タグ:石原さとみ

    1: 2018/08/15(水) 22:31:21.65 ID:CAP_USER9
    未練がましいというか女々しいというか…。主演映画「劇場版コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」が
    7月27日の公開から3週連続で動員数1位と絶好調なジャニーズタレントの山下智久(33)が、
    悔しくて夜も眠れないほど落ち込んでいるという。原因は、元カノ石原さとみ(31)の新しい恋。
    そもそも破局の原因は自らの浮気だったのに、なぜじだんだを踏んでいるのか?

    「ミッション:インポッシブル」や「オーシャンズ8」など並み居る強豪を退けて大ヒットを続けている「劇場版コード・ブルー」。
    ある制作会社関係者は「最終的な興行収入は100億円を超えるのではとみられているほどの大ヒット作です。
    製作に名を連ねるフジテレビにとっては、近年では『踊る大捜査線』『海猿』に代わるシリーズ物のヒット映画を出したくてしょうがなかったですからね。
    これで、長期シリーズ化は確定したも同然でしょう」。

    一時はテレビやラジオのレギュラーもなくなり「干されているのでは」とささやかれていた山下だが
    「若手タレントがどんどんドラマやバラエティーに推されていき、ジャニーズ内の世代交代も指摘されていますが、
    そんな中でのこのヒットは山下のジャニーズ内での立場を安泰にさせるでしょうね」と同関係者。

    こうした状況から当の本人はご機嫌のはずなのに、実はそうでもないという。

    「元カノの石原さとみですよ。IT企業『SHOWROOM』の創業者・前田裕二氏との結婚が近いという話を聞くにつけじだんだを踏んで悔しがっているんです。
    石原と前田の話が耳に入ってくるたびに、どんどん機嫌が悪くなるんです」と明かすのは事情通。

    別れた女性の動向をそこまで気にするのは、ドラマや映画もビックリの超ベタすぎる“横取りラブストーリー”が存在したからだ。

    「そもそも石原に前田氏を紹介したのは元カレだった山下だと言われているんです。1年くらい前の話ですが、当時は山下と石原が熱烈交際中だった。
    もともと山下の周りには起業家の仲間も多く、そのつながりもあって、前田氏とも知り合ったというんです。
    もともと前田氏は誰に対しても腰が低い。しかも、山下と同じマンションに住んでいて、よく顔を合わせる仲だった。
    やがてホームパーティーにも行く関係になったそうです。その席で山下が石原を前田氏に紹介したとか」(同事情通)

    ところが今年2月、山下と石原は破局してしまうのだ。原因は山下の浮気だった。

    「ひと回りも年下のモデルNikiとハワイ旅行に行っていたことを一部の女性誌に報じられたんです。
    浮気はしたけど、山下の本命はNikiではなく、あくまで石原だった。傷ついた石原の相談相手になったのが前田氏なんです。
    前田氏はどんなに忙しくても石原のもとに駆けつけてくれた。そんなこともあって熱愛に発展したんです」(同事情通)

    浮気のせいで、本命彼女を自分の紹介したとされる青年実業家に奪われるなんて…。
    ベタすぎてドラマの脚本にもならない!?

    「山下もまさかこんな展開になるとは、夢にも思わなかったようです。
    だから『誰がNikiとのハワイ旅行を女性誌にリークしたんだ?』って犯人捜しに躍起になっていたそうです。
    確かにあまりにタイミングがよすぎましたから、疑心暗鬼になるのも仕方ないかもしれませんけどね」(同事情通)

    逃した魚は大きかった!なんて言葉では言い表せないほど、山下にはつらい日々が続いているようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15161241/
    2018年8月15日 11時0分 東スポWeb

    【【芸能】山P 主演映画大ヒットも喜べない“石原さとみロス”】の続きを読む

    1: 2018/07/14(土) 21:34:34.57 ID:CAP_USER9
    石原さとみ 『高嶺の花』で囁かれる「キムタク化」への懸念
    7/14(土) 16:00配信 NEWS ポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20180714_720619.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00000015-pseven-ent

