タグ:木村拓哉

    1: 2017/04/19(水) 11:36:51.57 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)で18日、同番組のキャスター・富川悠太アナウンサー(40)が、元SMAPの木村拓哉(44)に独占インタビューした模様が放送された。

    木村は、29日に全国公開される主演映画「無限の住人」に関することにとどまらず、昨年の大晦日で解散したSMAPやファンへの思いについても素直な気持ちを語った。

    「(「無限の住人」を)撮影している最中はまだSMAPの木村さんだったんですよね?」という富川アナのひと言から、木村が「解散」について口を開いた。
    「ご自身で違った感覚はありますか?」と問われると、「どこかやっぱり去年までは自分が漕いでなくても、
    自分がちょっと力を抜いても、動いてなくても、なんか推進力ってあったような気がするんですけど、
    2017年からは推進力は自分次第だなって思うようになりましたね」。言葉を選びながら話す表情はまだ複雑に見える。

    続けて「なんか不思議な感じはありましたね。変な話、大晦日にNHKホールにいないっていうのはすごい不思議な感覚でしたね」。
    1991年に初出場して以来、01年と04年をのぞき15年まで計23回出場してきた
    「NHK紅白歌合戦」に触れながら“変化”を語った。当日は「紅白見たり、他を見たりとか」して過ごしたという。

    28年間続いたSMAPとしての活動がなくなったことについては「なくなったっていうよりかは、
    その形状がなくなっただけで、やってきたことは事実ですし、自分の中でなくなるというものではないので…。
    変に深刻になるようなメンタリティーでいると、逆にいろんな事を望んでくれた人に失礼だし」と話した。

    富川キャスターの「37万人のファンが(解散中止を願う)署名をしたということで、奈良市の人口より1万人多いんですよ」の言葉には、
    「そういう気持ちをいただいたにもかかわらず、状態としては今の状態になったので、
    なんか逆に自分がこれから現場で表現させていただく中で、そういう人たちに対する“お返し”をしていかないといけないなって気持ちはありますね、正直」と表情を引き締めた。

    さらに「ほんとに皆さんの、いろんな方々の一部にしていただいてたっていうのは本当に感謝しないといけないと思うし、
    その感謝をちゃんと体現していかないといけないなという状態ですね」とファンへの気持ちを語った。

    今後については「これからも、もっともっと欲張りにアンテナを張って、感じるものをいっぱい感じないと」と抱負を述べ、
    「何かに秀でてるわけじゃないので。『よし行けた!』っていう自分の中であまり合格は出せない」と謙虚だった。

    昨年4月から「報ステ」の2代目キャスターに就任した富川アナが、自身について「私は一度も合格点を出していないです」と語ると、
    「だから続けられるんじゃないですか?」と木村。柔らかい表情になって「どこかでどういう風が吹くかわからないので、強い風が吹いたら、しならないとダメ。折れちゃいます」と、
    目の前にある満開の桜の木を見上げながら、富川アナと自分に言い聞かせるようにつぶやいた。

    富川アナはスタジオで「(インタビューを始める前に)打ち合わせをと言ったら、『打ち合わせいらないっすよ。何でも聞いてください』って。
    素直な気持ちを話してくれたんだなという印象を受けました」とインタビューでの木村について語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12954492/
    2017年4月19日 8時5分 スポーツ報知

    【木村拓哉「解散」語る…「何でも聞いてください」】の続きを読む

    1: 2017/04/19(水) 13:37:57.77 ID:CAP_USER9
    4月29日から木村拓哉主演の映画「無限の住人」が公開される。そんななか、ジャニーズ事務所が、各媒体に異例の独占インタビューの逆オファーをかけているという。

    「4月18日発売の『週刊女性』によると、ジャニーズ事務所から各媒体に、木村を雑誌の表紙にするならば独占インタビューOKという通達が来ているとのことです。
    以前の木村には独占取材が難しかったそうですから、今回はそれほど宣伝に力を入れているということでしょう」(芸能記者)

    そのため現在は、ファッション誌から週刊誌まで、多くの雑誌の表紙を木村が飾る状態となっている。また、その中の1つである4月18日発売の「週刊朝日」でも、独占インタビューを掲載。

