タグ:松潤

    • カテゴリ:
    1: 2017/11/19(日) 11:05:05.33 ID:CAP_USER9
    今年1月に約6年振りに復活し話題を呼んだ「関口宏の東京フレンドパーク」が2018年1月にも登場。松本潤、吉岡里帆、石原さとみがそれぞれ主演する新春の3ドラマが集結し、2時間スペシャルで放送する。

    2017年1月の約6年ぶりの復活第1弾では、木村拓哉、竹内結子、松たか子、松田龍平らがゲストに、また、7月の第2弾では長瀬智也、渡辺直美、瑛太らが出演した。そして、2018年の新春を盛り上げる今回も1月スタートの「日曜劇場」「火曜ドラマ」「金曜ドラマ」の3枠から・計12名の豪華ゲストが来園。

    日曜劇場としては異例のシリーズ化となる「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」からは、松本潤に木村文乃、マギー、藤本隆宏。「逃げるは恥だが役に立つ」「カルテット」と同じ火曜ドラマの「きみが心に棲みついた」からは、吉岡里帆、桐谷健太、向井理ほかキャスト1名。「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本家が手がける金曜ドラマ「アンナチュラル」からは、TBS連続ドラマ初主演の石原さとみ、井浦新、窪田正孝、松重豊。

    彼らは東京フレンドパーク」でお馴染みの「ウォールクラッシュ」や「ハイパーホッケー」といった名物アトラクションにカラダを張って挑戦! ドラマ劇中ではけっして見ることのできない豪華俳優たちの熱き戦いを、新春からお楽しみに。

    「関口宏の東京フレンドパーク2018 新春ドラマ大集合SP!!」は2018年1月8日(月・祝)19時~TBS系にて放送。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000003-cine-movi

    【【嵐】松本潤&吉岡里帆&石原さとみ、新春ドラマ俳優が「東京フレンドパーク」に登場!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】松潤と斎藤工が熱い抱擁をするwww】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】相葉氏、松潤とおそろいのアレを買ってしまう】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/24(火) 19:28:03.70 ID:CAP_USER9
    10月21日に放送された連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第2話が、平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と初回の10.1%から急落したことが話題になっている。
    「嵐は嵐ファンにしか人気がない」などと人気低下を指摘する声も多く、業界内で「嵐不要論」が噴出するほどの事態に発展している。

    ■期待作の大爆死で…「嵐不要論」が局内で噴出

    同作は教育現場をまったく知らない35歳のエリート商社マン・鳴海涼介(櫻井翔・35)が、定員割れギリギリの私立高校に校長として送り込まれ、学校再建のために奮闘する姿を描く。
    第2話は、鳴海が保健室の先生・沙織(井川遥・41)から保健室登校を繰り返している生徒のケアを担任教師・及川(木下ほうか・53)に指示するが、
    及川はまったく取り合わない。その生徒の悩みには、学校内の大きな問題が隠されていた……という展開だった。

    「スクールカースト」問題に切り込んだ内容だったが、視聴率は二桁を獲得した初回に比べて大幅ダウン。
    ジャニーズのトップグループのメンバー主演ということで局の期待は「全話二桁」と大きかったが、早くも日テレ内は惨敗ムードになっているという。

    「同枠では夏クールに放送された関ジャニ∞・錦戸亮(32)主演の『ウチの夫は仕事ができない』が初回11.2%、春クールのKAT‐TUN・亀梨和也(31)主演『ボク、運命の人です。』が初回12.0%をマーク。
    櫻井が二桁獲得で面目を保ったはずの初回10.1%という数字ですら、後輩である二人に完敗しています。
    錦戸や亀梨も第2話で一桁に落ちましたが、いずれも9%台に踏みとどまっていた。それが今回は一気に7%台にまで落ち込んでしまったのですから、枠自体の価値まで下げてしまったといわれかねない。
    すでに局内で『櫻井では数字が取れない』という意見まで沸き起こっています。ジャニーズ事務所と蜜月状態の日テレでエースの櫻井のドラマが大コケとなったのは痛い」(芸能関係者)

    今年1月に放送された櫻井主演のスペシャルドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)も平均視聴率8.4%と大爆死しており、このままでは櫻井の俳優としての価値が暴落してしまいそうな状況だ。

    ■星野源に完敗?嵐の人気低下でジャニーズ凋落か

    さらに櫻井だけでなく、嵐自体の人気が低下しているという指摘もある。

    「星野源(36)が表紙を飾った『週刊朝日』10月20日号(朝日新聞出版) が爆発的に売れたと業界内で評判になっています。
    その前週の表紙は嵐の松本潤(34)だったのですが、松本に比べて倍近い売上を記録しているようです。星野のファン層は嵐と同じく20?30代の女性が中心。
    それなのにダブルスコア状態で負けてしまったのですから『勝負アリ』感が強い。
    以前から『嵐は嵐ファンにしか人気がない』と指摘されていましたが、熱狂的ファンにしか訴求できないとなれば出版界でも嵐離れが起きそうな気配です」(出版関係者)

