タグ:櫻井翔

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/14(土) 20:57:48.73 ID:Zt6a8lLb0
    no title

    【【悲報】嵐の櫻井翔さん、テレビでなんJ語を使ってしまう】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】櫻井翔、松本潤、生田斗真、広瀬すずがブルゾンちえみの真似をするwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/11/07(火) 17:02:49.87 ID:CAP_USER9
    「外壁には色違いのブロックを効果的に配して、とてもおしゃれな造りですよ。軽井沢は都内より
    10度近く気温が違いますが、隙間を少なくして寒さ対策もきちんとされています」(近隣住民)

     避暑地・別荘地として知られ、数多くの芸能人や文化人などが別荘を構えてきた軽井沢。そこに
    仲間入りしたのが嵐の櫻井翔だ。

    「櫻井さんの別荘は9月に完成しました。あとは、庭の手入れがすめば住める感じですかね」
    (前出・近隣住民)

     軽井沢駅より車で15分ほど、白樺の木などが生い茂る静かな森の中に櫻井が建てた別荘はあった。

    「櫻井さんは、2年ほど前に300坪の土地を購入したそうですね。軽井沢のなかでも坪単価が高い
    エリアです」(地元の不動産関係者)

     近隣には豪華な別荘が多いが、それぞれ距離が離れており、静かな休暇が過ごせそう。

    「櫻井さんが購入した土地は、もともと中曽根康弘元首相が所有していた土地でした。その土地の一角が
    売りに出され、彼が購入したんです」(前出・不動産関係者)

     別荘の工事が始まったのは、今年の春先だという。

    「あの嵐の櫻井さんがこのあたりに住むということは、近所の人の間で話題になりましたよ(笑)。
    残念ながら、彼が様子を見に来たりしているところは見たことがないですけどね」(前出・近隣住民)

     建築中の別荘を確認しに来たところを目撃したという声は聞かれなかったが、軽井沢にはときどき訪れるようで、

    「中曽根さんの別荘にたまに遊びに来ているそうです。お孫さんの康隆さんと櫻井さんが慶應義塾の
    幼稚舎からの同級生で仲がいいようですね」(前出・近隣住民)

     ちなみに、こちらの別荘だが、いったいどのくらいの価値があるのだろうか。不動産鑑定士の洲浜拓志氏によると、

    「土地代が6000万円、建物が4000万円ほどになりますが、合わせて1億円程度ではないでしょうか」

     これだけのお金をかけた別荘だが、櫻井自身が、疲れた身体を癒すために軽井沢に建てたのかと思いきや……。

    「別荘は両親のために購入したそうですよ。総務省事務次官という官僚のトップで忙しい日々を過ごして
    きた父・俊さんも昨年6月に退官となりました。老後は緑豊かな場所で、のんびり過ごしてほしいという
    親孝行でしょうね」(芸能プロ関係者)

     また、彼の優しさは建物の造りにも表れている。

    「寒さ対策はもちろん、最近、年配層に人気の平屋建てになっています。お年を召してくると階段の
    上り下りも大変になってきますし、両親と相談してそういう形にしたのではないでしょうか」
    (前出・不動産関係者)

     嵐としての活動やキャスター、また現在も『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)に出演中と
    多忙を極める櫻井。

     忙しいなかでも、きちんと“先に生まれた”両親をいたわる姿勢には頭が下がる。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171107-00011012-jprime-ent

    【【嵐】櫻井翔、両親にプレゼントした豪華別荘の土地は中曽根康弘元首相から購入】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/11/06(月) 10:55:13.53 ID:CAP_USER9
    4日に放送された「嵐」の櫻井翔(35)主演の日本テレビ系ドラマ「先に生まれただけの僕」(土曜・後10時)第4話の平均視聴率が7・7%だったことが6日分かった。前回の10・5%から2・8ポイント急落した。

     櫻井が「校長」を務める学園ドラマにして教師たちの人間物語。グループ傘下の私立高校に校長として出向した商社マンの活躍を描く物語だ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000055-sph-ent

    【【嵐】櫻井翔「先に生まれただけの僕」第4話、視聴率急落】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/29(日) 01:53:57.55 ID:CAP_USER9
    嵐・櫻井翔の主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(日テレ系)が、低調だ。

    10月14日放送の第1話こそ、平均視聴率は10.1%と2桁スタートを飾ったものの、翌週、21日の放送で7.5%と、急落。

    土曜22時の同枠ドラマとしては、前クールの関ジャニ∞・錦戸亮主演の『ウチの夫は仕事ができない』の2話が9.1%。KAT-TUN・亀梨和也と山下智久の共演でも話題を集めた4月スタートの
    『ボク、運命の人です。』の2話が9.6%という視聴率を獲得していることを考えると、やや物足りない数字といえる(ちなみに『ボク~』の視聴率が7%台を記録したことは1話もなかった)。

