タグ:映画

    • カテゴリ:
    1: 2017/07/11(火) 10:45:39.726 ID:lulki+gw0
    映画監督とかに嫌われてるの?

    【嵐の松潤ってめっちゃイケメンなのになんで映画とかあまり出ないの?】の続きを読む

    1: 2017/07/13(木) 12:44:31.30 ID:VgfNt1SjK
    no title

    no title

    【【HeySayJUMP】山田涼介主演の鋼の錬金術士のポスターが凄いと話題に】の続きを読む

    1: 2017/05/06(土) 17:10:45.45 ID:iNOaEukT0
    若手に出来るはず

    【ジャニーズJrが映画の主演出来るならAKBだってできるよな?】の続きを読む

    1: 2017/05/03(水) 05:02:50.90 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 5/3(水) 5:00

     元SMAPの木村拓哉(44)と嵐の二宮和也(33)が、映画「検察側の罪人」(監督原田眞人、来年公開)で初共演する。

     2人の検事が息詰まる攻防を繰り広げるミステリー。主演の木村は「二宮、他キャストのみなさんと撮影現場を思い切り楽しみたい」とクランクインを心待ち。大先輩との共演がついに実現した二宮は「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です」と興奮を抑えきれない様子だ。

     元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのも初めて。解散前のSMAPはほかのグループと距離を置く活動スタイルで、嵐との共演もNHK紅白歌合戦などの特別な場に限られていたためだ。しかし、解散騒動を経て事務所内のグループが一本化。作品企画が2人のイメージに合致したこともあって、今回の共演につながった。

     「検察側の罪人」は雫井脩介氏の同名小説が原作。木村演じる主人公は東京地検のエリート検事。その下に配属された若手検事を二宮が演じる。物語は、2人が担当する殺人事件を中心に展開。既に時効になった別の殺人事件で重要参考人になった男が容疑者として再浮上。この男を苛烈に取り調べる主人公と、その捜査に疑問を抱くようになる若手検事のそれぞれの正義がぶつかり合っていく様子を描く。

     7月に予定しているクランクインに向け、木村は「原田監督作品に参加できることに、とても興奮しています」とやる気満々。二宮も「原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」と気合が入っている。


    映画化される「検察側の罪人」
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170503-00000000-spnannex-000-2-view.jpg
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000000-spnannex-ent

    【【元SMAP×嵐】キムタク&二宮 映画「検察側の罪人」で初共演】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/03/20(月) 04:43:24.35 ID:CAP_USER9
    櫻井翔、4年ぶり単独主演!すず&福士と「化学反応起こす」
    2017.3.20 04:04

     嵐の櫻井翔(35)が来年公開の「ラプラスの魔女」で4年ぶりに映画単独主演することが19日、分かった。東野圭吾氏(59)のデビュー30周年記念小説が原作で、大学教授役に初挑戦。三池崇史監督(56)がメガホンを執り、共演者も広瀬すず(18)、福士蒼汰(23)と豪華な顔ぶれが並ぶ。櫻井は「“大きな化学反応”を起こしたい」と気合が入っている。

     “櫻井教授”が豪華キャスト&スタッフで2018年最大のヒットを目指す。

     原作は28万部を突破した人気作家、東野氏のデビュー30周年記念同名小説。原作権の獲得には5社程度が手を挙げるのが普通だが、同作は12社が参戦。競合の末、東宝が権利をゲットした人気ミステリーだ。

     櫻井が演じるのは、不可解な事件の調査を依頼される地球化学が専門の大学教授役。日本テレビ系「NEWS ZERO」で月曜キャスターを務める櫻井を見た製作サイドが「アカデミックなイメージが、役と親和性があった」と起用した。

     ハマリ役のきまじめな教授を熱演する櫻井は、2014年の「神様のカルテ2」以来、4年ぶりの映画単独主演。監督は海外でも評価の高い三池氏で、同監督とは09年の「ヤッターマン」以来、9年ぶりにタッグを組む。櫻井は「たくさんの“久しぶり”に胸が高鳴ります」と高揚感を隠せない。

     共演も若手実力派がそろった。自然現象を予言する女性役をすず、失踪中の青年役を福士が演じる。2人とは初共演になる櫻井は「みなさんと“大きな化学反応”を起こしたい」と相乗効果を期待。すずと福士も櫻井との共演に「どんな化学反応が起きるか楽しみ」と声をそろえる。

     キャスター経験から知識が豊富なことで知られる櫻井だが、初の大学教授役には「聞き慣れない言葉が多いので、戦々恐々しています」と苦笑。それでも「教壇に立ったときの景色は楽しみ」と教授ならではの特権を心待ちにする。

