タグ:花のち晴れ

    • カテゴリ:
    1: 2018/04/20(金) 06:49:13.91 ID:CAP_USER9
     今クールの連続テレビドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)第1話が17日、放送された。

     主人公の江戸川音(杉咲花)は超セレブ家庭の子ばかりが通う名門・英徳学園高等部2年生。音の家も、以前は父親が大手化粧品メーカーを経営する超お金持ちだったが、会社が倒産して、今は母親の由紀恵(菊池桃子)とボロアパートで極貧生活を送っていた。音には許婚(いいなずけ)がおり、そのお相手は、なんと英徳学園のライバル校・桃乃園学院で生徒会長を務める馳天馬(中川大志)で、音は天馬の継母・利恵(高岡早紀)から英徳学園卒業を結婚の条件に課されており、音はコンビニエンスストアでアルバイトをしながら英徳学園に通っていたのだ。

     しかし、英徳学園には同校のブランドとステータス向上に取り組む生徒5人組「C5(シーファイブ)」が中心的グループとして幅を利かせており、彼らに“庶民”であることがバレると即退学しなければならないルールがあり、音は素性を隠し日々怯えながら学校生活を送っている。

     そんな音はある日、コンビニでバイトをしていると、なんとC5のリーダーで英徳学園ではカリスマ的存在の神楽木晴(平野紫耀)が客として現れ、晴は通販で購入した“持っているとカリスマ性が出る石”をレジで受け取りに来たことが音にバレる。一方の音も、晴に“庶民”であることがバレ、2人とも「終わった……」とつぶやき絶望的な気分になる。

     翌日、学校で晴の車内に連れ込まれた音は、退学するよう命令されるが、音は自分を英徳学園にいさせないと全部バラすと晴を脅す。焦った晴は、音に秘密をばらされない方法をC5のメンバーに相談すると、音と恋人になれば晴が困るようなことをしないのではないか、とアドバイスを受ける。晴は早速、音のバイト先に高級車で迎えに行き、自宅の豪邸で豪華な食事を振る舞う作戦に打って出る。

     しかし音は、感動するどころか過去の裕福だった頃の記憶を思い出し辛い気持ちになり、さらに同伴してきたバイト仲間を“庶民”だとコケにしまくる晴にブチ切れ、ローストビーフの塊で晴をぶん殴り、帰ってしまう。

     帰り道、晴は夜道を一人で歩いていると、知人の男性から襲われるが、そこに晴が現れ、身を挺して男性を撃退し音を助ける。そして、自分は庶民である音を好きになったりはしないと宣言し、わけがわからない音は困惑。さらにそこに許婚の天馬が現れ、3人の間に微妙な空気が流れるところまでが、第1話で放送された。

    ●松本潤が登場

     典型的な学園モノなので、当然ながら私のようなオバサンを視聴者層として想定していないことは重々承知しているが、それにしても、あまりにクダらなくて、本当に約1時間見ているのが苦痛だった。少なくとも30代以上の人は見ないであろうし、かといって今の中学生や高校生が見るとも思えないのだが、いったい誰がこんなドラマを見るんだろうか。想像もできない。

     たとえば、英徳学園の校門前で同校の女子生徒がガラの悪いヤンキーたちに囲まれてイジメられているシーン。日頃はカッコつけて「英徳学園のリーダー」を気取っているC5の晴が、見て見ぬふりをしてその場から逃げ去ろうとしているのを見て、音は晴に「しょうもない」と捨て台詞を吐き、一人でその女子生徒を救い出そうとヤンキーたちに立ち向かっていく。そこで晴は勇気を出して彼らに攻め入ろうと前進していくと、足を絡ませて転びそうになるも、偶然に伸ばしたパンチが相手の腹に決まり、ノックダウンを食らわす。そこで集まっていた生徒たちに喝さいを浴びるのだが、こんなどうしようもないシーンのオンパレードを、今の10代が楽しみに見るとは思えないのだが……。