    今クールの目玉作品のひとつ(番組公式HPより)
    no title


    キムタク
    no title


    作品の看板を背負う主演俳優にとって、求められる役割を全うすることが第一だ。一方で、「期待に違わぬ働き」と、「殻を打ち破る仕事」は相反しやすいのも事実。つまり、存在の大きな役者であればあるほど作品の都度マンネリと戦うことになる。
    ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

    * * *

    夏ドラマが続々とスタート。中でも注目の一作が、ヒットメーカー・野島伸司脚本、石原さとみ主演の『高嶺の花』(日本テレビ系水曜午後10時)。
    視聴者の高い期待を反映してか、初回平均視聴率は11.1%と二桁台の好スタートを切りました。

    第1話はまさしく「石原さとみ」感全開。あらためて存在感のある女優、ということを思い知りました。逆から言えば、「月島もも」という人物から「高嶺感」が漂ってこない。
    歴史と伝統のある名門に生まれた女性なのに、そこに居るのはまさに「石原さとみ」そのもの。気品や奥ゆかしさ、華麗さがそのしぐさや表情から滲み出てこないのは、なぜ?

    伝統文化を守り続けてきた家系、「道」の宗家といったものは、どんな分野であっても奥が深くて複雑な独特の世界を持っています。本質的・思索的とも言えるし、秘密もあれば謎もある。
    悪くいえば前近代的・閉鎖的で、しかしその分、うさんくさいほどに面白く味わい深く掘れば掘るほど発見があり、さまざまな物語が生まれ出る独特のワールドのはず。

    それなのに……。残念なことに『高嶺の花』では、名門華道の家という設定を「小道具」程度の装飾物としか扱っていないように映ってしまうのです。
    一言でいえば、華道というテーマに対する向き合い方が薄っぺらい。

    一般的に、お花というと何だか花嫁修業のように思うかもしれませんが、例えば華道の根源・池坊の家元は、紫雲山頂法寺(通称六角堂)の住職を兼ねています。つまり、仏教の僧侶。また池坊の名称は聖徳太子が沐浴した池に由来していて、つまり仏教と花とは深い関係にあります。

    「高嶺」の二文字が示すのはそれほど「高い」「嶺」を極めるということ。華道を中途半端に扱うとすれば、ももが「名門華道」の「高嶺の人」に見えてこないのも当たり前かもしれません。

    一方このドラマの中で「石原さとみ節」は健在。早口のアルトの声でつぶやいたかと思えば張り裂けんばかりに高く叫ぶ、あの速度感あるセリフ回しが目立ちます。

    これまでそうした「石原さとみ節」が評判をとったことは多々ありました。例えば『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』では、やはり石原節が炸裂していましたが、それと同時に「校閲」という地味な仕事の中味を細かく解説し描き出していて、出版界というやはり個性的な舞台の上で、くるくる変化するファッションで立ち回る石原さんの姿は輝いていました。
    「石原節」が悪目立ちするというよりも、効果的に物語に溶け込んでいたのです。

    あるいは、ヒットした前作『アンナチュラル』では、医療界・法医解剖医という特殊性もあってか、むしろ石原節は相当に抑制されていて、その結果は「良」と出ました。

    では、今回はどうでしょうか?

    どこまで石原さとみテイストを脱ぎ捨てて、登場人物としての空気感をまとえるか。どこまで気品とプライド、まさに「高嶺の花」の雰囲気を漂わすことができるか、試されています。

    「何をやっても石原さとみ」とは、「何をやってもキムタク」に相通じるものがある──という深遠な批評も耳にしました。

    なるほど。キムタクの悲劇とは、考えてみればキムタク1人が悪いのではない。みんなが寄ってたかってキムタクに乗っかって、キムタク節に「依存」してしまうことによって醸造され増殖していった。石原さんがその二の舞になるのか否かは、まだ未知数です。

    例えば、脇役にずらりと上手な人を揃え芝居をしっかりと固める、職業や時代背景といったものを丁寧に細かく彫り込んで描き出す、といった工夫を凝らさない限り、個性的な役者のテイスト感が悪目立ちしてしまいがち──そんな教訓から、いかに学ぶことができるか。
    このドラマの今後を占うヒントが、そのあたりにありそうです。

