タグ:木村拓哉

    1: 2019/10/21(月) 14:05:46.97 ID:XJ4pWwAe9
    【モデルプレス=2019/10/21】俳優の木村拓哉が主演をつとめるTBS系新日曜劇場「グランメゾン東京」(毎週日曜よる9時~※初回25分拡大)が20日に放送スタート。木村が演じる主人公・尾花夏樹のかっこよさに反響が寄せられている。※ネタバレあり

    ◆木村拓哉主演「グランメゾン東京」

    尾花は、料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち二つ星を獲得するも、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失った型破りなフランス料理のシェフ。どん底まで転落した尾花が、女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

    尾花と倫子を取り巻く重要なキャラクターとして、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹らが出演する。

    ◆第1話あらすじ ※ネタバレあり

    舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスに来ていた。そんな中、ある1人の男と出会う。その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに突然駆け込み、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて去っていく。

    その男こそが、パリで二つ星を獲得し三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人・尾花。しかし彼は、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った。その後、面接に落ちた倫子は落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに倫子は思わず涙をこぼした。その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する…というストーリーが展開された。

    ◆「やっぱり最強」「ドラマの帝王」木村拓哉に絶賛の声

    自信と信念を持った男らしい尾花。そんな彼から発せられるセリフやたたずまい、またそれを見事に演じている木村に「やっぱりキムタク最強だわ…」「ドラマの帝王」「かっこよすぎるでしょ」など視聴者から絶賛の声が寄せられた。

    さらに「もう来週が待ちきれない」「今後の展開が楽しみすぎる」など今後のストーリーを楽しみにしているコメントも多い。今後も「グランメゾン東京」、そして尾花を見事に演じる木村から目が離せない。(modelpress編集部)

    2019年10月21日 12時21分
    モデルプレス
    https://news.livedoor.com/article/detail/17264293/
    no title


    【「グランメゾン東京」主演の木村拓哉に絶賛の声…「やっぱり最強」「ドラマの帝王」】の続きを読む

    1: 2019/10/16(水) 19:06:21.15 ID:q3r53Jwd9
     俳優の木村拓哉(46)が16日、都内で行われた主演作するTBS日曜劇場「グランメゾン東京」(20日スタート、日曜後9・00)の制作発表会見に共演の女優・鈴木京香(51)、Kis―My―Ft2の玉森裕太(29)、
    歌舞伎俳優の尾上菊之助(42)、俳優の及川光博(49)、沢村一樹(52)らと出席。ファンとともに出演者も後ろで試写を鑑賞したことが明かされると、会場から歓声が上がった

     パリで2つ星のフランス料理店を経営していたが、慢心から招いたある事件をきっかけに店も仲間も失ったフランス料理の天才シェフ(木村)が、新たに3つ星レストラン「グランメゾン東京」をつくるために
    奮闘する物語。シンガー・ソングライターの山下達郎(66)が主題歌「RECIPE(レシピ)」を手掛ける。木村は2017年1月期「A LIFE~愛しき人よ~」以来、2年ぶをりの同枠の主演となる。

     木村は「撮影現場はすでに3話まで撮り終わってます。着々といろいろなお皿に僕らは手を付けてますので、ぜひぜひ出来上がったものを最後までじっくり楽しんでいただければ」とアピール。
    「1カット1カットが充実してますし、嬉しいです」と充実の表情を浮かべた。

     パートナーを演じる鈴木とは同枠の「華麗なる一族」(2007年1月期)以来、12年ぶりの共演。鈴木が「いじめたり、いじめられたり、嫌われたりする間柄じゃなくて、一緒に同じ夢を追い求める役だと聞いて嬉しかったです」
    と話せば、木村も「まったく同じ。今回は同じ方向を向いて同じ熱量で進んでいけるパートナーとして京香さんは本当に頼もしいですし、楽しいですし、美しいです」と感激した。

     同作はパリでクランクインしており、パリでは世界最高峰のレストラン「ランブロワジー」にも足を運んだという。「ものすごく充実した説得力のある時間を、撮影を過ごさせてもらった。撮影時間の学ぶ時間、
    味だったり、空気だったり、すべて身になった」と木村。天才シェフという役どころで、作中の料理も実際に自ら手掛けている。「パリで手長エビのエチレを作ったんですが、あの1シーンでの撮影で16人前作りました。
    あとでスタッフでおいしくいただきました」と裏話を明かした。

