タグ:松本潤

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/15(木) 08:33:11.73 ID:CAP_USER9
    松本潤、びしょ濡れキスシーンをふり返る…一発OKも「覚えてない」
    主演ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の異例のシリーズ化が決まった「嵐」松本潤と、朝ドラ「ひよっこ」でヒロインを務める有村架純が、恋愛映画の名手・行定勲監督のもと映画初共演を果たす『ナラタージュ』。このたび、先日公開された特報映像でも話題を呼んでいる“びしょ濡れ”キスシーンの撮影秘話を、松本さんが明かした。

    大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩のために卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の、誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが再び募っていく。2人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こり…。

    第25回野間文芸新人賞を最年少で受賞した島本理生の2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた同名小説を、長年、企画・構想を温めてきたという行定監督が映画化した本作。高校教師と生徒として出会った男女が、時が経ち再会した後、決して許されはしないが、一生に一度しか巡り会えない恋に落ちる――。そんな眩いばかりの2人の想いが放つ光と、思いあうほどに濃くなる純愛の陰影を、同時に紡ぎ出していく。

    松本さんが禁断の恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山貴司役を演じ、葉山を全身全霊で愛する20歳の工藤泉を有村さんが体当たりで挑む。そして、泉に想いを寄せ、一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野玲二役に坂口健太郎、さらに瀬戸康史、市川実日子ら注目のキャストが脇を固める。

    先日公開された特報映像では、風呂場でびしょ濡れになりながら、泉のほうから葉山を引き寄せ、唇を重ねる衝撃のシーンが話題になったばかり。押さえきれない恋心が一瞬にして切り取られた印象的なこのシーンについて、松本さんは、「シャワーのお湯がでてない状況でリハーサルをやっていたので、実際にシャワーを使う撮影本番では出たとこ勝負しかないんだろうなと思っていました」と本番前の心境を明かすが、「不自然に見えないようにしなきゃなとは思っていたのですが、すんなりいき、まさかの一発OKでした」。

    「脚本を読んだときは、どういう風になるかが見えなかったんですが、水の力って偉大なんだなと思いました(笑)」と松本さん。「実際に本番では言葉らしい言葉は出なかったです。有村さんのことしか見てなかったので、自分がどう動いたかも覚えてないです」と、そのキスの後、激情のままにしっかりと抱き合う2人のシーンを感慨深げにふり返っている。

    一方、「撮影が進むにつれて、泉でいることは苦しかった」と明かしている有村さん。2人は、このまま止められない想いに身を委ねてしまうのか…。誰もが心に秘める、忘れられない純愛の行方に、引き続き注目していて。

    『ナラタージュ』は10月7日(土)より全国にて公開。

    http://s.cinemacafe.net/article/2017/06/15/50241.html

    【【嵐】松本潤、有村架純とのびしょ濡れキスシーンをふり返る…一発OKも「覚えてない」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/04/25(月) 10:14:04.43 ID:RSELpPoR
    下馬評は逆だったのに

    【【嵐】松本潤と大野智 なぜ差がついたか 慢心・環境の違い】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/06/09(金) 06:06:57.12 ID:CAP_USER9
    2018年1月スタート 日曜よる9時 日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』

    TBSでは来年2018年1月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、嵐・松本潤が主演を務め2016年4月期に放送して大きな話題を呼んだ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』のSEASON IIを放送することが決定した。

    (中略)

    SEASON Iでは“松本潤が日曜劇場初主演&弁護士役に初挑戦"“刑事専門弁護士に特化したドラマは連続ドラマ史上初"といったワードが注目を集め、“親父ギャグ"“プ女子(プロレス女子)"“小ネタ"の設定も話題を呼び、
    第2話と最終回で平均視聴率19.1%を獲得し、同クール放送のドラマの中で最高の数字を記録。さらに、全話平均視聴率でも17.2%と同クール内でトップとなった人気作品だ(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。
    TBSの連続ドラマでシリーズ化されたのは、日曜劇場『JIN-仁-』(2009年10月期、2011年4月期放送)以来6年ぶりとなり、歴史ある日曜劇場の中で2作品目と異例なこと。超型破りな若手弁護士役を演じる松本が、現実でも型破りなことをやってのけた。

    松本はSEASON Iに引き続き、主人公の深山大翔を演じる。深山は99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士だ。
    そして、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘役には香川照之。2人は前作同様、ぶつかり合いながらも依頼された事件に隠された事実を暴いていく。
    また、深山が刑事専門弁護士を志望するきっかけとなり、SEASON Iで事実を明らかにすることが出来なかった26年前の事件の行方にも注目だ。