    【石原さとみ 『高嶺の花』で囁かれる「キムタク化」への懸念 「何をやっても石原さとみ」】の続きを読む

    1: 2018/05/10(木) 13:26:47.26 ID:CAP_USER9
    女優の石原さとみ(31)とIT企業「SHOWROOM」の代表取締役社長・前田裕二氏(30)との熱愛が、
    9日発売の「週刊文春」で報じられた。結婚秒読みともいわれたジャニーズ事務所の山下智久(33)とは昨年秋に破局していたが、
    前田氏はチャラそうな風貌とは違い、根っからの仕事人間だという。

    関係者からは「山下の“二枚舌”にコリゴリしたのでは?」なんて声も。石原が愛想を尽かした山下とはまったく違う前田氏の“正体”とは――。

     文春によると、石原と前田氏はゴールデンウイーク前の4月22日、沖縄県・石垣島で合流。
    翌23日からは竹富島の高級リゾートホテルのコテージで2夜を共にしたという。

     親しげにレストランで食事をしたり、宿泊先のプールサイドで前田氏が優しく石原の頭をなでる姿が写真付きで報じられた。

     居合わせた観光客の証言によると、2人はタクシーを貸し切りにし、展望台に向かう途中に親しげに手をつないでいたとも。
    それぞれの薬指にお揃いとおぼしき指輪もはめられていたというから、結婚も視野に入れている可能性は高い。
    石原の所属事務所は「プライベートは本人に任せています」と回答している。

     前田氏は2013年、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)でライブ配信サービス「SHOWROOM」を立ち上げ、
    15年に事業を分社化する形でSHOWROOM株式会社を設立した。

    「人気のアイドル、モデル、アーティストはもちろん、世に出ようとする一般人もサービスを使ってライブ中継をしている。
    秋元康氏や堀江貴文氏らからも手腕を絶賛され、AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46をはじめ多くの人気アイドルが参加。
    アプリのダウンロード数を飛躍的に増やしている。まさに新時代のカリスマIT社長ですね」(芸能プロ関係者)

     風貌は細身でホスト風のイケメン。茶髪でもあり、外見からはチャラ男にも思えるが、物腰は柔らかく、とにかくマジメな仕事人間だという。

    「8歳で両親を亡くし、小学生のころにはギター片手に路上ライブで生活費を稼いでいたこともある。
    住む家もなく、警察署に住まわせてもらった時もあったとか。秋元氏にもコネではなく、飛び込みでビジネスを売り込んだ熱血漢。
    芸能界に生きるチャラチャラしたノリは一切ない。石原さんも見た目とのギャップに引かれた。それが山下との違いですよ」(前同)

     石原と山下は15年のドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)での共演をきっかけに、交際をスタート。
    順調ぶりが伝えられていたが、今年2月に山下と年下ハーフモデル・Nikiとのハワイ旅行を「女性セブン」が報じ、
    石原とは昨年秋に破局していたことが伝えられた。

     2人の交際を温かい目で見守るファンも多かったため「山Pと石原さとみがお似合いだったのに!」と残念がる声が噴出したが、
    ファンを混乱させたのはその後の山下の行動。Nikiとの旅行から帰国した日に、石原宅を訪問したからだ。

     テレビ局関係者は「石原はNikiとのハワイ旅行帰りとは知らず、Nikiも石原の家を訪ねたことを知らなかったようです」と明かす。

     山下の行動はあまりにも軽率すぎるが、関係者らは「いつものこと。そんな山下に愛想を尽かして、前田氏に行ったのでしょう」と明かし、
    こう続ける。
    「山下は“二枚舌”ですからね。高級ラウンジで仲のいい俳優や野球選手らと飲んでいた時、
    黒髪がまぶしい清楚系の美女を褒めながら『俺は金髪とか嫌いなんだよね』などと言って口説き落としていた
    。で、そのすぐ後に金髪美女とのデートを報じられてました。石原とNikiの件も、2人にそれぞれ都合のいい話をしていたんでしょうね」
    (芸能プロ関係者)

     山下はフジテレビ系「大人のkiss英語」(14年4月~15年3月)の番組MCを担当。以前から英語力が話題になっていたが…。

    「その時も『俺、英語を勉強してるんですよ』と言う山下に、関係者らが『金髪美女をナンパするためでしょ?』とチャカした時があった
    。山下は『金髪好きじゃないですよ!』と言ってましたが、直後に金髪美女との熱愛が週刊誌に掲載された。とにかく発言がテキトーですから」(前同)