    Business Journal2018年4月19日03時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_431591/

    【【嵐】<花のち晴れ』松本潤>「老けぶり」が衝撃的…井上真央との共演思い出されザワつく】の続きを読む

    1: 2018/04/18(水) 10:41:18.25
    ジャニーズ終わったw

    【松潤まで投入した「花のち晴れ」初回は7・4%と大爆死wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/21(水) 23:24:49.47 ID:CAP_USER9
    「花のち晴れ」主題歌はKing & Princeのデビュー曲、平野紫耀「ドラマにぴったり」
    2018年3月21日 23:16 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/274581

    「花のち晴れ~花男 Next Season~」のビジュアル。前列左から神楽木晴役の平野紫耀、江戸川音役の杉咲花、馳天馬役の中川大志。後列左から、成宮一茶役の鈴木仁、西留めぐみ役の飯豊まりえ、平海斗役の濱田龍臣、真矢愛莉役の今田美桜、栄美杉丸役の中田圭祐。
    no title


    神尾葉子原作によるテレビドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌が、神楽木晴役の平野紫耀が所属するKing & Princeのデビュー曲「シンデレラガール」に決定した。

    これは本日3月21日に生放送されたテレビ番組「CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2018」で、発表されたもの。
    スタジオには江戸川音役の杉咲花と馳天馬役の中川大志が応援に駆けつけ、King & Princeはテレビで「シンデレラガール」を初披露した。

    平野は楽曲について「初めて聞いたとき“花のち晴れっぽいな”と思っていた」と明かし、「歌詞にフラワーやKing & Princeが入っているのも、ドラマの世界観に合っていていいなぁと思いますしドラマにぴったりな曲だなと思います」とコメント。
    なおCDは5月23日にリリースされる。

    「花のち晴れ」はTBS火曜ドラマ枠にて、4月17日22時より放送。4月4日には原作の単行本最新9巻が刊行される。

    ■平野紫耀コメント

    僕たちのデビュー曲「シンデレラガール」を初めて聞いたとき“花のち晴れっぽいな”と思っていたので、主題歌に決まったと聞いたときはめちゃくちゃうれしかったです。
    歌詞にフラワーやKing & Princeが入っているのも、ドラマの世界観に合っていていいなぁと思いますしドラマにぴったりな曲だなと思います。しかもその曲をこんなに早くみなさんにお披露目できてうれしいです。
    “デビュー曲が主題歌になる”というのは相当珍しいことだと思うので、そんな稀な形でデビュー曲が使われるということに運命を感じますね。
    この曲を聴いたときに、ドラマのワンシーンや僕らの歌っている姿を思い浮かべてもらえたらうれしいです。
    「シンデレラガール」とドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」が、皆さんの心に残るような作品になったらいいなと思います。

    ■「花のち晴れ~花男 Next Season~」

    ◆スタッフ
    製作著作:TBS
    原作:神尾葉子「花のち晴れ~花男 Next Season~」(集英社)
    脚本:吉田恵里香
    プロデュース:瀬戸口克陽
    協力プロデュース:齊藤彩奈
    演出:石井康晴ほか

    ◆キャスト
    江戸川音:杉咲花
    神楽木晴:平野紫耀(King & Prince)
    馳天馬:中川大志

    平海斗:濱田龍臣
    西留めぐみ:飯豊まりえ
    真矢愛莉:今田美桜
    成宮一茶:鈴木仁
    栄美杉丸:中田圭祐

    紺野亜里沙:木南晴夏
    馳美代子:堀内敬子
    馳一馬:テット・ワダ
    小林孝蔵:志賀廣太郎
    馳利恵:高岡早紀
    神楽木巌:滝藤賢一
    江戸川由紀恵:菊池桃子

    【「花のち晴れ」主題歌はKing & Princeのデビュー曲「シンデレラガール」、平野紫耀「ドラマにぴったり」】の続きを読む

    このページのトップヘ