タグ:紅白

    1: 2017/11/18(土) 08:51:31.33 ID:CAP_USER9
    11月16日に「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手46組が発表された。ジャニーズ勢からは“ヘイジャン”ことHey!Say!JUMPが初出場を果たした一方で、
    KinKi KidsとV6は落選。そのためジャニーズ勢は6組が出場した前回から、5組へと減ることとなった。

    ただKinKi Kidsはもともと、大晦日と元日に京セラドーム大阪でのライブ開催が決まっており、地元の関西を優先した形だ。
    そのため実質的な“落選”はV6だけとなっており、この状況にジャニーズファンの間では大論争が発生しているという。

    「今回の紅白は『ジャニーズ祭り』になるとの噂すらあったのに、フタを開けてみたら出場組数が減っていたことにファンは衝撃を受けています。
    そのため『嵐を司会者にゴリ押ししたためにV6が外された!』との不満が巻き起こっているのです。
    また、V6が外されてヘイジャンが入ったという状況については、両グループのファン同士がネット上で言い争いになる場面もありました」(芸能ライター)

    そのV6とヘイジャンの音楽活動を比較すると、「V6 LIVE TOUR 2017」が横浜アリーナや大阪城ホールなどを巡るアリーナツアーだったのに対し、
    「Hey!Say!JUMP DOME TOUR 2017-2018」は大阪ドーム、ナゴヤドーム、東京ドームで計8公演を開催。
    集客力ではヘイジャンが上回っており、紅白選出も順当と言えそうだ。

    「ただV6は今年、3年ぶりにシングルを2枚リリースし、2年ぶりのツアーを行なうなど音楽活動にも精力的に取り組んできました。
    それゆえ今回の落選の矛先をヘイジャンに向けるV6ファンもいるのでしょう」(前出・芸能ライター)

    今後もジャニーズの内部競争は激化するのか。ただでさえSMAP解散の余波でごたごたするなか、新たな火種を抱え込むことにならなければいいが。

    http://dailynewsonline.jp/article/1376892/
    2017.11.17 18:14 アサジョ

    【V6が嵐と平成ジャンプの犠牲に?紅白落選でジャニーズファンが大論争!】の続きを読む

    1: 2017/11/16(木) 17:50:38.50 ID:RskMEU3f0
    平成ジャンプ

    因みにTOKIOとセクシーゾーンは論外レベル

    【3大ヒット曲も出してないのに何で紅白辞退しないの?嵐、関ジャニ∞あとは?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/11/16(木) 12:42:15.76 ID:CAP_USER9
    第68回・NHK紅白歌合戦の司会者が13日に同局より発表された。
    総合司会には”ウッチャン”こと内村光良(53)、白組司会には嵐の二宮和也(34)、紅組司会は2年連続で女優の有村架純(25)が決定した。

    NHKの朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で話題を集めた有村に関しては発表前から確実視されていたが、白組司会の二宮は、関係者の間でも意外な結果として見られている。
    これまでNHKと強い結びつきを感じさせる活動は皆無だったからだ。

    「昨年の相葉雅紀(34)に続いて、今年も嵐のメンバーが白組司会を担当するのは既定路線でした。
    NHKとジャニーズでは『2020年まで嵐を紅白の白組司会で持ち回りする』という密約が交わされたという話もあり、関係者の間で今年の大本命と目されていたのが、松本潤(34)だった。
    紅組司会の有村とは映画『ナラタージュ』で共演もしており組み合わせは悪くなかったはず。
    しかし、発表の直前になって、松本の白組司会就任案に、”ある事情”から急遽ストップがかかったと言われています」(週刊誌記者)

    松本と言えば、昨年冬に二股交際が発覚。特に週刊文春(文藝春秋)が詳細を報じたセクシー女優・葵つかさ(27)との”4年愛”は世間に大きなインパクトを与えてしまった。
    そうした一連のスキャンダルが紅白司会の選考に引っかかったという。

    「松本に関しては、その後にお風呂付き居酒屋でCAと合コンしたことも報じられ、さらに当の葵は開き直ったのかレギュラー出演する深夜のセクシー番組で松本の存在を匂わせる発言を連発。
    その結果、結婚確実と見られていた女優・井上真央(30)とも破局するなど好感度は完全に地に落ちてしまった。
    女性視聴者から大きな反発も予想されるなど松本案には反対意見が多かったとも。
    二宮の司会決定に至るまでは紆余曲折のドタバタがあったようです」(前出・記者)

