タグ:木村拓哉

    1: 2018/05/16(水) 04:00:24.58 ID:J/o1bLqJM
    「工藤静香」

    【木村拓哉「俺は日本一カッコイイ男。結婚相手は」】の続きを読む

    1: 2018/05/08(火) 00:12:46.14 ID:CAP_USER9
    フジテレビの“月9”ドラマに、木村拓哉が主演として起用されるのではないかという情報が業界を駆け巡った。

    「1~3月期にテレビ朝日系列で放送されたドラマ『BG~身辺警護人~』が平均視聴率15%以上をマークし、フジテレビのスタッフたちも木村を主役にした企画書を次々と上げ始めました。そのうちのいくつかが候補に挙がっているのです」(芸能関係者)

    フジテレビ関係者によると、もっとも有力な企画は五輪を目指す水泳選手のコーチの役を木村が演じるものだという。

    「水泳もののドラマで、木村の役はかつて五輪出場が確実視されていた水泳選手というものです。就職先も決まり、フィアンセもいましたが、事故で生命選手を絶たれてからフィアンセを友人に奪われ、水泳界での居場所も失った。そんななかで有望な水泳選手を見つけて育てるという、何となく『ロッキー』の晩年を思わせるような内容となりそうです」(芸能関係者)

    共演者にはBGで息の合ったコンビを見せた江口洋介の名前が挙がっており、ほかには剛力彩芽、水川あさみ、山崎努などの名前も出ているという。


    異例の3カ年計画ドラマ


    そして、この企画にはさらに異例の展開がすでに盛り込まれているという。

    「今度の水泳コーチのドラマは、驚くべきことに3年連続でシーズン3まで企画されているということです。明らかに東京五輪とパラリンピックをにらんでの企画だということでしょう」(同・関係者)

    SNSでもこのドラマの報道が一部から出ると、さまざまな関連投稿があり、話題となった。

    《キムタクの鍛えられた肉体美が楽しみ》
    《BGに通じる挫折から立ち直るカタルシス感は木村に合うね》
    《やっぱり月9はキムタクじゃないと》
    《結末が読めるようなドラマを作るなよ》
    《ジャニーズ事務所のごり押しはえげつないな。3年連続かよ》
    《またバーターで若いジャニーズのタレントを入れてくるんだろう。懲りないな》

    「いまの予定では、シーズン3が2020年の4月にスタートすることになっています。木村は早速、水泳のジムに通っているという情報もあります」(同・関係者)

    存続が危ぶまれる伝統の月9枠。はたして木村は救世主になれるだろうか。

    2018.05.07 19:30 まいじつ
    https://myjitsu.jp/archives/50658

    写真
    no title

    【<木村拓哉>「月9ドラマの救世主」として名前が浮上!存続が危ぶまれる伝統の月9枠。はたして救世主になれるだろうか?】の続きを読む

    1: 2018/04/28(土)13:58:44 ID:XQf
    ある?

    【木村拓哉さん、TOKIO電撃加入ってありえる?】の続きを読む

    1: 2018/04/01(日) 14:46:45.06 ID:CAP_USER9
    主演ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の平均視聴率が15%台をキープ。木村拓哉(45)は順風満帆に見えるが、今後の方向性を考えあぐねているようだ。ドラマでは斎藤工に“おじさん”呼ばわりされ、勝地涼からは地面に突き伏せられた。等身大の中年男を演じ切ったかにみえる。

    「SMAPが解散してしまった以上、これからは歌より役者中心の活動になると思います。ですが、彼は映画やドラマに出演するたびに“職業のコスプレをやっているだけで、何をやってもキムタク”と揶揄されています。それは本人の耳にも届いているはずですから、そこから脱却しようと必死なんじゃないでしょうか。今回のドラマはだいぶ“キムタク色”が薄くなったと思いますが、まだまだだという人は多いですね」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏)