     石原は“見た目”の山下ではなく“中身”の前田氏を選んだに違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000001-tospoweb-ent

    【石原さとみの新恋人 前カレジャニーズの山下智久とまったく違う“正体”】の続きを読む

    1: 2018/03/08(木) 22:19:25.62 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ事務所の山Pこと山下智久(32)がいよいよ土俵際に追い詰められている。

    今年になって、一部では結婚も噂されていた女優・石原さとみ(31)と破局していたことが発覚。
    石原を捨てる形になってしまったことから、石原の所属事務所はもちろん、他の事務所からも山下は“危険人物”扱いされているのだ。
    まさに四面楚歌で、このままでは、共演者がいなくなってしまい、ドラマや映画に出られなくなる可能性まで取り沙汰されている。

    山下はフジテレビ系月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(2015年)での共演をキッカケに、2年ほど前から石原と交際を開始。
    「石原は山下にゾッコンで、本気で結婚を考えていたようです。六本木かいわいでは、よく石原が山下に寄り添って歩く姿が目撃されていた」
    (民放プロデューサー)が、一部女性誌報道により破局していたことが先月、判明した。

     そんななか、年明けに山下は、売り出し中のモデル・Nikiを連れてハワイ旅行に出かけていたことまでバレてしまった。
    しかも、このときには、山下はNikiとのハワイ旅行から帰国後、何を思ったか別れた相手の石原の自宅を訪問していたことまで報じられてしまった。

    「山下はホリプロの看板女優の石原に手を出しただけではなく、もともとよく思われていなかった。
    しかし、ここにきて石原を捨て、新恋人Nikiに乗り換えたこともあり、ホリプロ関係者は、山下に対して内心では激怒しているそうです。

    しかも、別れているというのに、石原の自宅に行っているのですから、あきれられて当然。
    理由はどうあれ、山下の行動はあまりにも軽率すぎる。今後、山下がホリプロの所属女優と共演NGとなる可能性は十分にあると思いますよ」(前同)

    昨年は主演ドラマ「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」(フジテレビ系)がヒットし、今年はその映画も上映予定だが、見かけほど芸能活動そのものは順風といえるものではない。

    「六本木で赤西仁と一緒にトラブルを起こしたり、また一時は元SMAPの稲垣、香取、草なぎに付いて新事務所に行くのではないかといわれた時期もありました。
    そういった経緯もあり、山下の事務所内での立場は微妙。『コード――』の仕事は派手に見えますが、以前から決まっていたもので、今後、どうなるかは事務所内の立ち位置を考えると、かなり怪しい」と芸能関係者。

     そんな山下が評価を上げていたのは石原との真剣交際であり、それにより“遊び人”との汚名を返上していた。
    だが、今回の一件で再び“プレーボーイ”に逆戻り。石原を捨てたことで、ますます芸能活動が苦境に陥ることは確実だ。

    「ホリプロ女優との共演NGどころではなく、石原を捨て、Nikiに乗り換えたことで、山下には他の芸能プロからも“危険人物”とのレッテルを貼られました。
    もう彼をCMに起用したいという大手クライアント企業もなくなるのではないでしょうか。山下はまさに、八方ふさがりの状態といってもいい」とはある芸能プロ関係者。

     山下自身も、事務所のプッシュを受けられないことも覚悟の上。そんな状況を打開しようと必死にもがいているのだが、そのやり方には疑問符が付いている。

    つづく

    3/8(木) 12:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000012-tospoweb-ent

    写真
    no title

    【 山Pが消える?石原さとみを捨てた代償は想像以上だった】の続きを読む

    1: 2018/02/25(日) 06:04:49.65 ID:CAP_USER9
     飛ぶ鳥を落とす勢いの石原さとみ(31)と、山Pこと山下智久(32)が別れたらしい――。

     共演ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(2015年、フジテレビ系)をきっかけに交際が始まった“人気者同士カップル”の破局が複数の週刊誌で報じられているが、「それはガチ。別れたことで間違いない」(芸能関係者)という。

