タグ:貴族探偵

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/27(火) 16:10:36.60 ID:Sn9xgxox0
    視聴率9.8%

    【相葉雅紀の貴族探偵って普通に面白かったよな?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/27(火) 09:11:03.84 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めたフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の
    最終回(第11話)が26日に15分拡大で放送され、平均視聴率は
    9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの
    2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、
    第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%、第9話=8・4%、
    第10話=8・0%と推移。初回以来の2桁復帰はならなかった。

     1987年4月からドラマ枠になり、数々の名作・ヒット作を生んだ“月9”の30周年を飾る作品。
    原作は、日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した2011年の「隻眼の少女」など、
    推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・ 麻耶雄嵩氏(48)の「貴族探偵」
    「貴族探偵対女探偵」(集英社文庫)。己を「貴族」と名乗り、年齢も家族も住所も本名も
    不明という異色の探偵(相葉)が召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、
    遊びに興じながら優雅に事件を解決に導く姿を描いた。

     リアルタイムの世帯視聴率には結び付かなかったが、本格ミステリーとファンタジックな
    世界の融合した意欲作。最終回は、いつも貴族探偵に出くわし、推理対決を繰り広げた新米探偵・
    高徳愛香(武井)が事件を初解決。愛香の師匠・喜多見切子(井川遥)の死の真相など、
    伏線が鮮やかに回収されるドラマオリジナルの結末となった。最後の最後に“月9”らしく
    ラブの要素も盛り込まれ、エンドロールで貴族探偵の紋章の謎が明かされるなど、
    凝った作りを貫いた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000078-spnannex-ent

    【【嵐】相葉主演「貴族探偵」最終回9・8% 意欲作も2桁復帰ならず】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/13(火) 09:17:59.80 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の第9話が12日に放送され、平均視聴率は8・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

     2桁復帰はならず、苦戦は続いているが、前週第8話の7・0%から1・4ポイント上昇。第9話は“映像化不可能”の呼び声が高い原作の一編「こうもり」を扱ったが、SNS上には原作ファンから「神改変」などと好評の声が相次いだ。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%と推移している。

     1987年4月からドラマ枠になった“月9”の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第9話は、切子(井川遥)の死の真相と貴族探偵(相葉)の関わりを調べる愛香(武井咲)は、鼻形(生瀬勝久)と一緒に、切子が事故死したとされる渓谷を訪れる。当時の資料を手に入れようと近くの喫茶店を訪れた2人は、店内で作家・大杉(小市慢太郎)の姿を見掛ける。その中、鼻形の携帯電話が鳴り、貴族探偵の執事・山本(松重豊)から、キャンプ場にいる貴族探偵の愛犬が女性の他殺体を発見したと知らせが入る…という展開だった。

    2017年6月13日 09:10
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/13/kiji/20170613s00041000088000c.html

    【【嵐】相葉主演 月9「貴族探偵」第9話は上昇8・4% 「こうもり」映像化好評「神改変」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/12(月) 09:32:07.80 ID:wjJPwKNc0
    嵐の相葉雅紀が主演を務める連続テレビドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第8話が6月5日に放送され、
    平均視聴率7.0%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)となった。
    前回から0.8ポイントダウンして、ついに6%台目前まで視聴率を落としてしまった。そして確実に次回は6%台になる予感がする。
    全話平均視聴率も8.6%まで落ち、同枠の歴代ワースト視聴率ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の同6.6%は辛うじて免れそうだが、
    ワースト2争い真っただ中だ。このまま下がれば、『カインとアベル』(同8.2%)と
    『ラヴソング』(同8.4%)を抜いて、ワースト2の不名誉な栄冠を手にする可能性もある。

    【【嵐】相葉さん主演の貴族探偵 凄まじい宣伝をしているのに ついに 逝く】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/08(木) 21:33:15.10 ID:CAP_USER9
    フジテレビ・亀山千広社長(60)が「社運を賭ける」と宣言した月9ドラマ30周年記念作品『貴族探偵』(フジテレビ系)が、いよいよ終盤に差しかかっている。5日放送の第8話では、SPEEDの上原多香子(34)をゲストに招き、東都大学内の研究所で起きた殺人事件を捜査。同事件で殺人容疑をかけられた高徳愛香役・武井咲(23)は警察に拘留され、お調子者の刑事を演じる生瀬勝久(56)が事件解決に挑むという展開だった。

     翌日発表された平均視聴率は7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、第6話で記録した最低視聴率7.5%からさらに0.5ポイント下降し、最低視聴率を更新した。一向に上向く気配がない『貴族探偵』だが、気になるのは主人公の貴族探偵を演じる嵐・相葉雅紀(34)がいつまで経っても活躍しないこと。視聴者からはそんな疑問が沸いている。

    ■最低更新を続ける『貴族探偵』はさらに下降か?

