タグ:嵐

    1: 2017/04/30(日) 12:22:28.19 0
    ・タレントパワーランキングはアーキテクト株式会社が3ヶ月に一度ファックスでモニター登録者に調査
    ・嵐ファンがタレントパワーランキングの1位を取るために登録を呼びかけて一昨年まで毎年1位を獲得していた
    ・SMAPファンが解散騒動で必死になり去年からやはり大量に登録
    ・アンチが多いほど関心度が低くされるので嵐もSMAPもお互いを刺し合い首位は取れず認知度が高くアンチが少ないタレントが上位に
    ・ジャニヲタが好きな女性タレントしか上位にはいけないシステムとなる

    2017年日経エンタタレントパワーランキング
    1マツコ
    2ガッキー
    3綾瀬はるか
    4嵐
    5中居
    6タモリ
    7阿部寛
    8石原さとみ
    9大泉洋
    9博多大吉
    11相葉雅紀
    11大野智
    11櫻井翔
    14錦織圭
    15博多華丸・大吉
    16TOKIO
    17星野源
    18北川景子
    19深田恭子
    20イチロー
    20くりぃむしちゅー
    http://i.imgur.com/LL48oV8.jpg

    【【悲報】ジャニヲタのせいでタレントパワーランキングが組織票でむちゃくちゃになってる件】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/03(水) 06:20:49.11 ID:CAP_USER9
    嵐・相葉雅紀主演のテレビドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)が、第2話にして早くも視聴率8.3%と低迷している。
    そんななか、視聴率だけでなく出演者同士の関係も、うまくいっていない可能性があるという。

    「4月初めに行われたドラマの記者会見にて、相葉が共演者である武井咲の印象について聞かれた時のことです。
    彼は『僕は気さくに話しているのに、咲ちゃんは話しかけてくれない』と現場での不満を冗談交じりに明かしました。
    すると武井は『うーん』と悩むそぶりを見せたため、相葉は『僕のことをあまり好きじゃないのかな?』と、
    本音とも思える心境を吐露し、2人の関係があまりうまくいっていないことを伺わせました」(芸能記者)

    そんな突然の相葉からの追及に、武井は「そんなことないですけど、(貴族風の)この衣装を着て現場で颯爽と入ってくるので面白いなって」と、よくわからない返答で、はぐらかした。

    だが4月26日発売の「週刊新潮」によると、武井は相葉を嫌って無愛想でいるわけではないという。

    「記事によると、近年、武井は女優としての意欲を失っているそうです。その原因となったのは、一昨年に報じられた熱愛騒動。
    どうやら武井は、その際に所属事務所から別れるように迫られただけでなく、『もう2度と会わない』と勝手にメディアに伝えられたことで、『私の人生を何で勝手に決めるの!』と怒りが爆発したとのこと。
    そのため事務所との険悪な空気が共演者との絡みにも影響しているのかもしれません」(前出・芸能記者)

    元々、モデルをやりたくて地元・名古屋から上京したという武井。今後、「貴族探偵」の視聴率が低迷することで、女優としてのやる気をさらに失うこととならなければいいのだが。

    http://dailynewsonline.jp/article/1306813/
    2017.05.03 05:59 アサ芸プラス

    http://image.dailynewsonline.jp/media/4/d/4d531d76b46ea2c2c565e4744921723f773552f0_w=666_h=329_t=r_hs=62912c02e7a4a979e7bf1802a624c4af.jpeg

    【【嵐】相葉雅紀と武井咲が「貴族探偵」現場でギスギス!?その原因とは?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/01(月) 09:29:55.79 ID:CAP_USER9
    24日放送の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)第二話の平均視聴率が、初回から3.5ポイント下がった8.3%(ビデオリサーチ社調べ)を記録した。制作スタッフが「フジテレビの社運をかけたドラマ」「主演・相葉雅紀(34)と心中する覚悟」と異常な早さで各情報を解禁して大々的なPRを打ち、
    映画並みの豪華キャストと1話につき1億円とも言われている制作費をつぎ込んだにも関わらず、27日現在の今期ドラマ(21時または22時スタートのドラマのみ)平均視聴率10.7%を下回る苦い結果となっている。

     同ドラマの制作発表にて、相葉は「考えれば考えるだけプレッシャーになってくるので、僕は自分のできることを全力でやるのが務め」と意気込みを語り、触れ合う機会のない貴族の役作りには苦戦を強いられたとのこと。さらに、関係者によると、現場では初共演者ばかりのベテラン俳優陣の楽屋に挨拶回りをするなど、周囲のスタッフが「疲弊しなければいいが……」と心配になるほど気を配っているそう。しかし、その努力も虚しく、ネットでは「相葉以外は全部最高」「相葉だけ学芸会」「こんな相葉ちゃん見たくない」と低視聴率の戦犯として祭り上げられている。