    さらに、新ヒロインとして女優・木村文乃の出演が決定した。
    木村が演じるのは、元裁判官の弁護士・尾崎舞子。舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、司法修習を経て裁判官に任官。
    刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、ある事件がきっかけで裁判官を退官することに。退官後は司法の世界から距離を置いていたが、ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた斑目法律事務所で、状況証拠から有罪は免れない事件でも0.1%の事実を追求する深山と対立する。
    一方、舞子の優秀な経歴を知った佐田は、新たな戦力として舞子を勧誘。最初は難色を示す舞子だが、深山とぶつかり合う中で、やがて弁護士として法の世界に戻ってくることを決意し、チーム斑目の一員となる。
    そんな彼女が、裁判官を退官するきっかけとなったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官の存在があった。
    その事件とは? そして、チーム斑目は、いずれこの男と対峙することになるが、その戦いの行方は?

    刑事事件の裁判有罪率は99.9%──
    絶対、逆転不可能な状況の中、
    残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求する!

    <主演・松本潤さん>
    またこのチームで作品を作れることに興奮しています。深山大翔という人は僕にとって思い入れのあるキャラクターです。全スタッフで細部にまで拘り、楽しんで撮影していた日々を思い出します。
    香川照之さん演じる佐田先生をはじめ、個性豊かなキャラクターたちとの再会が待ち遠しいです。
    また、木村文乃さんとは初めて共演させて頂きます。新たな共演者の皆様にも楽しんで頂ける現場を一緒に作れたらうれしいです。
    ドラマの内容同様に最後の最後まで妥協せず、皆様に楽しんで頂ける作品になるよう、頑張ります!!
    来年1月の放送を楽しみに待っていてください!!

    <木村文乃さん>
    とても人気のある作品で、尚且つ前作から引き続き出演される皆さんの中に飛び込ませて頂く形になるので、早々に馴染みつつ、またいいスパイスになれるよう邁進します。
    そして、尾崎舞子は、どこをとっても難しい役柄です。悩むことやぶつかる壁も多そうですが、足下から一つずつ作り上げていけたらと思っています。また、松本潤さんや香川照之さんといった、頼れるリーダーや個性的で熱量の高いキャストの皆さんと並ばせて頂くことに恥じないよう、頑張ります。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    no title

    http://www.tbs.co.jp/999tbs/

    【【嵐】松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』放送決定! 新ヒロインに木村文乃】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/30(日) 19:56:40.57 ID:CAP_USER9
    嵐の松本潤が29日放送の日本テレビ系『嵐にしやがれ』のなかで、一部で報じられた櫻井翔との“不仲説”を完全否定した。

     この日の放送にはお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也と有田哲平が出演。2人の仲良しエピソードが語られ、有田から「嵐も仲良いんでしょ?」と切り出され、上田が「誰かがきっかけでしゃべり始めることないの?」と聞いた。

     このフリに松本が相葉雅紀と仲が良いことを語ると、二宮和也が「2人で携帯画面見ながら、『ねえ、どれにする?』」と話していたことが紹介され、上田からは「仲良いな~」との声が挙がった。

     これに相葉は「どれが良いと思う? 俺サイズ何かな?って。松潤が『Lじゃない?』」との会話をしていたようで、上田が「自分の方がわかるだろ、サイズ」と2人の仲良しエピソードにツッコミを入れた。

     すると、松本が「なんか、そういう意味で言うと、最近なんか不仲説みたいなの出てるんですけど」と、一部で話題になっていた櫻井との“不仲説”について言及。そして、「全然、仲悪くないんですよ」と完全に否定した。

     この説が飛び出したきっかけが分からないという松本に、上田は「ネットとか?」と尋ね、松本は相槌を打ちながら、心底困っている様子を見せた。

     すると、有田は「週刊誌の報道って、結構マジが多いからね」と話をぶり返すボケを挟み込み、嵐のメンバーから総ツッコミ。松本は「やめて、それですよ」と汗をかき、櫻井も「読みすぎ。すげえ信じてる」と困惑していた。

     この“不仲説”を松本自ら持ち出したことに、ネット上のファンからも大きな反響が上がり、「自ら否定!」「テレビで言えるってことは、本当じゃないってことよね」などと安堵する声も挙がっている。

    MusicVoice 4/30(日) 17:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00010004-musicv-ent

    【【嵐】松本潤が櫻井翔との“不仲説”を完全否定!「全然、仲悪くないんですよ」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/26(水) 16:46:48.52 ID:CAP_USER9
    昨年末、女優の井上真央と交際中にもかかわらず、セクシー女優の葵つかさと交際していたことが
    「週刊文春」(文芸春秋)で報じられていた嵐の松本潤だが、発売中の同誌が葵が破局を告白したことを報じている。

