タグ:視聴率

    1: 2018/02/16(金) 10:05:57.78 ID:CAP_USER9
    15日に放送された俳優・木村拓哉(45)主演のテレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜・後9時)の第5話の平均視聴率が14・0%だったことが16日、分かった。

    初回は15・7%でスタートし、第2話は15・1%、第3話は13・4%、第4話は13・6%とと推移。
    今回は0・4ポイント上昇した。

    武器を持たずに人を護る民間ボディーガード・島崎章(木村)を主人公にした濃密な人間ドラマ。
    木村とは全話平均視聴率32・0%の「GOOD LUCK!」(03年、TBS系)、同19・6%の「エンジン」(05年、フジテレビ系)以来のタッグとなる井上由美子氏が脚本を担当する。

    木村のドラマ主演は昨年1月期のTBS系「A LIFE~愛しき人~」以来1年ぶり。
    木村がテレビ朝日で主演した2015年4月期の「アイムホーム」は全10話の平均が14・8%をマークしている。(数字はビデオリサーチ調べ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000060-sph-ent

    【キムタク主演「BG~身辺警護人~」第5話は14・0% 前回から0・4ポイントアップ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/02/13(火) 10:24:52.45 ID:CAP_USER9
    「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の第5話が11日に放送され、平均視聴率は17・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

    日曜劇場の記念すべき100作品目(93年4月期の連続ドラマ枠移行後から)で、16年に最高視聴率19・1%、全話平均視聴率17・2%と大ヒットした人気作の続編。

    初回15・1%で好発進すると、第2話は18・0%と大幅に上昇し、18日放送のテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)初回の15・7%を超えて1月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち1位に。
    第3話=16・2%、第4話=16・8%と好調に推移していた。

    平昌五輪のフリースタイル「女子モーグル決勝」が同時間帯にNHK総合で放送されたが、前週より0・2ポイント数字を上げた。

    個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。
    松本は、前作に引き続き、99・9%有罪とみなされた案件でも、残された0・1%の事実を納得するまで追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士、深山大翔を演じる。
    深山とチームを組む敏腕弁護士の佐田篤弘役を、前作同様香川照之(51)が、また、新キャストとして木村文乃(30)、「アジアン」馬場園梓(36)が加入。
    おなじみのパラリーガル・明石役の片桐仁(44)、藤野役のマギー(45)らの軽妙なやり取りも健在。

    第5話は女子高生・工藤久美子(清原果那)に対する強制わいせつ事件にまつわる物語。
    警察に脅されて自白した被告人・山崎大輝の無実を証明すべく、深山らが奔走するも、裁判官の遠藤(甲本雅裕)は弁護側に一貫して頑なな姿勢で弁護側の主張を採用しようとしない…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000093-spnannex-ent

    【【嵐】松本潤主演「99.9」第5話は17・0% 平昌五輪裏で絶好調キープ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/02/05(月) 12:59:47.37 ID:e8rPTX350
    <フジで15%超える新・視聴率王の嵐>

    01/01 15.6% 嵐にしやがれSP(日テレ)
    01/03 15.7% VS嵐SP(フジ)
    01/11 10.8% VS嵐(フジ)
    01/14 15.1% 松本潤主演ドラマ99.9 1話(TBS)
    01/13 14.2% 嵐にしやがれ(日テレ)
    01/21 18.0% 松本潤主演ドラマ99.9 2話(TBS)
    01/25 11.6% VS嵐(フジ)
    01/27 15.0% 嵐にしやがれ(日テレ)
    01/28 16.2% 松本潤主演ドラマ99.9 3話(TBS)
    02/01 11.5% VS嵐(フジ)
    02/03 16.2% 嵐にしやがれ(日テレ)
    02/04 16.8% 松本潤主演ドラマ99.9 4話(TBS)

    【ジャニーズ】嵐の視聴率が凄いことに・・・やっぱり国民的アイドルだった!!!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/02/05(月) 10:15:03.74 ID:CAP_USER9
    「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の第4話が4日に放送され、平均視聴率は16・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが5日、分かった。

    日曜劇場の記念すべき100作品目(93年4月期の連続ドラマ枠移行後から)で、最高視聴率19・1%、全話平均視聴率17・2%と大ヒットした人気作の続編。

    初回15・1%で好発進すると、第2話は18・0%と大幅に上昇し、18日放送のテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)初回の15・7%を超えて1月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち1位に。第3話も16・2%と好調に推移し、第4話はそこから0・6ポイント上昇した。

    個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。
    松本は、前作に引き続き、99・9%有罪とみなされた案件でも、残された0・1%の事実を納得するまで追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士、深山大翔を演じる。
    深山とチームを組む敏腕弁護士の佐田篤弘役を、前作同様香川照之(51)が、また、新キャストとして木村文乃(30)、「アジアン」馬場園梓(36)が加入。
    おなじみのパラリーガル・明石役の片桐仁(44)、藤野役のマギー(45)らの軽妙なやり取りも健在。

