タグ:紅白歌合戦


    【【2015年】紅白歌合戦ジャニーズまとめ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2014/12/08(月) 08:46:03.18 ID:???0.net
     今年の大みそかのNHK紅白歌合戦で、紅組は松田聖子(52)が、白組は嵐が
    それぞれトリに内定したことが7日、分かった。ともにトリは初めて。聖子が、全出場者の
    最終歌唱となる大トリを務めることも内定した。同局は、幅広い世代に絶大な人気を持つ
    両者によるトリ対決で、高視聴率獲得を狙う。

     今年の紅白のラストで、時代を超えたスーパーアイドル対決が実現する。

     聖子はデビューした80年に初出場を果たし、先月末に通算18回目の出場が発表されたばかり。
    ヒット曲を多数持つ国民的歌手だが、これまでは番組序盤から中盤にかけた出演が多く、
    トリを務めるのは意外にも今回が初めて。

     4月にデビュー35周年を迎えた。メモリアルイヤーに突入し、精力的な活動を続けている。
    全国ツアーを行い、東京・日本武道館での公演回数は、自身が持つ女性歌手の最多記録を
    102回に更新した。

     大トリ起用の決め手の1つになったのが、今年のNHK音楽番組「SONGS」だった。聖子は
    5月に同番組の300回記念放送回に出演。30分ノンストップのスペシャルメドレーを披露して
    話題を呼んだ。平均視聴率4・1%は、最近の同番組の中で高視聴率だった。同局関係者は
    「30分ノンストップメドレーは、数字以上に大きな反響があった。中高年層を確実に取り込む力がある。
    80年代から今もトップアイドルとして走り続ける大御所アイドルでもある。全出場者の
    最終歌唱を務める大役に申し分がない」としている。

     一方、国民的人気グループに成長した嵐も、人気、実績を高く評価され、初の白組トリに抜てきされた。
    初出場は09年。2回目の出場を決めた10年から、5年連続で白組司会を務めてきた。5年連続の司会は、
    アナウンサー以外では最多記録。好感度も高く、世代を超えた圧倒的な人気が、視聴率でも大きく貢献してきた。

     嵐も今年、CDデビュー15周年を迎えた。今年発表したシングル3枚の売り上げは全て50万枚を突破。
    10月に発売したオリジナルアルバムは、発売初週で66万枚を売り上げる大ヒット。CD不況といわれる時代に
    驚異的なセールスを記録し続けている。毎年開催している全国ドームツアーは、関係者でも手に入らない
    プラチナチケットとなるなど絶大な人気を維持し続けている。同局関係者は「絶大な人気はもちろんですが、
    今年は白組司会5年目の節目ということも大きい」としている。

     聖子と嵐は昨年、紅白で対決を果たしている。それぞれ終盤の24組目に登場して番組を盛り上げた。
    同局は今年、両者の対決の場を番組最後に移し、高視聴率獲得を狙いたいという判断をしたようだ。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20141208-1406260.html
    no title

    【【紅白】紅白歌合戦 白組トリに嵐、松田聖子が大トリに内定】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 17:06:14.85 ID:???0.net
    年末の風物詩「NHK紅白歌合戦」をめぐる動きが早くも活発化している。
    「白組の司会は5年連続で嵐。紅組は朝ドラ『花子とアン』でヒロインの親友、蓮子を演じた仲間由紀恵が内定したと言われています」(NHK関係者)

    だがここ数年、紅組の司会は綾瀬はるか(13年)、堀北真希(12年)、井上真央(11年)と、NHKへの貢献度が高い朝ドラや大河ドラマのヒロインが独占。
    順当にいけば、平均視聴率21%超え(関東地区、以下同)を維持するヒロインの吉高由里子のはず。

    「『花子とアン』で本格派女優に成長した吉高の名前はもちろんあがりましたが、
    先月末の打ち上げでもお酒を飲んでほっぺにチューをするキス魔に変身したほどの自由奔放な不思議ちゃん。
    大の下ネタ好きで口を開けば吉高ワールドが炸裂するため、生放送では危ないという判断です」(同)

    だが、仲間の再登板は通算5度目となり新鮮味に欠ける。なぜなのか。

    「昨年は『あまちゃんコーナー』のおかげか、第2部の視聴率は過去10年で最高の44・5%を記録しましたが、今年は目玉企画がない。
    さらに、北島三郎が“卒業”し、見せ場となるトリの企画が弱いため、司会はスキャンダルの少ない仲間で手堅く固めたいのです」(芸能記者)

