タグ:映画

    2




    1: 2019/06/12(水) 11:02:12.84
    橋本の引退発表で芸能界、メンバー共に激震

    飛鳥覚醒し不動のセンターへ

    最大の功労者、西野卒業で再び乃木坂に激震

    桃子、山下という新世代の救世主と共に乃木坂はまだまだ昇っていく…!


    こんな感じだろうな

    【夏の乃木坂ドキュメンタリー映画ってこういう流れになるんだろうな】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2019/03/24(日) 17:30:42.32 ID:PQQeaBtC9
    関ジャニ∞の横山裕が映画「決算!忠臣蔵」に出演することが3月17日、発表された。このニュースに嵐・大野智ファンが落胆の悲鳴をあげている。

    同作は、東大教授・山本博文氏の著書『「忠臣蔵」の決算書』を実写化した時代劇エンターテインメント。赤穂藩藩主・浅野内匠頭の仇討ちをするため、予算をむりやり捻出する筆頭家老・大石内蔵助と節約に励む勘定方・矢頭長助らの大奮闘を描いている。堤真一、ナインティナイン・岡村隆史が関西弁で熱演、少々毛色の変わった忠臣蔵となる。

    横山の役は、赤穂浪士・不破数右衛門。凄腕の剣豪ながら浅野家から暇を出され浪人となるも、藩主・浅野内匠頭の切腹を聞くや、お家のためとはせ参じ、赤穂浪士に志願する熱血漢の設定。横山は1999年放送のテレビドラマ「赤穂浪士」(テレビ東京系)で大石主税を演じて以来、20年ぶりの忠臣蔵作品の出演となった。

    横山は、「初めて本格的な殺陣に挑戦したのですが、自分自身出来上がりが楽しみです。豪華なキャストの化学反応を是非とも楽しみにしていただければと思います」と大いに意気込んでいる。

    「大野ファンの悲しみは深いですよ。というのも、脚本・監督を担当したのが、中村義洋監督。ホラー映画から時代劇、コメディーまで幅広くこなす作風で知られており、11年公開の大野の主演映画『映画 怪物くん』の監督としておなじみです。そして、この作品で大野を気に入ったことから、17年公開の時代劇映画『忍びの国』の主役に起用して、『忍びの国』は各地で応援上映が続く大ロングランとなり、25億円突破の興行収入をあげる大ヒット作になりました。監督はお気に入りの役者を重用、『決算!忠臣蔵』でも『忍びの国』で大野の妻を演じた石原さとみの起用がいち早く発表されていたこともあって、大野ファンは久々の映画出演決定の朗報を心待ちにしていたんです。ところが、フタを開けてみれば、横山に決定。おまけに大野をベタボメしていた監督が、これ以上ないくらい横山を絶賛しまくるコメントをしており、“大野と監督の再タッグはありえない”と、二重にショックを受けているんです」(ジャニーズウオッチャー)

    大野起用となれば、「映画 怪物くん」で共演し、以来、公私ともに仲のいいダチョウ倶楽部・上島竜兵と久々の顔合わせとなっていた。大野は、ソロ活動がないままに、2020年12月31日のラストデイを迎えてしまうのだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16207892/
    2019年3月24日 9時59分 アサ芸プラス

    【嵐・大野、関ジャニ横山出演映画から「まさかのオファー無し」にファン悲鳴!】の続きを読む

    1: 2019/02/26(火) 10:12:01.68 0
    【2019年度 判明分】
    *65.6 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2/11時点)
    *40.4 マスカレード・ホテル(2/24時点)
    *39.0 ドラゴンボール超 ブ口リー(2/4時点)
    *37.7 シュガー・ラッシュ:オンライン(2/10時点)
    *17.8 七つの会議(2/24時点)
    *15.5 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(2/24時点)
    *15.* 劇場版 Fate / stay night [Heaven's Feel] II. lost butterfly(2/19時点)
    *14.3 十二人の死にたい子どもたち(2/24時点)
    *13.9 アリー/スター誕生(1/27時点)
    *12.7 アクアマン(2/24時点)
    *12.4 グリンチ(1/13時点)
    *12.1 映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS(2/3時点)
    *10.3 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(1/27時点)
    *10.1 劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ(2/24時点)

    【キムタクさん、人気が復活し映画の興行収入が40億円突破してしまう】の続きを読む

    1: 2019/02/21(木) 05:09:35.10 ID:Y9+Do0e09
    2019年02月21日
    かぐや様は告らせたい:人気ラブコメマンガが実写映画化 キンプリ平野紫耀が白銀、橋本環奈がかぐやに

     マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で赤坂アカさんが連載中の人気ラブコメマンガ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」が実写映画化され、人気グループ「King&Prince」(キンプリ)の平野紫耀(しょう)さんが主演を務め、
    女優の橋本環奈さんが出演することが21日、明らかになった。

