タグ:映画

    1: 2018/11/16(金) 07:13:45.39 ID:CAP_USER9
    2018/11/16 06:00
    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

    映画『映画 少年たち』が2019年3月29日から全国公開される。

    ジャニー喜多川が製作総指揮を務める同作は、1969年に初演された舞台『少年たち』の映画版。
    心に深い傷を持ち、それぞれの事情を抱えて少年刑務所に収監された少年たちは、赤房、青房、黒房の各チームで徒党を組んで喧嘩を繰り返していたが、冷酷な看守長が赴任してきたことをきっかけにある事件が起こるというあらすじだ。
    これまでにKis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTらのメンバーがジャニーズJr.時代に出演してきた。

    中心となる少年役に、ジャニーズJr.のグループSixTONESのジェシー、京本大我、高地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹、
    Snow Manの岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、関西ジャニーズJr.のグループなにわ男子の西畑大吾、関西ジャニーズJr.の向井康二、正門良規、小島健、室龍太がキャスティング。

    また看守役を関ジャニ∞の横山裕、児童相談施設の後見人役を戸塚祥太(A.B.C-Z)が演じるほか、
    宮近海斗(Travis Japan、ジャニーズJr.)、大西流星(なにわ男子、関西ジャニーズJr.)、嶋崎斗亜(関西ジャニーズJr.)、中村嶺亜(7MEN侍、ジャニーズJr.)、川崎皇輝(5忍者、ジャニーズJr.)、HiHi Jets、東京B少年、7MEN侍、5忍者、ジャニーズJr.SP、なにわ男子、関西ジャニーズJr.らも出演する。

    メガホンを取ったのは『超高速!参勤交代』シリーズや『空飛ぶタイヤ』の本木克英。
    撮影は2月と7月に、明治期に建設された「五大監獄」の1つで重要文化財である奈良・旧奈良監獄を中心に奈良、大阪、京都、東京、栃木で行なわれた。
    映画の冒頭8分間にはダンスシーンがあるという。現在ポストプロダクション中。

    ・ジェシー(SixTONES、ジャニーズJr.)のコメント

    初めましてSixTONESのジェシーです! 先輩たちから受け継いだこの伝統ある舞台を2015年から4年間、東京ではSnow Man、SixTONESで、大阪では関西ジャニーズJr.が演じてきました。映画化は夢にも思っていませんでしたので、喜びとともに、正直驚きが大きかったです!!それぞれの事情で刑務所に入った少年たちの友情 希望 平和 夢をテーマにした作品で、歌や踊りのシーンもあります。
    髪型も人生初の短髪なのでそこも観てください!!笑
    奈良の少年刑務所での撮影は、冬の寒い時期と夏の暑い時期に行いました。大変でしたが、滅多に入れない場所での撮影でしたので貴重な体験となりました。

    ・京本大我(SixTONES、ジャニーズJr.)のコメント

    僕は新入り役として、「少年たち」の舞台に4年間出演させて頂いていますが、まさか映画でも新入り役を演じることが出来るとは、未だに夢のようです。舞台版とは異なるストーリーではありますが、映画ならではの繊細で迫力のある作品になると思います。また、実際に使われていた奈良の少年刑務所で撮影させて頂き、自然と役に入り込める環境の中、本当に貴重な経験をさせて頂きました。ジャニーさんの「少年たち」への想いを胸に突っ走る僕達を、是非、スクリーンでお楽しみください。

    ・高地優吾(SixTONES、ジャニーズJr.)のコメント

    半世紀前からあるジャニーズの伝統ある舞台を映像でジャニーズの歴史に残せる、自分がその作品に携われたことが一番嬉しいです。作品は、実際に使用されていた奈良の少年刑務所での撮影や、少年の行き場のない葛藤をダンスで表現したりなど、ロケ地の雰囲気やダンスなど見所がたくさんあります。また、舞台では表現できない映像での演出も映画ならではの良さだと思いました。
    今までとは違った新しい「少年たち」になると思うので、完成がとても楽しみです。

    (中略、>>2以降につづく)


    『映画 少年たち』場面特写 c映画「少年たち」製作委員会
    no title

    https://www.cinra.net/news/20181116-shonentachi

    【ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/08(月) 19:44:19.08 ID:CAP_USER9
    9月29日?30日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、3位にV6の岡田准一の主演映画「散り椿」が入った。

    同作は名カメラマンの木村大作氏が映画監督第3作として手がけた時代劇だ。同28日から全国342スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万2000人、興収1億0800万円を記録したのだが…。