     そんな中、相葉の伯母(父の姉)がオカルトまがいのエステのようなお店を3年前から出店していたという怪しいニュースが飛び込んできた。4月26日発売の「週刊新潮」(新潮社)によると、同店は“ファンの聖地”として名高い相葉の実家であり両親が営む中華料理屋「桂花楼」の隣のアパートに「ヒーリングストーン 癒夢(いむ)」という看板を掲げているとのこと。
    同店ホームページによると、〈今の自分を変えたい! 今までの人生を変えたい! 目の前の現実を変えたい!〉人におすすめのヒーリングサロンらしい。

     施術内容だが、「潜在意識置き換えヒーリング」は、テーブルの上に手を置いて相談者が悩みを話し、施術者の女性・相葉の伯母が手を被せて目を閉じ、「サーフィン中に波が来なくてずっと待っているような感じですね」「ああ、イルカと一緒に泳いでいきました。はい、置き換えました」なんてことを言われ、10分間で5千円。短い……!


     さらに気になるのは「コレクトヒーリング」という「相葉の伯母が日時を決めて“遠隔”でエネルギーを送る」というメニュー。ホームページによると、同施術を受けると、通常ひとつずつ解除しないといけないブロックを複数(3~10)まとめて解除できるようだ。何を解除するのかはさておき、同誌の記者が施術中に、相葉の伯母は「マサ(相葉)もこの施術を受けたことがある」と証言したとのこと。他にも胃の位置を本来あるべき場所に戻し、自然治癒力を高めるという胃上げヒーリング「バランスヒーリング」、本来の自分を取り戻し、愛と光、無限の可能性の扉を開く、御園シュリオリジナルメニュー「ブライトヒーリング」なるものもある。

     店内の壁には相葉の写真をベタベタ貼り、相葉が施術を受けたことを漏らしておきながら、同誌が後日、電話にて改めて取材を申し込んだところ「マサの名前を利用するつもりでやってるわけじゃないので」と拒否されたそうだ。以前「桂花楼」の店内やネットショップにて、相葉のオリジナルグッズを販売していたことに対し、ファンの間で「便乗商法では?」と話題になったことを想起させるビジネスだ。「桂花楼」に関しても、2013年1月に「週刊女性」(主婦と生活社)の取材に対し、相葉の母親が「(相葉は)まったくノータッチ」「もし迷惑がかかっているのなら、すぐにでもやめますよ」と今回と同様の回答をしているが、息子である相葉本人はどう思っているのだろうか。

     思い返せば、昨年末の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)でのグダグダ司会から、4月19日に発売された嵐のシングル「I’ll be there」の初週売り上げが8年ぶりに40万枚を割ってしまったりと、何かと悲しい話題の多い相葉。ただでさえ神経をすり減らしているだろうこの時期に、余計な悩み事を増やさないであげてほしいものだ。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0501/mes_170501_0736413798.html

    【【嵐】相葉雅紀の親戚が「遠隔でエネルギーを送るサロン」を出店 主演月9も低視聴率の戦犯呼ばわりで悲惨すぎる現状】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/02(火) 18:40:53.47 ID:CAP_USER9
    毎クールのように低視聴率が話題になるフジテレビの月曜夜9時台の連続ドラマ枠「月9」。
    その今クール作である『貴族探偵』の第2話が平均視聴率8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり、第1話の11.8%から大幅ダウンしたことが話題を呼んでいる。

    そんな崖っぷちに追い込まれた状況のなか、1日には第3話が放送された。

    女子高生の垂水遥(橋本環奈)は、結婚を約束した交際相手で高校教師の浜村康介(内野謙太)が殺人容疑で逮捕されてしまう。
    垂水はなんとか事件の真相を解明して浜村の疑惑を晴らしたいと願い、探偵の高徳愛香(武井咲)のもとを訪れる。さっそく2人は犯行現場へ行くが、
    そこにはなぜか貴族探偵(相葉雅紀)と、その召使いの佐藤(滝藤賢一)、田中(中山美穂)、山本(松重豊)の姿が――。

    高徳は神奈川県警刑事の鼻形雷雨(生瀬勝久)と一緒に改めて事件の調査を進める一方、貴族探偵も召使いたちに推理をさせる。
    ついに高徳は被害者女性の夫が真犯人であると確信し、警察や貴族探偵、事件関係者らが一同に会した場で自身の推理を披露するが、
    貴族探偵の召使いは、被害者女性が殺害直前に訪問したとされる美容院の店員が犯人であると主張し、その店員は自供するというのが、第2話のストーリーだ。