     どうやら、木村は迷走しているようだ。番宣のためとはいえ、バラエティーでマツコ・デラックスと街ロケをする姿には、往年のファンも思わず首をひねったという。

     極め付きは、長年宿敵関係にあった週刊誌に何度も登場したことだ。「BG」放送直前の昨年12月には、フライデーの直撃取材に笑顔で対応。ドラマ終了後は工藤静香との「夫婦揃ってご機嫌の夜」を撮られたが、なぜか静香の姿はどこにも写っていなかった。

    「警戒心の強いキムタクが立て続けにプライベートショットを撮られるのは違和感があります。前回の直撃インタビューを、ジャニーズ事務所の広報戦略とみる芸能関係者が少なくありませんでしたが、今回もジャニーズ事務所の何らかのプロモーション、イメージ戦略の一環とみられています」(芸能プロ関係者)

    ■ファンが望むのは“ヒーロー・キムタク”

     しかし、態度を急変させた木村を専門家は少々危なっかしく見ている。前出の佐々木氏が言う。

    「だいぶ前に私がテレビで“キムタクもハリウッドの実力派俳優のように悪人や憎まれ役など、汚れ役をやった方が役者として成長するんじゃないか”と発言したところ、ファンからすごい抗議をされました。“木村さんはそんな役をする必要はない”と。ファンは常にヒーローであるキムタクを望んでいるようです。ファンの期待に応えるために二枚目のヒーローを続けるか、役者としての幅を広げるか、彼にとっては悩ましいところなんじゃないでしょうか」 

     ちなみに、キムタクの次回作は、2019年公開の映画「マスカレード・ホテル」で初の刑事役。キムタクの代表作「HERO」シリーズを手がけた鈴木雅之氏が監督を務める。どうやっても三枚目の役柄にはなりそうにない。“マンネリ”と言われようが二枚目に徹した方が無難ではないか。

    2018年4月1日 10時26分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14515664/

    【木村拓哉、宿敵の週刊誌と和解? なりふり構わぬ広報戦略】の続きを読む

    1: 2018/03/22(木) 08:59:25.14 ID:CAP_USER9
    木村拓哉がボディーガード役を演じた今クールの連続テレビドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の最終回が15日に放送され、平均視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、有終の美を飾った。

     同作は原作のない完全オリジナルストーリーで、脚本は木村とは『GOOD LUCK!!』(TBS系)でタッグを組んだ井上由美子氏が担当した。

    「一昨年のSMAP解散騒動以降、木村に対して批判的な声が強まっていましたが、『BG』は視聴率的には成功といえ、毎週放送を楽しみにする視聴者も多かったようです。改めて木村の強さを見せつける結果となりました」(テレビ局関係者)

     インターネット上でも「続編も期待できそうな終わり方でよかった」「なんだかんだいってもキムタクのドラマは面白い」「斎藤工や石田ゆり子とか、人気どころを連れて来れるのもキムタクの力なんだろうな」など高評価の声も目立っている。

    「実は放送開始前は、『BG』は苦戦するのではないかという見方が業界内で強かったのですが、視聴者にはあまりSMAP騒動は関係ないみたいで、“面白いものは見る”というスタンスなんだなと、改めて思い知らされました。テレビ各局の現場が木村への評価を見直し、企画会議でも木村の名前が挙がることも増え、今後争奪戦になる気配を感じます。むしろ“あの3人”の名前のほうが挙がらないですね。もちろんジャニーズ事務所の力は強いと思いますけど……。元SMAPでジャニーズ退所組の3人が今、インターネット上での展開に力を入れていますが、見る側の人たちが飽きるのも時間の問題ではないかなと思います」(前出と別のテレビ局関係者)

     香取慎吾らジャニーズ退所組の3人が出演する映画『クソ野郎と美しき世界』の最新情報が、公式サイト上で続々と公開されている。4月6日公開で全国86館を予定しているようだが、観客動員について不安視する声は多い。

