タグ:視聴率

    1: 2018/10/15(月) 09:41:52.39 ID:CAP_USER9
    Sexy Zoneの中島健人(24)が主演を務める日本テレビ「ドロ刑―警視庁捜査三課―」(土曜後10・00)が13日にスタートし、初回の平均視聴率が11・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。

    同局の土曜ドラマ枠の初回2桁発進は、7月期の「サバイバル・ウェディング」(10・4%)に続いて2期連続。

    新米刑事の斑目(中島)が伝説の大泥棒(遠藤憲一)と禁断のコンビを組み、難事件解決に挑む物語。
    原作は「週刊ヤングジャンプ」で人気連載中の同名漫画。
    今年1月に連載が始まったばかりだが、異例の早さで実写化が決まった。

    初回は、非番の若手警察官・斑目勉(中島健人)は、電車内で泥棒騒ぎに遭遇。
    せっかくのオフを台無しにしたくないと見て見ぬ振りを決め込むものの、すられていたのはなんと自分の財布で…。
    本人も自分が警察官に向いていないことは自覚しているのだが、その噂を聞きつけた警視庁の鯨岡千里(稲森いずみ)からなぜか華の刑事部へ引き抜きの声がかかる…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000089-spnannex-ent

    中島健人主演ドラマ「ドロ刑―警視庁捜査三課―」
    no title

    【【セクゾ】中島健人主演「ドロ刑」初回11・8%で好発進 異例の早さで実写化の人気漫画原作】の続きを読む

    1: 2018/09/10(月) 10:42:02.44 ID:CAP_USER9
    9日に放送されたNEWS加藤シゲアキ(31)主演の日本テレビ系連続ドラマ「ゼロ 一攫千金ゲーム」(日曜午後10時30分)の第9話視聴率が5・6%(関東地区)だったことが10日、ビデオリサーチの調べで分かった。

    初回視聴率は、7・1%、第2話6・7%、第3話6・3%、第4話6・1%、第5話7・9%、第6話5・8%、第7話8・3%、第8話5・3%だった。

    同作は「カイジ」「アカギ」などを生み出した漫画家福本伸行氏の「賭博覇王伝 零」が原作。コミック発行部数は、300万部を誇る人気作のドラマ化だ。建設中のアミューズメントパーク「ドリームキングダム」を舞台に、若者たちが賞金1000億円のために命がけのサバイバルゲームを展開。その中で互いに助け合い、真の友情を築き上げていく物語だ。

    加藤のゴールデン・プライム帯主演は、今回が初めて。町の進学塾で教壇に立つ非正規教員でありながら、名乗らずに人を助ける「義賊」でもある主人公・宇海零(ゼロ)を演じる。ドリームキングダムを主宰する資産家の在全無量を梅沢富美男(67)、幹部の後藤峰子を小池栄子(37)が演じる。サバイバルゲームに挑戦する末崎セイギを間宮祥太郎(25)、義賊の真鍋チカラを加藤諒(28)、ゼロをしのぐ頭脳を持つミステリアスな中学生標(しるべ)を佐藤龍我(15)が演じる。

    第9話は、標が勝者の条件となるリング4つを獲得。あと1つが目前だったゼロは驚くが、在全の思いつきで20分の延長が全員に与えられた。

    最後のチャンスに挑戦者が奔走する中、標の1000億を手にしたのちに在全を倒す計画を聞いたゼロは「無謀だ。危険すぎる」と驚愕(きょうがく)する。標を止めるためにも最後のリングがほしいゼロは、「失われたリング」に挑む。

    迎えた決勝戦。標とゼロが挑むのは1対1の心理戦「ブレークダウン」。圧倒的な力を見せつける標を相手に、2人の壮絶な頭脳戦が繰り広げられていく、という内容だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00325462-nksports-ent

    【NEWS加藤「ゼロ一攫千金ゲーム」第9話5・6%】の続きを読む

    1: 2018/04/16(月) 20:20:34.85 0
    安定感がやっぱ凄い
    no title

    no title

    【キムタクより視聴率とれる主演俳優は今後現れるの?】の続きを読む

    1: 2017/11/12(日) 01:22:23.358 ID:gchtbAKYd
    ビューティフルライフ 41.3%
    グッドラック 37.6%
    HERO 36.8%
    ロングバケーション 36.7%
    ラブジェネレーション 32.5%

    【キムタクのドラマの最高視聴率凄すぎる!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/06/25(月) 09:29:49.78 ID:CAP_USER9
     嵐の二宮和也(35)が主演を務め、ダークヒーローぶりが話題を呼んだTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の最終回(第10話)が24日に15分拡大で放送され、平均視聴率は18・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。第8話の16・6%を2・0ポイント上回り、自己最高を更新。有終の美を飾った。“ブラックペアン”(真っ黒なペアン=止血用鉗子)の真実が明らかになるとあり、大きな注目が集まった。