    今回まず気になったのは、被害者女性の“生首”がやたらと画面に出てくる点だ。
    遺体は両腕と頭部が切断された状態で見つかるのだが、劇中では、切断された腕と首が入ったダンボール箱がしっかり画面に映されるわ、
    被害者女性の夫は生首をベッドに置いてキスするは、犯人である美容院店員は生首をバッグに入れて持ち歩くは(結構重いぞ)、
    さらにアリバイづくりのためにマネキンの上にちょこんと生首を乗せて髪の毛をイジるわ、もう終始“生首ゴロンゴロン”状態だ。
    ゴールデンタイムにこんなに登場人物たちが生首をいじり倒して(しかも結構リアルだ)、波紋を呼んでしまわないかが心配だ。

    ●おもしろみは皆無

    そして肝心のドラマの出来なのだが、第2話で前週より視聴率が3%以上も大幅ダウンしてしまったことがすべてを物語っているとおり、かなり厳しいといえるのではないか。

    推理モノであるにもかかわらず、幹となる推理部分があまりにもお粗末で、サスペンス的なおもしろみは皆無。
    かといって、それ以外の登場人物たちの掛け合いなどの見どころがあるのかといえば、それもなし。
    キャストだけは派手だが、ただの置物化してしまっており、大いなる無駄遣い感満載なのも残念だ。
    なんといっても、主役である相葉の存在感がゼロに近く、ドラマの要素としてまったく機能していない。
    第1話では高徳の師匠である喜多見切子(井川遥)と貴族探偵の間に因縁めいた過去(というか特別な関係?)があることが匂わされていたが、
    それもどこかに置き去りにされてしまっていて、物語に重層感もなく、あまりに単調だ。

    そう、一言で言ってしまうと、なにひとつおもしろくないのだ。このドラマのユニークな設定としては、
    「貴族探偵だけど自身では推理をせず、召使いに推理をさせることで事件を解決する」という点だが、
    視聴者としては第1話だけで飽きてしまい、毎回貴族探偵が言う決めゼリフ「推理などという雑事は、
    使用人に任せておけばいいんですよ」も、相葉クンの“言わされてます感”丸出しで、視ていて気の毒になるくらいだ。

    実は私個人的には、第1話は冒頭からエンディングに至るまで意味ありげにやたらと“ボルチーニ”に関する話題が出てきたり、密室劇でスパイスの効いたセリフの掛け合いがあったり
    、鼻形を演じる生瀬がやりたい放題だったり、井川の長回しのアップがかわいかったりと、
    結構楽しめたのだが、もう第2話からはそうした魅力が一気に剥げ落ち、ただの“推理的要素がまるでない推理ドラマ”という代物になってしまった。

    前クール作では“フジ月9史上最低視聴率”を更新してしまったが、『貴族探偵』もさらにその記録を更新してしまう気がしてならない。
    嵐の相葉や武井、さらにはこれだけの豪華キャストを起用したにもかかわらず、もしそんな事態になったとしたら、
    関係者の皆さんはさぞ大変なんだろうなあと心配してしまう次第である。

    http://dailynewsonline.jp/article/1306549/
    2017.05.02 06:16 ビジネスジャーナル

    【【嵐】相葉雅紀&武井咲 『貴族探偵』豪華俳優陣で放送事故的惨事 フジ月9最低視聴率更新か…】の続きを読む

    1: 2017/04/30(日) 01:28:23.68 ID:CAP_USER9
    【嵐・ジャニーズJr./モデルプレス=4月28日】28日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」(毎週金曜よる8時)では、嵐がゲスト出演。曲中のバックについたジャニーズJr.が話題を呼んでいる。

    総勢24人のジャニーズJr.が集結

    この日、嵐が歌唱したのは相葉雅紀が主演をつとめるフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」(毎週月曜よる9時)の主題歌「I'll be there」。大サビでは階段で、嵐のバックにジャニーズJr.が並び、息ぴったりの圧巻パフォーマンスを見せた。

    バックについていたのは、「MADE」の稲葉光、福士申樹、秋山大河、冨岡健翔、「Travis Japan」の川島如恵留、七五三掛龍也、森田美勇人、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、梶山朝日、「SixTONES」の高地優吾(※「高」は正式には「はしごだか」)、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎、「Love-tune」の安井謙太郎、萩谷慧悟、真田佑馬、森田(※Travis Japanと兼任)、長妻怜央、諸星翔希、阿部顕嵐、そして森継亮太。総勢24人のジャニーズJr.が出演した。

    Jr.ファン絶叫!トレンドを独占の事態

    告知なしの突然のJr.の登場に、ファンからは「ちょ、待って、バックのJr.メンツやばくない!?」「ああああトラジャもいるううう」「ストが嵐様のバックに!すごすぎて震えた」「皆さん!このどセンターにいるのは長妻怜央です!!」「今日のMステ何?これは夢?」などSNS上で驚きと歓喜の声が殺到。

