タグ:99.9

    • カテゴリ:
    1: 2018/02/13(火) 10:24:52.45 ID:CAP_USER9
    「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の第5話が11日に放送され、平均視聴率は17・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

    日曜劇場の記念すべき100作品目(93年4月期の連続ドラマ枠移行後から)で、16年に最高視聴率19・1%、全話平均視聴率17・2%と大ヒットした人気作の続編。

    初回15・1%で好発進すると、第2話は18・0%と大幅に上昇し、18日放送のテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)初回の15・7%を超えて1月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち1位に。
    第3話=16・2%、第4話=16・8%と好調に推移していた。

    平昌五輪のフリースタイル「女子モーグル決勝」が同時間帯にNHK総合で放送されたが、前週より0・2ポイント数字を上げた。

    個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。
    松本は、前作に引き続き、99・9%有罪とみなされた案件でも、残された0・1%の事実を納得するまで追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士、深山大翔を演じる。
    深山とチームを組む敏腕弁護士の佐田篤弘役を、前作同様香川照之(51)が、また、新キャストとして木村文乃(30)、「アジアン」馬場園梓(36)が加入。
    おなじみのパラリーガル・明石役の片桐仁(44)、藤野役のマギー(45)らの軽妙なやり取りも健在。

    第5話は女子高生・工藤久美子(清原果那)に対する強制わいせつ事件にまつわる物語。
    警察に脅されて自白した被告人・山崎大輝の無実を証明すべく、深山らが奔走するも、裁判官の遠藤(甲本雅裕)は弁護側に一貫して頑なな姿勢で弁護側の主張を採用しようとしない…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000093-spnannex-ent

    【【嵐】松本潤主演「99.9」第5話は17・0% 平昌五輪裏で絶好調キープ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/02/05(月) 10:15:03.74 ID:CAP_USER9
    「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の第4話が4日に放送され、平均視聴率は16・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。

    日曜劇場の記念すべき100作品目(93年4月期の連続ドラマ枠移行後から)で、最高視聴率19・1%、全話平均視聴率17・2%と大ヒットした人気作の続編。

    初回15・1%で好発進すると、第2話は18・0%と大幅に上昇し、18日放送のテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)初回の15・7%を超えて1月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち1位に。第3話も16・2%と好調に推移し、第4話はそこから0・6ポイント上昇した。

    個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。
    松本は、前作に引き続き、99・9%有罪とみなされた案件でも、残された0・1%の事実を納得するまで追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士、深山大翔を演じる。
    深山とチームを組む敏腕弁護士の佐田篤弘役を、前作同様香川照之(51)が、また、新キャストとして木村文乃(30)、「アジアン」馬場園梓(36)が加入。
    おなじみのパラリーガル・明石役の片桐仁(44)、藤野役のマギー(45)らの軽妙なやり取りも健在。

    第4話の被疑者は、岩村梢(有森也実)の夫で工場の社長・岩村直樹。
    直樹は、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後、自殺したとされた。
    その後、事件は被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分に。
    梢は幸次郎の兄でタナハシ機械製作所の社長・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされており、何としても直樹の無実を立証してほしいと依頼してきた…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000094-spnannex-ent

    【【嵐】松本潤主演「99.9」第4話は16・8% 好調維持】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/01/29(月) 10:07:17.32 ID:CAP_USER9
    28日に放送された「嵐」の松本潤(34)主演のTBS系日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士―SEASON2」(日曜・後9時)の第3回の平均視聴率が16・2%だったことが29日、分かった。 
    初回は15・1%で好発進。
    第2話は2・9ポイントの大幅アップを果たし、18・0%をマーク。
    今回は1・8ポイントダウンしたものの高数字を維持した。

    個性豊かな刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいくリーガルドラマ・シリーズの第2弾。
    第1弾は2016年4月期に放送され、初回15・5%でスタート。
    最終回は番組最高タイの19・1%で有終の美を飾っていた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000053-sph-ent

    【【嵐】松潤主演「99・9―刑事専門弁護士―SEASON2」第3話、16・2%で好調キープ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/01/22(月) 09:16:50.82 ID:CAP_USER9
    「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の第2話が21日に15分拡大で放送され、平均視聴率は18・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。

    日曜劇場の記念すべき100作品目(93年4月期の連続ドラマ枠移行後から)で、最高視聴率19・1%、全話平均視聴率17・2%と大ヒットした人気作の続編。
    初回の平均視聴率は15・1%で、シーズン2も好スタートを切っていた。