     原作は秀才が集う秀知院学園が舞台で、平野さんが天才生徒会長の白銀御行(しろがね・みゆき)、橋本さんが生徒会副会長で大財閥の令嬢であり文武両道の美少女、四宮かぐやをそれぞれ演じる。平野さんと橋本さんは、今回が初共演。9月6日に公開。

     「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」は、マンガ誌「ミラクルジャンプ」(同)で2015年6月号~16年2月号に連載された後、「週刊ヤングジャンプ」に移籍した人気ラブコメマンガ。
    コミックスの累計発行部数は450万部を突破しており、テレビアニメも放送中。秀才が集う秀知院学園を舞台に、プライドが高く「自分から告白したら負け」と互いに考えている生徒会長の白銀御行と副会長の四宮かぐやが、
    いかに相手に告白させるかに知略を巡らせる姿を描く。

     実写映画は、「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」(17年)、「ニセコイ」(18年)などの河合勇人監督がメガホンをとり、連続ドラマ「グッド・ドクター」などの徳永友一さんが脚本を手がける。

     平野さん、橋本さん、原作者の赤坂さんのコメントは以下の通り。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    実写映画化される「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」で主演を務める平野紫耀さん(左)と共演の橋本環奈さん
    no title

    no title


    https://mantan-web.jp/article/20190220dog00m200066000c.html

    【かぐや様は告らせたいが実写映画化!キンプリ平野紫耀が白銀、橋本環奈がかぐやに】の続きを読む

    1: 2019/02/14(木) 09:00:05.74 ID:i7IHS5VF9
    2月9日?10日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、元SMAPで俳優の木村拓哉が主演する「マスカレード・ホテル」が3位に入り、累計動員が262万人、興行収入は33億円を突破した。

    好調な興行収入をあげた原動力となったのが木村の奮闘。公開初日舞台あいさつなどのイベントのみならず、積極的にテレビ番組に出演して映画をPRしまくった。

    「昨年の主演映画『検察側の罪人』でかなりのヒットを狙っていたが、興収は29・6億円。同作のプロモーションの時点で、以前では考えられなかったような数多くの番宣をこなした。
    しかし、今回は同作の興収を上回るべく、さらに番宣を強化。その結果、すでに『検察側』を超える興収を記録した」(映画業界関係者)

    そんな木村に比べ、プロモーションの稼働が少なかったのがヒロイン役で出演している長澤まさみ。

    発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、木村が出演していた番組の収録は昨年末に行われたというが、長澤は11月末から大みそかまで舞台に出演していたことから、スケジュールの都合を理由に収録に参加せず。

    しかし実情は、昨年、長澤を担当していた敏腕マネジャーが事務所を退社してしまったため、長澤をコントロールできるスタッフがほとんどいない状態なのだとか。

    そのため、積極的に番宣をこなすように長澤に物申すことができなかったのも、稼働が少なかった理由だというのだ。
    「今や事務所の稼ぎ頭なので、ヘソを曲げられては困る、というのが事務所の意向かと思われるが、キムタクの頑張りがあったのだから、もう少し稼働すべきだった」(芸能プロ関係者)

    ちなみに、ヒットを受け同作の続編製作が浮上しているという。

    http://dailynewsonline.jp/article/1691544/
    2019.02.14 06:00 リアルライブ

    【長澤まさみ、キムタク主演映画のプロモーションにあまり参加しなかった理由は】の続きを読む

    1: 2018/11/16(金) 07:13:45.39 ID:CAP_USER9
    2018/11/16 06:00
    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

    映画『映画 少年たち』が2019年3月29日から全国公開される。

    ジャニー喜多川が製作総指揮を務める同作は、1969年に初演された舞台『少年たち』の映画版。
    心に深い傷を持ち、それぞれの事情を抱えて少年刑務所に収監された少年たちは、赤房、青房、黒房の各チームで徒党を組んで喧嘩を繰り返していたが、冷酷な看守長が赴任してきたことをきっかけにある事件が起こるというあらすじだ。
    これまでにKis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTらのメンバーがジャニーズJr.時代に出演してきた。

    中心となる少年役に、ジャニーズJr.のグループSixTONESのジェシー、京本大我、高地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹、
    Snow Manの岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、関西ジャニーズJr.のグループなにわ男子の西畑大吾、関西ジャニーズJr.の向井康二、正門良規、小島健、室龍太がキャスティング。

    また看守役を関ジャニ∞の横山裕、児童相談施設の後見人役を戸塚祥太(A.B.C-Z)が演じるほか、
    宮近海斗(Travis Japan、ジャニーズJr.)、大西流星(なにわ男子、関西ジャニーズJr.)、嶋崎斗亜(関西ジャニーズJr.)、中村嶺亜(7MEN侍、ジャニーズJr.)、川崎皇輝(5忍者、ジャニーズJr.)、HiHi Jets、東京B少年、7MEN侍、5忍者、ジャニーズJr.SP、なにわ男子、関西ジャニーズJr.らも出演する。