    その際、木村は映画撮影中、大きなプレッシャーを背負っていたことを告白したという。

    「『無限の住人』といえば、撮影時期が15年11月~16年1月でしたから、ちょうどSMAP解散報道が出て、『SMAP×SMAP』で生放送謝罪を行った頃と重なります。
    そして今回のインタビューで木村は、当時の心境に関して『ちょうど撮影に関係のないことでゴタゴタしていた時期でもあったので、まったく必要のない、変なプレッシャーはありました。
    だからこの撮影があったことで、思い切り爆発させてもらえたのはよかったですね』と語っており、SMAP解散騒動で彼に大きなストレスがかかっていたことが伺えるのです」(前出・芸能記者)

    「無限の住人」では木村演じる主人公が300人を斬り殺すシーンが描かれるという。
    そのため同映画では、彼がSMAP解散のストレスを爆発させているかのような壮絶アクションが見られるかもしれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12955918/
    2017年4月19日 13時15分 アサ芸プラス

    【木村拓哉が精神的ストレスを告白!解散騒動に苦しんでいた】の続きを読む

    1: 2017/04/18(火) 12:12:51.66 ID:CAP_USER9
    映画『無限の住人』の4月29日の公開を控え、主演の木村拓哉(44)が作品のヒットを目指し、異例とも言える地方宣伝回りの日々を続けている。
    ヒロインの杉咲花 (19)と巡る全国試写会は異例とも言える10カ所もの行脚。並々ならぬ熱意をうかがわせるが、芸能誌記者は次のように指摘する。

    「木村のSMAP解散後の初仕事である1~3月期の主演ドラマ『A LIFE?愛しき人?』(TBS系)は、
    浅野忠信(43)ら豪華共演陣を揃えながら平均視聴率14.5%と期待したほど振るいませんでした。
    さらに『無限の住人』まで惨敗したら、解散騒動に伴う人気低下が既成事実化してしまう。
    ジャニーズ事務所並びに木村本人の今作に掛ける思いはひとしおです」

    そうしたなか、18日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は、
    試写会出席者らによるネットの口コミサイトでの作品の採点が5点中3点台にとどまり、早くも暗雲が立ち込めていることを伝えている。
    PRを兼ねてのメディアへの露出も相次いでいるが、それも諸刃の剣。
    4月10日の『めざましテレビ』(フジテレビ系)でのインタビューでは、昨年末の『NHK紅白歌合戦』をSMAPが辞退したことを振り返り、

    「NHKホールにいなかったのが、すごい……」
    「正直ちょっと、ちゃんと応えられないのが残念だなとは思ったんですけど」

    とぽつり。SMAP解散・紅白辞退を主張した4人組への愚痴とも受け取られる発言だったため、大きな波紋を呼んだ。
    そんな空回り続きの木村に用意されたのが、カンヌ国際映画祭という檜舞台だったが、それも事態好転にはつながるかは疑問だという。

    ■失言に突撃…しくじり続きの”キムタクとカンヌとの縁”

    「『無限の住人』はアウト・オブ・コンペティション部門での選出。パルム・ドールや男優賞を競うコンペティション部門ではなく、あくまで賑やかしのための“おまけ”。
    世界的名声が得られるわけではありません」(スポーツ紙記者)

    そもそも、木村はカンヌ訪問のたびに世間の失笑を買ってきた歴史がある。
    2004年に脇役で出演した香港映画『2046』で初めてカンヌ進出した際、現地の感想を尋ねられて「カンヌって日本でいえば熱海みたいなとこ」などと映画関係者にとって羨望の地を、大衆的な温泉地に例えた。
    2007年には主演映画『HERO』公開に合わせて、招待されてもいないのにカンヌに再び突撃。不可解な行動で世間を驚かせたが、ハートの強さだけは見せつけた。

    こうした経緯をふまえての、10年ぶり3度目のカンヌ。ここで木村がお得意のドヤ顔でレッドカーペットを歩いたとしたら、またしても反発を招くのは必至。
    映画のヒット、そして自身の今後の俳優生命を考えれば、ある程度自重した行動が求められる。

    http://dailynewsonline.jp/article/1301880/
    2017.04.18 11:45 デイリーニュースオンライン

    【木村拓哉『無限の住人』試写会出席者による”採点の低さ”に衝撃走る】の続きを読む

    1: 2017/04/16(日) 00:53:48.00 ID:CAP_USER9
    14日放送のラジオ番組「木村拓哉のWhat's UP SMAP!」で木村拓哉が、10日に放送された
    フジテレビ特番「さんタク」を振り返り、初の4月放送に手応えを感じたことを語った。