     そうしたトークをした後、司会のアナウンサーから「お料理ではご自身で作ったものもあったそうなんですが…」とまさかの質問が飛ぶと、思わず固まる瞬間も。木村が「全部作ってますよ…なんか問題ありました?」と
    思わず苦笑。これには、ギャルソン役の沢村も「時間かけて練習して覚えて撮影に入ってます。適当にやっているんではなく、頭から最後まで作り方現場に覚えて入ってますよ」とすかさずフォローを入れ、
    早くもコンビネーションを見せつけた。 

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000189-spnannex-ent
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/16/jpeg/20191016s00041000368000p_view.jpg
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/16/jpeg/20191016s00041000339000p_view.jpg

    【木村拓哉、司会からの思わぬ質問に固まる「何か問題ありました?」】の続きを読む

    1: 2019/09/17(火) 04:19:05.07 ID:PKboe7fu9
    2019-09-17 04:00
    山下達郎×木村拓哉 16年ぶりタッグ 次期日曜劇場に主題歌「RECIPE」提供
    https://www.oricon.co.jp/news/2144534/full/

    TBS系日曜劇場『グランメゾン東京』主題歌を担当する山下達郎(左)と主演の木村拓哉
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190917/2144534_201909170897132001568660422c.jpg


     シンガー・ソングライターの山下達郎が、木村拓哉が主演を務める10月20日スタートのTBS系日曜劇場『グランメゾン東京』(毎週日曜 後9:00)の主題歌として、新曲「RECIPE(レシピ)」を書き下ろしたことが明らかになった。

     木村は令和初のドラマで演じるのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹。料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するが、慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまう。どん底まで転落した尾花が女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

     山下はこのドラマの世界観とマッチする「RECIPE」と題したメロウなリズムの“大人のラブソング”を書き下ろし。木村主演のドラマの主題歌を担当するのは2003年の日曜劇場『GOOD LUCK!!』に提供した「RIDE ON TIME」以来、16年ぶり2度目。奇しくも同じ枠でのタッグとなる。

     主題歌を打診したプロデュースの伊與田英徳氏は「出来上がった曲は、私の想像力を掻き立ててくれて、味覚を刺激してくれながら、温かい気持ちにもなります。タイトル『RECIPE』にも表されているように、人は人生の中で“選択肢”に出会ったとき、色々な“調理法”を選んでいく。料理の世界を描く本ドラマの世界観に最高にマッチしていて、皆様にも早く聞いていただきたい気持ちでいっぱいです」とコメント。

     山下は「日曜劇場は8年ぶり、木村拓哉くんとは16年ぶりにご一緒させていただきます。想い出に残る素敵なドラマとなりますように。私の曲と歌でお手伝いができますように。楽しみにしております」と放送を心待ちにしている。

    (おわり)

    【山下達郎×木村拓哉 16年ぶりタッグ! 次期日曜劇場に主題歌「RECIPE」提供】の続きを読む

    1: 2019/09/13(金) 08:04:51.92 ID:2N+N/zJB9
    令和元年最後となる10月期の新番組が発表されている。共演者の発表と同時に、関連ワードが続々とTwitterのトレンドに挙がったのは、木村拓哉主演のTBS系ドラマ「グランメゾン東京」だ。Kis-My-Ft2・玉森裕太との初共演に、ジャニーズファンのワクワクが止まらないようだ。

    木村は、元SMAPで共にジャニーズ事務所に残った中居正広と異なり、地上波のレギュラー番組がゼロ。そのため、ドラマの放映日、映画の公開日が決まると、プロモーションのためにバラエティやトーク番組でフル稼働。ファンにとってはうれしい日々が続く。

    それに反してプライベートな時間が制限されるのは、本人としてはつらいところだろう。木村は、サーフィンをはじめ、車やバイク、ギターや洋服、釣りほか、とにかく多趣味。そこで得たコネクションは、今なお続いている。20代で始めた釣りで、今も親しいのは“元祖コピーライター”糸井重里氏だ。

    「2人の年齢差は23歳。出会ったころはキムタク旋風真っ最中でしたが、木村さんは空き時間を見つけては、糸井さんに会いに行っていたそうです。40代だった糸井さんが釣りの魅力を聞くと、『言葉で説明するのは難しいので、1度一緒に来てもらえませんか?』とお誘い。これで一気に距離が縮まったそうです」(エンタメ誌ライター)

    出会ったときの木村はギラついていた。糸井もインテリタレントとしてアグレッシブルに稼働していたため、好奇心旺盛な2人が意気投合するに時間はかからなかったという。

    当時、糸井は驚くべき木村の素顔にふれている。

    「負けず嫌いだった木村はそのころ、ガラス張りのお店の前でダンスの練習をしている若い男子たちを、険しい表情で見ていたそうです。糸井さんが『何見てんの?』と聞くと、『どのくらいやれるかと思って』と木村。かっこいい事柄や人に対して超敏感だったころ、振付師やダンスのコーチがいないなか、ガラスに向かってガムシャラに創作している同世代の男子たちにシンパシーを抱いたようです」(前出・エンタメ誌ライター)

