タグ:平成

    1: 2016/10/21(金) 07:13:49.49 ID:CAP_USER9
    10月17日より放送がスタートした、Hey! Say! JUMPの山田涼介(23)が主演を務める月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)の初回放送の平均視聴率が、
    8.8%であることが18日わかった(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)。
    この初回視聴率は、昨年7月に同時間枠で放送された『恋仲』の9.8%を下回り、月9最低視聴率を更新。
    期間平均視聴率が月9最低となった春ドラマ、『ラヴソング』でさえも初回視聴率は10.6%を記録しているだけに、周囲からはこの不調さにため息が聞こえているようだ。

    本作は、旧約聖書の兄弟物語『カインとアベル』が原案で、仕事や恋に悩むヒューマンラブストーリー。
    その中で山田は、兄と比較されて何をやっても認めてもらえない主人公を演じている。

    「夏の月9ドラマ『好きな人がいること』は、恋愛テイストを全面的に押し出したライトなドラマでしたが、今回の月9はこうしたラブストーリー要素を押し出すことはなく、
    骨太さを重視したなストーリーが描かれるようです。
    主演の山田も落ち着いた演技を見せているため、視聴者にもじっくりと良さが浸透していけばいいのですが」(芸能記者)

    山田にとっては、フジテレビのドラマ出演は2008年のスペシャルドラマ『古畑中学生』以来となる。
    同局の中でも花形枠の月9において、序盤からあやしい雲行きでスタートした『カインとアベル』だが、
    キャスティングが非常に難航したという情報が伝えられている。特にヒロイン役に関しては、決定にかなり時間を要したという。

    ■相次ぐスキャンダルでジャニーズとの共演NGの事務所が続出?

    ヒロイン役は当初、戸田恵梨香(28)が演じる予定だったとも言われていたという。
    しかし戸田は現在、情報バラエティ『#ハイ_ポール』(フジテレビ系)内で放送されているショート・ドラマ「タイムパトロールのOL」に出演中だ。

    「このドラマは深夜番組ですが、戸田にとっては馴染みのあるスタッフが制作に関わっています。
    そういうこともあり、今回月9のオファーは断ったと言われていますが、その裏には、ここ最近の月9の低視聴率を意識したのではという声もあります。
    ここで出演して視聴率が芳しくなければ、自身に“低視聴率女優”のレッテルがつきますからね」(前出・芸能記者)

    初回の低視聴率ぶりをみると、もしかすると戸田の判断は賢明だったのかもしれない。
    また、戸田に限らず多数の事務所からオファーを断られた理由には、共演する人物がジャニーズ事務所の山田であったことも大きいようだ。

    「ジャニーズ事務所といえば、現在特にスキャンダルが発覚し週刊誌を賑わせています。
    さらにHey! Say! JUMPは、メンバーの伊野尾慧(26)や、中島裕翔(23)が熱愛スキャンダルをすっぱ抜かれてしまった。
    山田自身も名前こそ出ていませんが、ある報道に関して疑惑の目が向けられています。こうした報道が度重なったことでも、他事務所からのジャニーズの心証を悪くしているようです」(前同)

    ジャニーズ事務所はこれまでスキャンダルが起きると報道機関に圧力をかけ、徹底した火消しが行われていた。
    しかしこうした力も、徐々に弱まりを見せているのかもしれない。

    今後も所属タレントのスキャンダルが続発した場合、ドラマ主演枠を獲得することは困難となりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1214317/
    2016.10.21 07:05 デイリーニュースオンライン

    【【HeySayJUMP】ジャニーズと”共演NG”が続出?山田涼介「月9」惨敗の波紋広がる】の続きを読む

    1: 2016/10/19(水) 09:17:54.17 ID:CAP_USER9
    スキャンダルが相次ぐジャニーズ事務所だが、また新たな情報が伝えられた。
    今月13日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)で、A.B.C-Zのメンバー・塚田僚一(29)のスキャンダルが報じられている。
    塚田僚一はハロー!プロジェクト所属のグループ℃-uteの岡井千聖(22)らと男女6人で合コンを開催。
    宴は二次会まで続き、塚田僚一は一足先に帰宅したものの、最後まで残った数名は岡井千聖の自宅マンションに宿泊したという。
    塚田僚一と岡井千聖のお泊りはなかったものの、この密会報道は両者のファンに衝撃を与えることとなった。

    塚田はこれまで、女性アイドルファンであることを公言し続けてきた。
    そしてアイドル好きであることに関し、「恋愛や下心は一切ないです」ときっぱり答えていた。
    さらに女性アイドルに対し下心を抱く男性ファンについても、「(下心を抱くのは)人それぞれですけど、行動したら許せないです!」と力強く語っている。
    こうした潔さが塚田のファンのみならず、女性アイドルファンからも、好感を得ていたようだ。
    しかし今回、2人がプライベートで交流しているように報じられ、アイドルファンからは厳しい目を向けられる事になりそうだ。

    この件に関して、岡井は13日深夜、自身のブログで謝罪を行った。
    現在のところ、塚田サイドの動きはないが、しばらくこの余波は続くことになりそうだ。

    ■スキャンダル対応は人気グループが優先?