     まず、「久々の『さんタク』が放送になりまして…」と報告。「今まで、『さんタク』といえば年末に撮影させて頂いて、
    お正月の三が日のどの日にか、オンエアさせて頂いてたんですけど、今回は春の放送ということで、撮影も春に
    撮影させて頂きました」と撮影スケジュールを明かし、「若干気温にもぬくもりが出ているときの、『さんタク』の
    方が色々できるという可能性を感じましたね」と手応えを感じたことを語った。

    http://npn.co.jp/article/detail/12421092/

    【木村拓哉、 「さんタク」に手応え「可能性を感じた」】の続きを読む

    1: 2017/04/15(土) 19:41:36.43 ID:CAP_USER9
     元SMAPの木村拓哉が、15日放送の読売テレビ「あさパラ!」で、女優・杉咲花の好物が芽ネギであることを“ぶっちゃけ”、都市伝説の真相についても明かした。
     木村の主演映画「無限の住人」で共演した木村と杉咲を、司会のハイヒールが直撃。
     木村は杉咲の好物が「芽ネギです」と暴露し、本作のキャンペーンの仕事が終わった後で杉咲をすし店に連れて行った際、「僕らは色んなのを、おまかせで出してもらったんですけど、常に隣で、ちっちゃい声で『芽ネギをお願いします…』っていう。5~6貫で終わるんだろうなって思ってたら、2時間後ぐらいに『もう一度、芽ネギを…』」とぶっちゃけた。
     杉咲は「芽ネギを10貫くらい食べました」と、恥ずかしそうに打ち明けていた。

    (以下省略)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/15/0010098037.shtml

    【木村拓哉がぶっちゃけ!都市伝説の真相も明かす】の続きを読む

    1: 2017/04/13(木) 06:49:47.70 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉(44歳)が、現在発売中の雑誌「FRaU」5月号(講談社)に登場。ロングインタビューが掲載されている。

    同誌の表紙とインタビューに登場した木村は、荒波の中で映画「無限の住人」、ドラマ「A Life-愛しき人」の主演を務めた激動の1年を振り返りながら、率直な現在の心境を吐露。

    「今も、(『SMAP×SMAP』の収録日だった)その曜日になると、『ん?』ってピクって反応する自分がいたりとか」
    「自分は学歴もないし、スーツ着て、1日中上司のいるところにいたこともないし。ある意味、野生だったじゃん」
    「『え? 俺、あと何年?』って命のメジャーを照らし合わせるというか」

    語りにくいであろう、これまでの選択などについても言及。木村自身の言葉で語った1万字のインタビューだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12928205/
    2017年4月13日 6時32分 ナリナリドットコム

    【木村拓哉「今もスマスマ収録曜日はピクッて」】の続きを読む

    1: 2017/04/12(水) 12:48:13.52 ID:CAP_USER9
    木村拓哉(44)と明石家さんま(61)の冠番組『さんタク』(フジテレビ系)が、4月10日に放送された。
    2003年から始まったこの番組は、特別放送回を除き、毎年お正月番組として放送されていた。
    しかし、16年末にSMAPが解散したことを受け、17年正月に『さんタク』は放送されず。
    今回の放送では、さんまから「解散した次の日に、木村が1人でここで陽気にしゃべるのはおかしい」という理由から、
    放送を4月にずらしたということが明かされた。

    そんな事情がありつつも、放送内容は例年通り。「明石家さんまと木村拓哉がやりたいことをやる」というコンセプトで、
    今回は木村がさんまの“付き人”を1日務める企画が放送された。

    2人は仕事場からプライベートまで付きっきりで行動していたのだが、行く先々でさんまの共演者に驚かれる木村。
    ラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)の収録では、さんまとともにレギュラー出演している村上ショージ、ゲストの道重さゆみ、
    石川梨華、岡田ロビン翔子がスタジオに登場し、皆それぞれ木村の姿を見て困惑。そんな展開が視聴者の笑いを誘っていた。

    しかしここで、SMAPファンが道重のある発言に激怒。ネット上には「失礼すぎる」「素人以下」とバッシングの声が飛び交っている。

    道重は、スタジオに登場するなり「え、キムタク!?」と木村本人を目の前に驚いた様子。
    14年に芸能活動を無期限休止した道重は、約2年半の休止期間を経て、17年3月から芸能活動を再開した。
    復帰後初のテレビ出演が『さんタク』だったことに喜びつつ、「キムタクに会えたことが1番(うれしい)」と笑顔でコメントしていた。
    しかしこの「キムタク」呼びに、木村は苦笑い。
    「今日付き人でよかったです。付き人じゃなかったら、道重さんど突き回してた」と、木村はバラエティらしくかわしていた。

