タグ:平成


    【【HeySayJUMP】負けられない戦いに挑む】の続きを読む

    1: 2016/07/23(土) 15:36:09.16 ID:4qwQLfDw0
    こいつがめざまし出るようになってから観なくなったわ
    朝からあのキモイ髪型不快なんだよ

    【ジャニーズの伊野尾とかいうキモイヤツ】の続きを読む


    【【Hey! Say! JUMP】 LIVE TOUR 2016 DEAR. グッズまとめ】の続きを読む

    1: 2016/07/26(火) 16:03:20.69 ID:CAP_USER9
    7月23日~24日にかけて放送された『FNS27時間テレビフェスティバル!』(フジテレビ系)。
    多数あるプログラムの中で、特にジャニーズファンが注目していたのが、24日の午前4時ごろから放送された「『いただきハイジャンプ』×『キスマイBUSAIKU!?』超合体フェス!」。
    Hey!Say!JUMPとKis-My-Ft2がバラエティ番組で初共演、しかも生放送のスタジオで「カッコいいキス対決」を披露することもあり、放送前からファンの期待が高まっていたのだ。

    『超合体フェス!』は、Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』をベースにした対決「プールで彼女が落としたアクセサリーをカッコよく飛び込んで拾う」
    「デート前に浴びるカッコいいシャワー」や、「ガチンコ水泳リレー対決」を行い、2組で得点を競った。
    両グループともジャニーズを引っ張る若手グループなだけに接戦になるかと思いきや、結果はなんとキスマイの圧勝。
    2013年から始まった『キスブサ』で、女心とカッコいい演出の仕方を学んできたキスマイメンバーの努力が実ったようだ。

    しかし、JUMPも初参戦とはいえかなり気合いが入っていた様子。
    対戦前には山田涼介が「(Kis-My-Ft2は)日ごろからボクたちをちょっとライバル視してるところがあるんで、負けたくないなと思ってます!」
    とキスマイを挑発し、勝敗が発表されたあとには悔しそうに「もう1回勉強しなおして、挑みたいですね!」と、再戦を予感させるひとことを残していた。

    そして最後には、宮田俊哉が「いつでも待ってるから!」「いつでも来いよ!」と山田に向けて声をかけ、
    「悪いけど、眼中にねーから!」と返すやりとりで笑いをとったのだが、そのシーンがファンの間で物議を醸し、放送後ネット上は大騒ぎとなってしまったのだ。

    キスマイファンは「山ちゃんの『眼中にねぇ』発言すごく腹立つ」「山田くん、ちょっと宮田くんをバカにしすぎでしょ」
    「最後の山田くん、宮っちへの当たりがちょっと強すぎる。なんか残念」と、山田の発言を快く思わないといった声や、
    「宮田くんのファンは、山田くんのこと怒らないよー。おいしくしてくれてありがとう!」「宮田くんのキャラを分かってくれてる上での発言だろうし、ああしないとオチないよ。
    2人ともうまいなぁと思ったんだけどな……」と、バラエティ番組ならではの盛り上げ方だったという、2つの意見であふれていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1169770/
    2016.07.26 07:00 ジャニーズ研究会

    no title

    【Hey!Say!JUMP対Kis-My-Ft2、山田涼介の「眼中にねえよ!」発言でファン紛糾】の続きを読む

    1: 2016/07/25(月) 08:24:08.83 ID:1GR6EFbJ0● BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典
    27時間テレビフィナーレ、27人で繋げるスーパーダンクで平成ジャンプが失敗しまくる(5~6回)

    失敗したままスタッフロール

    時間が余ったので再度スーパーダンク開始

    案の定平成ジャンプが失敗しまくるが、失敗しても強行

    27人で成功のはずが、カウント25人で成功

    平成ジャンプに批判が集まる

    ジャニオタ女発狂

    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/757189510803271680/pu/vid/1280x720/cnLkzHYK75pibQJw.mp4

    【27時間テレビのラストでジャニーズがやらかして炎上】の続きを読む


    【キスマイとHeySayJUMPがガチで対決した結果wwwwww】の続きを読む

    1: 2016/07/22(金) 08:24:41.61 ID:CAP_USER9
    Hey!Say!JUMP・中島裕翔(22)主演のテレビドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ)と、
    寺尾聰(69)を主演に据えた『仰げば尊し』(TBS)の同時刻ドラマ対決で明暗が分かれた。
    日曜日の夜9時に放送されている両ドラマは、長年続くTBSの日曜劇場枠にフジテレビが戦いを挑んだ格好だ。
    しかし、第1話放送後の視聴率の結果は『仰げば尊し』が11.4%なのに対し、『HOPE』は6.5%とTBSの圧勝でスタートした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    ■露骨な中島推しが最悪の結果に

    事前の評判では、寺尾をメインに学校と部活をテーマにした内容から、『仰げば尊し』に大きなヒットはないだろうと囁かれていた。
    しかしフタを開けてみると、初回は見事『仰げば尊し』の圧勝。この背景には、両ドラマのストーリーとキャスティング力が影響しているとテレビ関係者は語る。

    「『仰げば尊し』は、まず学園ドラマというわかりやすい設定が視聴者を引き付けた。脇役陣に、真剣佑(19)、村上虹郎(19)、佐野岳(24)といった
    “非アイドル路線”の実力派若手俳優が脇を固めています。そうした絶妙なキャスティングが成功したのでしょう。
    一方『HOPE』は、内容が社会派ドラマ。日曜の夜に見るにしては少し重いと感じる視聴者が多かったのかもしれません。
    また露骨な中島推しが見て取れるキャスティングも中島ファン以外には違和感でしかなった」

    中島はドラマ放送前に女優の吉田羊(年齢非公表)との歳の差7連泊愛や、路上で女性に抱きついた事件などが報じられて話題になっている。
    ドラマの内容よりも、ジャニーズ事務所”次期エース”の私生活の乱ればかりがクローズアップされているのが現実で、
    今後も劇的な視聴率上昇は望めそうにないというのが関係者の見方だという。

    「中島の『HOPE』は、最終回にして視聴率3.3%という過去ワースト記録で幕を閉じた『OUR HOUSE』と同じようなパターンを辿るでしょう。
    日曜日夜に放映するには内容が重すぎてドラマ内の人間関係も陰湿。第一話目から視聴者が付いていけない鬱展開もそっくりです。
    一方の『仰げば尊し』は実話を基にした教師と生徒が起こす感動の奇跡が売りで、今後の展開が楽しみになるストーリーとなっている。
    『HOPE』がこのまま低空飛行が続けば、『OUR HOUSE』のように早期打ち切りもあり得るでしょう」(前出・関係者)

    はやくも第一話目から”期待ゼロ”といった厳しい評価が下されようとしている『HOPE』。今後の巻き返しに期待したいが果たして?

    http://dailynewsonline.jp/article/1167448/
    2016.07.22 08:05 デイリーニュースオンライン

    no title

    【【Hey!Say!JUMP】中島裕翔『HOPE』に囁かれる”早期打ち切り”の現実度】の続きを読む

    このページのトップヘ