    「ターゲット層はシニア世代の作品ですが、ほかにターゲット層がかぶる作品もなく、もっと動員できると思っていました。
    正直、岡田の主演作としてはかなり物足りない数字です」(映画業界関係者)

    ここ数年の岡田の主演作では「永遠の0」(13年)が興収87・6億円、「蜩ノ記」(14年)が11・2億円、「海賊とよばれた男」(16年)が23・7億円、
    「関ヶ原」(17年)が24・0億円をそれぞれ記録。これらの作品で数々の映画賞を受賞していた。

    「今や映画業界では『侍や軍人は岡田に頼めば鉄板』と言われている。そんな期待に応えるべく、岡田はフィジカルトレーニング、
    映画の撮影に必要な殺陣の鍛錬などを欠かさない。しかし、今作でややその評判がダウンしてしまった」(同前)

    昨年12月に結婚した妻で女優の宮崎あおいが第1子の出産を控える岡田。

    宮崎との新居として、岡田は都内に5億円の豪邸を建てたことも報じられている。

    「もともと、岡田は宮崎との不倫交際からスタート。事務所としてもそのイメージをなんとか打ち消したいが、ここに来て“ファン離れ”が起こり映画の動員に響いたのかもしれない」(芸能記者)

    初のホラー作品となる主演作「来る」(12月7日公開予定)の公開を控えた岡田だが、とりあえず、「散り椿」の動員が気になって仕方ないはずだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536185/
    2018.10.08 18:40 リアルライブ

    【【V6】岡田准一、新作主演映画が期待はずれ? 「侍や軍人を任せれば間違いない」と評判も】の続きを読む

    1: 2018/09/03(月) 12:44:42.30 ID:CAP_USER9
     山下智久が主演する『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』が、7月27日~9月2日までの38日間成績(興行通信社調べ)で動員:649万3518人、興収:83億2830万2500円を記録。2018年夏興行No.1となり、出演者を代表して山下がよろこびのコメントを寄せた。

    【山下智久コメント】
     『コード・ブルー』が、これだけ多くの方に愛される作品になったことにびっくりしています。嬉しい気持ちはもちろんありますが、スタッフ、キャストみんなで力を合わせて10年間築き上げてきたものが、こうしてたくさんのファンの方に育ててもらえていることへの感謝と幸せの気持ちの方が大きいです。本当にありがとうございます。
     幅広い年齢の方に映画を観ていただけていると聞いて、『コード・ブルー』が「人の心」という、誰もが持っている大切なものにずっと寄り添ってきたことが、どの世代の方も共感できる魅力なのかなと思っています。
     9月もまだまだ上映が続きますので、劇場に足を運んで『コード・ブルー』を愛していただけたら嬉しいです!

    ■『コード・ブルー』劇場版までの流れ
    『コード・ブルー』は、2008年7月期の連続ドラマ『~ 1st season』の放送に続き、翌年にスペシャルドラマ、さらに2010年1月期に『~ 2nd season』が放送され、それぞれ高視聴率を記録。この時点で固定ファンのいる人気シリーズになっていた。
    そのあと7年を経て、『~ 3rd season』が2017年7月期に月9枠で放送され、二桁ドラマが少ないなか平均視聴率14.6%を獲得。過去のシーズンを観ていない、新たなファンも多く獲得していた。

     そして、いよいよ映画化。今作は、劇場には若年層の女性の姿が多く、『~ 3rd season』の視聴者がメインの観客層になっているようだが、それに過去シーズンからのファンも加わり、幅広い層の動員に成功している。
    映画ジャーナリストの大高宏雄氏は「もともと人気の高いドラマだったが、映画ではテレビから10年が経ち、登場人物たちが年齢を重ねて成長していく姿が描かれている。
    この長いスパンの連続性のなかで、ファンの関心の度合いも増したと思う。結果として、過去のドラマ放送直後ではなく、時間を空けて映画化したことが功を奏したと言えるでしょう」と分析。

     また、作品の内容としても、“医療ドラマ”という点が、ヒット要因としては大きいようだ。大高氏は「『ドクターX』を筆頭に、医療ドラマは他ジャンルと比べて根強い人気がある。
    それに加えて、ドクターヘリが登場する『コード・ブルー』にはヘリに伴うスケール感が生まれ、医療ジャンルの幅が膨らんだ。その新局面が、医療現場や仲間意識などを描く感動的な側面とうまくミックスされ、新しい医療ドラマにつながった」と高く評価していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180903-00000326-oriconbiz-ent

