番組ラッシュが起こる流れなのだろう。

    NHKは4月から夜枠にバラエティーが増えた。ジャニーズと関係ないが、林修の番組もスタート。
    この春は「夜のNHKが変わります!」としきりにアピールしている。それって単に“強力な事務所の人気者を使うバラエティーを始めます”ってことなんじゃないの?

    民放みたいに同じ顔ぶれのタレントに頼らないところがNHKの利点(個性)なのに、不景気で大手事務所に頭が上がらない民放の後追いをしてどうなるのか。
    それならいっそCMを流して、民営化したらどうだろう。そう言いたくなるくらいに、NHKと他局の差異はなくなりそうだ。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/179172
    2016年4月10日

    no title

    【【嵐】相葉MC抜擢はNHK“ジャニーズラッシュ”の前触れか?】の続きを読む

    このページのトップヘ