    第4話の被疑者は、岩村梢(有森也実)の夫で工場の社長・岩村直樹。
    直樹は、取引先のタナハシ機械製作所専務・棚橋幸次郎を殺害後、自殺したとされた。
    その後、事件は被疑者死亡のまま書類送検されて、不起訴処分に。
    梢は幸次郎の兄でタナハシ機械製作所の社長・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされており、何としても直樹の無実を立証してほしいと依頼してきた…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000094-spnannex-ent

    【【嵐】松本潤主演「99.9」第4話は16・8% 好調維持】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/01/29(月) 11:20:51.95 ID:Szp5sIL40
    フジで15%超える新・視聴率王の嵐

    01/01 嵐にしやがれSP(日テレ) 15.6%
    01/03 VS嵐SP(フジ) 15.7%
    01/11 VS嵐(フジ) 10.8%
    01/14 松本潤主演ドラマ99.9(TBS) 15.1%
    01/13 嵐にしやがれ(日テレ) 14.2%
    01/21 松本潤主演ドラマ99.92話(TBS) 18.0%
    01/25 VS嵐(フジ) 11.6%
    01/27 嵐にしやがれ(日テレ) 15.0%
    01/28 松本潤主演ドラマ3話(TBS) 16.2%

    【【朗報】SMAP解散してから嵐の視聴率が絶好調で凄い】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/01/29(月) 10:07:17.32 ID:CAP_USER9
    28日に放送された「嵐」の松本潤(34)主演のTBS系日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士―SEASON2」(日曜・後9時)の第3回の平均視聴率が16・2%だったことが29日、分かった。 
    初回は15・1%で好発進。
    第2話は2・9ポイントの大幅アップを果たし、18・0%をマーク。
    今回は1・8ポイントダウンしたものの高数字を維持した。

    個性豊かな刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいくリーガルドラマ・シリーズの第2弾。
    第1弾は2016年4月期に放送され、初回15・5%でスタート。
    最終回は番組最高タイの19・1%で有終の美を飾っていた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000053-sph-ent

    【【嵐】松潤主演「99・9―刑事専門弁護士―SEASON2」第3話、16・2%で好調キープ】の続きを読む

    1: 2018/01/25(木) 17:32:52.66 0
    フジで15%超える新・視聴率王の嵐

    01/01 嵐にしやがれSP 15.6%
    01/03 VS嵐SP 15.7%
    01/11 VS嵐 10.8%
    01/14 松本潤主演ドラマ99.9 15.1%
    01/13 嵐にしやがれ 14.2%
    01/21 松本潤主演ドラマ99.92話 18.0%


    打ち切り決定した香取のおじゃマップ
    01/24 *6.2%

    中居の日本1周めちゃイケ
    01/02 *6.4%

    中居の身になる図書館
    01/22 *7.2%

    【嵐の視聴率が絶好調で元SMAPとの明暗が激しい件】の続きを読む

    1: 2018/01/26(金) 10:00:01.43 ID:CAP_USER9
    25日に放送された俳優・木村拓哉(45)主演のテレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜・後9時)の第2話の平均視聴率が15・7%だったことが26日、分かった。

    武器を持たずに人を護る民間ボディーガード・島崎章(木村)を主人公にした濃密な人間ドラマ。
    木村とは全話平均視聴率32・0%の「GOOD LUCK!」(03年、TBS系)、同19・6%の「エンジン」(05年、フジテレビ系)以来のタッグとなる井上由美子氏が脚本を担当する。

    木村のドラマ主演は昨年1月期のTBS系「A LIFE~愛しき人~」以来1年ぶり。
    木村がテレビ朝日で主演した2015年4月期の「アイムホーム」は全10話の平均が14・8%をマークしている。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000125-sph-ent

    【キムタク主演「BG~身辺警護人~」第2話は15・1% 初回から0・6ポイント減も好調維持】の続きを読む

    1: 2018/01/24(水) 11:03:53.82 ID:CAP_USER9
     23日に放送された俳優・亀梨和也(31)主演のフジテレビ系ドラマ「FINAL CUT」(火曜・後9時)の第3話の平均視聴率が
    関東地区で6・5%だったことが24日、分かった。

     亀梨演じる主人公・慶介は母親の復讐を果たそうとするうち、許されざる恋に落ちていく物語だ。初回は7・2%でスタートし、第2話は
    6・5%と0・7ポイントダウン。今回も横ばいの数字となった。