     初回=13・7%、第2話=12・4%、第3話=12・1%、第4話=13・1%、第5話=13・4%、第6話=13・0%、第7話=13・0%と好調に推移。第8話は16・6%と自己最高をマーク。テレビ朝日「特捜9」(水曜後9・00)の初回16・0%を上回り、今クールの民放連続ドラマ1位の数字を叩き出した。第9話も16・2%と15%超を連発して最終回を迎え、今クールの民放連続ドラマ1位の数字を塗り替えた。

     医師で作家の海堂尊氏の小説「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)が原作。シリーズ累計150万部を超え、映画化・ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」の原点となる人気作。嫉妬渦巻く大学病院を舞台に、医学の限界や大きな権力に立ち向かう男たちの生き様を熱く描いた。

     二宮は傲慢な性格と言動で「オペ室の悪魔」と呼ばれ、ヒラ医局員だが、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎を“怪演”。新境地を開拓した。

     タイトルの「ブラックペアン」とは真っ黒なペアン(止血用鉗子)を指す。脚本はTBS「小さな巨人」などの丑尾健太郎氏ら。演出は「下町ロケット」「陸王」や映画「祈りの幕が下りる時」などの福澤克雄氏を筆頭に、田中健太氏、渡瀬暁彦氏の3人が務める。

     共演は竹内涼真(25)葵わかな(19)倍賞美津子(71)加藤綾子(33)加藤浩次(49)市川猿之助(42)小泉孝太郎(39)内野聖陽(49)ら豪華キャストが勢揃い。主題歌は小田和正(70)の「この道を」。

     最終回は、倒れた佐伯教授(内野)の緊急手術を行った渡海(二宮)。しかし、あくまで応急処置。渡海は完治に必要な再手術を行う条件として、自分が探している飯沼達次(山本亨)の居場所を明らかにすることを佐伯に求める。しかし佐伯は「命よりも大事なものがある」と拒み、外科学会に出席するために無理を押して東京に向かう。一方、東城大。美和(葵)が藤原師長(神野三鈴)の命令で秘密裏に担当していたある患者の容体が急変。それは高階(小泉孝)や香織(加藤)の知るところとなる。そして、ブラックペアンの真実は渡海の手で白日の下にさらされる…という展開だった。

    2018年6月25日 09:05
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/25/kiji/20180624s00041000493000c.html

    画像
    no title

    【【嵐】二宮和也主演「ブラックペアン」最終回は18・6%!自己最高で有終の美 今期民放連ドラ1位】の続きを読む

    • カテゴリ:
    20180519-blackpean05-02-950x631



    【嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第9話は16・2%!次週最終回】の続きを読む

    • カテゴリ:
    2e5887a01d48748fc85471b9d6a808e3


    【V6、井ノ原快彦主演『特捜9』最終回14.0%で有終の美!】の続きを読む

    1: 2018/05/23(水) 23:28:36.33 ID:CAP_USER9
    山口達也(46)の契約解除も何のその、TOKIOの看板番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系=日曜19時)が好調をキープしている。

    TOKIOが4人体制になって初の13日放送分は、騒動の余熱もあって平均視聴率20%超え。とはいえ、世間の熱も冷めてきた20日も17.6%と堂々の数字をたたき出している(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    「『災い転じて』ではありませんが、むしろいい刺激になっている部分もあります」と、日テレ関係者はこう続ける。

    「そもそもTOKIOはジャニーズの中でも、人気のあるグループではなかった。TOKIOの今の人気は、鉄腕DASHが育てたと言っても過言じゃない。
    20年を超える長寿番組になれたのは、最初に“DASH村”や“DASH島”といった企画ありきで、タレント人気に頼って番組作りをしなかったからという自負もある。
    屋台骨がしっかりしているから、山口ひとりが抜けても番組自体は揺るがない。現場は『一からやり直そう』という雰囲気になっています。むしろマンネリ化を避けられました」

    20日放送分では、一からカレー作りに挑戦する新企画「俺たちのDASHカレー」もスタートしている。

    「鉄腕DASHの現場はタレントもスタッフもガチでハードで、演出にも並々ならぬこだわりがあると、業界内でも有名です。
    普通だったら、こんな人気番組から『一緒にやらないか』と誘われたら『喜んで』となりますが、『鉄腕DASHだけはきつすぎてやりたくない』などと敬遠されがちです」(構成作家)

    だからこそ高視聴率をキープできるのだろう。テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう話す。

    「同じ日テレ系の『世界の果てまでイッテQ!』(日曜19時58分)も、不倫騒動でベッキーが降板してもビクともしなかった。タレント人気におもねらない、企画ありきの仕組みがある番組はブレないし、
    番組がタレントをブレークさせる強さも併せ持っています。イモトアヤコ(32)がいい例で、仮にイモトが抜けたとしても、イッテQ!は続くでしょう」