    【 『劇場版コード・ブルー』興収83億円突破、夏興行No.1 山下智久からよろこびのコメント到着】の続きを読む

    1: 2018/08/16(木) 09:52:45.80 ID:CAP_USER9
    主演を木村拓哉がつとめ、長澤まさみと初共演を果たす映画「マスカレード・ホテル」(2019年1月18日公開)の最新映像、ティザービジュアルが16日、解禁された。

    木村拓哉「新HERO」誕生 ホテルマン姿初公開
    原作は、シリーズ累計300万部を突破した東野圭吾作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。
    作品の舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。
    次々と現れる素性の知れない宿泊客を疑い、その“仮面(=マスカレード)”を剥がそうとする警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村)とお客様を信じ、その“仮面”を守ろうとするホテルマン・山岸尚美(長澤)という全くの正反対、水と油の異色のバディが屈指の難事件に挑む。

    検事、総理大臣、天才外科医など数々の職業を演じてきた木村にとって、刑事役は初。
    東野氏の傑作ミステリーである「ガリレオ」湯川学、「新参者」加賀恭一郎に続く「新HERO」潜入捜査官・新田浩が誕生する。

    今回、木村のホテルマン姿を初公開。
    解禁された映像には、潜入捜査先のホテルマンとして怪しげに周囲を見渡す新田の姿、そしてパニックに陥る高級ホテルのロビーや、難事件を予感させる謎の数字の羅列などが映し出されている。

    http://mdpr.jp/cinema/detail/1786268

    映画「マスカレード・ホテル」ティザービジュアル
    no title


    「マスカレード・ホテル」特報
    https://www.youtube.com/watch?v=owKgq7ozvMA


    【【キムタク】木村拓哉「新HERO」誕生 ホテルマン姿初公開 長澤まさみ共演『マスカレード・ホテル』ビジュアル解禁】の続きを読む

    1: 2018/08/09(木) 20:38:03.17 ID:CAP_USER9
    山下智久(33)新垣結衣(30)戸田恵梨香(29)らが9日、都内で、映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(西浦正記監督)の舞台あいさつを浴衣姿で行った。

     フジテレビ系ドラマ「コード・ブルー」シリーズ開始から10年で初の映画化。7月27日の公開から8月8日までの13日間で動員331万7000人、興行収入42億円超の大ヒットという。

     山下は「みんなで力を合わせた作品が完成し、皆さんに劇場で見ていただいて感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつした。反響の大きさには「ドラマを見たことがない方も劇場に来てくれていると聞きました。友人や知人からも、たくさん『見た』という声と、お褒めの言葉もいただいています。誠心誠意、全力でここまで走ってきて本当によかったと思う」と感激していた。また「どの世代、性別の人にも刺さるエピソードがしっかり組み込まれている」とPRした。

     新垣も「公開した後に、また皆さんに直接お礼を言える機会をいただけるのは必ずあることではないのでありがたく思います」とあいさつした。
    また「『最初の回想シーンでぐっとくる』という声をたくさん聞き、(ドラマを)ずっと見守ってきてくれたのを実感し、ありがとうの気持ちでいっぱいです」と感謝した。 戸田は「みんなから『涙した。感動した』という声を聞きました。幸せな気持ちです」と語った。

     他に比嘉愛未、浅利陽介、かたせ梨乃、山谷花純も出席した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00294475-nksports-ent

    【山下智久「刺さるエピ」でコード・ブルー興収42億】の続きを読む

    1: 2018/05/28(月) 09:20:54.66 ID:CAP_USER9
    Sexy Zoneの中島健人とモデルで女優の中条あやみがW主演を務める映画「ニセコイ」(12月21日公開)に、DAIGO・島崎遥香・岸優太(King & Prince)らが出演することがわかった。

    原作は、少年漫画界の雄・「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2011~2016年まで連載され、コミックスのシリーズ累計1200万部を突破した漫画「ニセコイ」(原作:古味直志/集英社「ジャンプコミックス」刊/全25巻)。
    中島とはドラマ「黒崎くんの言いなりになんてならない」(15)で、中条とは映画『チア☆ダン ~高校生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17)でタッグを組んだ河合勇人監督が、今作で2人のこれまで見たことのない全く新しい魅力を引き出すべく、コミカルに振り切った演出で気合いの実写映画化。