     視聴者の声は「今期ドラマで一番つまらない」「茶番コントに入り込めない」など非難だらけ。せっかく嵐の相葉が主演しているにも関わらず、視聴者の心には響いていない。

    「コメディ調の推理モノという時点で、俳優陣には高い力量が求められてしまう。そうした作品の中で貴族然として淡々と振る舞う相葉の役柄が難しいのは事実。対照的に、同じような設定だった『IQ246』(TBS系)の織田裕二(49)の演技は、”怪演”と言われながらも妙な迫力と威厳を持っていた。相葉の演技には酷評が出ているが、正確には”ミスキャスト”だったと言えるでしょう」(週刊誌記者)

     昨年末の『第67回NHK紅白歌合戦』でも相葉は苦い経験を味わった。有村架純(24)とともに司会に抜擢された相葉は、長時間の生放送にアタフタ。大トリで嵐のメンバーと一緒に熱唱する際は、自身の不甲斐なさも相まってか涙がポロリ。そして放送終了後、報道陣に自ら「ポンコツ司会でした」と反省の弁を漏らす散々な結果となっている。

     最近では、『貴族探偵』低迷の責任を感じてか、レギュラー番組で憔悴しきった表情を見せている相葉。『貴族探偵』以外のレギュラー番組にも出演する多忙な毎日で、ジャニーズ事務所の屋台骨を支える一人として重圧のある大舞台をこなしてきた。しかし、本人の魅力の消してしまうような仕事の”ミスキャスト”は終わりにしてほしいものだ。

    2017.06.08 11:45 | デイリーニュースオンライン
    http://dailynewsonline.jp/article/1319785/

    【【嵐】相葉雅紀『貴族探偵』はミスキャスト?憔悴する姿に”同情論”】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/06(火) 12:38:58.74 ID:CAP_USER90606
    嵐の相葉雅紀が主役を務める月9ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)。伸び悩む視聴率ばかりが取り沙汰されているが、
    5月29日放送の第7話は平均視聴率7.8%で、第6話の視聴率7.5%より0.3ポイント上昇した。

    「フジテレビは『貴族探偵』で視聴率回復ができなければ“月9”ドラマ枠を手放す覚悟を迫られているため、
    他局のスタッフからは『第7話でとうとう嵐の人気にすがり一般視聴者を捨てた』と揶揄されています。

    実は第7話には嵐メンバーの二宮和也が出演した16年公開映画『暗殺教室~卒業編~』のワンシーンが流れ、

    大野智主演の12年放送のドラマ『鍵のかかった部屋』と同じタイトルの謎解きVTRが流れ、

    松本潤主演の14年放送ドラマ『失恋ショコラティエ』を想起させるチョコが小道具で登場し、

    櫻井翔主演の11年放送ドラマ『謎解きはディナーのあとで』で、

    ご主人様役の北川景子がかけていた黒縁メガネと同様のメガネを相葉がかけ、

    09年放送の相葉主演ドラマ『マイガール』で相葉が演じた役名“政宗”をキーワードに使い、まるでドラマ全体が“嵐検定”でした。

    映画もドラマもすべてフジテレビが制作に絡んでいるからできた仕掛けとはいえ、
    一般視聴者が楽しめたかは疑問です」(女性誌記者)

    視聴率が伸びたということは、少なくとも嵐ファンは楽しんでいる証拠だろうが…。

    アサ芸プラス / 2017年6月6日 9時58分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_82301/

    【「貴族探偵」はもはや「嵐検定」?一般視聴者を捨てた苦肉の策】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/30(火) 09:41:41.91 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の第7話が29日に放送され、平均視聴率は7・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが30日、分かった。

