タグ:映画

    • カテゴリ:

    【【嵐】二宮「買って食べた?セブンイレブンのね、どうでした?泣きました?絶対泣いてないっすよね。映画観ても泣いてないっすよね。泣くんだ」】の続きを読む

    1: 2017/11/19(日) 07:48:56.99 ID:CAP_USER9
    キムタク、岡田准一、二宮和也……今年は何と20本「ジャニーズ映画」は惨敗続き
    11/19(日) 6:01配信
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/11190601/?all=1
    no title

    来年はW主演で巻き返せるか?

    ■ ヒットは「忍びの国」と「関ヶ原」

     100億円超え! の謳い文句だった、キムタク主演「無限の住人」(4月29日公開)は10億円にも届かず、
    クリント・イーストウッドにも認められた“演技派”二宮和也主演「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」(11月3日公開)は3位発進……どうした? ジャニーズ。
     ***
     昨年大晦日のSMAP解散から一夜明け、2017年のジャニーズの調子がおかしい。1月7日公開の年明け第1弾、Hey!  Say!  JUMPの中島裕翔主演「僕らのごはんは明日で待ってる」は初週トップ10にも入らず圏外スタートで始まった。
    ま、これは昨年、女優の吉田羊との7連泊愛の影響もあるかもしれないが、前述の通りキムタク、ニノをしても大ヒットには遠く及ばないのだ。

     映画評論家の北川れい子氏が言う。

    「ヒットしたと言えるのは、嵐の大野智主演『忍びの国』(7月1日公開)とV6の岡田准一主演『関ヶ原』(8月26日公開)くらいかしら。でも、『関ヶ原』は大作で、
    見ているのは歴史好きな中高年で、岡田クンが主役とは思えない作品でした。脂ののった役所広司に格の違いを見せつけられていましたからね。
    岡田くんの主演映画には『追憶』(5月6日公開)もありましたが、こちらも共演の小栗旬や柄本佑に喰われてパッとしませんでした。
    他には有村架純と嵐の松本潤が共演した『ナラタージュ』(10月7日公開)は話題になったのは有村のベッドシーン。広瀬すずと生田斗真の『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)も
    『ナラタージュ』同様、教師と生徒が出来ちゃう映画。人気女優の双璧を持ってくるあたりはさすがですが、どうして似たような映画をこんなに短期間に公開するんでしょうねえ」

    ■ ジャニーズのタガが緩んだ

     ジャニーズに所属するタレントの出演するジャニーズ映画はザッと見回しただけでも今年1年で20本以上! ふた月に3本以上が公開される計算で、ジャニーズ映画同士で喰い合っているのが低調の原因との声も上がっている。

    「ホントに多いですよ。なんだか、自分の所のタレントを代わりばんこに使って、ストーリーよりも主役を目立たせたいというものばかり。それにジャニーズはキムタクを筆頭に高齢化が進んでいるようにも見えます。
    もちろん若い子がいるのも知っていますけど、映画なら同じ20代でも菅田将暉(24)や松坂桃李(29)など
    ジャニーズではやらないようなヤバい役をやる役者の方が見応えがありますからね。そういった流れも低調な理由かもしれません」(北川氏)

     SMAP騒動後のジャニーズに変化が起こり始めているというのは、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)などの著書があるライターの矢野利裕氏だ。

    【【ジャニーズ映画】キムタク、岡田准一、二宮和也……今年は何と20本惨敗続き】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】相葉氏、100分ある映画を見て90分くらい泣く】の続きを読む

    1: 2017/09/07(木) 08:09:29.70 ID:CAP_USER9
    元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が、9月8日にジャニーズ事務所を退所する。
    そんななか、8月31日発売の「週刊文春」が、退所後の彼らの動向について報じた。

    「記事によると、3人の退所後は、育ての親である元SMAPマネージャー・I女史が、仕事の窓口を務める可能性が高そうです。
    そして年末を目処に、改めて3人が移籍する新事務所の態勢を整え、18年に始動する予定とのこと。
    しかし今後は、現役ジャニーズとの共演が難しくなることから、テレビ局も使いづらくなる。仕事が激減する可能性もありそうです」(芸能誌記者)