     終わった恋に未練を感じさせず、仕事に邁進しているのはおんなの方、石原だ。現在放送中の主演ドラマ「アンナチュラル」(TBS系)は、登場人物の人となりがきちんと描かれ、破綻のないトリックなど脚本の良さもさることながら、元気印の女の子を演じることが多かった彼女の新機軸になる作品になった。

     主演舞台「密やかな結晶」も評価が高く、女優として次のステージに上がったともっぱら。そんな快進撃を続けるようになった背景にはきちんとした理由があり、「綾瀬はるかや深田恭子を担当するベテランマネジャーが石原も担当するようになったのが大きい。石原本人も“仕事がやりやすい”とうれしそうに周囲に話しており、仕事が楽しくて仕方ないのでしょう。もっとも恋愛気質な一面があるのも事実。裏を返せば、現在進行形のいい恋愛をしているってことになるわけで、俄然、相手が気になりますね」(前出の芸能関係者)

    ■山Pは二股をかけられた?

     かたや山Pは先月、ハーフモデルのNiki(21)とのハワイデートが女性誌に報じられた。これがきっかけとなり、石原との破局が取り沙汰されるようにもなったわけだが、こちらはややキナ臭い。

     というのも、スクープ写真や記事が掲載される前、特に週刊誌の場合は編集部からタレントの所属事務所へ事前連絡を入れるのが慣例だが、「その際、ジャニーズ事務所の方から『石原さとみと破局』といったあからさまな見出しは打たないで欲しいという申し出があったようなんです。実際、その文言は見出しになかったし、本文中も破局したらしいという推測止まりだった。ジャニーズとしては、表立った活動をしていない山下が仕事以外で悪目立ちするのは避けたいところ。ただでさえ女関係が派手といったイメージが定着していますからね」(マスコミ関係者)

     石原とのハートブレークはNikiに癒やしてもらうしかないが、こんな話も漏れ聞こえてくる。

    「実はNikiには、某有名私大に通う現役大学生の彼氏がいるっていうんです。その男と別れていなければ、山Pは遊ばれたか二股をかけられたってことになる」(事情通)

     落ち目の山Pと対照的な石原の快進撃。別れて正解だったか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00000006-nkgendai-ent

    【< 山Pとは完全破局か? > 石原さとみ「恋愛より仕事」で快進撃!】の続きを読む

    1: 2018/02/15(木) 23:51:46.66 ID:CAP_USER9
     鳴り続くスタンディングオベーションにカーテンコールが3度、4度と続く。白いキャミソールワンピ姿の石原さとみ(31才)は、
    はち切れんばかりの笑顔を浮かべ、大きく手を振っていた。

     石原が主演を務める現在公演中の舞台『密やかな結晶』のチケットは、オークションサイトでも完売で手に入らないという異例の人気だ。

    「とにかく生の石原さんが最高にかわいい。ラストに感動的なキスシーンがあるんですがグッときますね。観客席からはすすり泣きも聞こえます。
    何度も足を運んでいるかたも多いようです」(舞台関係者)

     ストーリーは、身の回りのものが次々に消滅してしまう島で暮らす女性小説家(石原)、その近所に暮らす高齢の男性(村上虹郎・20才)、
    小説家の担当編集者R氏(鈴木浩介・43才)を巡って進んでいく。

     石原は、事前にインタビューに答え、こう語っていた。

    《今まで失ったものの中に、大切なものがあったかもしれないとR氏との言葉の中で気づいていく。緩やかでピュアだった子が、
    強くなっていって、最後に向かっていく。その成長過程をきちんと描けたらと思っています》

     失ったもののなかに見つかる、大切なもの…石原はその時“カレ”を思い浮かべたのだろうか。

     女性セブンが報じた山下智久(32才)と人気モデルNiki(21才)のハワイデートが大きな反響を呼んでいる。ハワイデートの一方で
    石原と山下が会っていたとも報じたからだ。女性セブンには“ふたり”の仲はどうなっているのかという問い合わせが相次いだ。

    「石原さんは今、舞台に集中していてものすごく充実している雰囲気ですよ。山下さんのハワイ話もまったく気にしていない様子でした。
    2年つきあってちゃんと出した結論だからと、後悔もないように見えます」(石原の知人)