    ドラマの舞台は、総合商社が経営し“不採算部門”扱いされる、私立高校。櫻井が演じる鳴海涼介が
    、優秀な商社マンだったという経験を活かしながら、学校を立て直していく、<オリジナル社会派エンターテインメントドラマ>(番組公式サイトより)。

    「35歳の校長先生ということで、櫻井くんのフレッシュさが生かされるような“ドタバタ学園コメディ”を期待した視聴者も少なくなかったようですが、ドラマはものすごくストレートなつくりの社会性の強いものでした。

    櫻井くんといえば同局の『NEWS ZERO』のキャスターとしてもよく知られていますが、まさに“キャスター・櫻井翔”の延長のようにも見えます」

    と、ドラマウォッチャーのライターは言う。

    ドラマでは“キャスター・櫻井”の姿は見たくない


    「まるで映画のような質感と陰影を強調した映像、力の入った脚本、豪華な共演者陣など、プラスの要素を盛り込んでいるのに、結果的に“食べ合わせ”が悪い形になっています。

    奨学金、スクールカーストなど、近年の教育環境の話題を盛り込んでいますが、それを前面に出しすぎている感もあり、
    どこか『ZEROの櫻井キャスター』が取材したニュース映像を見ているような気分にもなり、立て直していくワクワク感のようなものが希薄になっている。

    本人は、“アイドル嵐のメンバー”としての出演、と見られることを嫌っているという見方もあるようですが、多くの人が見たいのは、やはり“嵐の翔くん”なのかもしれません」(前出・ライター)

    ドラマの前枠で放送されているのは、嵐の冠番組『嵐にしやがれ』。21日放送の『嵐にしやがれ』の平均視聴率は、11.6%と好調。
    単純にみるなら、ドラマで4%の視聴者が離れたことになる。

    「裏番組の関係もあるかと思いますが、『嵐にしやがれ』で笑ったあとで、そのまま社会派な櫻井くんを見るというのが、いい流れとしてつながっていない。
    櫻井くんに漂うインテリ感や育ちのよさがあるからこそ、バラエティでポンコツぶりを見せたり、顔芸を見せるなど、そのギャップが生きる気がするんです。

    昨年放送された、車椅子バスケの特別ドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)も、視聴率的には成功とはいえませんでしたが、
    ドラマの世界でも“キャスター・櫻井翔”を見たくないのではないでしょうか。
    日テレは昨年から『嵐にしやがれ』とドラマの放送枠を入れ替えましたが、今回はその編成が災いしたかたちになっているかもしれません」(前出・ライター)

    とはいえ、嵐といえば、18日にリリースされたばかりのニューアルバム『「untitled」』は、オリコンのウィークリーチャートで66.8万枚、
    昨年の前作を上回る売り上げで、なお快調である。しかし、ジャニーズ事情にくわしい芸能記者は、

    「売り上げの数字がすごい一方で、嵐も近年誰もが知っているヒット曲があるとはいえない状態が続いています。
    翔くんは嵐の中でも人気メンバーではありますが、高視聴率を獲得するには、熱心なファンだけではなく、一般的な視聴者をつかむことが大事ですからね」

    という。

    「10代のころにはヘソピアスをしてたりなど、本来はチャラいところもあったわけですから、たとえば、そんな元DQN的な先生がある日、
    突然、校長になって翻弄されて、といったもののほうが、嵐ファンにも気楽に見てもらえるドラマになったのかもしれません。

    やっぱり、いいもの、質の高いものをやらせないといけない、すっかり立派になった“翔くんの格”みたいなものが邪魔してるのかなという気はします」(前出・芸能記者)

    28日放送予定の第3話では、退職した数学教師の代わりに、“櫻井校長”が自ら教壇に立ち、数学の授業を行う。
    どんな授業ぶりを見せてくれるのか、その姿に興味を抱く視聴者が増えることを祈りたい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13813944/
    2017年10月28日 17時5分 週刊女性PRIME

    【【嵐】櫻井翔の主演ドラマが早くも絶不調! “ZERO感” 丸出しが原因か】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/24(火) 19:29:38.01 ID:CAP_USER9
    嵐の櫻井翔主演ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)の第2話が10月21日放送され、平均視聴率は7.5%で初回の10.1%から大幅にダウンした。