    昨年末の同誌によると、松本は葵と4年にわたり交際。その後、葵を松本のファンがネットで“猛攻撃”し、
    松本ファンの“襲撃”を恐れか、予定されていた葵の地方でのイベントが中止になり、葵がツイッターを削除するなどしていた。

    発売中の同誌によると、同誌の記者が今月21日、仕事を終えた葵を直撃。葵によると、記事が出た後は松本から心配するような連絡が来たというが、
    葵は「今は連絡しないようにしています」と回答。記者が「別れたということですか」と聞くと、「まあ、そうですね」と破局を認めたという。

    記事が出た後の心境を、「あの、私自身も不本意な形で記事が出たので、すごく戸惑いましたし、精神的にも不安定になりました。
    でも、今は大丈夫です」と吐露。ちなみに、松本から井上真央についての説明はなかったというのだ。

    「記事が出た後、松本は葵以上に精神的に不安定になり飲み歩いていたようだ。
    井上には葵との件をきっちりと詫び、関係を清算したことを報告したためか、
    井上は一部女性誌が葵の件を直撃したところ、『アハハ、なんですか、それは』と笑い飛ばしていた」(芸能記者)

    嵐といえば、櫻井翔がテレビ朝日の小川彩佳アナ、二宮和也がフリーの伊藤綾子アナとそれぞれ交際中。

    「櫻井、松本と井上は嵐のファンも温かく見守っているが、二宮は伊藤アナがバッシングを浴び、番組を降板する事態に至った」(同)

    SMAPが解散した今、ジャニーズ事務所の看板を背負う嵐だけに、メンバーの結婚のタイミングはジャニーズ幹部にとって重要な課題になりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1304706/
    2017.04.26 11:15 リアルライブ

    no title

    【【朗報】葵つかささん、松本潤と破局していた】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/25(火) 16:05:07.18 ID:CAP_USER9
    文春オンライン 4/25(火) 16:00配信

    「週刊文春」は昨年末、長年交際する恋人・井上真央(30)の存在がありながら、
    嵐・松本潤(33)が、人気A○女優の葵つかさ(26)と4年にわたり、毎週のように
    逢瀬を重ねていた事実をスクープした(1月5日・12日新年特大号)。

     報道後、葵のサイン会は体調不良を理由に中止となり、松本の熱狂的なファンたちからの
    誹謗中傷が相次いだためか、葵のツイッターは削除された。

     4月21日、葵が所属するグループ「恵比寿★マスカッツ」のファーストアルバム発売の
    プロモーション活動の後、その葵を「週刊文春」記者が直撃した。

    ――記事が出た後に松本さんから連絡は来ましたか。

    「……はい」

    ――どのような連絡が?

    「心配してくれてるような内容でした」

     2人の関係はどうなったのか。詳しくは4月26日(水)発売の「週刊文春」
    5月4・11日GW特大号で報じる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00002278-bunshun-ent

    【【悲報】葵つかささん、松本潤と未だに連絡をとっていた】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/24(月)12:16:58 ID:2Co

    【【嵐】松本潤さん、7冠王【朗報】】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/02/17(金) 01:17:04.36 ID:CAP_USER9
    2016年「文春砲」として芸能人から恐れられた「週刊文春」が17日より、『嵐・松本潤裏切りの“4年恋人”』を配信します。

    同紙は、「週刊文春」1月5・12日号に掲載された嵐のメンバー松本潤の禁じられた熱愛の詳報と1月19日号に掲載された、その続報をまとめて一冊にした電子書籍オリジナルコンテンツとなっています。テレビやスポーツ紙が、ほぼ無視したこの記事は、週刊文春デジタル等でのアクセスが殺到し、話題のコンテンツになっています。

    「嵐・松本潤裏切りの“4年恋人”」は、SMAP解散後のジャニーズを担う人気グループ嵐・松本潤の世間公認の恋人とは、異なる女性との交際を報じて大きな話題になった「週刊文春」のスクープ記事です。関係者への取材で判明した意外な場での女性との出会いから、人気女優である恋人も知らない密会愛、女性関係者への直撃取材の様子など、編集部が総力挙げて取材した結果がまとまったコンテンツとなっています。

    【書誌情報】
    『嵐・松本潤裏切りの“4年恋人”』(文春e-Books)
    販売価格:200円
    (※発売から1カ月間は特別価格100円)
    配信日:2月17日

    http://top.tsite.jp/news/geinou01/o/34393514/

    【【週刊文春】『嵐・松本潤裏切りの“4年恋人”』 電子書籍で2月17日(金)緊急発売】の続きを読む

    1: 2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:ncMuWmNg
    カッコいいのは?

    【松本潤と山下智久どっちがかっこいい?】の続きを読む


    【【生誕祭】本日8月30日は嵐・松本潤さんのお誕生日! おめでとおおおおおおお】の続きを読む

    このページのトップヘ