タグ:東山

    1: 2016/07/27(水) 07:46:28.36 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ内で先輩が後輩へおごるという習慣は、「ジャニーズの帝王」と呼ばれる近藤真彦から始まったといわれている。
    現在テレビで活躍するキャリア20年超えのジャニーズタレントは、マッチや少年隊、
    解散してしまった男闘呼組や光GENJIなど、昭和のアイドル史を華麗に飾った先輩たちに影響を受けて入所している。
    そして、それらの先輩にたくさんおごってもらいながら成長し、現在では自らがおごる立場になっているのだ。
    そんなアラフィフ、アラフォーのジャニーズタレントたちが口をそろえていうのが、「ヒガシさんにお世話になった」という言葉だ。

    キャリア30年を超え、今年は50歳という節目の年を迎えるヒガシこと東山紀之。今でもテレビはもちろん、舞台などでも活躍している。
    今クールでは、主演ドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系)の第2シリーズに出演中で、熟練の演技力を見せつけている。

    そんなヒガシを後輩や同僚は、「Mr.パーフェクト」と呼ぶ。そう呼ばれる理由の一つは、ヒガシの20代と変わらない体形だ。
    常に舞台やドラマなどが控えているため、腹筋は1日1000回、ジョギングは1か月でおよそ100kmというノルマを自らに課しており、決してさぼらない。

    トレーナーも2人抱えていて、自分では20代の頃より持久力があることを実感しているという。
    トレーナーからも「50代はムダな肉体の使い方をしないため、一番いい状態」と言われたそうだ。
    ヒガシは「俳優もアスリートじゃないと通用しない」という信念のもと、日々、地道に努力を積み重ねている。

    しかし、なにもトレーニングをしているから「Mr.パーフェクト」というわけではない。
    ヒガシを語るうえで欠かせないのは、その太っ腹ぶりだ。
    ジャニーズでは先輩が後輩にお年玉をあげるという習慣があり、マッチに次ぐ古参のヒガシも毎年、後輩たちにあげていた。
    かつては、普段まったく接触のないジャニーズJr.たちにも配っていた時期があったそうだ。

    また、TOKIOの長瀬智也が10代の成長期だった頃には特上カルビ26人前をごちそうしたこともあり、
    事務所関係者からは「TOKIOとV6がいなかったら、すぐ家建てられたよ」といわれたとか。

    自分に厳しく、後輩に優しいヒガシは、やはり「Mr.パーフェクト」と呼ばれるにふさわしい人物のようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1170333/
    2016.07.27 07:30 日刊大衆

    【【TOKIO】長瀬に焼肉26人前オゴリ!? ジャニーズの「太っ腹すぎる先輩」とは】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2012/06/08(金) 20:37:49.39 ID:???P
    昨年11月に生まれた長女をあやしながら、筋トレをするのが今の日課だという少年隊の東山紀之(45)。
    ジャニーズJr時代から現在まで変わらず親友だという、元シブがき隊の薬丸裕英(46)は5人の子どもの父親。
    薬丸を父親としてのお手本とし、長女も薬丸に対面を果たしているそうだ。

    6月8日放送の『はなまるマーケット』(TBS系)の人気コーナー、“はなまるカフェ”に登場した東山。
    司会が親友の薬丸であるこの番組での彼は、他では見せないリラックスした表情で話をしてくれる。
    お互いがアイドル全盛期だった頃のエピソードを話してくれるのも、この番組ならではの楽しみである。

    東山の時代はジャニーズ所属といえども、デビューしていなければ番組のディレクターから
    ぞんざいに扱われたという。その時の悔しさや怒りは歌や踊りのレッスン、体を鍛えることに
    ぶつけていったそうだ。東山も薬丸も3人グループでのデビューである。仲間が複数いることで、
    歌詞を忘れた時などに助けられたこともあるというが、レッスンを怠ればすぐに目立ってしまう。
    「植草(克秀)を何度怒ったことか…」と言いながら、東山はニヤリと笑った。(>>2以降に続きます)

    ソース:Techinsight Japan
    http://japan.techinsight.jp/2012/06/hanamaru_higasiyama_poison1206081258.html

    【少年隊の東山紀之さんは誰に対して言ってるのでしょうか?】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/05/30(木) 18:57:01.10 ID:???P
    少年隊の東山紀之(46)の妻で女優・木村佳乃(37)が29日午前10時30分、
    都内の病院で第2子となる次女を出産したことが30日、明らかになった。
    同日、二人が直筆署名入りの連名ファクスで発表した。母子ともに健康。
    東山は長女に続き、今回も出産に立ち会ったという。

    二人は「ご報告させていただきます。昨日、5月29日午前10時30分に
    天使のようなピカピカな女の子がまた1人、僕らのもとへ舞い降りてきてくれました。
    授かった新しい生命に感謝し、実りある未来になるよう、大切に育てていきます。
    これからも、優しく温かな心で僕たちを見守っていただけますよう
    宜しくお願い致します。」と喜びのコメントを寄せた。

    二人は2010年10月に結婚。11年11月に長女を授かった。
    この時は「2534グラムの小さな女の子が命の詩(うた)を
    聞かせてくれました」とのコメントを発表している。

    ソース:デイリースポーツonline
    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/05/30/0006035198.shtml
    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/05/30/1p_0006035198.shtml

    【【芸能】東山&木村夫妻に第2子となる次女誕生「天使のようなピカピカな女の子がまた1人、僕らのもとへ舞い降りてきてくれました」】の続きを読む

    このページのトップヘ