     撮影はすでにスタートし、4月下旬に撮了予定。櫻井が、日本中の観客も巻き込む“化学反応”を起こす。

    「ラプラスの魔女」

     地球化学の研究者である大学教授・青江(櫻井)は、連続して起きた2つの不審死の調査を警察から依頼される。青江は自然科学的見地から事件性を否定し、事件現場の地形や気象などを検証していく。そこに、次に起こる自然現象を言い当てる謎の女性・円華(すず)が現れる。なりゆきで円華と行動することになった青江は、円華が失踪した青年・甘粕(福士)を探していることを知る。


    「ラプラスの魔女」広瀬すず(撮影・端裕人)
    no title

    福士蒼汰
    no title

    三池崇史監督
    no title

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170320/joh17032004040001-n1.html

    【【嵐】櫻井翔、来年公開『ラプラスの魔女』で4年ぶり単独主演! すず&福士と「化学反応起こす」】の続きを読む

    1: 2017/02/18(土) 21:26:33.41 ID:CAP_USER9
    2017年2月16日 0時0分

     昨年末に解散した国民的グループ、SMAP。今回の解散騒動で世間から嫌われてしまったのがキムタクこと木村拓哉だ。解散によってもっとも損をしていることは間違いないが、実は彼の業界での人気は非常に高いことも事実だ。

     ドラマの現場でのキムタクも実は評判はいい。某ドラマで共演した俳優によると、キムタクはそのドラマのスタッフ約70名の名前をすべて覚えているという。多くのスタッフに声を掛けることで、連帯感を生みたいというのがキムタクの考えだ。映画の撮影現場初日には、300万円分の食材を撮影現場に持ち込み、スタッフ全員に鍋をふるまったという。

     「一般視聴者からは、なんとなく偉そうなイメージで見られることが多いキムタクですが、実際はまったく違う。すごく腰が低く気さくで、少し話せば男性でも女性でも、みんなファンになってしまう」(業界関係者)

     「嫌われモノ」「演技力が低い」など、今後の活動が心配になるキムタクだが、業界内には、「なんとかキムタクを盛り上げていこう」と陰ながら応援するスタッフも少なくないようだ。

     「もちろん、現状はキムタクにとって厳しい状況。しかし、彼の隠れファンは業界に少なくないため、すぐに仕事がなくなることはないでしょう」(同)

     まだまだキムタクの活躍は続きそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12679377/

    【【SMAP】キムタク、映画の撮影初日に300万円分の食材の鍋をスタッフ全員にふるまう】の続きを読む

    1: 2017/01/18(水) 05:17:38.33 ID:CAP_USER9
    関ジャニ∞丸山隆平、“元泥棒”役で映画単独初主演 『とと姉』脚本家とタッグ
    2017-01-18 05:00

     人気グループ・関ジャニ∞の丸山隆平(33)が、『泥棒役者』(11月公開)で映画単独初主演を飾ることが16日、わかった。監督を務めるのは、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の脚本を手がけた西田征史氏。
    舞台で丸山の演技に惚れ込んだ西田監督が熱いオファーを続け、映画でのタッグが実現。劇中では1人で4役

     西田監督が2006 年に作・演出した舞台を自ら映画化。丸山とは2012年の舞台『BOB』で出会い、「稽古時間やプライベートで一緒に時を過ごすなか、バラエティーで見て一方的に抱いていた印象はただの一面でしかなかったことに気付かされ、魅力をもっと引き出してみたい」と思い、今回主演をオファーした。

     丸山が演じるのは、“元泥棒”という経歴をもつ29歳の大貫はじめ。過去を秘密にして溶接工員としてまじめに働き、恋人とささやかながら幸せな生活を送っていたある日、とんでもない騒動に巻き込まれてしまう。
    とある豪邸で出会う人から「豪邸の主人」「売れっ子絵本作家」「編集者」と間違われ、「泥棒」であることを隠すためにその“役”を必死に演じていくのだが…。

     劇中では泥棒、豪邸の主人など1人で4役の演じ分けに挑戦。「気になるタイトルですよねぇ~~」と期待を寄せた丸山は、「西田さんの手がける脚本はどれもサプライズ的なマジックが隠されていて、とても普遍的でヒトの体温を感じるんです」と魅力を熱弁。
    「今回の物語に出てくる登場人物たちも、クセはあるのだけれど、どこか憎めない魅力的な人たちばかりです。そんな登場人物たちを相手に、時に騙したり、騙されたり、惑わされたり、踊らされたりしながら、全てのエネルギーを込めて、スクリーンの中で暴れさせていければと企んでおります」と意気込んでいる。


    ・関ジャニ∞丸山隆平が主演する映画『泥棒役者』でメガホンをとる西田征史監督
    no title

    http://www.oricon.co.jp/news/2084603/full/

    【【関ジャニ∞】丸山隆平、“元泥棒”役で単独初主演 『とと姉』脚本家とタッグ】の続きを読む

    1: 2016/12/12(月) 11:21:38.18 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 12/12(月) 11:07配信