    物語は、商社マンの主人公・鳴海涼介(櫻井)が、数学教師の免許を持っているとの理由から私立高校の校長に就任して学校を立て直すというもの。
    鳴海は「生徒はクライアント」という、商社マンらしいビジネス理論で教師や生徒と向かい合うのだが、さまざまな壁にぶち当たる。

    脚本は、「海猿」「ガリレオ」(フジテレビ系)や、映画「HERO」などのヒット作で知られる福田靖氏によるオリジナル。
    それだけに期待値も高かったのだが、視聴者は「校長が1人の生徒に関わり過ぎ、普通は生徒の名前も覚えてないよね」「スクールカーストなんて昔からあったでしょ?」
    「校長が校内をうろうろしてワーワー騒いでいるだけで何が問題なのか不明瞭。結局、このドラマ何が言いたいの?」
    「自分の出世ばかり考えて、子供や先生たちを自分の都合通りに動かそうとしている校長じゃ誰もついてこなくて当然」
    「主演の櫻井翔の上からな物言いが鼻につく」など、鳴海校長の描き方に対し違和感を持ったようだ。

    教育関係者もこう異論を唱える。

    「ただでさえ全国的な教員不足、教師の超過労働、学校のブラック企業化が問題になっているのに、鳴海のような校長が来たら、先生は全く休めません。
    学校で先生が教えることと、家庭で子供を教育することの区別がついていない。なんでも教師に押し付けるのは違うと思います」

    ドラマと言ってしまえばそれまでなのだろうけど、視聴者にとっては身近な問題を提議しているだけに、現実とかけ離れていると思われているのかもしれない。
    教員の休職、転職問題、なり手不足が叫ばれているだけに、影響を与えなければいいのだが。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13794193/
    2017年10月24日 18時14分 アサジョ

    【【嵐】視聴率急落!「先僕」櫻井翔のワンマン校長役に教育者から悲鳴】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/24(火) 16:31:18.17 ID:CAP_USER9
     意外な終わり方で、1話から盛り上がりを見せたドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系、毎週土曜22時~)。
    キャスト&監督に、櫻井翔のスゴさを証言してもらった。

    ◆蒼井優が証言「ほめ方が上手!」

    「本当にすごいなと思ったのは、生徒役の子たちがほめてもらえたらうれしいタイミングで、必ず櫻井さんがほめるんです。
    ちゃんと自分たちのことを見てくれていることが生徒役の子たちに伝わるから、頑張ろうって思えるでしょう。
    櫻井さんがみんなに好かれる理由が、わかった気がしました」

    ◆風間杜夫が証言「努力がすばらしい」

    「第1話では鳴海校長が短いあいさつをして生徒の心をつかんでいたけど、2話以降は校長がひとりで話す
    長いシーンがあるんです。4ページ以上にわたる長いせりふを翔くんは見事に覚えてきて、努力したうえで
    現場に来ている姿に感動しました。“あなたすごいね”とほめましたよ。若い俳優さんは、見習ってほしいですね」

    ◆水田伸生監督が証言「生徒に話す姿は鳴海そのもの」

    「ドラマ撮影が初めての子が多かったので、1話の全校集会の撮影後に、翔くんが生徒役の役者さんを前に
    話をしたんです。自身の芸能活動と学業との経験を踏まえて、“この撮影を自分たちの学生生活の言い訳にしないように”と
    話す姿は、鳴海そのものでした」

    ※女性セブン2017年11月2日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171024-00000022-pseven-ent

    【【嵐】『先に生まれただけの僕』キャストが語る櫻井翔のスゴさ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/23(月) 00:36:21.53 ID:CAP_USER9
    21日に配信された『NEWSポストセブン』(小学館)の記事によると、
    14日から放送を開始した連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で主演の校長役を務めている、嵐の櫻井翔(35)がインタビューに応じ、中学生の時の苦労を語った。

    ドラマでは商社マンだった主人公が突然高校に出向することが人生の転機となるが、実際の転機について櫻井は、「中学生かな。サッカー部で先輩との上下関係を叩き込まれたから。
    男子校だったから360度男しかいなくて、入学して2週間はなんていうところに来てしまったんだろう…と絶望しました(笑い)」 と語った。

    また、心に残った先生との出会いも、同じ中学生時代だったという。

    「入学式で色つき眼鏡にカラーシャツと、とにかく見た目が怖い先生がいたんです。
    サッカー部に入ったら顧問で! 終わったな…と思ったんですけど、実はめちゃくちゃいい先生で今でも感謝しています」

    ◆慶応ボーイで絶望はあり得ない?