    木村は以前、「名前がひとり歩きしてしまう気がする」ため、“キムタク”と呼ばれることを嫌っているという旨を発言したことがあった。
    SMAPファンの間では知られていることだったため、道重が「キムタク」を連呼していたことに対し「キムタクって呼ぶなよ……
    道重ムカつく」「木村くん、道重とやらを本当にどついてください」「キムタクって本当に失礼。木村くんがこの呼び方を嫌ってるのもあるけど、大先輩でしょ?」と激怒。

    一方、道重のファンは「さゆのキムタク連呼は、もちろんバラエティ的な計算だよ(笑)」「木村さんを“キムタク”って言ったのは絶対わざとだし、木村さんも『ど突き回してた』
    っておもしろい感じにしてたのに、なんでそんなすぐに本気になるの? 怖いわ~」
    「さゆのキムタク呼びは許してあげてほしい、というか笑って済ませてほしい」と、道重の“キャラクター”であると反論していた。

    双方のファンが理解し合うのは難しいかもしれないが、少なくとも木村は、道重に対し笑顔で大人の対応をしていた。
    今後木村がバラエティで活躍するためにも、ファンはこの姿勢を見習った方が良いかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1299719/
    2017.04.12 11:52 デイリーニュースオンライン

    【木村拓哉ファンが道重さゆみに大激怒?】の続きを読む

    1: 2017/04/12(水) 20:15:58.10 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉(44)が、今まで当事者はタブーとしてきた「SMAP解散」の話題に相次いで言及。
    「裏切り者」のレッテルを払拭しようとするかのような発言が目立ったが、結果的に他の元メンバーとの対立を認めることになったためにSMAPファンがショックを受ける事態となっている。

    ■「4対1」の構図を蒸し返したとファンが反発?

    今月10日、木村は明石家さんま(61)との毎年恒例のバラエティ特番『さんタク』(フジテレビ系)に出演。
    同番組は通常なら毎年1月に放送されるのだが、今年はSMAP解散騒動の影響で4月までずれ込んだ。

    さんまはオープニングから放送時期が変わった経緯に触れ、さらに「どうしても(世間は)あの騒動を聞いてほしい、さんまなら聞いてくれるだろうという感じやねん。
    だから聞くけど、答えんでもいいよ」と前置きしつつ、「どうなって、どうなったの?」と直球の質問。木村が苦笑すると、続けて「両者が正しいワケやんか。
    両者って誰やねんっていう話になるけど。正論と正論がぶつかるのが一番タチが悪い」と持論を展開した。

    これに木村は「また振り出しになっちゃうので。せっかくこの時間を過ごしたので、言わなくていいんじゃないですか?」と言葉を選びながら核心を語ることを避けた。
    一見すると木村の「いい人」ぶりが強調されたやり取りだが、そうは受け止めなかったSMAPファンが多いようだ。

    「さんまさんの言葉からはメンバー間の対立があったことがうかがえ、それを木村さんが否定しなかったことで多くのファンがショックを受けた。
    核心を語らないのであれば、結果として『4対1』の構図を蒸し返しただけ。
    “SMAPの事情通”を気取っているさんまさんの暴走が根本的な原因とはいえ、
    蜜月関係にあるフジの番組ならジャニーズ事務所は『メンバー対立を想像させる発言はNG』とすることもできたはず。
    解散直前にラジオ番組で『誰も悪くないんです』と木村さんをかばうかのような発言をした
    中居正広さん(44)と比較するファンも多く、木村さんへのファンの視線は冷ややかになっています」(ジャニーズに詳しい芸能ライター)


    http://news.livedoor.com/article/detail/12926869/
    2017年4月12日 19時0分 デイリーニュースオンライン

    【木村拓哉、SMAP解散に再び言及で物議に「なんでもメンバーのせい」】の続きを読む

    1: 2017/04/10(月) 21:59:46.06 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉と明石家さんまが10日、フジテレビ系で放送された特番「さんタク」に出演。さんまがSMAP解散の真相を追及し、木村がタジタジとなる一幕があった。