     苦戦は続いているものの、前週第6話の7・5%から0・3ポイント上昇。主人公の謎の一端が明かされるなど、ドラマは“最終章”に入った。最終回へ向けて巻き返しとなるか、注目される。

     前週から数字が上がるのは第2話=8・3%→第3話=9・1%以来4週ぶり。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%と推移している。

     1987年4月からドラマ枠になった同局の看板枠“月9”の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第7話は、スマートフォンの音声アシストサービス“ギリ”の声だけの出演をしてきた仲間由紀恵(37)が“謎の使用人”として実際に顔出し出演。広末涼子(36)が10年ぶりに“月9”出演した。

     高徳愛香(武井咲)は、師匠・喜多見切子(井川遥)が亡くなる直前に扱った事件の報告書を読んでいる。師匠の死に貴族探偵(相葉)が関係しているかを調べるために。1年前、切子の大切なクライアント、都倉電子社長の都倉健一(小木茂光)が亡くなった。自殺との一報を受けた切子は信じられず、都倉家に急ぐ…という展開だった。
    .
    2017年5月30日 09:10
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/30/kiji/20170529s00041000463000c.html

    【【嵐】相葉主演「貴族探偵」第7話は7・8% 4週ぶり視聴率上昇】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/29(月) 17:53:37.87 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1689929

    女優の仲間由紀恵が、嵐の相葉雅紀が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」(毎週月曜よる9時~)の第7話(5月29日放送)に“謎の使用人”として出演することが決定。
    仲間は、これまで武井咲演じる新米探偵の高徳愛香が所持するスマートフォンの音声アシストサービス“ギリ”の声での出演だったが、ついに主演の相葉らと共演を果たす。

    先週放送の第6話の最後では、相葉演じる貴族探偵が、愛香から“師匠”と呼ばれている井川遥演じる名探偵・喜多見切子を殺したのでは、という疑惑が描かれ、視聴者の間で話題に。

    第7話では、1年前に起きた貴族探偵と切子の推理対決のエピソードが描かれると同時に、最終回へ向けて、これまで張られてきた伏線が回収されていく。

    一方で貴族探偵と喜多見切子との因縁が次々と明らかになり、貴族探偵の人物に焦点を当てた物語がうねりだす、最終章の始まりとなる。
    仲間演じる“謎の使用人”は、最終章の怒濤のうねりのキーマンの一人となる。
    (modelpress編集部)

    no title

    【【嵐】相葉雅紀と仲間由紀恵が共演「貴族探偵」第7話に“謎の使用人”として出演】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/22(月) 07:01:54.74 ID:CAP_USER9
     女優の広末涼子(36)が10年ぶりにフジテレビの看板ドラマ枠「月9」に出演することが22日、分かった。放送中の「貴族探偵」(月曜後9・00)第7話(29日放送)にゲスト出演することが決定し「驚きと共に、期待感を膨らませています」とコメント。主演を務める嵐の相葉雅紀(34)とは初共演になり「クールな相葉さんと対峙することを楽しみにしています」と胸を躍らせている。

     毎回のゲストも注目を集める中、第5話(15日放送)で3年ぶりに女優復帰した加藤あい(34)に続き、今度は広末が事件のキーパーソンを演じる。

     広末の月9ドラマ出演は「ガリレオ」第3話(2007年10月29日放送)以来10年ぶり。初出演した「ロングバケーション」(1996年4月期)以来、主演した「できちゃった結婚」(01年7月期)をはじめ「ビーチボーイズ」(97年7月期)「リップスティック」(99年4月期)「スローダンス」(05年7月期)などで月9と時代を彩ってきた。

     「貴族探偵」は1987年4月からドラマ枠になった月9の30周年を飾る作品。原作は、2011年に「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞に輝くなど、推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・麻耶雄嵩(まや・ゆたか)氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。

     今回、広末が演じるのは、大手電子部品メーカーの社長・都倉健一(小木茂光)の後妻・光恵。都倉は15年前に前妻を亡くし、以来、秘書の旗手真佐子(森口瑤子)が都倉家を公私ともに支えてきた。子供たちも真佐子との再婚を望む中、都倉は銀座のホステスだった光恵と再婚し、その半年後に自殺。光恵は都倉の前に突然舞い降りた天使なのか、それとも会社も家も乗っ取る悪魔なのか――。

