タグ:関ジャニ

    1: 2019/10/10(木) 11:46:55.75
    最終的に司会者を目指すのはどうして?

    【スマップも嵐もTOKIOもV6も関ジャニもみんなバラエティーからスタートして最終的にはMCを目指すのはどうして?】の続きを読む

    1: 19/09/20(金)13:51:49 ID:raT
    SMAPやTOKIOやキンキって男からも人気やったよな?
    嵐や関ジャニは男人気なくないか?

    【SMAP、TOKIO←人気なのも納得! 嵐、関ジャニ←何で人気なんや】の続きを読む

    1: 2019/09/23(月) 12:09:09.86 ID:Qf+4he9C9
    5人での新体制となった『関ジャニ∞』が、11月から来年4月まで約半年間かけて行う47都道府県ツアーの詳細を発表した。

    今月末で錦戸亮が脱退する「関ジャニ」にとって、同ツアーは再出発の意味を込めた転換点となるもの。タイトルも『Upd8』(アップデート)と新たな決意を感じることができ、これまでとの違いが強調される形となっている。

    そして最も話題となっているのが、〝超過密〟と言えるツアーのスケジュール。全都道府県を回るだけあって各地方を連日訪れる日程が組まれているのだが、中には13時から熊本公演を行なった後、18時から福岡公演、同じく13時和歌山・18時兵庫など、同じ日に2県で開催される日も多いかなりの強行日程だ。

    「過密日程は解散前の花火」との心配も…
    ファンの反応を見ると、解散もウワサされる中で47公演もの活発な活動を行うことを喜ぶ者や、殺人的なハードスケジュールでメンバーの体を心配する者など、さまざまな声が。そして、昨年秋に2019~2020年まで全50公演、計237万を動員する過密ツアーを発表した『嵐』になぞらえた、〝グループの今後〟に対する不安も上がっている。

    「同ツアーのスケジュールを公表した数カ月後、『嵐』がこれを〝花道〟として、20年末で活動休止すると発表したのは記憶に新しいところ。当初は『デビュー20周年のお祝い』としての追加公演と思われたのが、『休止前になるべく多くのファンに来てほしい』という配慮だったことが明らかになりましたが、これが前例となって、『この過密スケジュールは最後の花火なのでは』と心配する『関ジャニ』ファンも多いのです」(ジャニーズライター)

    ただ、実際の狙いは別のところにあるようで…。

    「このツアーを最後に活動休止や解散するということはないでしょう。今回のツアーはどこも1000~2000人と『関ジャニ』の人気からすれば考えられない規模の会場ですし、もし最後にするならもっと大きい会場で全国のファンに会える場を提供しますよ。本当の狙いは、これから下落することが予想される人気をつなぎ止める部分にあるのだと思われます。会場が狭いとメンバーとの距離も近く、鑑賞できたファンは大満足で帰っていきますし、一般層には『47都道府県ツアー』というインパクトで『錦戸が抜けてパワーダウンすると思ったけど順調だな』という印象を与えられます」(同・ライター)

    逆に言えば、これだけ大規模なツアーでも〝錦戸脱退〟のダメージが拭えなかった場合、今度こそ解散の二文字が見えてくるかもしれない…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2013924/
    2019.09.23 11:02 まいじつ

    【【関ジャニ】“殺人的ツアー日程”ファンの不安加速「やっぱり解散…?」】の続きを読む

    1: 2019/02/19(火) 17:25:03.99 ID:/+kePVRj0
    わかる

    あの時期はいい曲しかない

    【関ジャニ∞村上「嵐はズルい。2006年頃からいい曲は全部嵐に持っていかれてた。あんなの反則やわ」】の続きを読む

    1: 2019/09/05(木) 18:23:07.67 ID:gFRMVCuT9
     人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮(34)が9月末をもってグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退所することを有料ファンクラブサイトで発表した。
    関ジャニ∞は今後、残る5人のメンバーで活動を続け、11月からは12年ぶりの47都道府県ツアーを敢行する。5人のメンバーはこの日、サイトに動画をアップし、
    改めて5人で再出発する覚悟を語った。

