タグ:手紙

    • カテゴリ:
    1: 2019/08/26(月) 06:10:56.70 ID:84riDL+D9
     人気グループ、嵐が25日、メインパーソナリティーを務めた日本テレビ系「24時間テレビ42」を“完走”。終了後の会見で来年で
    活動休止する思いを改めて明かした。

     相葉雅紀(36)は番組で1週間前に書いたメンバーへの手紙を読み上げ、「『休止』と書いてパワーアップと読むと思っている。
    近い将来、絶対グループ活動をしようね」とメッセージ。

     相葉は会見で活動再開は「僕1人の思いです」と強調した上、「休止期間が無駄にならないで、パワーアップの期間になればいいなという
    思いを込めました」と真意を説明。思いを聞いた櫻井翔(37)は「2019年8月25日現在でそう思っているメンバーがいるというのを
    認識しました」と答え、二宮和也(36)は「そういう思いなんだなというのを受け取ったという感じですね」としみじみ話した。

     メインパーソナリティーは6年ぶり5度目の挑戦。オープニングは松本潤(35)と二宮がロケに出ており、会場の東京・両国国技館は
    大野智(38)、櫻井、相葉だけだったことに触れた櫻井は「集まってきてやっとそろうドラゴンボール方式。3人だけの座りの悪さ!」。
    相葉も「寂しかったね」と同意し“5人で嵐”を強調した。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000589-sanspo-ent

    【【嵐】相葉雅紀、活動再開へ思い「近い将来、絶対グループ活動をしようね」】の続きを読む

    1: 2019/07/13(土) 20:58:28.86 ID:+viSK6hz9
    昨年末で芸能活動を引退して、9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)のタレント育成面の後継者、滝沢秀明氏(37)が13日、
    TBS系音楽特番「音楽の日 2019」に手紙を寄せて、初めてコメントした。

    司会を務める中居正広(46)が手紙を代読。
    「みなさんもご存じのように私の恩師でもあるジャニー喜多川社長が先日87歳で人生の幕を下ろしました。
    一同、動揺しましたが、こんな時こそ『Youは人を笑顔にするんだよ。
    悲しんでいる場合じゃないよ』というジャニーさんの声が聞こえるような気がして。私たちは少しずつ前に進み始めています」。

    そして、裏方に専念した理由を「ジャニーズが大好き、ジャニーさんに恩返しがしたい、そんな強い思いからでした。
    ジャニーさんの存在は大きすぎ、決して超えられるものではない。だからこそ今、この仕事は私の一生をかけたテーマになりました。
    私は今、ジャニーズJr.に思い寄せ、彼らと共に苦しみ、共に喜び合う決意をしました。
    ジャニーさんが育てたジャニーズJr.。
    これからは、私から彼らが巣立っていけるように全身全霊をささげてやっていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします」と結んだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16769907/
    2019年7月13日 20時31分 日刊スポーツ

    【滝沢秀明氏の手紙を中居が代読、ジャニー氏継ぐ決意】の続きを読む

    1: 2018/05/02(水) 11:09:57.84 ID:CAP_USER9
    亀梨和也テレ東ドラマ初出演初主演「東野圭吾 手紙」民放全局でドラマ主演達成


    KAT-TUNの亀梨和也(32)がテレビ東京系のドラマに初出演初主演し、
    民放全局でドラマ主演を達成することが1日、分かった。
    ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」(放送時期未定)で強盗殺人犯の弟を演じる。

    4月の東京ドーム公演でグループとして本格再始動した亀梨は、「本当にワクワクしています」と胸を高鳴らせた。
    同作は、東野氏の小説「手紙」(03年)が原作。
    亀梨は強盗殺人犯の兄を持ち、結婚と幸せをつかもうとする度に差別を受ける弟・武島直貴を演じる。

    経験のない役の設定に「撮影中は悶々とする時間になる。それを抱えられる自分でいたい。
    僕自身、その難しさ、もどかしさにハマっていけたら」と語り、
    東野氏は「亀梨さんも、演技を通して何らかの答えを発見されるのでは」と語った。