    メガホンを取ったのは『超高速!参勤交代』シリーズや『空飛ぶタイヤ』の本木克英。
    撮影は2月と7月に、明治期に建設された「五大監獄」の1つで重要文化財である奈良・旧奈良監獄を中心に奈良、大阪、京都、東京、栃木で行なわれた。
    映画の冒頭8分間にはダンスシーンがあるという。現在ポストプロダクション中。

    ・ジェシー(SixTONES、ジャニーズJr.)のコメント

    初めましてSixTONESのジェシーです! 先輩たちから受け継いだこの伝統ある舞台を2015年から4年間、東京ではSnow Man、SixTONESで、大阪では関西ジャニーズJr.が演じてきました。映画化は夢にも思っていませんでしたので、喜びとともに、正直驚きが大きかったです!!それぞれの事情で刑務所に入った少年たちの友情 希望 平和 夢をテーマにした作品で、歌や踊りのシーンもあります。
    髪型も人生初の短髪なのでそこも観てください!!笑
    奈良の少年刑務所での撮影は、冬の寒い時期と夏の暑い時期に行いました。大変でしたが、滅多に入れない場所での撮影でしたので貴重な体験となりました。

    ・京本大我(SixTONES、ジャニーズJr.)のコメント

    僕は新入り役として、「少年たち」の舞台に4年間出演させて頂いていますが、まさか映画でも新入り役を演じることが出来るとは、未だに夢のようです。舞台版とは異なるストーリーではありますが、映画ならではの繊細で迫力のある作品になると思います。また、実際に使われていた奈良の少年刑務所で撮影させて頂き、自然と役に入り込める環境の中、本当に貴重な経験をさせて頂きました。ジャニーさんの「少年たち」への想いを胸に突っ走る僕達を、是非、スクリーンでお楽しみください。

    ・高地優吾(SixTONES、ジャニーズJr.)のコメント

    半世紀前からあるジャニーズの伝統ある舞台を映像でジャニーズの歴史に残せる、自分がその作品に携われたことが一番嬉しいです。作品は、実際に使用されていた奈良の少年刑務所での撮影や、少年の行き場のない葛藤をダンスで表現したりなど、ロケ地の雰囲気やダンスなど見所がたくさんあります。また、舞台では表現できない映像での演出も映画ならではの良さだと思いました。
    今までとは違った新しい「少年たち」になると思うので、完成がとても楽しみです。

    (中略、>>2以降につづく)


    『映画 少年たち』場面特写 c映画「少年たち」製作委員会
    no title

    https://www.cinra.net/news/20181116-shonentachi

    【ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/08(月) 19:44:19.08 ID:CAP_USER9
    9月29日?30日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、3位にV6の岡田准一の主演映画「散り椿」が入った。

    同作は名カメラマンの木村大作氏が映画監督第3作として手がけた時代劇だ。同28日から全国342スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万2000人、興収1億0800万円を記録したのだが…。

    「ターゲット層はシニア世代の作品ですが、ほかにターゲット層がかぶる作品もなく、もっと動員できると思っていました。
    正直、岡田の主演作としてはかなり物足りない数字です」(映画業界関係者)

    ここ数年の岡田の主演作では「永遠の0」(13年)が興収87・6億円、「蜩ノ記」(14年)が11・2億円、「海賊とよばれた男」(16年)が23・7億円、
    「関ヶ原」(17年)が24・0億円をそれぞれ記録。これらの作品で数々の映画賞を受賞していた。

    「今や映画業界では『侍や軍人は岡田に頼めば鉄板』と言われている。そんな期待に応えるべく、岡田はフィジカルトレーニング、
    映画の撮影に必要な殺陣の鍛錬などを欠かさない。しかし、今作でややその評判がダウンしてしまった」(同前)

    昨年12月に結婚した妻で女優の宮崎あおいが第1子の出産を控える岡田。

    宮崎との新居として、岡田は都内に5億円の豪邸を建てたことも報じられている。

    「もともと、岡田は宮崎との不倫交際からスタート。事務所としてもそのイメージをなんとか打ち消したいが、ここに来て“ファン離れ”が起こり映画の動員に響いたのかもしれない」(芸能記者)

    初のホラー作品となる主演作「来る」(12月7日公開予定)の公開を控えた岡田だが、とりあえず、「散り椿」の動員が気になって仕方ないはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536185/
    2018.10.08 18:40 リアルライブ