    ここ最近、特にSMAP騒動以降はジャニーズタレントの恋愛スキャンダルが相次いでいる。
    先月に報じられた、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧(26)のシンガポールデート。
    今年6月には、塚田と同じA.B.C-Zの橋本良亮(23)が、モデル風美女とのツーショットをキャッチされている。
    関係者の中では事務所の管理について疑問視する声が挙がっているという。

    「ジャニーズが報道に対し大きな力を持っていることは有名。これまでもちょっとしたスキャンダルがあると、瞬時に圧力をかけ、後追い報道をさせないようにしてきました。
    ただ最近では、細かなところに管理が行き届いていな様子が見られる。とくに若手グループのメンバーに対しては、放置状態なのかもしれませんね」(芸能関係者)

    これまでスキャンダルを圧力で潰していたと言われているジャニーズが、過去に例を見ないほど多くの恋愛報道が続いている。
    こうした背景には、事務所が人気グループを優先して管理している状態にあるためだと言われている。

    「ジャニーズは今年の冒頭から起こったSMAP騒動の件でバタバタしている。まずSMAPが解散するまでは、この処理が最優先となるでしょう。
    その後に優先されるのが、嵐。ポストSMAPとしてがっちりガードを固めておきたいという部分があるのでしょう」(前出・関係者)

    慌ただしい今の状態が落ち着くまでは、浮ついた行動がマスコミの格好の餌食となり、スキャンダルとして報道されることになるだろう。
    若手タレントたちにとっては、今まで以上に行動の慎重さと責任が問われることになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1213289/
    2016.10.19 08:05 デイリーニュースオンライン

    【Hey!Say!JUMPにA.B.C-Z…”スキャンダルまみれ”若手ジャニーズの闇】の続きを読む

    1: 2016/10/18(火) 09:21:02.44 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 10月18日 9時18分配信

     Hey!Say!JUMPの山田涼介(23)がフジテレビ“月9”初主演を務める
    「カインとアベル」(月曜後9・00)が17日に15分拡大でスタートし、
    初回の平均視聴率は8・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、
    分かった。

     昨年7月期「恋仲」の9・8%を下回り、数々のヒット作を生み出した看板ドラマ枠
    「月9」の初回最低を更新した。

     最近の月9初回は今年7月期「好きな人がいること」が10・1%、4月期
    「ラヴソング」が10・6%、1月期「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が
    11・6%、昨年10月期「5→9~私に恋したお坊さん~」が12・9%、
    昨年7月期「恋仲」が9・8%。

     兄(桐谷健太)と比較され、何をやっても認めてもらえない主人公の優(山田)が、
    仕事や恋に悩むヒューマンラブストーリー。旧約聖書の兄弟の物語「カインとアベル」が
    原案で、ジェームズ・ディーン主演の米名作映画「エデンの東」の基になったことでも
    知られる。

     山田の同局ドラマ出演は、2008年6月に放送された単発作品「古畑中学生」以来。
    脚本は「東京DOGS」「マルモのおきて」などを手掛けた阿相クミコ氏。演出は
    「神様、もう少しだけ」「電車男」「のだめカンタービレ」などで知られる武内英樹氏ほか。

     初回は、優(山田)は父・貴行(高嶋政伸)が社長、兄・隆一(桐谷健太)が
    副社長を務める会社で働いている。その創立50周年記念パーティーが行われている中、
    抜け出した優は、1人でシャンパンを飲もうと栓を開けた。すると、通り掛かった梓
    (倉科カナ)のドレスに飛んでしまい、優は慌てて謝る…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000080-spnannex-ent

    【【HeySayJUMP】山田涼介主演「カインとアベル」8・8% 月9初回最低更新】の続きを読む

    1: 2016/10/15(土) 16:46:13.90 ID:5CrK/9N8a
    no title

    no title

    no title


    可愛いンゴおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!