    今作は、極道一家の一人息子・一条楽(中島)と、ギャング組織の一人娘・桐崎千棘(中条)が、全く性格が合わず相性最悪にも関わらず、お互いの組織の抗争を鎮めるために“偽物の恋人=ニセコイ”を強制的に演じさせられることから始まる物語。
    “脱・王子”“脱・清純”を高らかに宣言した中島と中条。
    2人の“ケンカップル”が激しく罵り合い、取っ組み合いの大喧嘩を繰り広げる。
    少女漫画ではなく少年漫画が原作となる今作は、王道の恋愛キラキラ系ではなく、痛快なハートバクバク系!?
    強制的に恋人を演じさせられるという、新感覚のラブコメディとなる。

    映画「ニセコイ」にDAIGO・島崎遥香・岸優太らが出演

    既に発表された小野寺小咲役の池間夏海に加え、映画『ニセコイ』の世界を彩る個性的かつ旬なキャスト陣が一挙解禁。
    ギャング組織ビーハイブの幹部で千棘のボディーガード・クロード役をDAIGO。
    今作では楽と千棘のニセコイの仲を疑い常に2人を監視する役で、圧倒的な存在感を放つ。
    原作者・古味直志氏が最も注目するキャスティングで、本人からも「OOI=(O)お嬢を(O)お守り(I)致します!」という気合いのDAI語が届いた。

    さらに、幼い頃から楽を一途に愛する警視総監の娘・橘万里花役を島崎が、楽の親友でお調子者の舞子集を今後注目の岸がそれぞれ務める。
    中島と岸の仲良しコンビは、河合監督が手掛けた「黒崎くんの言いなりになんてならない」以来2度目の共演となり、このたび親友役で再タッグ。
    コメディセンス抜群な2人が大真面目にふざけた、“楽&集コンビ”を繰り広げる。

    また、楽と千棘のクラスの担任・日原教子先生を松本まりかが、イケメンに間違えられがちだが実は女の子なヒットマンでクロードの右腕鶫誠士郎をアクションもこなす青野楓が、小咲の親友でクールに見えるが実は友達思いのメガネ女子・宮本るりを河村花が演じることが決定。
    古味氏も「まさかこんな旬な方々に演じて貰えるとは!」と驚いたという。


    島崎遥香【橘万里花役】コメント
    私の周りにも「ニセコイ」ファンが沢山いてアニメ化から今回映画化ということで出演のお話をいただき光栄に思います。それぞれキャラクターの個性が強いので実写化されたらどのようになるのか私自身、撮影をしている身ですが想像がつかなく出来上がりが楽しみです!私が演じる万里花は楽様を一途に想い続け、めげずに可能性をかけてアタックし続けます。人前では決してみせない健気な女の子だと思いました。個人的にそこの深く描かれない部分も演じる中で出せたらなと強く思います。九州弁は見どころになるので違和感がないよう練習中です!ルックスに関しては出来る限りの努力をしてよせていますが残念ながら胸の大きさだけは…ごめんなさい!!笑。原作と同じで実際の私たちもキャラクターがバラバラですが、そのまとまっていない感じが絶妙なバランスで映像にも反映しているのではないかと思います。沢山の方々の期待を背負いながら演じたいと思います!

    出演者コメント他全文
    http://mdpr.jp/cinema/detail/1768801

    (上段左から)池間夏海、島崎遥香(中断左から)岸優太、DAIGO(下段左から)松本まりか、青野楓、河村花
    no title

    主演 Sexy Zone中島健人&中条あやみ
    no title

    橘万里花役 島崎遥香
    no title


    元AKB48 島崎遥香
    no title

    http://pbs.twimg.com/media/CP1x1CCUEAAIyar.jpg

    【実写映画『ニセコイ』橘万里花役に元AKB48島崎遥香 DAIGO、キンプリ岸優太らも出演】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】二宮「買って食べた?セブンイレブンのね、どうでした?泣きました?絶対泣いてないっすよね。映画観ても泣いてないっすよね。泣くんだ」】の続きを読む

    1: 2017/11/19(日) 07:48:56.99 ID:CAP_USER9
    キムタク、岡田准一、二宮和也……今年は何と20本「ジャニーズ映画」は惨敗続き
    11/19(日) 6:01配信
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/11190601/?all=1
    no title

    来年はW主演で巻き返せるか?