     この1年前の事件をめぐり、推理対決を繰り広げたのが、新米探偵・高徳愛香(武井咲)が師匠と仰ぐ今は亡き名探偵・喜多見切子(井川遥)と貴族探偵。第7話は最終章へ向け、貴族探偵の秘密が明らかになる激動の回となる。

     広末は「錚々(そうそう)たるメンバーが集結する終盤の謎解きのシーンは、役者としてあの場にいたら、きっとすごく楽しいだろうなぁ、と視聴者として拝見していました。そんな折、出演依頼を頂き、驚きと共に期待感を膨らませています」と喜び。相葉については「とっても明るく爽やかでキュートなイメージの相葉さんとはガラッと違うイメージの、貴族探偵役のクールな相葉さんと対峙することを楽しみにしています。お芝居でご一緒するのは初めてなので、お手柔らかによろしくお願いします」と張り切っている。

     同局の羽鳥健一プロデューサーは「約20年にわたって芸能界のトップシーンを走り続けてきた広末さんに“規格外”の魅力を感じていました。お芝居はもちろんですが、何気ない仕草や笑顔、そしてリアリティーでさえ規格外、という魅力です。チャンスがあったら、浮世離れした貴族探偵たちとのやり取りが見てみたいと思っていました」と起用理由を説明。

     第7話は撮影中だが「圧倒な存在感を放つ貴族たちと全く遜色がない存在感は、ストーリーの展開に華を添えていただいています。心情を表現するのが難しい役どころだと思うのですが、あまりに見事に表現していただいており、感動しています」と絶賛している。

    [ 2017年5月22日 07:00 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/22/kiji/20170521s00041000411000c.html
    no title

    【【嵐】相葉主演「貴族探偵」に広末涼子が10年ぶり月9出演「驚きと期待感」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/23(火) 14:22:24.03 ID:CAP_USER9
    嵐の相葉雅紀(34)が絶体絶命のピンチに瀕している。月9ドラマ30周年を記念して制作された相葉主演の『貴族探偵』(フジテレビ系)が、視聴率低迷の大爆死寸前なのだ。
    「初回視聴率11.8%、2話8.3%、3話9.1%、4話も8.9%。物語の構成を見ても、急激に数字がアップするとは思えない。おそらく今後、どう頑張っても平均視聴率一桁でエンディングを迎えることになる」(芸能関係者)

    もはや大コケが確実視される相葉だが、ドラマ終了後に待っているのは、まさに地獄。ジャニーズ事務所からポストSMAPという運命を託された嵐のメンバーの中で、唯一の落ちこぼれになってしまうからだ。
    「そもそもジャニーズは、昨年末のNHK紅白の司会や今回の月9ドラマの主演に無理やりねじ込んだのも、
    すべては、一番不人気な相葉をバックアップするためだった。だが、ここまで月9が大コケしたとなると、相葉にアイドルとしての力がなかったという証明になってしまう。
    かわいそうだが、今後は主役剥奪はもちろんのこと、誰かと抱き合わせのキャスティングという悲惨な運命が待ち受けている」(芸能事情通)

    さらに最悪の場合、相葉の嵐脱退という緊急事態も考えられるという。「他の嵐メンバーの足を引っ張るとなれば、何らかの理由を付けて外すと言うことも起こり得るということです。
    相葉は学歴など自慢するべきものがなければ、トークもイマイチ。
    要は、嵐の相葉だから仕事がもらえたわけです」(同)

    今後は相葉の出演料もダダ滑り状態になるという。
    「今回の月9では、ジャニーズの圧力で200万円?の出演料になっていたが、他局は100万円?も出しません。CM界も、出演料は二の次なら、といった厳しい有様です」(前出・芸能関係者)

    相葉もフジテレビに運命を狂わされた被害者か?

    http://dailynewsonline.jp/article/1313568/
    2017.05.23 12:00 週刊実話

    【【嵐】月9ドラマ惨敗確実で相葉雅紀が嵐脱退の危機】の続きを読む

    このページのトップヘ