    さんまは冒頭のトークで「どうなって、どうなったん?」と解散の真相について木村に質問。「両者が正しいわけやんか。正論と正論がぶつかるのが一番たち悪い、言うてんねんけども。その通りやんか。オレがレフリーとしたら、どっちも正しいねん。こうなったのは。それがたち悪いわなぁ」と“木村VS4人”の構図となった騒動に斬り込んだ。

    解散から3カ月(※収録は3月)。騒動がようやく収まった状態だっただけに、木村は「もう、でも言わなくてもいいんじゃないですか」と苦笑い。「(オレがしゃべったら)そっからがまた振り出しになっちゃうんで。言わなくていいんじゃないですか」と前のめりなさんまを制した。


    以下略です。全文は下記引用元よりご覧ください|ω・https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/10/0010084458.shtml

    【さんまがSMAP解散真相を木村拓哉に追及「どっちも正しいねん」】の続きを読む

    1: 2017/04/09(日) 09:49:14.64 ID:CAP_USER9
    4月29日に主演映画『無限の住人』が公開となる木村拓哉(44)。これまではSMAPとして
    レギュラー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)やグループのラジオなどに出演していたが、解散に伴って露出が減り、ファンを悲しませている。
    そんな木村が、「週刊SPA!」4月11・18日号(扶桑社)のインタビューで今後の活動に関する本音を吐露した。

    SMAP解散後、メンバーはそれぞれMCや俳優業など得意分野で活躍。中居正広は4月から『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)が月曜日のゴールデンタイムに進出する一方、
    香取慎吾はレギュラー番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)に変わらず出演し、稲垣吾郎も『ゴロウ・デラックス』(TBS系)が放送7年目に突入した。

    1~3月は、木村がドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)、草なぎ剛も『嘘の戦争』(フジテレビ系)で主演を務めたものの、
    木村の場合は草なぎの『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)のようなテレビのレギュラーがないため、
    ファンはひとまず『無限の住人』の公開に大きな期待を寄せている状況だ。

    同作の公開にあたってメディア出演も増えており、「週刊SPA!」では「今まで乗り合わせていた船からは降りたので、その違いは、確実にありますけどね」と、
    SMAP時代と個人活動の“変化”に言及。インタビュアーから「違い」という言葉の意味を問われると、
    「原動力かな。今まで仲間と一緒に漕いできたり、風の力を使ったりして、ずっと進んできた。これからは個人の手漕ぎボートになっちゃったので、自分が漕がなかったら、前へ進まない。
    それでもきっと仕事が好きだから漕ぎ続けられるんだと思います」と、明かした。

    さらに、木村は自身の“肩書”についても独自の見解を述べている。
    同じく俳優として活躍する草なぎは「AERA」1月23日号(朝日新聞出版)のインタビューで、記者から今後の肩書は「俳優」かと聞かれると、
    「とてもそんな、おこがましくて。自分が俳優だと思ったことはない」とキッパリ。
    その上で、「肩書って必要かな? もし決めないといけないなら、『タレント』がいい。マルチに仕事をしていくという意味でも。
    これからもバラエティーに出たいし、歌もうたいたいし、ナレーションもしていきたい」と今後の展望を語っていたのだった。

    かたや、木村は「今の木村拓哉の職業はなんだと思いますか?」との質問に対し、
    「なんですかね……。『出演者』かな? 『いや、俺ら役者はさ』ってスマートに言えちゃう方たちが羨ましいです」と複雑な胸の内を告白。
    自身のキャリアを富士山に例えつつ、「自分はまだまだ三合目なので、役者だってとても言えないですね」と、謙遜気味に話していた。
    グループ時代は、もはや“SMAP”自体が肩書だっただけに、いざ個人になった時、「俳優」と名乗ることにまだ戸惑いがあるのかもしれない。

    また、これまでは『SMAP×SMAP』で定期的に歌やダンスを披露していたが、解散後はこうした機会が減少。
    同誌では “パフォーマーとしての活動”を再開する意欲があるかという話になると、「そうですね、チラホラ考えたりはするんですけど。
    でも、なんだろうな……確実に筋力が落ちているんです。今は、本当に歌ってないし、踊ってもいないから。ただ、求められた場合は、考えることはあると思いますね」と、前向きに発言していた。

    SMAPを歌唱面でリードし、料理の腕前も確かと器用な木村。今後の芸能活動でも、ファンに多種多様な一面を見せていってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1298627/
    2017.04.08 20:00 デイリーニュースオンライン

    【木村拓哉が職業を問われ複雑な胸の内を告白「役者とはとても言えない」】の続きを読む

    このページのトップヘ