    「監督には園子温や児玉裕一、さらには爆笑問題の太田光といった異色のメンツばかり。3人の所属事務所代表を務める飯島三智さんが太田の奥さんと仲が良いことは、昨年放送された『72時間ホンネテレビ』(Abema TV)の出演者を見れば一目瞭然ですが、映画監督としての経験が浅い太田さんを起用するとは、飯島さんもチャレンジャーだなと思いますね。むしろ、期待されていない分、面白ければ太田さんの評価も上がるのでしょうけど。いろんな意味で公開が楽しみですね」(同)

     果たして木村が退所組の3人を大きく引き離すことになるのか。注目を集めそうだ。

    Business Journal2018年3月21日19時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_424361/?ptadid=

    【木村拓哉、テレビ各局が評価見直し「争奪戦」の予兆…元SMAP退所組に暗雲】の続きを読む

    1: 2018/03/09(金) 13:23:19.76 ID:t5d+p4A70
    http://www.chitaro.com/up/chitaro1309.gif
    これってアドリブなのかな
    常識ないよね

    【木村拓哉さんカップ麺の蓋の置き方wwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/03/01(木) 05:02:54.46 ID:CAP_USER9
    2018-03-01 00:00

    萩原聖人、木村拓哉と『BG』で再共演「まさかこんなに反響があるとは!」と驚き

     武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に護る“ボディーガード”を題材にしたテレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~』(毎週木曜 後9:00)。第7話(10分拡大~後10:04)では、22日放送の第6話にも登場している俳優の萩原聖人が演じる植野が今後の物語の展開を大きく左右してしまう出来事を引き起こしてしまう。前回の登場シーンがオンエアされると、主演の木村拓哉と萩原の共演に、1994年に放送されたドラマ『若者のすべて』(フジテレビ)を思い出したファンも少なくなかったよう。萩原本人も「まさかこんなに反響があるとは!」と驚いていた。

     萩原が演じる植野は、民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の元秘書で、過去に五十嵐とは因縁のある人物。どうしてももう一度話がしたい植野は、五十嵐が厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)と会っていた店に潜り込み、なんとか面会の許可を得ようとする。そこに偶然、居合わせたのが島崎章(木村)と、章の元妻・仁美(山口智子)だった。さらに客の中に望まれない客が紛れており、突然の銃声に店内は騒然とする。

     前回の反響を受けて萩原は「そういった反応をしてくれたのって、昔、ドラマを楽しんでいた世代の方々なのではないでしょうか。楽しみにしているドラマの日は急いで家に帰ってドラマを見て、次の日の学校や職場ではその話題で盛り上がって…。僕の出演が、そうやってドラマを楽しんでくださっていた方々への恩返しになればいいな、とは思います。みなさんの記憶に残るような作品を作ることができていたことはとても誇りに思いました。同時に我々役者も、これからもっと面白いドラマを作って、ドラマを楽しみにしてくれるような“ドラマ世代”を作りたい、とあらためて感じました」と喜んでいた。

     木村との共演を「お互い年齢を重ね、今回共演できたのはとてもうれしかったし、楽しかったです。久しぶりに会ったけど、会話の内容は昔とあまり変わらなかったですね(笑)」と振り返った萩原は「第7話では、僕らの過去を懐かしく思い出していただきつつも、『BG~身辺警護人~』の世界観にどっぷり浸かり、物語を存分に楽しんでいただけたらうれしいです!」と呼びかけていた。

     第7話で章は6年前に別れた妻・仁美から警護を依頼される。一度はほかのメンバーにせようとするものの、自ら引き受けることを決意。“元夫婦”という微妙な関係ながらも、章は終始仕事に徹する姿勢を貫こうとする。木村と山口の共演も、1996年に大ヒットしたドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)以来、22年ぶり。“元夫婦”というちょっと複雑な間柄を演じる2人にも注目だ。


    木村拓哉×萩原聖人、『BG~身辺警護人~』第6話に続いて第7話(3月1日放送)にも登場。今後の展開の鍵を握る男を演じる(C)テレビ朝日
    no title

    https://www.oricon.co.jp/news/2106644/full/

    【木村拓哉と萩原聖人『BG』で再共演「まさかこんなに反響があるとは!」と驚き】の続きを読む

    1: 2018/02/16(金) 23:14:05.64 ID:DYHJ9g7p0
    正直に!アンチ禁止!