    ■ ヒットは「忍びの国」と「関ヶ原」

     100億円超え! の謳い文句だった、キムタク主演「無限の住人」(4月29日公開)は10億円にも届かず、
    クリント・イーストウッドにも認められた“演技派”二宮和也主演「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」(11月3日公開)は3位発進……どうした? ジャニーズ。
     ***
     昨年大晦日のSMAP解散から一夜明け、2017年のジャニーズの調子がおかしい。1月7日公開の年明け第1弾、Hey!  Say!  JUMPの中島裕翔主演「僕らのごはんは明日で待ってる」は初週トップ10にも入らず圏外スタートで始まった。
    ま、これは昨年、女優の吉田羊との7連泊愛の影響もあるかもしれないが、前述の通りキムタク、ニノをしても大ヒットには遠く及ばないのだ。

     映画評論家の北川れい子氏が言う。

    「ヒットしたと言えるのは、嵐の大野智主演『忍びの国』(7月1日公開)とV6の岡田准一主演『関ヶ原』(8月26日公開)くらいかしら。でも、『関ヶ原』は大作で、
    見ているのは歴史好きな中高年で、岡田クンが主役とは思えない作品でした。脂ののった役所広司に格の違いを見せつけられていましたからね。
    岡田くんの主演映画には『追憶』(5月6日公開)もありましたが、こちらも共演の小栗旬や柄本佑に喰われてパッとしませんでした。
    他には有村架純と嵐の松本潤が共演した『ナラタージュ』(10月7日公開)は話題になったのは有村のベッドシーン。広瀬すずと生田斗真の『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)も
    『ナラタージュ』同様、教師と生徒が出来ちゃう映画。人気女優の双璧を持ってくるあたりはさすがですが、どうして似たような映画をこんなに短期間に公開するんでしょうねえ」

    ■ ジャニーズのタガが緩んだ

     ジャニーズに所属するタレントの出演するジャニーズ映画はザッと見回しただけでも今年1年で20本以上! ふた月に3本以上が公開される計算で、ジャニーズ映画同士で喰い合っているのが低調の原因との声も上がっている。

    「ホントに多いですよ。なんだか、自分の所のタレントを代わりばんこに使って、ストーリーよりも主役を目立たせたいというものばかり。それにジャニーズはキムタクを筆頭に高齢化が進んでいるようにも見えます。
    もちろん若い子がいるのも知っていますけど、映画なら同じ20代でも菅田将暉(24)や松坂桃李(29)など
    ジャニーズではやらないようなヤバい役をやる役者の方が見応えがありますからね。そういった流れも低調な理由かもしれません」(北川氏)

     SMAP騒動後のジャニーズに変化が起こり始めているというのは、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)などの著書があるライターの矢野利裕氏だ。

    【【ジャニーズ映画】キムタク、岡田准一、二宮和也……今年は何と20本惨敗続き】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】相葉氏、100分ある映画を見て90分くらい泣く】の続きを読む

    1: 2017/09/07(木) 08:09:29.70 ID:CAP_USER9
    元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が、9月8日にジャニーズ事務所を退所する。
    そんななか、8月31日発売の「週刊文春」が、退所後の彼らの動向について報じた。

    「記事によると、3人の退所後は、育ての親である元SMAPマネージャー・I女史が、仕事の窓口を務める可能性が高そうです。
    そして年末を目処に、改めて3人が移籍する新事務所の態勢を整え、18年に始動する予定とのこと。
    しかし今後は、現役ジャニーズとの共演が難しくなることから、テレビ局も使いづらくなる。仕事が激減する可能性もありそうです」(芸能誌記者)

    また事務所残留を決めた中居は、バラエティ番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)が、4月からゴールデンに昇格したものの、視聴率が大苦戦。
    その結果、6月以降は月1放送、さらに8月に至っては1度もオンエアがなく、このまま打ち切りの噂も囁かれている。

    その一方で、木村拓哉はすでに新作映画の主演企画が進行しているという。

    「主演映画『無限の住人』が興収的につまずいてしまった木村ですが、
    先日撮影がクランクアップした『検察側の罪人』は、嵐・二宮和也と共演した話題性もあってヒットする可能性が高い。
    さらに8月31日発売の『週刊新潮』によると、すでに木村は次の映画主演が決まっており、10月から撮影がスタートするとのこと。
    その内容は、人気作家・東野圭吾氏のベストセラー小説『マスカレード・ホテル』を映画化したもので、
    脚本は人気ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の福田靖氏、そしてヒロインは長澤まさみという鉄壁の布陣ですから、コケることはまずないでしょう」(映画ライター)

    元SMAPの4人が厳しい道のりを歩む中、木村だけは来年以降、1人勝ちとなるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1352375/
    2017.09.06 18:14 アサジョ

    【木村拓哉に新作主演映画が決定!「元SMAP仕事減」で独り勝ち状態?】の続きを読む

    このページのトップヘ