1: 2018/06/25(月) 18:26:50.75 ID:CAP_USER9
宝塚記念に殺到 関ジャニファンの日傘使用に苦言 JRAへ批判も

 中央競馬の春のグランプリ、宝塚記念(阪神競馬場、芝2200メートル)の国歌斉唱を「関ジャニ∞」の大倉忠義さん、村上信五さん、横山裕さんの3人が務めた。

 人気アイドルをひと目見ようと、普段競馬に親しみのないとみられるファンも多く来場、一部ファンの観戦マナーについて批判が上がっている。

■メルボルンCの悲劇を忘れないためにも
 2018年6月24日、阪神競馬場で行われた「第59回宝塚記念」は、和田竜二騎手が騎乗したミッキーロケットがG1初制覇を達成した。

 JRA(日本中央競馬会)によると、人気、実力ナンバー1だったキタサンブラックが登場した前年より22.4パーセント多い6万5800人が来場した。

 来場者増の立役者はスペシャルゲストで国歌斉唱を担った関ジャニ∞だ。
 彼らを目当てに早朝から女性ファンが数多く駆け付け、優勝馬を表彰するウィナーズサークルをいち早く囲む状況をスポニチアネックスが報じた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

J-Castニュース 2018/6/25 17:55
https://www.j-cast.com/2018/06/25332179.html

【宝塚記念に殺到、関ジャニファンの日傘使用に苦言 JRAへ批判も…メルボルンCの悲劇を忘れないためにも】の続きを読む