     10日にフジテレビ系で地上波初放送されたSMAPの木村拓哉(44)主演の映画
    「HERO」(土曜・後9時)の平均視聴率が13・3%の高い数字を記録したことが
    12日分かった。

     木村が型破りの検事・久利生公平を演じる人気ドラマの映画化第2弾。松たか子(39)、
    北川景子(30)、佐藤浩市(56)ら豪華共演陣を迎え、2015年7月に劇場公開。
    興収46億7000万円のヒットを記録している。
    (数字はいずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000155-sph-ent

    【【SMAP】キムタク主演、映画「HERO」地上波初放送で視聴率13・3%】の続きを読む

    1: 2016/11/16(水) 14:53:45.40 ID:CAP_USER9
    21の国と地域で累計7000万部以上の発行部数を記録する荒川弘の同名マンガを、「ピンポン」で知られる曽利文彦が実写映画化した本作。
    幼い頃に母親を亡くした兄エドワードと弟アルフォンスの波乱に満ちた冒険を描く。
    エドワードを山田が演じ、そのほかのキャストには本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、本郷奏多、蓮佛美沙子、佐藤隆太、
    夏菜、大泉洋、小日向文世らが名を連ねる。

    特報には、エドワードやフルCGで制作されたアルフォンスの姿が。
    さらに錬金術によって生み出された何かがエドワードに襲いかかる場面も映し出される。

    「鋼の錬金術師」は2017年冬に全国でロードショー

    時は来た
    http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/

    【【HeySayJUMP】山田涼介主演「鋼の錬金術師」映像初解禁!】の続きを読む

    1: 2016/11/07(月) 19:55:36.36 ID:CAP_USER9
    来年4月に公開予定の、SMAP・木村拓哉主演映画『無限の住人』のビジュアルが、6日に公開されたのだが、木村は、SMAP解散騒動が勃発して以来、
    人気が急落してしまっているため、ネット上では「絶対、見ない」「惨敗するのでは?」などといった否定的な声ばかりが飛び交ってしまっている。

    映画『無限の住人』は、江戸時代を舞台にした同名の人気コミックが原作で、木村が演じるのは、不老不死の肉体を持つ男・万次(まんじ)役。
    “百人斬り”の異名を持ち、無敵ともいえる凄腕を見込まれ、杉咲花が演じる少女・浅野凜の用心棒として雇われるのだが、
    木村といえば、今年1月にSMAP解散危機が報じられた際、他のメンバーが独立を画策する中、ただ1人、ジャニーズ事務所残留を表明し、
    「裏切り者」と批判されていたため、ネット上では「SMAPを守れなかったのに、無敵の用心棒役をやるの?」
    「杉咲花よりもSMAPを守ってよ」などと揶揄する声が寄せられてしまっている。

    「ジャニーズ事務所の内紛により、退所することを決めた、育ての親であるマネジャーと共に独立することを画策していたSMAPメンバーの中で、木村だけが事務所残留を表明。
    そのため、今年1月、SMAP解散危機騒動が広まった際には、“裏切り者”のイメージが付き、その人気は一気に急下降してしまいました。
    同月に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で木村は、『これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、皆さんよろしくお願いいたします』と、
    グループ存続に期待を持たせるようなコメントをしていたものの、結局は年内で解散ということになってしまっただけに、今回の用心棒役に関しては、
    『お世話になったマネジャーや他のメンバーを見放したのに?』『SMAPをジャニーズの経営者一族から守れなかったのに?』などと揶揄する声ばかりが目立っています」(芸能関係者)

    また、原作に忠実な、生々しい刀傷が刻まれ、独眼という、中々にショッキングなビジュアルに関しては、
    「劣化隠しにはもってこい?」「解散騒動で憔悴しきった顔を隠すため?」などと指摘する声も少なくない。

    「日本全国を巻き込んだSMAP解散騒動は、他のメンバー同様、木村に与えた影響も多大だったようで、9月中旬頃、
    中国人フォトグラファー・チン・インヒが自身のインスタグラムにアップした画像では、木村の顔がげっそりと痩せたように見えていたため、
    『ストレスで激ヤセ?』『劣化?』などとネット上をざわつかせていました。また、ビジュアル解禁と同時に、木村が殺陣を披露するシーンも公開されたのですが、
    2006年に公開された映画『武士の一分』で披露した時よりも、『キレがなくなった気がする』と指摘され、体調面を心配する声も寄せられてしまっているようです」(同)

    『無限の住人』には、木村と対峙する悪役として、福士蒼汰が出演しているのだが、「福士の方が、原作の万次のビジュアルに近くないか?」
    「福士を主役にした方が集客力あるのでは?」などといった声もささやかれてしまっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1224151/
    2016.11.07 19:00 おたぽる

    【木村拓哉、“無敵の用心棒”役に「SMAPを守れなかったのに?」 ビジュアルには「劣化隠し」の声も】の続きを読む

    このページのトップヘ