     現在放送中の主演ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)でも多忙のために婚約者と破局してしまった石原だが、プライベートでもしっかり
    結論を出していたようだ。

    「舞台初日前日の夜に石原さんと山下さんが会ったのは事実のようですが、借りていた物を返してすぐにバイバイしたみたいですね。実は、
    昨秋に完全に別れちゃったんだと言っていました。破局後すぐにドラマ収録が続いて、さらに年末年始には舞台練習が毎日入って、
    石原さんはほとんどお休みがなかったので、今回のタイミングでちょっと会うことになったみたい。けじめをつけた夜だったんでしょう」
    (前出・石原の知人)

     一般的に男性は別れを引きずり、女性の方が別れを引きずらないというけれど、山下も石原も次のステップに進んでいるようだ。

    ※女性セブン2018年3月1日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00000015-pseven-ent

    【石原さとみ&山下智久の密会は「借りたものを返しただけ」】の続きを読む

    1: 2018/02/09(金) 14:01:59.69 ID:CAP_USER9
     モデルNiki(21才)と、1月下旬にハワイでバカンスを過ごしていたことをスクープされた山下智久(32才)。帰国から数日後、山下は別の彼女と“ふたりだけ”の時間を過ごしていた。

     雨が降り冷えた都心の夜。山下のマンションから1台の車が出てきた。ハンドルを握っていたのは山下。コンビニに立ち寄り、10分ほどの場所にあるマンションへ。慣れた様子で駐車場に停まった。そこは
    石原さとみ(31才)の自宅だった。

     これまで交際が報じられていた石原と、ハワイで逢瀬を楽しんだNiki、どちらが恋人なのか、三角関係なのか、それとも──。

     最近の石原は多忙を極めている。放送中のドラマ『アンナチュラル』(TBS系)に法医解剖医役で主演。

    「これまでの女の子らしいキャピッとした役柄から一転、竹を割ったような男勝りの性格です。この役に備えて、石原さんは髪を切ったんです。髪が長いとふとしたシーンで女らしさが出ちゃうって、石原さん側からの
    提案だったそうです」(ドラマ関係者)

     高視聴率を続ける人気ドラマだが、実は同ドラマは昨年12月中にクランクアップを迎えるという異例の前倒しスケジュールで撮影。終了時には、石原は「アンナチュラル おつかれさま 石原さとみ」と
    焼き印が押されたオリジナルクッキーを、1枚ずつ丁寧にラッピングしてスタッフ全員に渡したという。

    「石原さん、初の主演舞台を務めているんです。その関係でドラマ撮影は前倒しになりました」(前出・ドラマ関係者)

     石原は2月2日から東京芸術劇場で舞台『密やかな結晶』の主演を務めている。

    「しばい、歌、ダンス、殺陣と盛りだくさんの内容で、年始から缶詰状態で稽古をしていました。チケットも発売即完売でした」(舞台関係者)

     山下が石原の元を訪れたのは、その舞台初日の前日のことだった。

    「あまりの多忙と緊張もあって、リラックスしたかったんでしょう。山下さんに自宅に来てもらったようです。でも実はさとみちゃんと山下さんは、去年の秋に破局しているんです。結婚秒読みともいわれていましたけど、
    タイミングがズレたまま、ふたりとも仕事が忙しくなって…。しっかり話し合って、ふたりの将来のためにきちんとケジメをつけて別れようって」(石原の知人)

     2015年10~12月の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)の共演をきっかけに交際をはじめたふたりだったが、2年のつきあいに終止符を打っていた。

    「ふたりとも10代の頃から芸能界で活動していて、2年間交際するなかで、お互い家族を知る仲でもある。別れても、連絡は取り合っているみたいですよ。山下さん優しいし、一度親しくなった人を放っておける
    タイプじゃないでしょうしね。まぁ、さとみちゃんからすれば未練がないといえば嘘になるんじゃないですかね…。破局以降、1日も休みがないくらい没頭するように仕事してます。さとみちゃんがNikiちゃんの存在を
    知っているのかどうかはわかりませんが、新しい彼女ができたとなると、ショックもあると思いますよ」(前出・石原の知人)