    また、Twitterでは「嵐のバック」「ジュニア」「トラジャ」「SixTONES」など関連ワードがトレンドを独占するほどの反響ぶりを見せていた。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1682814

    【嵐のバックに総勢24人のジャニーズJr.が集結! ファン歓喜の絶叫!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/30(日) 19:56:40.57 ID:CAP_USER9
    嵐の松本潤が29日放送の日本テレビ系『嵐にしやがれ』のなかで、一部で報じられた櫻井翔との“不仲説”を完全否定した。

     この日の放送にはお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也と有田哲平が出演。2人の仲良しエピソードが語られ、有田から「嵐も仲良いんでしょ?」と切り出され、上田が「誰かがきっかけでしゃべり始めることないの?」と聞いた。

     このフリに松本が相葉雅紀と仲が良いことを語ると、二宮和也が「2人で携帯画面見ながら、『ねえ、どれにする?』」と話していたことが紹介され、上田からは「仲良いな~」との声が挙がった。

     これに相葉は「どれが良いと思う? 俺サイズ何かな?って。松潤が『Lじゃない?』」との会話をしていたようで、上田が「自分の方がわかるだろ、サイズ」と2人の仲良しエピソードにツッコミを入れた。

     すると、松本が「なんか、そういう意味で言うと、最近なんか不仲説みたいなの出てるんですけど」と、一部で話題になっていた櫻井との“不仲説”について言及。そして、「全然、仲悪くないんですよ」と完全に否定した。

     この説が飛び出したきっかけが分からないという松本に、上田は「ネットとか?」と尋ね、松本は相槌を打ちながら、心底困っている様子を見せた。

     すると、有田は「週刊誌の報道って、結構マジが多いからね」と話をぶり返すボケを挟み込み、嵐のメンバーから総ツッコミ。松本は「やめて、それですよ」と汗をかき、櫻井も「読みすぎ。すげえ信じてる」と困惑していた。

     この“不仲説”を松本自ら持ち出したことに、ネット上のファンからも大きな反響が上がり、「自ら否定!」「テレビで言えるってことは、本当じゃないってことよね」などと安堵する声も挙がっている。

    MusicVoice 4/30(日) 17:53配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00010004-musicv-ent

    【【嵐】松本潤が櫻井翔との“不仲説”を完全否定!「全然、仲悪くないんですよ」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/30(日) 10:53:55.61 ID:CAP_USER9
    http://www.asagei.com/excerpt/80311

     昨年末にSMAPが解散したことで、いまや事務所の期待を一身に背負っている嵐。
    今後も事務所からの強力なプッシュは続き、なかでもNHK紅白歌合戦の司会は昨年の相葉雅紀を皮切りに、メンバーが順番に務めていくことが確実視されている。
    今年の司会はリーダーの大野智との噂も根強いようだ。

     その大野は俳優としても活躍しており、7月には主演映画「忍びの国」が公開予定。
    08年には東京・表参道ヒルズで個展「FREESTYLE」を開くなど、アーティストの一面も知られている。
    そんな多彩な大野だが、紅白の司会者に限れば不向きとの声があがっているというのだ。

    「確かに大野クンは多才だけど、司会業のイメージが薄いのも事実。基本的に口下手だし、場回しも上手いとはいえない。紅白は生放送なので時間管理に厳しく、司会者には臨機応変な対応が必須。局内では大野クンで大丈夫かという声も多いようだ」(NHK関係者)

     そもそも昨年の紅白で相葉雅紀の司会者ぶりが最悪だったという悪しき前例もある。
    プロの芸能人とは思えないほどコメントを噛み倒し、視聴者から放送事故と笑われたほど。
    女性司会者の有村架純との相性も良くなく、チグハグさも目立っていた。
    その相葉は放送後に「ポンコツ司会者でした」と自身の実力不足を認めていた有様なのである。

    「相葉に続いて大野も失敗する可能性は高い。国民的注目を集める番組ならば、司会者は冷静な視点で厳選すべき。しかしジャニーズとズブズブのNHK上層部から異論が出ることはなく、大野の抜てきで話が進むことになるだろう」(週刊誌記者)

     一番迷惑なのは、大晦日に大人の事情で下手くそな司会を見せられる視聴者であることは間違いない。


    アサ芸プラス
    Posted on 2017年4月30日 09:58

    【【嵐】大野智、紅白司会の候補筆頭 NHK局内から早くも心配の声】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/11/14(月) 18:12:17.59
    二宮って肌きれいだよね

    【【嵐】二宮の肌って綺麗だよね】の続きを読む


    【【嵐】二宮、後輩の道枝駿佑を可愛がる】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】くりーむしちゅーが1番絡みづらい嵐のメンバーwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