    個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。
    松本は、前作に引き続き、99・9%有罪とみなされた案件でも、残された0・1%の事実を納得するまで追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士、深山大翔を演じる。
    深山とチームを組む敏腕弁護士の佐田篤弘役を、前作同様香川照之(51)が、また、新キャストとして木村文乃(30)、「アジアン」馬場園梓(36)が加入。
    おなじみのパラリーガル・明石役の片桐仁(44)、藤野役のマギー(45)らの軽妙なやり取りも健在。

    第2話は、深山(松本)は、美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていた。
    美由紀は、26年前に、深山の父親・大介(首藤康之)が逮捕された殺人事件の被害者・美里の妹だった。
    美由紀が深山に渡したのは見覚えのない水晶の遺留品。
    当時、事件現場に落ちていて、美里の遺留品として警察から母親に返されていた。
    しかし、それは美里のものでもなく、大介のものでもなかった…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000086-spnannex-ent

    【【嵐】松本潤主演「99.9」第2話は視聴率18・0%!!!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/01/15(月) 09:43:06.18 ID:CAP_USER9
    人気グループ・嵐の松本潤が主演するTBS系連続ドラマ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASONII』(毎週日曜 後9:00※初回25分拡大)が14日放送され、初回平均視聴率が15.1%だったことが15日わかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    同ドラマは2016年4月に放送された人気シリーズ第2弾。
    日本の刑事裁判における有罪率は99.9%で、いったん起訴されたらほぼ有罪が確定してしまう。
    そんな残りの0.1%に隠された事実に挑む弁護士たちの姿を追ったリーガル・エンターテインメントを描く。
    松本は超型破りな弁護士・深山大翔を演じている。

    第1話では、常識はずれな深山に振り回されて、刑事事件専門ルームの室長はなかなか定着せず、所長・斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていた。
    そこで、斑目から白羽の矢が立ったのは、民事の仕事に戻っていた敏腕弁護士・佐田篤弘(香川照之)。
    抵抗する佐田だったが、刑事事件専門ルームの後任を探すまでの兼務ということと、後任が見つかったら、マネージングパートナーを譲るということを条件に渋々承諾。
    再び深山と佐田の名コンビが復活する。

    そんな中、依頼人として、ある殺人事件の加害者・鈴木二郎の娘である加代がやってくる。
    鈴木が借金をしていた沢村ファイナンスの社長が殺害され、鈴木は、その事件の容疑者として逮捕・起訴されていた。
    依頼人・加代の親友で、付き添いとしてやってきた元裁判官・尾崎舞子(木村文乃)。
    しかし、舞子は裁判官時代の経験から無実を証明することを初めから諦めていて、加代には秘密で深山たちに情状酌量を願い出るのだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000354-oric-ent

    【【嵐】松潤主演『99.9』続編初回、15.1%高視聴率でスタート!!!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/09(金) 06:06:57.12 ID:CAP_USER9
    2018年1月スタート 日曜よる9時 日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』

    TBSでは来年2018年1月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、嵐・松本潤が主演を務め2016年4月期に放送して大きな話題を呼んだ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』のSEASON IIを放送することが決定した。

    (中略)

    SEASON Iでは“松本潤が日曜劇場初主演&弁護士役に初挑戦"“刑事専門弁護士に特化したドラマは連続ドラマ史上初"といったワードが注目を集め、“親父ギャグ"“プ女子(プロレス女子)"“小ネタ"の設定も話題を呼び、
    第2話と最終回で平均視聴率19.1%を獲得し、同クール放送のドラマの中で最高の数字を記録。さらに、全話平均視聴率でも17.2%と同クール内でトップとなった人気作品だ(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。
    TBSの連続ドラマでシリーズ化されたのは、日曜劇場『JIN-仁-』(2009年10月期、2011年4月期放送)以来6年ぶりとなり、歴史ある日曜劇場の中で2作品目と異例なこと。超型破りな若手弁護士役を演じる松本が、現実でも型破りなことをやってのけた。

    松本はSEASON Iに引き続き、主人公の深山大翔を演じる。深山は99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士だ。
    そして、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘役には香川照之。2人は前作同様、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いていく。
    また、深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなり、SEASON Iで事実を明らかにすることが出来なかった26年前の事件の行方にも注目だ。

    さらに、新ヒロインとして女優・木村文乃の出演が決定した。
    木村が演じるのは、元裁判官の弁護士・尾崎舞子。舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官。
    刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、ある事件がきっかけで裁判官を退官することに。退官後は司法の世界から距離を置いていたが、ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた斑目法律事務所で、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と対立する。
    一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、新たな戦力として舞子を勧誘。最初は難色を示す舞子だが、深山とぶつかり合う中で、やがて弁護士として法の世界に戻ってくることを決意し、チーム斑目の一員となる。
    そんな彼女が、裁判官を退官するきっかけとなったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官の存在があった。
    その事件とは? そして、チーム斑目は、いずれこの男と対峙することになるが、その戦いの行方は?