     石原と別れて、Nikiを選んでいた山下。ちなみに、昨年末アメリカの映画情報サイトが発表した『世界で最も美しい顔100人』に選ばれた日本人女性は4人で、そのうち1人が初ランクインしたNiki(84位)、
    1人が5年連続トップ100入りした石原(34位)だった。

    ※女性セブン2018年2月22日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00000006-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180209-00000006-pseven-ent&p=2

    【多忙の石原さとみ、癒し求めて山下智久を自宅に呼び寄せる】の続きを読む

    1: 2018/02/01(木) 18:18:55.08 ID:CAP_USER9
    女優・石原さとみ(31)が法医解剖医を演じているドラマ『アンナチュラル』(TBS系)が好調だ。
     「この数年、恋愛ドラマのヒロインとして絶大な支持を得てきた石原が、アンナチュラル(不自然)な死の真相を解明し、死者の尊厳を守ろうとする法医解剖医を好演。初回から視聴率12.7%と好調な滑り出しを見せ、回を追うごとに数字を上げていくのでは、と期待されています」(テレビ雑誌記者)

     昨年、ジャニーズ事務所の山下智久(32)との“通い同棲”が報じられながら、秋に破局が伝えられ、現在、お仕事全開モード。今回のドラマの収録が終わると、2月からは約4年ぶりの舞台『密やかな結晶』の全国公演が控えており、石原は春まで働き通しとなる。
     しかし、ある芸能関係者は、「山下との交際は、実は、今も続いているんですよ」と、こう明かす。
     「破局説が流れた昨年秋は、元SMAP3人のジャニーズ退所の時期と重なります。もともとSMAPの育ての親といわれる飯島三智・元チーフマネージャーの担当だった山下は、一時、独立組と共に行動するのではと囁かれていました。しかし、早々に事務所サイドに忠誠を誓い、体制派についた。破局説は、そんな山下が完全に体制派の人材になったということを業界内外にアピールすることになりました」

     確かに、これといった理由も明確でない破局報道だったが、どうやらこれが真相のようだ。
     「ジャニーズ的にも、相手が石原ならば、そうマイナスにならないと、交際自体は黙認されているようです。石原のスケジュールを見てみると、舞台が終わる4月以降は空白となっています。このあたりで、また尻尾を出すのではと、今から周辺取材を進めている週刊誌もあるようです」(同)

     さらに、なんと電撃入籍という展開もあるという。
     「昨年末、岡田准一と宮崎あおいの結婚が許されており、ジャニーズタレントの結婚へのハードルは下がっています」(同)

     仕事も恋も、欲しいものを両方とも手に入れた充実感が、石原をより美しく輝かせているようだ。

    週刊実話 2018年02月01日 12時03分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/14717649/

    写真
    no title

    【<石原さとみ&山下智久> “破局説”はダミー! 浮上する4月電撃婚】の続きを読む

    1: 2017/10/19(木) 12:12:36.46 ID:CAP_USER9
    2015年に放送されたフジテレビ系連続ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』で共演した石原さとみと山下智久。放送後まもなくして、ふたりの交際が取り沙汰されるようになった。「女性セブン」(小学館)や「フライデー」(講談社)では、お互いのマンションを行き来する様子などを報じていたが、今年9月ごろにはすでに破局していたのではないかとされている。

     今年9月、一部の週刊誌で「交際が黄色信号」という記事が出たのがことの発端だ。それまで、石原が所属するホリプロ、山下が所属するジャニーズ事務所それぞれに交際を認める明言は避けていたものの、ふたりは家を行き来するほどの仲だったため、結婚秒読みではないかとまで言われていたのだ。

     石原は今年30歳になり、「関わる人を大切に、幸せにしたい」と気持ちを新たに、仕事やプライベートの両立願望を語っていたが、一方で、山下は仕事に熱が入るばかりだった。今年7月に放送された『コードブルー3rd season』(フジテレビ系)で主演を務めたほか、同作の映画化も決定している。

     もちろん、石原の仕事が減っているわけではない。昨年10月クールで放送されたドラマ『校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)のスペシャルが放送されたり、2018年1月には、連ドラ『アンナチュラル』(TBS系)への主演が決まっている。それぞれに仕事が充実しすぎているゆえに、折り合いがつかなくなったのではないかともいわれている。