    【【V6】岡田准一、新作主演映画が期待はずれ? 「侍や軍人を任せれば間違いない」と評判も】の続きを読む

    1: 2018/09/03(月) 12:44:42.30 ID:CAP_USER9
     山下智久が主演する『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が、7月27日~9月2日までの38日間成績(興行通信社調べ)で動員:649万3518人、興収:83億2830万2500円を記録。2018年夏興行No.1となり、出演者を代表して山下がよろこびのコメントを寄せた。

    【山下智久コメント】
     『コード・ブルー』が、これだけ多くの方に愛される作品になったことにびっくりしています。嬉しい気持ちはもちろんありますが、スタッフ、キャストみんなで力を合わせて10年間築き上げてきたものが、こうしてたくさんのファンの方に育ててもらえていることへの感謝と幸せの気持ちの方が大きいです。本当にありがとうございます。
     幅広い年齢の方に映画を観ていただけていると聞いて、『コード・ブルー』が「人の心」という、誰もが持っている大切なものにずっと寄り添ってきたことが、どの世代の方も共感できる魅力なのかなと思っています。
     9月もまだまだ上映が続きますので、劇場に足を運んで『コード・ブルー』を愛していただけたら嬉しいです!

    ■『コード・ブルー』劇場版までの流れ
    『コード・ブルー』は、2008年7月期の連続ドラマ『~ 1st season』の放送に続き、翌年にスペシャルドラマ、さらに2010年1月期に『~ 2nd season』が放送され、それぞれ高視聴率を記録。この時点で固定ファンのいる人気シリーズになっていた。
    そのあと7年を経て、『~ 3rd season』が2017年7月期に月9枠で放送され、二桁ドラマが少ないなか平均視聴率14.6%を獲得。過去のシーズンを観ていない、新たなファンも多く獲得していた。

     そして、いよいよ映画化。今作は、劇場には若年層の女性の姿が多く、『~ 3rd season』の視聴者がメインの観客層になっているようだが、それに過去シーズンからのファンも加わり、幅広い層の動員に成功している。
    映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「もともと人気の高いドラマだったが、映画ではテレビから10年が経ち、登場人物たちが年齢を重ねて成長していく姿が描かれている。
    この長いスパンの連続性のなかで、ファンの関心の度合いも増したと思う。結果として、過去のドラマ放送直後ではなく、時間を空けて映画化したことが功を奏したと言えるでしょう」と分析。

     また、作品の内容としても、“医療ドラマ”という点が、ヒット要因としては大きいようだ。大高氏は「『ドクターX』を筆頭に、医療ドラマは他ジャンルと比べて根強い人気がある。
    それに加えて、ドクターヘリが登場する『コード・ブルー』にはヘリに伴うスケール感が生まれ、医療ジャンルの幅が膨らんだ。その新局面が、医療現場や仲間意識などを描く感動的な側面とうまくミックスされ、新しい医療ドラマにつながった」と高く評価していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180903-00000326-oriconbiz-ent

    【 『劇場版コード・ブルー』興収83億円突破、夏興行No.1 山下智久からよろこびのコメント到着】の続きを読む

    1: 2018/08/16(木) 09:52:45.80 ID:CAP_USER9
    主演を木村拓哉がつとめ、長澤まさみと初共演を果たす映画「マスカレード・ホテル」(2019年1月18日公開)の最新映像、ティザービジュアルが16日、解禁された。

    木村拓哉「新HERO」誕生 ホテルマン姿初公開
    原作は、シリーズ累計300万部を突破した東野圭吾作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。
    作品の舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。
    次々と現れる素性の知れない宿泊客を疑い、その“仮面(=マスカレード)”を剥がそうとする警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村)とお客様を信じ、その“仮面”を守ろうとするホテルマン・山岸尚美(長澤)という全くの正反対、水と油の異色のバディが屈指の難事件に挑む。

    検事、総理大臣、天才外科医など数々の職業を演じてきた木村にとって、刑事役は初。
    東野氏の傑作ミステリーである「ガリレオ」湯川学、「新参者」加賀恭一郎に続く「新HERO」潜入捜査官・新田浩が誕生する。

    今回、木村のホテルマン姿を初公開。
    解禁された映像には、潜入捜査先のホテルマンとして怪しげに周囲を見渡す新田の姿、そしてパニックに陥る高級ホテルのロビーや、難事件を予感させる謎の数字の羅列などが映し出されている。

    http://mdpr.jp/cinema/detail/1786268

    映画「マスカレード・ホテル」ティザービジュアル
    no title


    「マスカレード・ホテル」特報
    https://www.youtube.com/watch?v=owKgq7ozvMA


    【【キムタク】木村拓哉「新HERO」誕生 ホテルマン姿初公開 長澤まさみ共演『マスカレード・ホテル』ビジュアル解禁】の続きを読む

    このページのトップヘ