タグ:暗殺教室

    • カテゴリ:

    【【嵐】相葉は暗殺教室が読みたいために二宮にジャンプをもらっている】の続きを読む

    1: Tangled ★@\(^o^)/ 2015/03/26(木) 15:15:35.46 ID:???*.net
     Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務める映画『暗殺教室』が、興行通信社が3月23日に発表した土日2日間(3月21日~22日)の全国映画動員ランキングで1位となり、注目を集めている。
    同作は『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気漫画を実写化したもので、地球を破壊する力を持つ謎の生物“殺せんせー”と、彼を暗殺することになった生徒たちによる学園生活を描いたアクションコメディーで、
    殺せんせーの声優を嵐の二宮和也が務めていることでも話題だ。

     シネマトゥデイによると、鑑賞動機(複数回答可)としては「キャストが好き」が38.1%を占め、客層の男女比は1対9と女性が圧倒的。
    年齢別では16~19歳が35.5%、13~15歳が22.4%と10代が半数以上を占めており、山田が10代女性から圧倒的な支持を得ていることが伺える。
    (参考:山田涼介主演『暗殺教室』が初登場1位!10代から圧倒的な支持!【映画週末興行成績】)

     いったいなぜ、山田は10代女性から人気があるのか。その理由をジャニーズの動向に詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏は次のように分析する。

    「山田さんがとくに若い女性から人気を集めているのは、たゆまぬ努力によって現在のポジションを獲得したという背景や、その甘いマスクに依るところも当然あるでしょう。
    しかし、それ以上に気になるポイントは、彼の持つ“女子力の高さ”です。
    先日、『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBSテレビ)に出演した際は、
    休日に仲良しメンバーの岡本圭人と一緒にカフェ巡りをする様子が特集されていたように、彼の趣味志向はいわゆる“リア充の女子”に近いものが
    あります。彼は手料理もしますし、可愛い雑貨やインテリアも大好きで、
    若い女性にとっては共感しやすい存在なのでしょう。
    SNSなどのコミュニケーションに慣れ、共感によってつながることが日常化しているような10代女性にとっては、彼のような男性がいわゆる“モテるタイプ”なのかもしれません」

     また、山田のそうした志向性は、演技やパフォーマンスにも良い影響を与えていると、同氏は続ける。

    「彼の女性的な美意識の高さは、たとえば今回の『暗殺教室』でも発揮されています。主人公となる潮田渚は、控えめな性格でクラスで目立たない
    存在なのですが、“暗殺”という特異な能力に関しては才能を発揮するというキャラクターで、
    その二面性が中性的なルックスとも相俟ってミステリアスな魅力を放っています。山田さんにとってはまさに当たり役で、彼はこの役を演じるためにより
    中性的なイメージになるよう、制服のウエストをしぼるなどの工夫をしたそうです。
    また、ライブパフォーマンスの際も、自分の一挙手一投足をどう見せるか、ということに極めて意識的で、それが彼の動きの美しさに繋がっているのでしょう。彼自身はすでに成人していますが、いまなおジャニーズの伝統的な
    アイドル像ーー若くて可愛らしい美少年ーーのイメージを保ち続けているのは、そうした美意識に依るところが大きいのではないでしょうか」

     まさに“女子力男子”といえる山田こそ、10代女性にとって理想のアイドルなのかもしれない。

    松下博夫
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150326-00010002-realsound-ent

    【 Hey! Say! JUMP・山田涼介の“女子力”はなぜ10代女性に支持される? 人気上昇の背景を読む】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)09:07:27 ID:jy8
    殺せんせー役やっぱりニノだったんだ?
    嬉しいけど、主演は山ちゃんだよってところが大事な気がするのは私だけ?

    【映画、暗殺教室に二宮和也が声の出演をしている事がわかりジャニオタ同士の内乱勃発】の続きを読む

    1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 07:05:39.25 ID:???0.net
    [映画.com ニュース] 「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が、松井優征氏の人気漫画を
    羽住英一郎監督が実写映画化する「暗殺教室」に主演することがわかった。瀧本智行監督作
    「グラスホッパー」(2015年秋公開)への出演が発表されたばかりの山田が、今作で主演デビューを果たす。

    「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で2012年から連載がスタートした原作は、約2年間で累計発行部数
    1000万部(既刊10巻)を突破した人気コメディ漫画。進学校・椚ヶ丘中学校の落ちこぼれクラス3年E組の
    生徒たちが、担任教師として現れたタコ型の超生物・殺せんせー(ころせんせー)の暗殺任務を国から
    託されるという奇想天外な設定が人気を呼んでいる。あの手この手で暗殺を試みる生徒たちは、
    超高速で回避しては生徒の教育と心の“お手入れ”を忘れない殺せんせーの姿に感化され、
    徐々にやる気を芽生えさせていく。

    山田が演じる主人公・潮田渚は、普段は控えめな性格で目立たないが、殺せんせーの弱点を
    ノートに書き留めるなど情報収集が得意という役どころ。原作を愛読していたそうで、
    「これをもし実写化する場合どうなるのか…と考えたことがあったのですが、無理だろうなあと
    思っていました。今回映画化されることにビックリしていたら、そこに自分も出演させていただけると聞いて、
    さらに驚きを隠せません」と心境を明かす。

    フジテレビの上原寿一プロデューサーは、山田の起用について「ミステリアスな魅力とともに
    チャーミングな笑顔を持ち合わせており、中学生役だが十分にやれると思った。羽住監督も
    衣装合わせのときに『大丈夫、いけるね!』とおっしゃっていた」と太鼓判を押す。それだけに、
    山田は「中心人物となる渚という殺しの才能を秘めた、女性のような男性の役をやらせて
    いただくと聞いて不安ではありますが、原作ファンの方にも、まだ原作を読んでいない方にも
    楽しんでもらえるよう、殺せんせーのもと、授業に臨んで頑張っていきたいです」と語り、
    意欲的にアクショントレーニングに励んでいる。

    全体の半分以上でアクションシーンが用意されているそうで、羽住監督は「原作に込められた
    大切なメッセージも含め、『暗殺教室』の魅力を余すことなくスクリーンで楽しめる
    エンタテインメント映画になるよう、スタッフ・キャストと共に全力で挑みます!」と熱を帯びた
    コメントを寄せている。

    また、副担任としてE組に赴任する防衛省臨時特務部所属の烏間惟臣に椎名桔平が扮し、
    だまし討ちが得意なE組の生徒・赤羽カルマを菅田将暉が演じる。ほか、生徒役として山本舞香
    (茅野カエデ役)、竹富聖花(中村莉桜役)、優希美青(神崎有希子役)、上原実矩
    (奥田愛美役)が出演することも発表された。

    なお現在、関東近郊の廃校になった小学校跡地にオープンセットを建設中。クランクインは
    8月31日で、セットでの合宿さながらの撮影を敢行し、10月中旬の撮了を予定。15年3月に全国で公開。

    (映画.com速報)

    http://eiga.com/news/20140827/1/
    実写版「暗殺教室」キャストが発表!(C)2015松井優征/集英社・映画「暗殺教室」製作委員会
    no title

    【Hey! Say! JUMP山田涼介、実写版「暗殺教室」で映画初主演!】の続きを読む

    このページのトップヘ