    【【画像】なんJ民「山田涼介きっしょ!!」ワイ「ジャニーズの奴?顔調べてみるやで~】の続きを読む

    1: 2016/10/10(月) 16:03:20.86 ID:CAP_USER9
    艶系女優とのシンガポールデートが報じられた話題で持ち切りのHey!Say!JUMP・伊野尾慧へのバッシングは止まるところを知らない。

    ネットメディアでも取り上げられたが、10月2日に放送されたバラエティ特番「DASHでイッテQ! 行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦」
    の「しゃべくり007」パートで伊野尾の失礼過ぎる発言が物議を醸している。

    あるコーナーで伊野尾は「マッシュルームヘアーをいつまで続けるのか?」という質問を受けたのだが、
    それに対し「髪でいろいろ隠しているので、スキンヘッドにしたらすぐジャニーズ事務所をクビになると思いますよ」と自虐発言。
    この発言自体はネットでのハゲいじりに対するアンサーという意味でも賞賛を浴びたが、問題はその直後。

    TOKIOのリーダー城島茂のリーゼント頭について伊野尾は、
    「髪型一度これにしてみません?」と、チャラチャラ口調で自身のマッシュルームヘアーを勧めた。

    これに対し、城島は第一声で「時代も変わりましたね」と意味深な返答。続けて城島は「よう言うな~と思って! 昔ならこんなんボッコボコですよ」と、引きつった顔でコメント。
    これに伊野尾は必死に謝罪したが、城島が明らかに不機嫌そうな雰囲気なため他の出演者もリアクションに困り、スタジオはかなりピリついた空気になってしまった。

    「このことがネットなどで取り上げられて、あたかも伊野尾が失礼極まりないという論調でしたが、本当にそうですかね? 
    場を盛り上げるために『頭をマッシュルームにしたら可愛くなりますよ』という自虐的ギャグだったと思います。
    演技かどうかわかりませんが、これにいちいちヤンキー口調でにらみつける城島もやり過ぎかなと。
    先輩にギャグをかますのはどの世界でもあること。
    そんなことでボコボコにしたとイキがるジャニーズ事務所の縦割りムードがむしろ滑稽に感じました」(女性誌記者)

    「ちょっと伊野尾クンいじめられすぎ」「怒るようなことか?」「もうジャニーズの内輪バラエティは飽きた」「この事務所は勘違い人間だらけ」など、案の定、一連のネット報道とは違う方向性のコメントも非常に多い。

    考えてみたら、艶系女優と遊ぶのも法律違反ではない。伊野尾がここまで総攻撃をくらうのも少しおかしな話かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1208887/
    2016.10.10 09:59 アサジョ

    【【TOKIO】城島「昔ならボコボコ」発言は逆に滑稽?「伊野尾は悪くない」と擁護の声】の続きを読む

    1: 2016/09/27(火) 21:53:51.90 ID:CAP_USER9
    10月期のフジテレビ月9ドラマ『カインとアベル』の放送が正式発表され、Hey! Say! JUMP・山田涼介(23)が主演をつとめることが分かった。今作は、故ジェームス・ディーンの出世作としても知られる米映画『エデンの東』のリメーク版だ。

     月9といえば、4月期で期待作だった福山雅治主演の『ラヴソング』が、全話平均8.5%でまさかの月9ワースト視聴率を更新してしまった。以降、フジテレビ局内でも、ドラマ復活が第一優先事項として挙げられ、秋ドラマ以降は企画から全面的に見直しになったと言われている。

     そんな中で発表された今作だが、放送前から早くも嫌なムードが漂っている。

    「当初はラブコメチックな学園ドラマだったそうで、主演は嵐のメンバーを想定していたと聞いています。しかし、ジャニーズサイドは、Hey! Say! JUMPの起用を希望してきた。フジは企画から立て直したそうですが、それも結局上手く行かず、グダグダの流れで山田主演に落ち着いたようです」(テレビ局関係者)

     ドラマ復活の大号令も、こんな展開では制作陣の士気は上がらない。放送前から既に局内には「低視聴率になっても仕方ない」という、冷ややかな空気が流れているのだという。

    http://dailynewsonline.jp/article/1200306/

    【【Hey!Say!JUMP】月9抜擢の山田涼介に漂う”シラケムード”のワケとは?】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】猫嫌いな八乙女が猫と戯れる】の続きを読む


    【【HeySayJUMP 横アリ 8/14 1部】伊野尾<エンディングで山田パンツ投げるんじゃね?】の続きを読む

    このページのトップヘ