タグ:被災地

    1: 2019/08/13(火) 06:38:43.66 ID:i5FrjikD9
    去る7月1日より、東京から全国で順次開催されている『嵐』の展覧会『ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会』に、
    東日本大震災の被災地である岩手・宮城・福島の子どもたちが特別招待されることが発表された。

    8月5日、村井嘉浩宮城県知事が定例会見で、来年6月から7月まで開催予定の同展覧会に「3県の子どもたちを招待することも決まった」
    「人数や対象年齢などは検討する」「本年度初めにジャニーズ事務所に打診し、快く引き受けてもらった」などと、知事自らの提案で事が進んでいることを明かした。

    同展覧会は「嵐」のデビュー20周年を記念したイベントで、東京を皮切りに大阪・名古屋・福岡・宮城と約1年をかけて全国で開催される予定。
    入場料は1500円だが「嵐」のファンクラブ会員を対象とした抽選制で、観覧にはかなりの高倍率が見込まれている。

    プラチナチケットゆえに…
    復興支援を目的としたイベント『嵐のワクワク学校』や2015年の宮城コンサートなど、これまでも被災地に寄り添う活動をしてきた「嵐」。今回の特別招待もそんな一環といえる粋な計らいだが、ネット上では、

    《嵐ファンかも分からない子どもは無料で招待って…》
    《これじゃファンクラブの意味がない》
    《来年活動休止するんだから昔からのファンを最優先に考えてほしかった》
    《活性化にもつながるし、東北の方が元気になるならさらに良いことだと思う》
    《ただでさえ宮城は期間が短いのに、子供無料招待して嵐ファンの人が展覧会行けなかったらどうするんだろう?》
    《いろいろ大変だし、福島ならまだ分かる》
    《もともと嵐さんたちが用意してくれてる枠に+αで招待枠なら全然いいと思う》

    などと賛否両論に。高倍率のプラチナチケットゆえに、気持ちは分かるものの腑に落ちないというファンもいるようだ。

    「宮城県は15年のコンサート以降、何かに付けて『嵐』の人気にあやかろうとする姿勢を前面に出しています。
    そして、ジャニーズ側も被災地支援やオリンピックといった仕事を受けていますから、行政からの依頼はムゲにするわけにいかないんですよ。
    また、櫻井翔は元総務官僚を父に持っており、官僚べったりの自民党とは切っても切り離せない蜜月関係。
    村井知事は自民党出身の政治家ですから、ここにもある種の〝利権〟や〝忖度〟が働いていると言えます」(政治記者)

    来年は被災から10年目を迎える年。既に震災の記憶も風化しつつある中で、公正公平を求める声が上がるのも無理はないのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1961568/
    2019.08.12 19:00 まいじつ

    【嵐ファン激怒! 展覧会に被災地の子ども招待「腑に落ちない!」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/07/31(火) 17:03:13.42 ID:CAP_USER9
     それは住民を笑顔にし、勇気づける“嵐”だった。

    「まだまだ暑い夏、大変だと思いますが、乗り切ってください。これからも東京からきちんと、自分たち5人……だけじゃなく、ジャニーズのアーティストみんなで
    応援してますし、きっかけを作って、ぜひ、みなさんにまた会えるように来たいと思うんで、暑い夏、頑張ってください! お邪魔しました!」

     7月20日に、被災地でそう誓ったのは嵐の松本潤。

    寄付総額は20億円

     6月末に西日本を襲った集中豪雨。多くの死者を出した災害に立ち上がったのは、東日本大震災以降、毎年、復興支援を行っている嵐だ。

    「嵐は、'11年より東日本大震災の復興支援として『嵐のワクワク学校』というイベントを開催しています。

     これまでイベントの収益の一部は、東日本大震災の被災地に寄付されてきましたが、今年は西日本豪雨の被災地である広島県・岡山県・愛媛県にそれぞれ
    5000万円ずつ寄付されました。今回の寄付で、ワクワク学校の寄付総額は20億円に上ったそうです」(スポーツ紙記者)