    【木村拓哉のいい所を言ってけ!】の続きを読む

    1: 2018/02/02(金) 10:29:48.29 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00112602-nksports-ent
    日刊スポーツ

     テレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜午後9時)の1日第3話の平均視聴率が13・4%(関東地区)だったことが2日、ビデオリサーチの調べでわかった。第1話は15・7%、第2話は15・1%だった。

     木村拓哉(44)主演でボディーガード役に初挑戦。丸腰で危険に立ち向かう民間警備会社の敏腕ボディーガードを演じる。緊迫感あふれる作品の中で新境地に挑む。

     主人公、島崎章は中学生の息子と2人暮らし。かつて敏腕ボディーガードだったが、過去のある出来事をきっかけに工事現場の警備員になっていた。ところが勤務する民間警備会社が身辺警護課を新設するにあたって復帰を決意し、過去を隠して“新人”として着任する。当初は周囲から頼りないと思われていたが、卓越したスキルで警備対象者の身を守っていく。収録に向け、警備会社によるボディーガードの研修も受けた。

     あらすじは、深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障の身辺警護課メンバーたち。1度は身辺警護課を辞めた高梨(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は人気タレント、かのん(三吉彩花)にボーナスとして支給する現金1億円の警護だった。急に引退したいと言いだし、姿を消したかのんを連れ戻すための金だという。現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせる。その頃、警視庁SPの落合(江口洋介)は、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から日ノ出警備保障に警護を依頼するといわれ驚く。

    【木村拓哉「BG」現金1億円の警護13・4%】の続きを読む

    1: 2018/02/01(木) 17:04:25.10 ID:CAP_USER9
    1月31日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、お笑いタレントの有吉弘行が、過去に一部報道で「木村拓哉にぶん殴られた」という記事を書かれたことに言及した。

    番組では、コラムニストのマツコ・デラックスが週刊誌報道をめぐるエピソードを語った。
    なんでも、ある週刊誌に「マネジャーをイジめている」と報じられたというのだ。
    マツコによると、「芸能人のマネジャーはブラック」というテーマで、マネジャーをイジめていそうな芸能人のエピソードをまとめた特集だったとか。

    自身以外はイジめていそうで、「私だけウソ」と強く否定して笑いを誘っていたマツコだが、一方で有吉も、納得のいかない週刊誌報道があったようだ。

    有吉は「俺、『木村拓哉にぶん殴られた』って、昔から(週刊誌に)書いてあるけどね」「『あだ名つけたときにぶん殴られた』みたいな」と、かつてタレントの木村拓哉に毒舌のあだ名をつけた際に、木村に殴られたという記事があったことを説明した。

    その上で「そんなわけねぇだろ! どんな修羅場なんだよ!?」「どんな現場!? あだ名付けてぶん殴られるって」「どんな暴走族なの?」と記事へのツッコミを連発する有吉は「もう何年も言われている」と訴えたのだった。

    なお、ネット上では、2010年に有吉が「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に出演した際、木村に「月9バカ」というあだ名を付け、怒った木村が楽屋裏で有吉を説教したという記事が、現在も存在している。

    一方で、当時の木村が自身のラジオ番組で、そのことについて否定していたという記事も存在している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14241004/

    有吉弘行
    no title

    【有吉弘行、「木村拓哉にぶん殴られた」事件を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