    タレントの名前ありきの番組作りで凋落したフジテレビとは対照的、ということか。

    2018年5月23日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
    http://news.livedoor.com/article/detail/14754854/

    【【TOKIO】<山口脱退も磐石> 日テレ「鉄腕DASH」高視聴率の秘密】の続きを読む

    1: 2018/05/14(月) 17:23:07.97 ID:CAP_USER9
    女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった山口達也(46)が6日にジャニーズ事務所から契約を解除され、4人となったTOKIO出演の日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜後7・00)が13日に事件発覚後初放送され、平均視聴率は20・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。
    瞬間最高は23・7%だった。

    番組冒頭には「新宿DASH」のロケが5月1日に、「DASH島」のロケが5月4日に、「DASH海岸」のロケが5月1日に再開したことが報告された。

    「DASH島」は1年前から続く反射炉建設の途中。
    島を訪れた長瀬智也(39)は「お疲れさまです。皆さん、いろいろとご迷惑、ご心配をお掛けして、すみません。突然で、申し訳ないですけども」と帽子を脱いで頭を下げ、反射炉建設指導(築炉マイスター)の本勝照雄氏ら協力者・職人らに謝罪した。

    番組終盤にはリーダーの城島茂(47)が10日、人気企画「DASH村」で一緒に農業に携わってきた福島県の米農家を訪問。
    板の間に正座し、何度も頭を下げて謝罪する場面が紹介された。
    米農家の人々からは「“大ばか者”と言われるだろうけど」「一緒にやって苦労してきたんだから」「まだまだ!これで終わりじゃない」などと声を掛けられ、城島は涙をこぼした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000078-spnannex-ent

    【「鉄腕DASH」20・8% 山口事件発覚後初放送 城島涙の謝罪で瞬間最高23・7%】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/05/01(火) 10:06:23.66 ID:CAP_USER9
    嵐の二宮和也(34)が主演を務め、ダークヒーローぶりが話題を呼ぶTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の第2話が4月29日に25分拡大で放送され、平均視聴率は12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。
    初回(22日)の13・7%から数字を下げたものの、在宅率が低くなる大型連休中ながら好調をキープした。

    原作は医師で作家の海堂尊氏の小説「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)。
    シリーズ累計150万部を超え、映画化・ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」の原点となる人気作。
    嫉妬渦巻く大学病院を舞台に、医学の限界や大きな権力に立ち向かう男たちの生き様を熱く描く。

    二宮は傲慢な性格と言動で「オペ室の悪魔」と呼ばれ、ヒラ医局員だが、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎を熱演。
    渡海は、自分がいる東城大学医学部付属病院総合外科学教室(通称・佐伯外科)に赴任した東の名門・帝華大学病院出身の新任エリート講師・高階権太(小泉孝太郎)と敵対。
    高階は手術用最新医療機器・スナイプを「外科医の腕を全く必要としない」と豪語して持ち込み、医療業界も巻き込む騒動の火ぶたを切る。

    タイトルの「ブラックペアン」とは真っ黒なペアン(止血用鉗子)を指す。
    脚本はTBS「小さな巨人」などの丑尾健太郎氏。
    演出は「下町ロケット」「陸王」や映画「祈りの幕が下りる時」などの福澤克雄氏を筆頭に、田中健太氏、渡瀬暁彦の3人が務める。

    共演は竹内涼真(24)葵わかな(19)倍賞美津子(71)加藤綾子(32)加藤浩次(48)市川猿之助(42)小泉孝太郎(39)内野聖陽(49)ら豪華キャストが勢揃い。
    主題歌は小田和正(70)の「この道を」。

    第2話は、最新医療機器・スナイプを持って東城大に乗り込んだ高階(小泉)だったが、術後のトラブルのため2例目の手術を行えずにいた。
    そして研修医の世良(竹内)も、医師として思い描いていた姿と現在のふがいない自分の姿のギャップに落ち込む。
    ある日、小山(島田洋七)という急患が運ばれてくる。
    渡海(二宮)の手術で一命は取り留めたが、僧帽弁置換手術を行う必要があった。
    手術に難色を示す夫妻に、渡海は痛烈な一言を投げかける。
    結局、小山と妻・好恵(沢松奈生子)は佐伯教授(内野)の手術を望むが、長い順番待ちリストに名を連ねることに。
    そんな時、高階が小山のスナイプ手術を提案。
    佐伯は了承したが、驚くべき条件を出す…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000083-spnannex-ent

    「ブラックペアン」
    no title

    【【嵐】二宮主演「ブラックペアン」第2話は12・4%!GW中も好調維持】の続きを読む

    このページのトップヘ