    男子校だったのと厳しい体育会系の部活で絶望したという櫻井の感想について、
    女性向けネット掲示板「ガールズちゃんねる」では、意外にもあまり同意できないという意見が多く集まっている。

    「どこが絶望なのか全くわからない。部活で上下関係厳しいのはどこも一緒だよ」

    「小学校までが共学なんだっけ?中学高校が男子校、女子校、共学(慶應〇〇)だよね?」

    「慶應で絶望って言われると、共学なのに絶望していた自分に更に絶望」

    「慶應で言われると嫌味に聞こえる」

    「それでも公立中学のDQN先輩みたいなのはいないだろ?そこの親が超怖いとか。恵まれた環境だよ」

    「お坊ちゃまだったから、上下関係とか慣れてなかったんだろうね。良かったじゃん学べてね」

    幼稚舎からエスカレーター式に上がってきており、慶応に居るという環境に居ることそのものが恵まれているとは、さすがに中学生の時点では気づきにくいのかもしれない。

    ◆勝ち組人生が続くという予想も

    また、慶応在学中からジャニーズに所属し、しかもトップアイドルの座を獲得したという櫻井のこれまでの人生に対し、まさに勝ち組の人生だと評する声も多くあがっている。

    「幼稚舎から慶應で高校からジャニーズ入って、デビューして今トップってどこまで勝ち組なんだ」

    「慶應の普通部だったのかな。慶應の幼稚舎あがりは外部生と学力が違うとはいえ、それ以上にコネ力が半端ない。あれこそ社会の縮図。コネで生きていけるよね」

    「ジャニーズやめたら政治の世界とか行きそう」

    「事務次官まで登りつめてる人が、そのへんのサラリーマンと一緒ではないわな。人脈が半端ない」

    ジャニーズタレントの寿命も延びている中、すぐに引退とはならなさそうだが、
    アイドル引退となっても、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に10年以上出演している実績を買われてニュースキャスターになる

    もちろん、トップアイドルならではの苦労は数多く経験しているだろうが、自ら不祥事を起こさない限り、どう転んでも順風満帆の人生となりそうだ。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171022-13525715-tokyods
    2017/10/22 21:00 DOKUJO[独女]

    【【嵐】櫻井翔、中学は男子校で絶望と告白も「慶応ボーイで勝ち組」と反感の声】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/24(火) 19:28:03.70 ID:CAP_USER9
    10月21日に放送された連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第2話が、平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と初回の10.1%から急落したことが話題になっている。
    「嵐は嵐ファンにしか人気がない」などと人気低下を指摘する声も多く、業界内で「嵐不要論」が噴出するほどの事態に発展している。

    ■期待作の大爆死で…「嵐不要論」が局内で噴出

    同作は教育現場をまったく知らない35歳のエリート商社マン・鳴海涼介(櫻井翔・35)が、定員割れギリギリの私立高校に校長として送り込まれ、学校再建のために奮闘する姿を描く。
    第2話は、鳴海が保健室の先生・沙織(井川遥・41)から保健室登校を繰り返している生徒のケアを担任教師・及川(木下ほうか・53)に指示するが、
    及川はまったく取り合わない。その生徒の悩みには、学校内の大きな問題が隠されていた……という展開だった。

    「スクールカースト」問題に切り込んだ内容だったが、視聴率は二桁を獲得した初回に比べて大幅ダウン。
    ジャニーズのトップグループのメンバー主演ということで局の期待は「全話二桁」と大きかったが、早くも日テレ内は惨敗ムードになっているという。

    「同枠では夏クールに放送された関ジャニ∞・錦戸亮(32)主演の『ウチの夫は仕事ができない』が初回11.2%、春クールのKAT‐TUN・亀梨和也(31)主演『ボク、運命の人です。』が初回12.0%をマーク。
    櫻井が二桁獲得で面目を保ったはずの初回10.1%という数字ですら、後輩である二人に完敗しています。
    錦戸や亀梨も第2話で一桁に落ちましたが、いずれも9%台に踏みとどまっていた。それが今回は一気に7%台にまで落ち込んでしまったのですから、枠自体の価値まで下げてしまったといわれかねない。
    すでに局内で『櫻井では数字が取れない』という意見まで沸き起こっています。ジャニーズ事務所と蜜月状態の日テレでエースの櫻井のドラマが大コケとなったのは痛い」(芸能関係者)

    今年1月に放送された櫻井主演のスペシャルドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)も平均視聴率8.4%と大爆死しており、このままでは櫻井の俳優としての価値が暴落してしまいそうな状況だ。

