タグ:嵐

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/10(日) 13:13:48.50 ID:CAP_USER9
    嵐・二宮和也(34)がパーソナリティを務めるラジオ『bay storm』(bayFM)の9月3日放送回は、今年の誕生日にメンバーからもらったプレゼントについて、トークが繰り広げられた。

    メンバーの誕生日にはプレゼントを贈り合っているという嵐。7月27日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)では、櫻井翔が二宮にプレゼントしたという“永遠に使える髭剃り”を紹介していた。
    同番組を見たリスナーから、ラジオに「使い心地はどうですか?」と質問が届き、「使い心地はいいですよ、すごく」と愛用していることを明かしていた。

    また、「他のメンバーからは誕生日プレゼントもらいましたか?」という質問には、「相葉(雅紀)さんからサンダルもらって、松本(潤)さんから甚平もらって、
    大野(智)さんからドラゴンボールのフィギュア」と回答。大野からもらったフィギュアに関しては、「もう、本当にあれ、どうしていいかわからないんだよ」と吐露していた。

    二宮が大野からもらったプレゼントに頭を抱えている理由は、大野からプレゼントをもらう際に言われたひと言。
    「『1回だけ飾ってくれ』って言うんだよ。『1回飾ったらもういいから』って言うんだけど、理由がちょっとよくわからないんだよね」と大野の言葉の真意がわからず、悩んでいることを明かした。
    また二宮は、「1回飾ったら、また片さなきゃいけないんだよね?」と皮肉っぽくいうと、
    「ちょっと、大変なんだよな、おっきくて。だから重たいのよ、硬いし。危ないのよあれ。もうわかんないよ、あれどうしたらいいか」と続ける。プレゼントをもらったうれしさを素直に表現できない二宮の一面がうかがえた。

    8月30日、メンバーの中で二宮の次に誕生日を迎えたのが松本。ラジオで二宮は、「もう松本さんの(プレゼントを)考えなきゃなーそろそろ。
    放送の時にはもう、松本さん誕生日越えてるもんね? 考えなきゃな」と悩む場面もあった。松本の誕生日8月30日に彼は何をプレゼントしたのか、またラジオで語ってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353527/
    2017.09.10 12:45 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】二宮和也、大野智からもらった”誕生日プレゼント”の使い道がわからず苦言】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/08(金) 05:01:31.92 0
    一般人に浸透してるレベルの曲がここ数年思い浮かばないんだが

    【最近の嵐ってパッとしないよな】の続きを読む

    1: 2017/09/08(金) 17:09:38.73 ID:EqeZPF+E0
    1stのサイマジョが最大ヒット→1stのReal faceが最大ヒット
    ねる菅井問題→赤西亀梨問題
    圧倒的リア充感&殺伐感

    なんか似てる気がする

    【AKB=SMAP、乃木坂=嵐なら欅坂はKAT-TUNだよね?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/08(金) 12:28:42.18 ID:8K/GwTuma
    俺の周囲にも似たような現象があるんだよ
    男の目から見るともっさりとしたツラで
    イケメンとはほど遠い造作なのにやたらとモテる
    性格がいいって訳でもなくてマメでもない
    女はそういう内面的なものではなく明らかに顔の造作に惹かれている

    もっさりヅラなのになぜか女にモテる
    お前らの周囲にもそういう奴いない?

    【福山雅治がモテる←分かる、嵐の二宮がモテる←はあ????】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/07(木) 21:47:21.97 ID:CAP_USER9
    2017年9月7日 16:38

    嵐ニューアルバムは「untitled」組曲やユニット曲を収録

    アルバムはDVD付きの初回限定盤と通常盤の2形態が用意され、初回限定盤には「Power of the Paradise」「I'll be there」「つなぐ」のシングル曲3曲のほか、
    リード曲「未完」を含む新曲9曲、さらに“組曲”1曲の合計13曲を収録。
    「未完」はアルバムタイトルを象徴するように“和”“デジタル”“クラシック”“ヒップホップ”など、今まで嵐が取り組んできたテーマを散りばめた疾走感あふれる楽曲で、
    10分以上にわたる長尺の組曲はさまざまなジャンルの曲調を組み込んだ壮大な楽曲となっている。
    またDVDには「未完」のミュージックビデオやメイキング映像などが収められる。