    そしてもうひとり。総合司会を務める内村光良についても”唐突感”は否めない。
    NHKではその決定理由に、同局のコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』を長く続けていることや、
    特番『内村五輪宣言!~TOKYO2020開幕1000日前スペシャル~』(10月28日放送)で司会を務めたことなどを高く評価したと説明している。

    「しかし、NHKへの貢献度を考えたら、異例の高視聴率を続ける『ブラタモリ』に出演するタモリ(72)が大本命でした。
    しかし、タモリさんは年末年始は家でゆっくり過ごしたいという意思が強く、紅白は毎年出演を固辞している。対抗馬はNHKスペシャル特番『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン』
    のMCを務めて話題になったマツコ・デラックス(45)でしたが、最近になって体調不良で緊急入院するなど健康面で不安が残った。
    内村さんはそんな消去法によって残った大穴だった」(前出・記者)

    なぜ嵐なのか? なぜウッチャンなのか? そんな視聴者が抱く違和感とはお構い無しに、紅白歌合戦では今後もこうした謎のキャスティングが続いていくだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1376387/
    2017.11.16 11:41 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】二宮和也と内村光良を巡る”ドタバタ選考” 紅白歌合戦の迷キャスティング?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/11/17(金) 15:00:03.18 ID:CAP_USER9
    人気グループ、嵐が大みそかに生放送される「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の大トリの最有力候補であることが16日、分かった。トリは40回目の出場の石川さゆり(59)が濃厚。
    この日、出場歌手の発表会見が東京・渋谷の同局で行われ、昨年と同じ紅白各23組ずつの計46組が決定。初出場は昨年と同数の10組で、デビュー30周年のエレファントカシマシ、20周年の三浦大知(30)、10周年のHey!Say!JUMPら周年組も紅白を盛り上げる。

     国民的グループが2年連続2度目となる紅白のラストを飾る。大トリは9年連続出場の嵐が、昨年に続いて任されることが最有力。白組のトリはグループで5年連続5度目の白組司会を務めた14年に初めて経験し、今回で3度目となる。

     嵐は今月8日発売のシングル「Doors~勇気の軌跡~」が初登場首位で、歴代1位タイの通算49作目の首位を獲得。「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」の男性部門では相葉雅紀(34)が1位、松本潤(34)が2位、二宮和也(34)と櫻井翔(35)が3位で上位を独占するなど人気は不動。
    昨年の相葉に続き、今年は二宮が白組司会に抜てきされるなど同局への貢献度も高いことから“満場一致”の大トリといえる。

     紅組のトリ最有力は嵐と同じく2年連続で、正式に決まれば8度目(大トリを1度含む)となる石川さゆり。今年で紅組歴代最多記録となる40回目の節目の出場に花を添える形だ。

     石川はこの日、東京・世田谷区の昭和女子大人見記念講堂でデビュー45周年記念公演を開催。紅白の歌唱曲について質問されると、毎年、代表曲の「天城越え」か「津軽海峡・冬景色」をNHKから依頼されるとほほえみ、「紅白らしかったねと言ってもらえるようなパフォーマンスができたら」と意気込んだ。

     また、今年は2020年東京五輪・パラリンピックのテーマソング「東京五輪音頭-2020-」を歌うメンバーにも選ばれた。一緒に歌うのは、紅白初出場の竹原ピストル(40)や加山雄三(80)ら。誰もが認める日本を代表する歌手の1人である石川について同局関係者は「トリにふさわしい歌手であるのは間違いない」と話している。今年も昨年と同じ大トリ・トリコンビが大みそかを盛り上げる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000028-sanspo-ent

    【嵐、紅白2年連続大トリ!トリは紅組最多40回目の出場の石川さゆり】の続きを読む

    1: 2017/11/16(木) 17:35:17.00 ID:CAP_USER9
    NHK、紅白のジャニーズ出演“1減”「枠みたいなことは考えずに」
    2017.11.16.