    刑事事件の裁判有罪率は99.9%──
    絶対、逆転不可能な状況の中、
    残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求する!

    <主演・松本潤さん>
    またこのチームで作品を作れることに興奮しています。深山大翔という人は僕にとって思い入れのあるキャラクターです。全スタッフで細部にまで拘り、楽しんで撮影していた日々を思い出します。
    香川照之さん演じる佐田先生をはじめ、個性豊かなキャラクターたちとの再会が待ち遠しいです。
    また、木村文乃さんとは初めて共演させて頂きます。新たな共演者の皆様にも楽しんで頂ける現場を一緒に作れたらうれしいです。
    ドラマの内容同様に最後の最後まで妥協せず、皆様に楽しんで頂ける作品になるよう、頑張ります!!
    来年1月の放送を楽しみに待っていてください!!

    <木村文乃さん>
    とても人気のある作品で、尚且つ前作から引き続き出演される皆さんの中に飛び込ませて頂く形になるので、早々に馴染みつつ、またいいスパイスになれるよう邁進します。
    そして、尾崎舞子は、どこをとっても難しい役柄です。悩むことやぶつかる壁も多そうですが、足下から一つずつ作り上げていけたらと思っています。また、松本潤さんや香川照之さんといった、頼れるリーダーや個性的で熱量の高いキャストの皆さんと並ばせて頂くことに恥じないよう、頑張ります。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    no title

    http://www.tbs.co.jp/999tbs/

    【【嵐】松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』放送決定! 新ヒロインに木村文乃】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/06/19(日) 08:35:38.72 ID:CAP_USER9
    嵐主演のドラマが他を圧倒している。大野智(35)主演『世界一難しい恋』(日本テレビ系)と、松本潤(32)主演『99.9─刑事専門弁護士─』(TBS系)だ。

    6月15日放送の『世界一難しい恋』の最終回では、特別ゲストとして嵐の櫻井翔(34)が出演し、番組最高視聴率となる16%を記録して有終の美を飾った。
    グループ一丸となってドラマを盛り上げていった結果が如実に表れたが、その背景について芸能ライターはこう語る。

    「キムタクと中居の不仲が囁かれるSMAPに対して、嵐はグループの結束を見せつける格好となった。
    これはジャニーズがSMAPから嵐をトップとする新体制へ移行していることを示唆しています。
    それを印象付けるためにも今期の松本、大野の主演ドラマが高視聴率であることが絶対条件で、嵐で視聴率が取れることを証明する必要があった
    。『セカムズ』でみせた最終回コラボでの視聴率ブーストは、ジャニーズの舞台裏を象徴する出来事といえるでしょう」

    ■TBS社内でははやくも続編や映画化を検討

    そして今期ドラマで平均視聴率トップを確実にしようとするのが松本潤が主演する『99.9』。
    第9話までの平均視聴率は16.9%をマークするなど、19日放送の最終回へ向けて一段と注目度が高まっている。

    「最終回を前にTBS社内でははやくも『99.9』の続編や映画化が検討されています。
    同じ日曜9時枠で放送されたSMAP・香取慎吾(39)の『家族ノカタチ』が全話平均視聴率が9%に終わっているだけに、なおさら『99.9』の成功が際立った格好。
    恋愛コメディ路線で行き詰まっていた松本潤ですが、本格ドラマへの挑戦で結果を残し、俳優としての評価はうなぎ上りになっています」(前出・ライター)

    嵐の勢いはこのまま続くのか。今期ドラマでの活躍は今後を占う転機となりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1147836/
    2016.06.19 07:05 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】松本潤の評価がうなぎ上り?『99.9』の続編・映画化が現実味】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/06/17(金) 18:37:05.11 ID:CAP_USER9
    ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS系)で主演を務める嵐・松本潤の気遣いに、称賛の声が集っている。
    公式ツイッターによると、クライマックスシーンのセリフについて一週間にわたって熱い議論が交わされ、松本は様々なやり取りを台本に手書きしていたという。
    そして6月15日、松本はその手書きした内容をパソコンで台本形式に清書してきたというのだ。

    公式ツイッターでは「気遣いができるところが、松本潤である所以なんだな」と松本を礼賛。このエピソードに感動したという声も数多く寄せられているようだ。
    だがテレビ誌のライターは、このエピソードに顔をしかめる。

    「つまり松本は、クライマックスシーンの『決定稿』を勝手に作ってきたわけですよね。これは美談でもなんでもなく、制作陣の仕事を松本が奪ったことになります。
    そもそも『決定稿』に責任を持つのは出演者ではなく、プロデューサーや演出家の役目。普通なら『監督気取りか!?』と怒鳴られてもおかしくないところですよ」