     大倉忠義(34)は「去年も(渋谷)すばるくんの脱退があったり、(安田の)病気のこともあったりで、いろんなバランスが変わりながらの活動のなかで
    話し合ってきた結果、5人でやっていくことになった」と経緯を説明。「ここまで言えなかったのは本当に心苦しかったんですけど、15周年ライブを大事に
    6人で走りきりたいという思いが強くて、ここまで遅くなってしまいました。複雑ではあるんですけど、一歩前に立って活動して行かなければいけないなという気持ちで
    いまここに立っております」と心境を述べた。

     横山裕(38)は「ファンのみなさまも、感情が追いついていない方が、たくさんいらっしゃると思います」と突然の発表に揺れるファンを気遣った。
    「僕たちも正直初めて5人で(この場に)立って、追いついていない部分もあるんですけど、ただ僕たちは続けるという道を選んだわけですから、これからは
    ファンのみなさまと一緒に歩んでいきたいと思います」と誓った。

     安田章大(34)は「僕たち5人で関ジャニ∞と言ってますけど、みなさんありきの関ジャニ∞だと思っています。一緒にやっていくうえで、僕たち5人が
    頑張るのではなくて、みんなとともに歩めるからこそ関ジャニ∞が成立するんだと思います」とファンにメッセージ。「いろんなことを感じると思いますけど、
    感じてる時間は無駄じゃないんで、その時間を大切にしながらここから歩んでいけたらと思っています。つらかろうが、しんどかろうが、未来が明るければ、
    一生懸命歩めればいいなと思っています」と前を向いた。

     丸山隆平(35)は「こういう空気感や、今まで起こってきたことすべてをファンのみんなと一緒に受け止めて、前に進んでいきたいと思ってます。
    こういうことも全部含めて関ジャニ∞なので一緒にこれからもいてくれたら」と呼びかけ。大倉も「人生っていう、ひとつの大きな決断として、いろんな選択肢が
    あるなかで選んだ道ということで、僕たちはこの道を選んで、いろんな道があるけれど、みんな応援していただきたいな、というのが正直な気持ち」と語った。

     7月に死去したジャニー喜多川さん(享年87)のお別れ会を今月4日に終えたばかりでの電撃発表。村上信五(37)はエンターテインメントのあり方を
    改めて考え直したという。「こうなってしまった以上、われわれにしか表現できないエンターテインメントもあるんじゃないか。ほかのエンターテイナーの方でも
    なかなか経験できないことを経験させていただいているわけですから、最後のジャニーさんからの宿題じゃないか、というぐらいの大きい出来事がたくさんあった。
    その思いを一手に背負って頑張っていきたい」と思いを込めた。

     そのうえで、5人は新たな挑戦をしていくことを誓った。07年以来、12年ぶり2度目の47都道府県ツアーを回ることも明かした。
    大倉は「15周年(ドームツアー)であれだけ大きいことをやらせてもらって、違う意味で大きいことをやる。前から(約)10年ぐらいですか。10年たって、
    47都道府県回ってなにができるのか」と自らにハッパをかけると、横山も「僕らは『関ジャニ∞』を頑張ることをするんです、これから。挑戦です」と
    キッパリと語った。

     動画は約7分程度、メンバーは包み隠さずいまの心境を語った。最後に村上が「5人の関ジャニ∞になりますけれども、心機一転今まで以上の輝く
    関ジャニ∞を届けたいと思いますので、ひとつよろしくお願いします」と呼びかけた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190905-00000140-sph-ent

    【関ジャニ5人で継続へ、動画でメッセージ 12年ぶりの47都道府県ツアーも発表】の続きを読む

    このページのトップヘ