タグ:広末涼子

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/22(月) 07:01:54.74 ID:CAP_USER9
     女優の広末涼子(36)が10年ぶりにフジテレビの看板ドラマ枠「月9」に出演することが22日、分かった。放送中の「貴族探偵」(月曜後9・00)第7話(29日放送)にゲスト出演することが決定し「驚きと共に、期待感を膨らませています」とコメント。主演を務める嵐の相葉雅紀(34)とは初共演になり「クールな相葉さんと対峙することを楽しみにしています」と胸を躍らせている。

     毎回のゲストも注目を集める中、第5話(15日放送)で3年ぶりに女優復帰した加藤あい(34)に続き、今度は広末が事件のキーパーソンを演じる。

     広末の月9ドラマ出演は「ガリレオ」第3話(2007年10月29日放送)以来10年ぶり。初出演した「ロングバケーション」(1996年4月期)以来、主演した「できちゃった結婚」(01年7月期)をはじめ「ビーチボーイズ」(97年7月期)「リップスティック」(99年4月期)「スローダンス」(05年7月期)などで月9と時代を彩ってきた。

     「貴族探偵」は1987年4月からドラマ枠になった月9の30周年を飾る作品。原作は、2011年に「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞に輝くなど、推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・麻耶雄嵩(まや・ゆたか)氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。

     今回、広末が演じるのは、大手電子部品メーカーの社長・都倉健一(小木茂光)の後妻・光恵。都倉は15年前に前妻を亡くし、以来、秘書の旗手真佐子(森口瑤子)が都倉家を公私ともに支えてきた。子供たちも真佐子との再婚を望む中、都倉は銀座のホステスだった光恵と再婚し、その半年後に自殺。光恵は都倉の前に突然舞い降りた天使なのか、それとも会社も家も乗っ取る悪魔なのか――。

     この1年前の事件をめぐり、推理対決を繰り広げたのが、新米探偵・高徳愛香(武井咲)が師匠と仰ぐ今は亡き名探偵・喜多見切子(井川遥)と貴族探偵。第7話は最終章へ向け、貴族探偵の秘密が明らかになる激動の回となる。

     広末は「錚々(そうそう)たるメンバーが集結する終盤の謎解きのシーンは、役者としてあの場にいたら、きっとすごく楽しいだろうなぁ、と視聴者として拝見していました。そんな折、出演依頼を頂き、驚きと共に期待感を膨らませています」と喜び。相葉については「とっても明るく爽やかでキュートなイメージの相葉さんとはガラッと違うイメージの、貴族探偵役のクールな相葉さんと対峙することを楽しみにしています。お芝居でご一緒するのは初めてなので、お手柔らかによろしくお願いします」と張り切っている。

     同局の羽鳥健一プロデューサーは「約20年にわたって芸能界のトップシーンを走り続けてきた広末さんに“規格外”の魅力を感じていました。お芝居はもちろんですが、何気ない仕草や笑顔、そしてリアリティーでさえ規格外、という魅力です。チャンスがあったら、浮世離れした貴族探偵たちとのやり取りが見てみたいと思っていました」と起用理由を説明。

     第7話は撮影中だが「圧倒な存在感を放つ貴族たちと全く遜色がない存在感は、ストーリーの展開に華を添えていただいています。心情を表現するのが難しい役どころだと思うのですが、あまりに見事に表現していただいており、感動しています」と絶賛している。

    [ 2017年5月22日 07:00 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/22/kiji/20170521s00041000411000c.html
    no title

    【【嵐】相葉主演「貴族探偵」に広末涼子が10年ぶり月9出演「驚きと期待感」】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/04/07(日) 05:27:00.98 ID:???P
    SMAPの稲垣吾郎(39)が6日、都内で行われた映画「桜、ふたたびの加奈子」
    (栗村実監督)の初日舞台あいさつで、“笑撃”のエピソードを披露した。

    同作主演の広末涼子(32)と、1997年にフジテレビ系「踊る大捜査線 
    歳末特別警戒スペシャル」で初共演した際のこと。広末のファンだった友人のため、
    同ドラマの亀山千広プロデューサー(現・フジテレビ常務・映画事業局長=56)を通じて
    彼女にサインを頼んだところ、返ってきた色紙には“稲垣吾郎さんへ”の宛名が…。

    稲垣は「あ、おれ、ファンだと思われちゃった…」と戸惑ったといい、
    「それから、広末さんに会う度に『この人、おれのこと、ファンだと
    思っているんだろうな~』って気にしていたんですよ」と告白した。

    当時、高校生だった広末は「覚えてないです。高校生の時は
    本当に毎日がめまぐるしくて…」と恥ずかしがったが、
    稲垣は16年間のモヤモヤが取れたようでスッキリ。

    壇上では、映画のキーワードである“生まれ変わり”にちなみ、
    生まれ変わったら何になりたい?という質問も。稲垣は「生まれ変わるなら、
    自分がいい。そういう失敗を繰り返さないためにも」と照れ笑いを浮かべた。

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130407/joh13040705050000-n1.html
    画像:サプライズで子役の戸田みのりから似顔絵をプレゼントされて喜ぶ広末涼子
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【SMAPの稲垣吾郎、広末涼子に「ファンだと思われちゃった…」】の続きを読む

    このページのトップヘ