タグ:相葉

    1: 2017/06/20(火) 05:03:55.94 ID:CAP_USER9
    KinKi20周年ドラマに相葉&松潤出演!思い出の初ドラマ
    6/20(火) 5:00 スポニチアネックス

     デビュー20周年を迎えるKinKi Kidsが1997年に主演した日本テレビの連続ドラマのスペシャル版「ぼくらの勇気 未満都市2017」(7月21日、後9・00)に、嵐の相葉雅紀(34)と松本潤(33)が出演することになった。20年前にも2人は参加しており「初めて出させてもらったドラマで思い出深いです」と口をそろえた。

     大人が死に絶えて子供だけになった街で、暴力に対抗するヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)を描いた物語。相葉と松本はヤマトとタケルの仲間を演じた。スペシャル版では20年後の登場人物の新しい冒険を描く。

     相葉は「当時はジャニーズJr.になりたてでいっぱいいっぱいだった」と若かった自分自身を恥ずかしそうに振り返る。松本は「KinKiの2人に現場でたくさん教えていただいたのを覚えています。ささやかではありますが2人の20周年に花を添えられたら」と思い出のドラマでの奮闘を誓った。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000000-spnannex-ent

    【KinKi20周年ドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」に相葉&松潤出演!思い出の初ドラマ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/20(火) 09:37:39.73 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の第10話が19日に放送され、平均視聴率は8・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%、第9話=8・4%と推移。今回は0・4ポイント微減した。来週26日に最終回を迎える。

     1987年4月からドラマ枠になった“月9”の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第10話は、貴族探偵(相葉)と対峙した高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)を殺害したのはあなただと突きつけた。しかし、貴族探偵は証拠が何もないと一蹴。愛香の事務所に、シンガポールを拠点に武器商人として財をなす具同家からの依頼書が舞い込む。貴族探偵のワナを疑いながらも、愛香は具同家の別荘へと向かう…という展開だった。

    2017年6月20日 09:32
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/20/kiji/20170612s00041000215000c.html

    【【嵐】相葉主演 月9「貴族探偵」第10話は微減8・0% 来週最終回】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】相葉氏、二宮に上げるプレゼントを悩む】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/13(火) 09:17:59.80 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の第9話が12日に放送され、平均視聴率は8・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

     2桁復帰はならず、苦戦は続いているが、前週第8話の7・0%から1・4ポイント上昇。第9話は“映像化不可能”の呼び声が高い原作の一編「こうもり」を扱ったが、SNS上には原作ファンから「神改変」などと好評の声が相次いだ。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%と推移している。

     1987年4月からドラマ枠になった“月9”の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第9話は、切子(井川遥)の死の真相と貴族探偵(相葉)の関わりを調べる愛香(武井咲)は、鼻形(生瀬勝久)と一緒に、切子が事故死したとされる渓谷を訪れる。当時の資料を手に入れようと近くの喫茶店を訪れた2人は、店内で作家・大杉(小市慢太郎)の姿を見掛ける。その中、鼻形の携帯電話が鳴り、貴族探偵の執事・山本(松重豊)から、キャンプ場にいる貴族探偵の愛犬が女性の他殺体を発見したと知らせが入る…という展開だった。

    2017年6月13日 09:10
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/13/kiji/20170613s00041000088000c.html

    【【嵐】相葉主演 月9「貴族探偵」第9話は上昇8・4% 「こうもり」映像化好評「神改変」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/12(月) 09:32:07.80 ID:wjJPwKNc0
    嵐の相葉雅紀が主演を務める連続テレビドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第8話が6月5日に放送され、
    平均視聴率7.0%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)となった。
    前回から0.8ポイントダウンして、ついに6%台目前まで視聴率を落としてしまった。そして確実に次回は6%台になる予感がする。
    全話平均視聴率も8.6%まで落ち、同枠の歴代ワースト視聴率ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の同6.6%は辛うじて免れそうだが、
    ワースト2争い真っただ中だ。このまま下がれば、『カインとアベル』(同8.2%)と
    『ラヴソング』(同8.4%)を抜いて、ワースト2の不名誉な栄冠を手にする可能性もある。

    【【嵐】相葉さん主演の貴族探偵 凄まじい宣伝をしているのに ついに 逝く】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/05(月)21:41:53 ID:yj6
    俺の方がイケメンだわ

    【【嵐】相葉くんてかっこよくないよな?】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】相葉氏<嵐のワクワク学校、助手はセクゾです是非お越しください】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/06(火) 09:38:31.22 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の第8話が
    5日に放送され、平均視聴率は7・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが6日、分かった。

     第6話の7・5%を0・5ポイント下回り、自己最低を更新。2桁復帰はならず、苦戦が続いている。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの
    2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、
    第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%と推移している。

     1987年4月からドラマ枠になった“月9”の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の
    「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、
    遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局
    「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000083-spnannex-ent

    【【嵐】相葉主演 月9「貴族探偵」第8話は7・0% 再び自己最低を更新】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】相葉氏<もうちょい時間があればサーフィンもやるしさー】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/30(火) 09:41:41.91 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の第7話が29日に放送され、平均視聴率は7・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが30日、分かった。

     苦戦は続いているものの、前週第6話の7・5%から0・3ポイント上昇。主人公の謎の一端が明かされるなど、ドラマは“最終章”に入った。最終回へ向けて巻き返しとなるか、注目される。

     前週から数字が上がるのは第2話=8・3%→第3話=9・1%以来4週ぶり。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%と推移している。

     1987年4月からドラマ枠になった同局の看板枠“月9”の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第7話は、スマートフォンの音声アシストサービス“ギリ”の声だけの出演をしてきた仲間由紀恵(37)が“謎の使用人”として実際に顔出し出演。広末涼子(36)が10年ぶりに“月9”出演した。

     高徳愛香(武井咲)は、師匠・喜多見切子(井川遥)が亡くなる直前に扱った事件の報告書を読んでいる。師匠の死に貴族探偵(相葉)が関係しているかを調べるために。1年前、切子の大切なクライアント、都倉電子社長の都倉健一(小木茂光)が亡くなった。自殺との一報を受けた切子は信じられず、都倉家に急ぐ…という展開だった。
    .
    2017年5月30日 09:10
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/30/kiji/20170529s00041000463000c.html

    【【嵐】相葉主演「貴族探偵」第7話は7・8% 4週ぶり視聴率上昇】の続きを読む

    このページのトップヘ