    通常盤は初回限定盤と同じ13曲に加えて、ユニット曲4曲とボーナストラック1曲を追加収録した18曲入りとなる。

    ※本文中「『untitled』」の正式曲名は、二重カギカッコが一重カギカッコの「untitled」。


    http://natalie.mu/music/news/247770

    【【嵐】ニューアルバムは「untitled」組曲やユニット曲を収録】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/08(金) 08:10:16.68 ID:CAP_USER9
    嵐』の内部対立が、いよいよ鮮明になってきた。8月に放送された『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)で、『嵐』の櫻井翔は、『KAT-TUN』の亀梨和也、『NEWS』の小山慶一郎とともにメインパーソナリティーを務めたが、そこで櫻井と嵐メンバーの確執が明らかになったという。

    嵐といえば、解散した『SMAP』のように個々の活躍も目立っているグループだ。なかでも櫻井は『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でニュースキャスターを務めるという、ほかのメンバーとは異色の活動をしている。その実績を買われて、今回の24時間テレビでパーソナリティーとして起用された。そして24時間テレビでは、同局のバラエティー番組『嵐にしやがれ』の特別版も生放送された。だが、松本潤をはじめとした櫻井以外の嵐メンバーは、嵐にしやがれに出演しただけで、ほかの時間帯には出演しなかった。


    「自分たちの担当番組は出るが、櫻井の司会には協力しないという姿勢が鮮明になりました。つまり松本を中心に、ほかのメンバーは出番が終わったあと、すぐに控室へ戻ったみたいです」(日本テレビ関係者)

    嵐の内部では、どうして櫻井が24時間テレビの司会をやるのかという疑問があったようだ。


    「櫻井はグループ内で浮いています。親の力が関係しているので付き合いにくいのです。しかも、テレビ朝日で『報道ステーション』を担当している小川彩佳アナウンサーとの交際が報じられたのにもかかわらず、自身も日テレでニュースキャスターを続けているため、モラルがないと思われているのです。メンバー皆が櫻井のことを嫌っています」(ジャニーズライター)


    24時間テレビの放送前には、こんな不協和音も聞こえてきた。


    「松本はジャニー喜多川社長に後継者候補として、滝沢秀明とともに名指しで指名されました。櫻井のことはもう眼中になく、協力の筋合いもないと考えているようです。むしろ、ひとりだけパーソナリティーを引き受けた櫻井が“孤立”していることを証明しています」(同・ライター)


    内部対立の表面化が始まっている。



    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0907/myj_170907_9771652955.html

    【【嵐】内部崩壊が『24時間テレビ』で浮き彫りに.. .どうして櫻井が24時間テレビの司会をやるのかという疑問】の続きを読む

    1: 2016/08/17(水) 11:31:48.81 ID:9Tpl1z8V0
    SMAPブーム
    嵐ブーム
    光GENJIブーム
    チェッカーズブーム

    を、あなたの体感で凄かった順に並べ替えて下さい
    好き嫌いは一切別にして

    【SMAP、嵐、光GENJI、チェッカーズどれが1番売れたの?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/07(木) 15:44:36.52 ID:LQPPneMw0
    一番搾りとおむつのCMを失ってしまう
    かわいそう


    【【悲報】嵐の松本潤さん、好感度急落…】の続きを読む

    1: 2016/01/14(木)12:01:53 ID:mJy
    キムタク 

    ロングバケーション  36.7%
    ラブジェネレーション 32.5%
    ビューティフルライフ 41.3%
    ベストジーニスト殿堂入り

    【今の嵐の年齢時のSMAP凄すぎwwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/04(月) 13:01:17.84 0

    09/02土 11.6% 21:00-21:54 NTV 嵐にしやがれ(ハリセンボン 加藤諒 Perfume)


    7/22 10.5% (ももいろクローバーZ 内田篤人)

    【嵐はももクロよりPerfumeと共演した方が視聴率とれる?】の続きを読む

    このページのトップヘ