    今作で民放全局でドラマ主演を達成することになった。
    99年のTBS系「3年B組金八先生 第5シリーズ」で連ドラ初出演してから各局で演技力を発揮。
    ヒット作となった「野ブタ。をプロデュース」など日本テレビ系を中心にドラマ主演を続けたが、
    今回は「繊細な感情表現を魅せる」と白羽の矢が立ち、テレ東主演を決めたという。

    デイリースポーツ on line 2018.05.02.
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/02/0011217333.shtml
    テレ東ドラマに初出演初主演するKAT-TUNの亀梨和也
    no title

    【【KAT-TUN】亀梨和也、テレ東ドラマ初出演初主演 ドラマSP「東野圭吾 手紙」…民放全局でドラマ主演達成】の続きを読む

    1: 2017/01/01(日) 09:10:15.12 ID:CAP_USER9
     日本の芸能史に残る不世出のアイドルグループ「SMAP」が31日に解散し、結成28年、デビューから25年の活動に終止符を打った。メンバー5人全員による最後の言葉はなく、1日からソロ活動に入る。「SMAP最後の日」に、メンバーが芸能界で最も慕った父親的存在で最後の共演者でもあるタモリ(71)が、SMAPへの思いを直筆でスポニチに寄稿した。

     SMAP全員そろっての記者会見も肉声もなく、老若男女に愛された国民的グループとしてはあまりに寂しい終焉(しゅうえん)。家族がいる木村拓哉(44)をはじめ、全員が都内のそれぞれの自宅で最後の日を過ごした。

     芸能史上これほどの悲劇はない。元々、メンバー同士になんの問題もなかったのに「解散」という結末に至ったことに、いまだ納得できないファンは多い。

     2017年。それでも前へ進むしかないメンバーへの思いを、タモリは本紙に直筆で寄稿した。

     「スマップは立派だよ。小さい時からずっとずっとメンバーみんなで力を合わせて、これだけ長い間、一生懸命走ってきたんだ」と、アイドルグループで異例の長寿化に成功した背景にメンバーの“団結と不屈”の精神があったことを強調。彼らが駆け抜けた25年余はバブル崩壊後の閉塞(へいそく)感が続き、世界情勢も紛争が続く不安定な時代。そんな時代を明るく照らし励ましてくれたのがSMAPで「誰でもみんな“ありがとう”という感謝の言葉しかないんじゃないかな」と称えた。

     “最後の共演者”となった昨年12月19日放送のフジ「SMAP×SMAP」で、タモリはバカラの星形のクリスタルをメンバー全員にプレゼント。その五角形は5人の絆を意味しているようだった。そして、メンバーの料理を判定する「ビストロスマップ」で“最後の判定”を拒否した。

     直筆文にも「人生に勝敗なんてないし、どっちがいいとか悪いとか、そんな判定みたいなことなんてどうでもいいんだ。大切なこと、それは引きずらないことだ。乾杯すればそれで仲良し。やったことはすぐ忘れる。それが大事。人間なんて、そんなものだ」と“5人のSMAP”を大切に思ってきた人ならではのメッセージがつづられた。

     SMAPとの出会いは94年。フジ「笑っていいとも!」のレギュラーに中居正広(44)と香取慎吾(39)、翌95年に草なぎ剛(42)が抜てきされて以来22年になる。小中学生で芸能界入りしたメンバーにとって、保険会社やボウリング場などさまざまな仕事を経て30歳でデビューしたタモリの視点は人生の羅針盤だった。

     直筆文の最後は「先はまだまだ長い。どこでどうなるかは、わからない」。反省を嫌う“人生の達人”は、いくらでも変えられる未来に“5人のSMAP”の姿を照らしているようだった。

    [ 2017年1月1日 08:00 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/01/kiji/20161231s00041000243000c.html

    【解散したSMAPへ タモリ直筆メッセージ「人生に勝敗なんてない」「先はまだまだ長い」】の続きを読む

    このページのトップヘ