     なお、ドラマを制作する関西テレビで放送された関西地区では前回の8・4%から2・4ポイントアップし、10・8%と2ケタ台に乗せた。

     亀梨はクランクイン初日の昨年12月1日、パルクール(道具を使わず障害物を乗り越えるスポーツ)のトレーニングに励むシーンの撮影に
    臨んでいた際に負傷。病院で全治4週間と診断されたが、当日午後6時から現場に戻り、ギプスを外して撮影を再開した。
    (数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000009-sph-ent

    【【KAT-TUN】亀梨和也主演「FINAL CUT」第3話6・5%】の続きを読む

    1: 2018/01/23(火) 06:22:17.19 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉(45)が主演を務めるテレビ朝日系新ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜午後9時)の初回平均視聴率(18日放送)が15・7%だったことが明らかになった。
    昨年1月期のTBS系「A LIFE~愛しき人~」の初回が14・2%だったこともあって“好発進スタート”。

    ネット上でも「さすがは腐ってもキムタク」と評価する声は多いが、番組関係者は安心できないでいるという。その理由は木村サイドが抱えるトラウマにあるようで――。

    同ドラマは、さまざまな人間の思惑が交錯する中、木村演じる敏腕ボディーガードが依頼人を懸命に守る姿を描く。
    脚本は井上由美子氏の完全オリジナル。脇を江口洋介(50)、斎藤工(36)、石田ゆり子(48)ら豪華共演者が固める。

    芸能プロ関係者が語る。
    「始まる前まではどのくらい数字が伸びるか見えなかったんですが、ふたを開けてみればなかなかの高さ。木村さんをはじめ、スタッフはみんな喜んでいますよ。現場の雰囲気はいいですね」

    莫大な制作費をつぎ込みながら、パッとしなかった1年前の「A LIFE」と比べても十分及第点はクリアしていると言っていい。ネット上では「わきに助けられた」「キムタク演技は相変わらず」との批判もあるが、
    「なんだかんだ言ってすごい」「久しぶりに面白い」などの評価も多い。

    「SMAP解散から1年がたち、いまだ裏切り者と叩かれ続けていますが、だいぶ“鎮火”している印象です。それは状況が変わったからでしょう。
    退所した元SMAPの3人の『72時間ホンネテレビ』の評判が良好だったり、わりと活躍していますよね。それが木村バッシングが収まってきつつある理由なんだと思います」(同関係者)

    だが、周囲の関係者は意外にも楽観していない。むしろ、微妙な反応だという。

    「木曜9時の前クールは全話の平均視聴率が20ポイントを超えた米倉涼子主演の『Doctor―X 外科医・大門未知子』(以下ドクターX)でした。
    キムタクのドラマは失敗は許されないので、今回はあえて視聴習慣のあるこの枠に編成されたそうです。

    それでも『ドクターX』とは5ポイント近い差がある。もちろん大人気の『ドクターX』を下回るのは仕方ありませんが、5ポイントの差はかなり大きい。第2話で下がらなければいいのですが…」(事情通)

    もともと木村側には“ドクターXトラウマ”があるらしい。同事情通が続ける。
    「『A LIFE』も最初は去年1月期ではなく、一昨年10月期の予定だったんです。というのもSMAP解散余波をジャニーズ側が懸念したから。ところが同クールには『ドクターX』があった。
    同じドクターものなので比較されると絶対負けてしまう。そのため1月期になったのです。今回、同じ枠ですが、今後どんどん数字が下がれば『ドクターX』とのギャップを引き合いに出されるのは間違いない。なので番組関係者は、気をもんでいるんですよ」

    短絡的に「ドクターX」の後釜に据えたため、余計な不安を抱えてしまったというわけだ。視聴率が下降線になると、木村サイドの“トラウマ”を刺激して、現場スタッフらが神経をすり減らすことになるのは明白。
    もちろん数字が今後、上がっていけばいいのだが、どこまで期待できるのかはわからない。というのも最近の木村は、昔のように確実に視聴率を稼げる存在ではなくなっているからだ。

    「2003年から続く明石家さんまとの新春特別番組『さんタク』(フジテレビ系、元日放送)も今年は惨敗でした。かつては2桁もザラだったんですが、今年は5・9%と惨敗。
    この数字を見た『BG』の関係者は他局なのにガックリしたとか(笑い)。いずれにせよ、明らかにキムタクから数字は離れていっています。まあ、ずっと天下を取り続けることなんて不可能なので、期待しすぎるのは酷かもしれませんね」(テレビ局関係者)

    キムタク神話は崩れてしまったのか? 注目の第2話はなぜか時間を拡大して25日に放送される。

    (視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    1/22(月) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000034-tospoweb-ent

    【<元SMAPの木村拓哉>好発進「新ドラマ」の落とし穴・・・キムタク神話は崩れてしまったのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