    くしくも現在発売中の『週刊朝日』11月3日号は櫻井が表紙を飾っており、再び星野に完敗すれば嵐の商品価値に影響が出てしまいそうだ。

    「看板グループである嵐の人気低下はすなわち『ジャニーズの凋落』を意味します。
    すでに各テレビ局の現場では『ジャニーズ不要論』がくすぶっており、ドラマやバラエティの不調が続けば近いうちに一気に手のひらを返してくる可能性がある。
    ジャニーズ事務所の命運は、嵐の活躍に懸かっているといっても過言ではないでしょう」(前出・芸能関係者)

    昨今のドラマは初回がもっとも視聴率が高く、右肩下がりになっていくのが定番。
    第2話で早くも7%台にまで落ち込んでしまったことで、いずれは打ち切りレベルまで下がってしまう危険性もある。
    数は少ないながらもV字回復を果たすケースはあるが、復活を果たすことはできるのか。
    いずれにしても、今作の成否はジャニーズ事務所の未来に大きな影響を与えそうだ。

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171024-99888607-dailynewsq
    2017/10/24 19:07 デイリーニュースオンライン

    【櫻井翔、主演ドラマ低迷で”嵐不要論”に発展?松本潤も完敗で人気に陰り】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/19(木) 17:01:03.47 ID:CAP_USER9
    スキャンダルの代償は大きい? 嵐の松本潤(34)が、今年の『NHK紅白歌合戦』の司会をつとめてイメージ回復を図るのではないかと取り沙汰されている。
    しかし昨年冬に女優・井上真央(30)とセクシー女優・葵つかさ(27)との二股交際が報じられた影響か、一部ファンから「もう手遅れ」「やめて」とブーイングが漏れている。

    ■松本潤が紅白司会でイメージ回復?ファンからはブーイング

    今年もテレビに映画に引っ張りだこだった嵐。そんな嵐に紅白の司会説が浮上していると『週刊女性』(主婦と生活社)が報道。
    昨年の相葉雅紀(34)に続き、今年は松本の単独での白組司会が検討されているという。

    一方、紅組司会として有力候補だとウワサに上がっているのは、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で話題を集めた有村架純(24)。
    松本とも映画『ナラタージュ』(10月7日公開)で共演しており、そろって紅白で司会をつとめることになれば一躍話題になりそうだ。

    だが暗雲も漂っている。松本の司会就任説に、一部ファンから「もう手遅れ」「やめて」「なんで毎年嵐なの?」
    とブーイングが漏れており、代わりに司会業に定評のある中居正広(45)や井ノ原快彦(41)を求める声が上がっているのだ。

    松本と言えば、昨年冬に二股交際が発覚。特に『週刊文春』(文藝春秋)が報じた葵との4年愛は、世間に大きなインパクトを与えた。

    結局葵は、同報道に前後して松本と破局。松本のファンの猛バッシングを受け、Twitterを閉鎖する憂き目にあった。
    しかしその後は開き直ったのか、レギュラー出演する深夜のセクシー番組で松本の存在を匂わせる発言を連発し、一時話題になった。

    今年に入って井上は松本との関係を解消した見込み。新しい所属事務所が決まり、
    今月17日からは『明日の約束』(フジテレビ系)に主演として出演するなど、俄然仕事モードのようだ。

    二兎を追う者一兎をも得ず……を地で行く松本。3月にもお風呂付き居酒屋でCAと合コンしたことが話題になり、
    すっかり女性好きのイメージが定着しつつある。そんな中、白組司会を本当につとめるのだろうか。

    「確率は低くない。ジャニーズには嵐をSMAPの後釜に据えたい気持ちがあり、紅白の司会をつとめれば“国民的アイドル”として箔がつく。
    松本の醜聞も吹き飛ばしたいだろう。NHKにとっても、ジャニーズは紅白に多数のグループが出演する大のお得意様。
    お願いされれば無下には断れない。とはいえ、昨年は相葉が白組司会をつとめて大失敗した。
    それでも今年松本が抜擢されれば、NHKがジャニーズとの蜜月関係を世間へアピールするようなもの。NHKは難しい判断を迫られるだろう」(報道関係者)

    松本は紅白でイメージ回復の足がかりを作り、汚名を挽回するのか。今後のNHKの発表が待たれる。

    http://dailynewsonline.jp/article/1366369/
    2017.10.19 11:50 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】松本潤のNHK紅白司会説に大ブーイング「もう手遅れ」「絶対やめて」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/14(土) 21:19:38.84 ID:CAP_USER9
    嵐の松本潤(34)と女優の井上真央(30)との交際が破たんした可能性が浮上した。10月12日発売号の『週刊新潮』(新潮社)では、昨年末に松本とA○女優・葵つかさ(27)との二股4年愛が発覚したことで、井上が愛想を尽かし、二人の関係は完全に終わったと報じている。