     今回、嵐は松本が広島と愛媛に、二宮和也が岡山を訪問し、それぞれの知事に義援金と支援物資を寄付した。

    「松本さんと二宮さんは、実際に被災地で避難所となっている小学校も訪問しました。それぞれ写真撮影やサインに応じましたが、ジャニーズのアーティストが
    これらに応じるのは極めて異例なことですね」(同・スポーツ紙記者)

     広島で松本が訪れたのは、広島市内にある避難所となっている矢野南小学校。現在、同避難所でボランティアをしている40代の女性は、

    「30分くらい滞在してくれました。義援金を寄付してくれたのもすごいですけど、本当にわざわざ暑いなか、直接ここまで来てくれて……言葉がないです」

     松本は避難所で嵐グッズをプレゼント。Tシャツやタオルなどの嵐グッズのほかに歯ブラシや汗ふきシートなどがセットになっていた。

     嵐グッズをもらい、松本から直接勇気づけられる言葉をもらった宮原和輝さん(17)は、現在、矢野南小の避難所に避難している。

    「一緒に写真を撮ってもらったのですが、そのとき“大変ですね。頑張ってください”と声をかけてもらいました。カラオケで歌ったり、嵐は好きだったので、
    すごくうれしかった。いただいたグッズにはタオルや歯ブラシなども入っていましたが、もったいなくて使えてないです(苦笑)」

     松本が訪れたことで、彼の周りにはサインや写真を求める人だかりができたが、

    「僕がサインに名前を入れてくださいってお願いしたら、“Dear カズキでいい?”って言ってサインに名前を入れてくれたり、ひとりひとりすごく親身に
    対応してくれていました」(宮原さん)

     今回の豪雨は、住民にとって一生忘れることのできない災害となったが、松本の行動や言葉も、きっといつまでも彼らの心に残ることだろう。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180731-00012956-jprime-ent
    no title

    【【嵐】松本潤が被災地で見せた、支援金よりもプライスレスな神対応】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/03/07(月) 17:34:25.89 ID:CAP
    年明けの解散・分裂騒動後も各メンバーが以前と変わらずメディアには登場しているものの、絶えず水面下の動きがウワサされるSMAP。
    「オリスタ」3月14日号(オリコン・エンタテインメント)では、リーダーの中居正広が、司会を務める
    『震災から5年“明日へ”コンサート』(NHK総合、3月12日放送)について語っている。

    インタビューでは番組内容のほか、SMAPのこの5年間の被災地支援を振り返っているのだが、
    時期が時期だけに、ところどころでどこか深読みしたくなるような発言も見受けられる。

    番組では自分たちの楽曲も披露するため、「(今一番気をつけなきゃいけないのは)それはもう、基本的に“音を外さない”ってことですよね」
    「歌詞が入って来ないでしょ、外してたら」とおどけつつも、「やっぱり普通の音楽特番と心構えは違いますね、意味と意識があるから」と襟を正すように語った中居。

    被災地支援については、AKB48がカメラの入らない現地でのイベントを継続して行ってきたことなどに触れ、
    「評価や見返りじゃない。SMAPだって、もしかしたら偽善者だって言われたこともあったかもしれませんけど、
    それでも動かないより動くほうがいいと思えるフットワークを、あのとき学べたんじゃないかな」ときっぱり。

    ちなみに去年放送された『NHKのど自慢』の生放送で「ぜひとも東北へ遊びに行ってください~」と中居が発言したところ、
    Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔が「(東北に)絶対行きます!」と話に乗ってきたそうで、番組終了後に実際に2人で福島に旅行したときの思い出も語っている
    藤ヶ谷とは普段は「(交流)ないです、全くない」と語るほどの関係だが、2人で今もさら地のままのエリアや仮設住宅などが残る様子も見て回り、
    「藤ヶ谷がどんな風に感じたかわかんないですけど、行けてよかった」と振り返っている。