    NHKが16日、東京・渋谷区内の同局で大みそかの「第68回紅白歌合戦」の出場歌手を発表した。
    ジャニーズ事務所所属の出演アーティストが、昨年の6から5に「1枠」減少したことについて、
    矢島良制作統括は「よく聞く『枠』みたいなことは考えずに」選考をしたと強調した。

    今回はデビュー10周年のHey!Say!JUMPが初出場を果たし、
    TOKIO、嵐、関ジャニ∞、SexyZoneの合計5組が出演するが、
    昨年まで3年連続で出場していたV6が落選。昨年初出場のKinKi Kidsもリストから外れた。

    両者の落選理由を矢島氏は「総合的な判断」とした。
    ジャニーズ事務所からの出演枠が減ったのではないか、という指摘には
    「レコード会社であるとか、事務所であるとか、よく聞く言葉で『枠』みたいなことは考えずに、
    それぞれのアーティストの活躍や世論の支持であるとか、我々の企画演出に合致するかということで
    選ばせていただいているので、そういったことでは考えていません」と答えた。

    その上で、今後の増減の可能性についても「(今後の増減)可能性としてはそうですよね」とした。

    ジャニーズは2015年に近藤真彦が19年ぶりに出場を果たし、
    SMAPらジャニーズ史上最多7組が出演した。

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/11/16/0010737591.shtml

    【紅白のジャニーズ出演“1減” NHKは「よく聞く『枠』みたいなことは考えずに」選考をしたと強調】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/11/16(木) 11:04:56.36 ID:CAP_USER9
     NHKは16日、大みそかの「第68回紅白歌合戦」(後7・15~同11・45)の出場歌手
    46組を発表。来年9月16日での引退を発表している歌手・安室奈美恵(40)の名前は、この日発表された
    出場歌手リストにはなかった。

     昨年出場した46組中、14組が出場リストから消え、白組では、7回出場の「AAA」、15年に
    白組の司会を務めた井ノ原快彦(41)が所属する「V6」の名前がなかった。

     紅組では19回出場のベテラン演歌歌手・香西かおり(54)の名前が消えた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000078-spnannex-ent

    【【紅白】「V6」「AAA」今年は出場せず ベテラン香西かおりの名もなし】の続きを読む

    1: 2017/11/15(水) 15:10:37.68
    瀧野由美子

    2: 2017/11/15(水) 15:11:46.53
    平成ジャンプとかセクシーゾーンとかキスマイナントカとか
    全員同じに見える

    3: 2017/11/15(水) 15:12:37.08
    みーおん(´;ω;`)
    【Hey! Say! JUMPの紅白内定に歓喜してそうなAKBメンバーといえば?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/11/09(木) 14:35:30.21 ID:K+Ta3Qe80 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    「週刊文春」史上初のアンケート企画「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のランキングが確定した。

    「出てほしい歌手」部門の1位は1121票を集めた安室奈美恵(40)。「出てほしくない歌手」部門の1位は1879票の得票で和田アキ子(67)という結果になった。

    安室と和田、それぞれの1位 c文藝春秋(左)/共同通信社(右)
    no title


    「出てほしくない歌手部門」では、AKB48が2位に。「ひと枠でいい。AKBとか欅坂とか乃木坂とかキリがない」(52・女)といった意見が目立った。
    また、3位に嵐、8位にTOKIO、13位にSexy Zone、18位に近藤真彦が入るなど、毎年多数出場するジャニーズ所属のタレントに対し、
    「ジャニーズだからといって、枠が多すぎて他の歌手が少なすぎる」(13・女)といった指摘も散見された。

    11月9日(木)発売の「週刊文春」では、「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のトップ30とワースト30を評論家のコメントなどとともに詳報している。

    (「週刊文春」編集部)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13862580/

    【文春 紅白に出て欲しくない歌手 1位和田アキ子 2位AKB48 3位嵐 出て欲しい1位安室奈美恵】の続きを読む

    1: 2017/09/18(月) 23:53:06.26 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ事務所所属のグループ・Hey!Say!JUMPが16日、横浜アリーナでデビュー10周年ツアーの公演を行い12月から初のドームツアーを開催することを発表したことを、各スポーツ紙が報じた。

    各紙によると、発表されたのは12月8日?10日の京セラドーム大阪公演、同23日と24日のナゴヤドーム公演、そして、同29日と30日、来年1月1日の東京ドーム公演。

    同グループといえば、昨年の大みそかに東京ドーム公演を行ったが、今年はおおみそかのドーム公演はなし。
    となると、考えられるのはデビュー10周年で初の紅白出場だというのだ。

    「ジャニーズが現在抱える課題はJUMPよりデビューが後のグループ全体の底上げ。
    となると、メモリアルイヤーに紅白に出場させるのは今後にとって大きなプラスになるだけに、すでに紅白出場が内定しているようだ」(音楽業界関係者)

    となると、気になるのが出場枠の関係。

    昨年の紅白にはジャニーズからTOKIO、KinKi Kids、V6、嵐、関ジャニ∞、Sexy Zone(セクゾン)の6組が出場。
    それにJUMPが加わるとなれば7組となってしまうが、どう調整するかが気になるところだ。