    ■星野源に完敗?嵐の人気低下でジャニーズ凋落か

    さらに櫻井だけでなく、嵐自体の人気が低下しているという指摘もある。

    「星野源(36)が表紙を飾った『週刊朝日』10月20日号(朝日新聞出版) が爆発的に売れたと業界内で評判になっています。
    その前週の表紙は嵐の松本潤(34)だったのですが、松本に比べて倍近い売上を記録しているようです。星野のファン層は嵐と同じく20?30代の女性が中心。
    それなのにダブルスコア状態で負けてしまったのですから『勝負アリ』感が強い。
    以前から『嵐は嵐ファンにしか人気がない』と指摘されていましたが、熱狂的ファンにしか訴求できないとなれば出版界でも嵐離れが起きそうな気配です」(出版関係者)

    くしくも現在発売中の『週刊朝日』11月3日号は櫻井が表紙を飾っており、再び星野に完敗すれば嵐の商品価値に影響が出てしまいそうだ。

    「看板グループである嵐の人気低下はすなわち『ジャニーズの凋落』を意味します。
    すでに各テレビ局の現場では『ジャニーズ不要論』がくすぶっており、ドラマやバラエティの不調が続けば近いうちに一気に手のひらを返してくる可能性がある。
    ジャニーズ事務所の命運は、嵐の活躍に懸かっているといっても過言ではないでしょう」(前出・芸能関係者)

    昨今のドラマは初回がもっとも視聴率が高く、右肩下がりになっていくのが定番。
    第2話で早くも7%台にまで落ち込んでしまったことで、いずれは打ち切りレベルまで下がってしまう危険性もある。
    数は少ないながらもV字回復を果たすケースはあるが、復活を果たすことはできるのか。
    いずれにしても、今作の成否はジャニーズ事務所の未来に大きな影響を与えそうだ。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171024-99888607-dailynewsq
    2017/10/24 19:07 デイリーニュースオンライン

    【櫻井翔、主演ドラマ低迷で”嵐不要論”に発展?松本潤も完敗で人気に陰り】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/22(日) 19:58:04.01 ID:CAP_USER9
    10月14日にスタートした嵐・櫻井翔主演の連続ドラマ「先に生まれただけの僕」(日本テレビ系)の初回平均視聴率が10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とギリギリながら2桁発進した。

    櫻井の連ドラ主演は「家族ゲーム」(フジテレビ系)以来4年半ぶり。今回の役は私立高校校長に出向させられたエリート商社マン。
    細身のスーツにワイシャツ、ネクタイをきりりと締めた姿は、キャスターを務める「NEWS ZERO」(同)でもおなじみだ。

    「実はこのドラマ、既にクランクアップしています。櫻井が一番多忙な時に、無理くりスケジュールをはめ込んで収録していました。
    当時は、レギュラーのバラエティ、歌手活動、『24時間テレビ』や歌謡特番のMC、『NEWS ZERO』のキャスターと体がいくつあっても足りない日々が続いていた。
    櫻井は仕事が趣味の仕事人間ですからね。みっちりとスケジュールを詰め込み、それをこなすことに喜びを見出すタイプ。
    ただその半面、そんな生活に虚しさを覚え愚痴がつい口をつくなど、かなりのズタボロ状態です」(芸能記者)

    「櫻井の唯一の趣味は酒」と言うのは、アイドル誌のライターだ。だが「そこにリスクがある」とも。

    「“ストレス解消=酒”と即答するほどの左党。もっぱら家飲みで、毎晩欠かさない。肥満を気にしてツマミはあまりとらず、食べても貝やガリといった低カロリーのものばかり。
    芋焼酎をロックでがぶ飲みするのが定番だそうです。そして、飲みながらするのは、ドラマの台詞を覚えること。
    “酔った状態で台詞が言えれば本番でも大丈夫”というのが櫻井流だそうですが、要は飲まなきゃやってられない状況で無理やり台詞を頭に叩き込んでいた──というのが正解でしょう。

    こんな飲み方が体にいいわけもなく、当然翌日の収録の際には、顔のむくみなど悪い影響が出る。
    芸能界には腹を割って話せる友人がいないといいますし、かわいがっている菊池風磨らの後輩にはいいところを見せようと頑張ってしまうので、
    ストレス発散のためには独り呑みせざるをえない。これでは気分転換にもなりません」

    酒は百薬の長ともいうが、この調子では肝臓がイカれてしまわないか心配だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1368071/
    2017.10.22 18:15 アサジョ

    【【嵐】櫻井翔「肝臓劣化」の危機 !ストレスで酒びたり!?】の続きを読む

    このページのトップヘ