    世の全女性がキムタクに熱を上げていたといっても過言ではない90年代、当の木村はさらなる高みを目指していた。ストリートダンサーをもキャッチする感性。それこそが、アラフィフ・2児のパパになっても芸能界のトップランナーでいられる所以かもしれない。

    (北村ともこ)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17075076/
    2019年9月13日 7時15分 アサジョ

    【糸井重里が見た!木村拓哉が少年たちを「凝視」していたギラついた理由】の続きを読む

    1: 2019/01/13(日) 13:35:40.960 ID:lXeP4+UKp
    他の人で主役出来る人誰だろう

    長瀬や松岡はごとくシリーズ出ても違和感はないけど
    主役ではないなー

    【木村拓哉ぐらいだよな、ゲームの中ですら主役で何だかんだ普通にそれがハマってるのって】の続きを読む

    1: 2019/08/19(月) 05:04:04.62 ID:kKcUqmjm9
    キスマイ玉森裕太、木村拓哉と日曜劇場枠で初共演へ
    [2019年8月19日4時0分]
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908180000766.html

    TBS系ドラマ「グランメゾン東京」に主演する木村拓哉
    no title

    TBS系ドラマ「グランメゾン東京」への出演が決定した、左から玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹
    no title



    木村拓哉(46)主演の10月期TBS系日曜劇場枠連続ドラマのタイトルが、「グランメゾン東京」(日曜午後9時)に決定したことが18日、分かった。

    同作での木村の役どころは、パリで開店したフランス料理店で2つ星を獲得するが、慢心や事件によって店も仲間も失ってしまった天才シェフの尾花夏樹。鈴木京香(51)演じる早見倫子と出会い、3つ星レストラン「グランメゾン東京」を作ろうと奮闘する姿を描く大人の青春ストーリーだ。

    また、Kis-My-Ft2玉森裕太(29)尾上菊之助(42)及川光博(49)沢村一樹(52)の出演も決定した。玉森はかつて尾花の部下として働き、現在は一流ホテルの料理長の平古祥平役。ジャニーズ事務所の先輩、木村とは初共演で「緊張と期待と素直にうれしいという気持ちです。木村さんとは現場に入ってからたくさんお話しする機会があると思うので、いろいろとアドバイスをいただきたいと思います」とコメントした。


    (おわり)

    【キスマイ玉森裕太、木村拓哉と日曜劇場「グランメゾン東京」で初共演へ】の続きを読む

    1: 2019/08/01(木) 16:27:42.76 ID:7CRjHxWp9
    8月1日から流れる江崎グリコ「プリッツ」の新CMで、10年ぶりにCM出演することがわかった、女優の一色紗英。その久々の登場に、ネット上は沸きに沸いている。

    「すでに42歳の彼女ですが、放送に先駆け公開されている動画を見ても、肌艶は変わっていない。むしろキュートさに大人の女性の艶が加わり、《キレイさと透明感がハンパない!》とSNS上では絶賛されていましたね」(夕刊紙記者)

    一色は1991年にデビュー後、「三井のリハウウス」や「ポカリスエット」のCMに登場したことで一躍人気者となり、清純派女優としてドラマにひっぱりだこになる一方、「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」(フジテレビ系)といったバラエティー番組に出演し、その天然ぶりでもファンを魅了。その後、ファッションブランドを立ち上げるなど活動の幅を広げる中、2002年、それまで交際を続けていた元モデルで実業家との結婚を発表。同年には第1子となる長女、04年に第2子次女、06年に第3子長男を出産し、現在はロサンゼルスでセレブ生活を送っているという。

    そんな彼女の若い頃は、芸能関係の男どもがハエのようにたかりまくっていたことは言うまでもないだろう。

    「中でも有名なのが、木村拓哉。一色は12年、『さんま&SMAP 美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)に登場した際、なんと16歳の時に『紗英が20歳になったら結婚しよう』と口説かれていたことを暴露しており、木村は慌てつつもそれを認めていましたね。当時の木村は20歳でまだブレイク目前でしたが、当時からキムタクをも惚れさせる魅了ぶりを持つ彼女は、やはり大したものです」(前出・夕刊紙記者)

    木村もどこかで後悔していたりして。

    http://dailynewsonline.jp/article/1946750/
    2019.08.01 09:58 アサ芸プラス

    【10年ぶりCM登場で美貌披露!一色紗英が暴露した木村拓哉に口説かれた過去】の続きを読む

    このページのトップヘ