     なにせ、山下はあのジャニーズ事務所なのだ。最初に交際報道が出た時点でジャニーズから横やりが入り、無理やり破局させられたのではないかとの見方もある。一時は結婚秒読みとも言われていただけに、落胆したファンも多いだろう。これを人気稼業ゆえの宿命と言うべきか、兼ねてから結婚願望の強かった石原さとみへのけじめとも言えるのか。どちらにせよ、ふたりの今後の仕事ぶりに注目したい。

    芸能ネタ 2017年10月19日 07時52分
    http://npn.co.jp/sp/article/detail/59472035/

    写真
    no title

    【<石原さとみと山下智久>すでに破局!?今年9月、一部の週刊誌で「交際が黄色信号」という記事が出たのがことの発端】の続きを読む

    1: 2017/10/05(木) 12:19:18.73 ID:CAP_USER9
    http://image.dailynewsonline.jp/media/e/d/ed2e7cc7292b7b0bfa6ed1e1f3f8e1acbc85a726_w=666_h=329_t=r_hs=ff65855baa9c9ced3fc2e2f013e793b1.jpeg

    9月に突然、週刊誌「女性セブン」(小学館)にて報じられた山下智久と石原さとみの破局報道。
    あくまでも関係者の証言をまとめただけのものだが、なぜこのタイミングで報じられたのか?

    「女性セブンはジャニーズ御用達週刊誌のひとつでもあります。表紙にも度々ジャニタレが出演していますし、小学館もジャニーズ関連書籍を多数出版していますので、関係は深いはずです。
    そのため、ジャニーズ関連のスクープの多くは、ジャニーズ広報からの指示で書かされているものという話も噂としてあるほどです。
    そう考えると、今回の破局報道もジャニーズが仕掛けたものかもしれないという疑念がわいてきます」(事情通)

    では、なぜジャニーズとしては山下智久と石原さとみを破局させたいのか? そこには深い理由があるようだ。

    「過去には滝沢秀明と噂になったこともある石原さとみ。ジャニーズのタレントとも共演が多く、ジャニーズお気に入り女優のひとりとしても有名です。
    つまり、石原がジャニーズに嫌われているわけではないんです。
    ではなにか? それが実はSMAPの解散報道に関係してくる。山下智久は元々SMAPの元マネージャーであり解散騒動に関連する飯島三智氏が育てたタレント。
    特に、飯島氏がジャニーズをクビになった時には、SMAPメンバーとともに独立が噂されました。

    そして今、ジャニーズ事務所を退所したSMAPメンバーの3人が飯島氏とともに新事務所を立ち上げたことで、ジャニーズ事務所はかなりピリピリしているため、
    飯島氏と関係していた山下智久に対しても警告しておかなければならないと考えた可能性があるのです。

    つまり、こうした流れの中での破局報道だったので、本当は破局していないのでは? という話が出ているのです」(週刊誌記者談)

    全く関係のない騒動に巻き込まれてしまったようだが、山下智久に関しては悪い話ばかりではないようだ。

    「あくまで今回の破局報道は踏み絵で、山下が飯島氏と今後合流をしないための脅しのようなものだとみる者もいます。
    『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』の高視聴率で山下の人気が改めて高いことが実証されているだけに、
    山下がジャニーズ事務所に忠誠を誓うなら最大限のフォローは約束するつもりのようです。
    山下としても、飯島氏との合流はありえないとメリー喜多川に告げたという噂も出ています。
    逆に、このまま信頼関係を築くことができれば、年末には山下智久と石原さとみの結婚もあり得るのでは…という話も出ているほど。

    もちろん『本当に破局した』という話も芸能記者の間では聞きますが、
    2人は相変わらず半同棲を続けていると言う者も少なからずいるというのが実際のところです」(週刊誌記者談)

    なにはともあれ、お幸せに。

    http://dailynewsonline.jp/article/1361790/
    2017.10.05 09:00 トカナ

    【山下智久と石原さとみ、実は破局していない説が浮上! 山Pの“協力”次第で結婚する可能性も!?】の続きを読む

    このページのトップヘ