    このインタビューの中でも、番組のロケで訪れた岩手県での体験に触れつつ、「いろんなことを含めて、もう“元通り”にはなれないんですよね」
    「5年経った今、まるまる元通りっていうのは難しい。みんな5年前の体力はないですし、5年前の若さには戻れないわけですから。
    でも今置かれた環境の中で、最善を尽くそうと必死でもがいてる方がいらっしゃることは、忘れてはならないなと」とリアリストな中居らしい表現を交えつつ、復興について語った部分は印象的だ。

    そして、番組タイトルになぞらえた「そんな中でも“明日へ”向けて前を向くことの大切さは?」という質問への答えも意味深だ。
    「難しいですね」と前置きしつつも、「でも、今立っている場所が歪んできたり濁っていたりするならば、今まで歩いてきた足跡をしっかり見直して、
    “もうちょっとこうすればよかったな”って学ぶことも大事だなって思います」というコメントを残している。

    番組のテーマは“「音楽の力」を通して、復興へのメッセージを届ける”。
    「中居さんが背中をあと押しされるような曲は?」というインタビュアーの問いに、「あの……曲に頼らないです。自分で押します(笑)」と答えていた中居。
    何かと周囲が騒がしく見えるが、SMAP本人たちはいたって冷静に、この先を見据えているのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1099767/
    ジャニーズ研究会 2016.03.07 16:19

    no title

    【【SMAP】中居正広、キスマイの藤ヶ谷太輔と2人で被災地に赴き「行けてよかった」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 禿の月φ ★ 2013/06/10 12:35:16
    「嵐」の5人が東日本大震災の被災地の岩手県大船渡市を訪れ、ミニライブを行った。
    震災後、メンバー全員での岩手県訪問は初めてで、この模様は12時間放送の大型音楽番組
    「THE MUSIC DAY 音楽のちから」(日本テレビ、7月6日前10・30)で紹介される。

    公演前には、5人で被災地の現状を見て歩き、被災者との触れ合いも体験。
    櫻井翔(31)大野智(32)相葉雅紀(30)の3人は同市の泊里港を訪問。
    コンブ漁を営む家族に震災当時の話や復興の進ちょく状況などを聞いた後、
    実際に漁に出て汗を流した。

    一方、松本潤(29)二宮和也(29)は、同市の河川敷で消防訓練を
    行っていた地元消防団を取材。消防団の制服を借りて訓練にも参加した。

    被災者との触れ合いに大野は「復興への道のりが続く中で、僕たちも何か力になっていけたらと、
    一緒にコンブ漁を体験する中でより強く思いました」と感想。震災の教訓を生かそうと訓練する消防団員の
    思いに触れた二宮は「人のつながりというか、若い世代の責任感の強さみたいなものを感じました」と語った。

    ライブには被災3県のファン550人のほか、コンブ漁を教えてくれた家族や消防団員を招待。
    観客の手が届きそうなほど狭い会場で、最新曲「Endless Game」や「Happiness」などの
    ヒット曲を披露した。相葉は「スゲー近かった!ちょっと恥ずかしい部分もありましたけど、
    ひとつになれた気がしました」と興奮。

    松本は「5人で来て、直接皆さんに少しでも元気になってもらう機会をつくれたことは
    本当に良かった。これからも日本に元気を届けていければ」と思いを新たにしていた。

    ≪陸前高田「緑が物悲しい」≫5人は、甚大な津波被害を受けた
    同県陸前高田市も訪問。震災から2年余りが経過した被災地の現状を
    自分たちの目で確認した。櫻井は「一番印象的だったのは緑が多いこと。
    もともとは住宅の立ち並んでいた場所に今は草木が生い茂っている。
    キレイであればあるほど、何か物悲しかったりもします」と話した。

    ソース:スポニチ Sponichi Annex
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/06/10/kiji/K20130610005984040.html

    【【芸能】嵐が被災地・大船渡市でミニライブ!コンブ漁、消防訓練も体験/日本テレビで7月6日放送の「THE MUSIC DAY 音楽のちから」】の続きを読む

    このページのトップヘ