    また事務所残留を決めた中居は、バラエティ番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)が、4月からゴールデンに昇格したものの、視聴率が大苦戦。
    その結果、6月以降は月1放送、さらに8月に至っては1度もオンエアがなく、このまま打ち切りの噂も囁かれている。

    その一方で、木村拓哉はすでに新作映画の主演企画が進行しているという。

    「主演映画『無限の住人』が興収的につまずいてしまった木村ですが、
    先日撮影がクランクアップした『検察側の罪人』は、嵐・二宮和也と共演した話題性もあってヒットする可能性が高い。
    さらに8月31日発売の『週刊新潮』によると、すでに木村は次の映画主演が決まっており、10月から撮影がスタートするとのこと。
    その内容は、人気作家・東野圭吾氏のベストセラー小説『マスカレード・ホテル』を映画化したもので、
    脚本は人気ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の福田靖氏、そしてヒロインは長澤まさみという鉄壁の布陣ですから、コケることはまずないでしょう」(映画ライター)

    元SMAPの4人が厳しい道のりを歩む中、木村だけは来年以降、1人勝ちとなるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1352375/
    2017.09.06 18:14 アサジョ

    【木村拓哉に新作主演映画が決定!「元SMAP仕事減」で独り勝ち状態?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/07/11(火) 10:45:39.726 ID:lulki+gw0
    映画監督とかに嫌われてるの?

    【嵐の松潤ってめっちゃイケメンなのになんで映画とかあまり出ないの?】の続きを読む

    1: 2017/07/13(木) 12:44:31.30 ID:VgfNt1SjK
    no title

    no title

    【【HeySayJUMP】山田涼介主演の鋼の錬金術士のポスターが凄いと話題に】の続きを読む

    1: 2017/05/06(土) 17:10:45.45 ID:iNOaEukT0
    若手に出来るはず

    【ジャニーズJrが映画の主演出来るならAKBだってできるよな?】の続きを読む

    1: 2017/05/03(水) 05:02:50.90 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 5/3(水) 5:00

     元SMAPの木村拓哉(44)と嵐の二宮和也(33)が、映画「検察側の罪人」(監督原田眞人、来年公開)で初共演する。

     2人の検事が息詰まる攻防を繰り広げるミステリー。主演の木村は「二宮、他キャストのみなさんと撮影現場を思い切り楽しみたい」とクランクインを心待ち。大先輩との共演がついに実現した二宮は「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です」と興奮を抑えきれない様子だ。

     元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのも初めて。解散前のSMAPはほかのグループと距離を置く活動スタイルで、嵐との共演もNHK紅白歌合戦などの特別な場に限られていたためだ。しかし、解散騒動を経て事務所内のグループが一本化。作品企画が2人のイメージに合致したこともあって、今回の共演につながった。

     「検察側の罪人」は雫井脩介氏の同名小説が原作。木村演じる主人公は東京地検のエリート検事。その下に配属された若手検事を二宮が演じる。物語は、2人が担当する殺人事件を中心に展開。既に時効になった別の殺人事件で重要参考人になった男が容疑者として再浮上。この男を苛烈に取り調べる主人公と、その捜査に疑問を抱くようになる若手検事のそれぞれの正義がぶつかり合っていく様子を描く。

     7月に予定しているクランクインに向け、木村は「原田監督作品に参加できることに、とても興奮しています」とやる気満々。二宮も「原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」と気合が入っている。


    映画化される「検察側の罪人」
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170503-00000000-spnannex-000-2-view.jpg
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000000-spnannex-ent

    【【元SMAP×嵐】キムタク&二宮 映画「検察側の罪人」で初共演】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/03/20(月) 04:43:24.35 ID:CAP_USER9
    櫻井翔、4年ぶり単独主演!すず&福士と「化学反応起こす」
    2017.3.20 04:04

     嵐の櫻井翔(35)が来年公開の「ラプラスの魔女」で4年ぶりに映画単独主演することが19日、分かった。東野圭吾氏(59)のデビュー30周年記念小説が原作で、大学教授役に初挑戦。三池崇史監督(56)がメガホンを執り、共演者も広瀬すず(18)、福士蒼汰(23)と豪華な顔ぶれが並ぶ。櫻井は「“大きな化学反応”を起こしたい」と気合が入っている。