    「井上はここ数年、松本との結婚を見据え、事務所を移籍して仕事をセーブするなどプロポーズの受け入れ態勢を整えていました。そうした最中に、松本の二股が発覚。それなのに松本は六本木でのCA合コンに現を抜かすなど居直ったため、井上は離別を決意。今年春からは映画『焼肉ドラゴン』に主演として撮影に臨むなど活動を再開しており、松本と別れたとみられてきました」(スポーツ紙記者)

     大河ドラマの主演経験があり、一般視聴者の好感度が高い井上は、ジャニーズ事務所からも評価が高く、2人の交際を事実上公認する異例の寛大さを示した。そんな井上を自らの欲情で失ってしまった松本。その喪失感は甚大の模様だ。

    ■「もう会えない強烈な印象を受けた人たち」って誰?

     松本は10月7日、出演映画『ナラタージュ』の初日舞台あいさつに出席。その際、

    「もう会えない強烈な印象を受けた人たちのことを考えました」

     と発言。その“会えない人”が井上真央である可能性を週刊新潮は伝え、復縁を求めるメッセージである可能性も指摘している。

    「昨年末で解散したSMAPに代わるジャニーズの看板と期待されながら、二股騒動で早々につまずいた松本に対するファンや関係者の失望は大きい。汚名返上には井上との結婚しかなく、松本としては復縁を願う気持ちが強いようです」(芸能事務所関係者)

     こうした見方の他に、

    「騒動の結果、葵との関係が切れました。“もう会えない強烈な印象を受けた人たち”の中には、葵も含まれている可能性があります」(芸能誌記者)といった意見も。

    「二兎追う者、一兎を得ず」を痛感させられる羽目となった松本。果てには、未練男のイメージまで染みついてしまった。2人の女性を裏切った代償は余りにも大きい。

    2017年10月13日 11時42分 デイリーニュースオンライン
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13742529/

    【【嵐】松本潤、井上真央から三行半?未練たっぷりの”復縁メッセージ”とは】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】松潤、他のメンバーと対立する・・・】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/10(火) 10:23:08.73 ID:CAP_USER9
     8日に放送された日本テレビ系バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時58分)の平均視聴率が16・4%だったことが10日、分かった。

     9月24日、10月1日とスペシャルが2週続いた同番組。前回9月17日放送回の14・4%から2・0ポイントの大幅アップとなった。

     「イッテQ!」は2月5日の「イモトWT99か国の軌跡―」が22・5%と、2010年2月21日放送回で記録した22・6%に続く番組史上2位の数字を記録。同12日の「祝10周年 イモトWT(ワールドツアー)に草刈正雄がやって来た!2時間SP」も22・6%を記録した。

     今回は「嵐」の松本潤(34)がゲスト出演。お笑いタレント・宮川大輔(45)の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」100回目記念スペシャルを盛り上げた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    2017年10月10日10時3分
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171010-OHT1T50113.html

    画像
    no title

    【【嵐】松潤がお祭り男・宮川大輔の100回記念盛り上げた「イッテQ!」16・4%】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/10/08(日) 22:22:46.25 ID:CAP_USER9
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/08/kiji/20171008s00041000344000c.html
    2017年10月8日 20:59

     「嵐」の松本潤(34)が8日、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)にゲスト出演。
    お笑いタレント・宮川大輔(45)の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」100回目記念スペシャルを盛り上げた。

     松本と宮川は、タイで行われた「田植え祭り」に参戦。田んぼに設置された4メートルの平均台と45度の上り下りの坂、そして、足を取られる底なし沼を突破し、苗を植える田んぼのトライアスロンに挑んだ。

     1分以内でゴールすることが予選通過の目安となるレースだが、今大会は地元の猛者たちが予想以上の好記録を連発。
    そんな中で登場した松本は、泥だらけになりながら53秒72の好記録をマークし予選通過を決めた。“お祭り男”の宮川は45秒05を叩き出し、予選1位で決勝に進んだ。

     直後に行われた決勝では松本が抜群の身体能力を見せ、予選から大幅にタイムを縮める43秒72を記録。優勝が期待された宮川は45秒91に終わった。

     最終順位は、松本が優勝者とわずか0・28秒差の2位。宮川が3位となった。
    宮川とともにトロフィーを受け取った松本は「大輔さんには勝てたけど、チャンピオンに勝てなかったね。1位獲りたかったんだけどな~」と悔しさをあらわにしていた。

    【【嵐】松本潤「イッテQ!」世界の祭りで奮闘 “お祭り男”宮川大輔に勝利】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】松本潤さんの田植えがすごすぎるwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