    偶然なのか、夏の紅白と呼ばれる「思い出のメロディー」(8月9日放送)の司会に起用された仲間。
    昨年は杏が司会を務め、視聴率が10%を割り込んだが、今年は平均で14・7%にまで復活。抜群の安定感は健在だ。

    前出の芸能記者によると、空前のヒットとなった「アナと雪の女王」が特別企画となり、
    主題歌と挿入歌に携わった松たか子、神田沙也加、May J.の共演が模索されているという。

    「プライドの高い松が、格下2人との共演に難色を示し、実現が難しい。
    トリに関しては、若年層視聴者の取り込みに力を入れているので、ポップス歌手が務める可能性が高いです」(同)

    それではフレッシュな顔ぶれはどうか。芸能評論家の三杉武氏はこう言う。
    「モデル出身の西内まりやを筆頭に、カバーアルバムがヒットして再ブレーク中の華原朋美や、乃木坂46、HKT48の出場が有力視されています」

    しかしながら、やはり地味さは否めない印象だ。3カ月後、“てっ”と驚く紅白が見られるだろうか。

    dot. 9月10日(水)11時42分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140910-00000008-sasahi-ent

    【「NHK紅白歌合戦」をめぐる動きが早くも活発化「白組の司会は5年連続で嵐。紅組は仲間由紀恵が内定したと言われています」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 禿の月φ ★ 2013/10/14 06:45:29
     今年大みそかの「第64回NHK紅白歌合戦」の紅組司会を
    女優綾瀬はるか(27)、白組司会を嵐が務めることが決まり、
    今月中にも発表されることが13日、関係者への取材で分かった。

     綾瀬は今年の大河ドラマ「八重の桜」のヒロインを演じている。
    大河ドラマのヒロインが紅白歌合戦の司会を務めるのは、
    仲間由紀恵(33)以来。また嵐は4年連続となる。

     嵐は、トップアイドルとしての活躍や安定した司会ぶりなどもあり、
    紅白の「顔」として今年も司会に決まったようだ。

    ソース:ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)2013年10月14日6時31分
    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131014-1203902.html

    【紅白歌合戦 今年の司会は綾瀬はるか&嵐】の続きを読む

    1: 読者の声 2013/04/20 15:29:11 ID:9h2PUhVE
     激化するジャニー喜多川社長の“後継者争い”をめぐって、あるグループの“ポジション”に変化が訪れている
    という情報をキャッチした。

     「年末は、恒例のカウントダウンライブ以上に、『NHK紅白歌合戦』への出場が重要視される」(広告代理店関係者)
    といわれるジャニーズ事務所所属のタレントたちだが、今年の『紅白』に関して、TOKIOの出場が危ぶまれているというのだ。

     ジャニーズ事務所の次期社長に本命視されているのが、藤島ジュリー景子氏。嵐や関ジャニ∞、またジュリー氏の
    母親で事務所副社長のメリー喜多川氏のお気に入りであるTOKIOも、近年は彼女の派閥だといわれている。

    「昨年は、ジュリー派の嵐が3年連続で『紅白』司会を務め、さらに関ジャニ∞の初出場も勝ち取るなど、
    大活躍を見せました。しかし今年は、対抗馬であるSMAPチーフマネジャー・飯島三智氏の躍進が予想されています。
    最たるものがKis-My-Ft2の冠番組の制作ですが、さらに今年はSMAPで『紅白』司会を狙っているとのうわさも。
    それにより、今年はTOKIOの『紅白』出場が危険視されているらしいのです」(同)

     こうした状況下で、ジュリー氏はTOKIOの『紅白』落選を阻止すべく、さまざまな根回しを行っているという。
    「TOKIO出演のテレビ番組に散見される“ある現象”が、その根回しの1つ」だと、週刊誌記者は語る。

    「最近TOKIOは、嵐との共演が目に見えて増えているんです。今月だけでも『TOKIOカケル』(フジテレビ)、
    『VS嵐』(同)など、お互いの番組にゲスト出演するケースが非常に目立っている。飯島派はかつて、
    キスマイをSMAPと共演させて売り出すという戦略を行いましたが、TOKIOの場合は、後輩である嵐の人気に
    あやかっているというわけです」

     若い嵐ファンを取り込み、TOKIOを「嵐のお兄ちゃん」ポジションのグループとして売ろうとしているジュリー派。
    果たしてこの戦略は、TOKIOの『紅白』出場権争いに、吉と出るかそれとも――。

    ソース http://www.cyzowoman.com/2013/04/post_8458.html

    【ジュリー派のTOKIO、紅白落選危機? 人気獲得の秘策は「嵐のお兄ちゃん」バーター作戦】の続きを読む

    このページのトップヘ