    「TOKIO、嵐、関ジャニは固定。井ノ原快彦がNHKに多大なる貢献をしているV6も安泰なのでは。
    KinKiはこのままの流れだと、休養中の堂本剛が紅白で復帰という流れになりそう。
    そうなると、特に話題性のないセクゾンが外れることになりそう。
    セクゾンの枠にJUMPが入って円満にジャニーズ枠問題が解決か。ただ、メンバーたちは遊びたい盛りなだけに、とんでもないスキャンダルがあればアウトだが…」(芸能記者)

    果たして、JUMPのメンバーたちは無事に紅白の舞台を踏めるのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356278/
    2017.09.18 22:00 リアルライブ

    【すでに固まりつつある紅白のジャニーズ枠】の続きを読む

    1: 2017/07/18(火) 16:07:53.09 ID:CAP_USER9
    「SMAP解散後、“国民的スター”の座は間違いなく嵐に継がれるとみられていました。ところが、メンバーのスキャンダルも相次いでか人気は下降ぎみ。
    一方でデビュー以来、一定した人気を保っているのがTOKIOです。地味ですが、これはすごいことなんですよ」(テレビ局幹部)

     '94年9月に『LOVE YOU ONLY』でデビューしてから23年。SMAPと嵐の2大グループの“狭間”で活動してきたTOKIOが、あらためて業界内で
    評価が上がっているという。

    「KinKi Kidsの堂本剛が突発性難聴で緊急入院した際も、『テレ東音楽祭』(6月28日放送)に長瀬智也が代役として堂本光一と急造デュオを組みました。
    あらためて“困ったときはTOKIOだね”という声もあがったそう」(音楽番組スタッフ)

     さわやかなジャニーズとはかけ離れた、“ガテン系”アイドルとも称される5人。その方向性を決定づけたのが、'95年から22年間放送されている
    『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)だ。

    「『DASH村』をはじめとした自然の摂理やものづくりを学べるため、日曜夜7時に家族全員で楽しめる番組として人気です。視聴率は毎回15%以上、
    ときに20%に迫ることも。これはジャニーズの冠番組の中ではズバ抜けた数字です」(テレビ誌記者)

     特に、リーダーの城島茂や山口達也は村を訪れるたびに農業、工業、建築業などの知識と技術を披露している。

    「そのためか“わからないことはリーダーか山口くんに聞け”と、後輩からも“アニキ”というよりは便利屋のように頼られているそう(笑)」(番組制作スタッフ)

     SMAPの“穴”も埋めている。'20年の東京オリンピック・パラリンピック開催を受けてSMAPは'15年11月に『パラリンピック応援サポーター』に就任した。
    ところが昨年8月に年内解散が発表されると『応援サポーター』は1年足らずで打ち切られた。

     すると翌9月、運営母体は違えども、TOKIOが『東京オリンピック・パラリンピックフラッグツアー』スペシャルアンバサダーに就任。以降、'20年大会に向けて
    盛り上げている。

    「昨年のNHK紅白歌合戦で、ジャニーズ初の中継出演した彼らは東京都庁で歌い、演出も'20年大会を意識したもの。すっかり“顔”におさまっています。
    ちなみに23回目の出場は、SMAPと並ぶジャニーズ最多出場。おそらく今年で記録を塗り替えるでしょうね」(スポーツ紙記者)

     先輩や後輩からの人望もあり、また老若男女から人気を得ているTOKIO。まさに“ポストSMAP”にふさわしいのだが、彼らには致命的な弱点があるのだとも。

    「アイドルの生命線とも言うべきCDがとにかく売れないのです。昨年12月の『愛! wanna be with you…』は初週1・7万枚でランキング4位と、
    ジャニーズグループとしては目も当てられない。コンサートはもう3年間も音さたナシです。

     “村人”イメージが強すぎて、アイドルとして見られなくなってしまったのでしょうか(苦笑)」(レコード会社関係者)

     '14年のデビュー20周年時は、雑誌のインタビューでTOKIOの目標を聞かれて《生涯アイドルが、TOKIOに課せられた宿命だと思います》と力強く話していた
    リーダーの城島茂(現46歳)。そう、彼らは農家ではなくこれからもアイドルなのだ! 

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170718-00010173-jprime-ent

    【 ジャニーズの中で冠番組の視聴率と紅白出場回数がズバ抜けてるグループ】の続きを読む

    このページのトップヘ