     “櫻井教授”が豪華キャスト&スタッフで2018年最大のヒットを目指す。

     原作は28万部を突破した人気作家、東野氏のデビュー30周年記念同名小説。原作権の獲得には5社程度が手を挙げるのが普通だが、同作は12社が参戦。競合の末、東宝が権利をゲットした人気ミステリーだ。

     櫻井が演じるのは、不可解な事件の調査を依頼される地球化学が専門の大学教授役。日本テレビ系「NEWS ZERO」で月曜キャスターを務める櫻井を見た製作サイドが「アカデミックなイメージが、役と親和性があった」と起用した。

     ハマリ役のきまじめな教授を熱演する櫻井は、2014年の「神様のカルテ2」以来、4年ぶりの映画単独主演。監督は海外でも評価の高い三池氏で、同監督とは09年の「ヤッターマン」以来、9年ぶりにタッグを組む。櫻井は「たくさんの“久しぶり”に胸が高鳴ります」と高揚感を隠せない。

     共演も若手実力派がそろった。自然現象を予言する女性役をすず、失踪中の青年役を福士が演じる。2人とは初共演になる櫻井は「みなさんと“大きな化学反応”を起こしたい」と相乗効果を期待。すずと福士も櫻井との共演に「どんな化学反応が起きるか楽しみ」と声をそろえる。

     キャスター経験から知識が豊富なことで知られる櫻井だが、初の大学教授役には「聞き慣れない言葉が多いので、戦々恐々しています」と苦笑。それでも「教壇に立ったときの景色は楽しみ」と教授ならではの特権を心待ちにする。

     撮影はすでにスタートし、4月下旬に撮了予定。櫻井が、日本中の観客も巻き込む“化学反応”を起こす。

    「ラプラスの魔女」

     地球化学の研究者である大学教授・青江(櫻井)は、連続して起きた2つの不審死の調査を警察から依頼される。青江は自然科学的見地から事件性を否定し、事件現場の地形や気象などを検証していく。そこに、次に起こる自然現象を言い当てる謎の女性・円華(すず)が現れる。なりゆきで円華と行動することになった青江は、円華が失踪した青年・甘粕(福士)を探していることを知る。


    「ラプラスの魔女」広瀬すず(撮影・端裕人)
    no title

    福士蒼汰
    no title

    三池崇史監督
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170320/joh17032004040001-n1.html

    【【嵐】櫻井翔、来年公開『ラプラスの魔女』で4年ぶり単独主演! すず&福士と「化学反応起こす」】の続きを読む

    1: 2017/02/18(土) 21:26:33.41 ID:CAP_USER9
    2017年2月16日 0時0分

     昨年末に解散した国民的グループ、SMAP。今回の解散騒動で世間から嫌われてしまったのがキムタクこと木村拓哉だ。解散によってもっとも損をしていることは間違いないが、実は彼の業界での人気は非常に高いことも事実だ。

     ドラマの現場でのキムタクも実は評判はいい。某ドラマで共演した俳優によると、キムタクはそのドラマのスタッフ約70名の名前をすべて覚えているという。多くのスタッフに声を掛けることで、連帯感を生みたいというのがキムタクの考えだ。映画の撮影現場初日には、300万円分の食材を撮影現場に持ち込み、スタッフ全員に鍋をふるまったという。

     「一般視聴者からは、なんとなく偉そうなイメージで見られることが多いキムタクですが、実際はまったく違う。すごく腰が低く気さくで、少し話せば男性でも女性でも、みんなファンになってしまう」(業界関係者)

     「嫌われモノ」「演技力が低い」など、今後の活動が心配になるキムタクだが、業界内には、「なんとかキムタクを盛り上げていこう」と陰ながら応援するスタッフも少なくないようだ。

     「もちろん、現状はキムタクにとって厳しい状況。しかし、彼の隠れファンは業界に少なくないため、すぐに仕事がなくなることはないでしょう」(同)

     まだまだキムタクの活躍は続きそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12679377/

    【【SMAP】キムタク、映画の撮影初日に300万円分の食材の鍋をスタッフ全員にふるまう】の続きを読む

    このページのトップヘ