    しかも全員で打ち合わせた内容を清書したのならまだしも、松本は「いろいろ考えて書き直した」とさえ語っていたというのだ。
    つまり松本自身が脚本を書いているのも同然で、これぞ越権行為の極みだろう。そんな松本の行動に対してテレビ誌のライターは残念な表情を見せる。

    「この一連のエピソードは、ジャニーズ主演ドラマでは制作サイドよりもジャニーズ側の意向が優先されるという格好の証拠ですね。
    さらに問題なのは、このエピソードを美談に仕立てていること。客観的に見ればおかしな話なのに、
    そうとは感じないほどに感覚が麻痺しているのであれば、制作サイドの主体性のなさに驚くほかありません」

    いくら視聴率がジャニーズ頼みとは言え、制作の実権すらも手放すようでは、
    ドラマ制作の現場はもはやジャニーズの下請けと化してしまっているのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1147182/
    2016.06.17 18:00 アサ芸プラス

    【【嵐】「99.9」の脚本を勝手に作り直した!松本潤の「越権行為」に疑問の声】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/06/13(月) 11:45:18.91 ID:PvHhXpMp0● BE:512899213-PLT(27000) ポイント特典
     嵐の松本潤(32)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士―」(日曜後9・00)の第9話が12日に放送され、
    平均視聴率は16・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。
     第9話までの期間平均は16・9%。15%以上を記録したのは9話のうち8回で、日本テレビ「「世界一難しい恋」(水曜後10・00)の
    期間平均12・5%(第9話まで)やテレビ朝日「警視庁捜査一課9係」(水曜後9・00)の同12・3%(第10話まで)を大きく引き離し、
    1月クールのテレビ朝日「スペシャリスト」(期間平均12・7%)を上回る今年の民放連続ドラマ1位に王手をかけた。
     第1話は4月クールの民放連続ドラマ初回トップの15・5%。第2話は初回から大幅3・6ポイント増の19・1%で「スペシャリスト」
    の初回17・1%を上回り、今年の民放連ドラ1位に立った。第3話16・2%、第4話16・3%、第5話18・9%と推移。第6話は
    13・3%と下降したが、第7話17・7%、第8話18・6%と復調。最終回(19日放送)へ向け、好調を維持している。

    http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/sponichin_20160613_0095

    ※本文中の小数点は、ソース原文ママです

    【【嵐】松潤主演「99.9」期間平均視聴率16.9%!今年の民放連ドラ1位王手】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/05/23(月) 16:15:03.57 ID:CAP_USER9
    嵐の松本潤が主演する『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)の第6話が22日に放送され、平均視聴率がが13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であることがわかった。

    初回は今期の民放連ドラ最高となる平均視聴率15.5%、第2話では放送前に、松本潤と以前から交際がウワサされる井上真央の「事務所独立」報道が飛び出した影響もあってか、
    今年民放最高の19.1%を記録した。その後も3話が16.2%、4話が16.3%、5話は18.9%と高水準をキープしてきたが、ここへきて5.6も数字を下げてしまった。

    理由はいくつかあり、『バレーボール女子 リオデジャネイロ五輪世界最終予選 日本×オランダ』(フジテレビ系)の最終戦が
    延長で放送されていたことが影響したことが大きな要因ではあったのだろう。
    フルセットにまでもつれた熱戦だっただけに、なかなかチャンネルを換えられなかった人も多かっただろう。

    とはいえ、一気にここまで数字を下げたというのも驚きだ。しかし、ネット上では「これまでの評価が不当に高かった」という声もある。

    「『99.9』はTBSとしてもこれでもかという番組宣伝をしていました。前クールの『家族ノカタチ』の放送中から宣伝していたくらいですから。
    序盤の視聴率はそうした動きが功を奏したということでしょうが、ここへきて『本質』が出てきたということではないでしょうか。関係者の間でも『いずれ下がる』と予測する声が多かったのも事実です」(記者)

    視聴者からの声で多いのは「犯人がすぐにわかる」「小ネタが多くて話が進まない」「松潤が下手」など、これまで高視聴率を取れていたのが不思議というような声が非常に多い。

    さらには「これまでは裏のライバルがいなかったからな」「バレーがあっただけでここまで下がるのか」とのコメントもあり、これまでは“運が良かっただけ”との意見すらある状況だ。

    突如暗転した印象の『99.9』。「ここからどんどん下がっていく」の予測を払拭することができるのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1133802/
    2016.05.23 15:08 ビジネスジャーナル

    【【嵐】これまでは「運が良かっただけ」!? 松本潤『99.9』視聴率爆下げの原因と「本当の評判」】の続きを読む

    このページのトップヘ