タグ:嵐

    • カテゴリ:

    【【嵐】二宮の最近スッキリしたこと【ベイスト】】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/22(土) 08:55:26.43 ID:CAP_USER9
    昨年7月、嵐・二宮和也(33)との交際が報じられたフリーアナウンサー・伊藤綾子(36)。
    熱狂的な嵐ファンから猛クレームが殺到し、報道番組『news every.』(日本テレビ系)を3月末で卒業したとされているが、今なお受難が続いている。

    2人の交際は『女性セブン』(小学館)のスクープによって発覚。
    二宮ファンが伊藤アナの有料制ブログを確認したところ、CDやグッズなど嵐に関連したアイテムが写真に紛れ込んでいると突き止められ、批判が殺到することに。
    そして、こうした“彼女アピール”に嫌気が差したファンは、『news every.』サイドへ苦情を送付。
    報道から半年が過ぎた段階でも非難の声が届いていたようで、ついには降板に追い込まれてしまった。

    SNSで匂わせ自慢したばかりに、番組レギュラーを失った伊藤アナ。
    嵐ファンの“報復”もこれで終了かと思いきや、いまだ要注意人物としてマークされているという。
    ジャニーズに詳しいライターが解説する。

    「有料のブログは閲覧できませんが、伊藤アナはラジオ『伊藤綾子の窓辺でブランチ』(TOKYO FM)のサイトでブログを継続しているんです。
    4月9日には、番組にゲスト出演したシンガーソングライター・高橋優(33)の楽曲について『心にぴったりとくっつく湿布のように治癒してくれるよう』と書いた。
    すると、嵐ファンは敏感に反応。二宮がCMキャラクターを務める湿布薬『サロンパス』を“匂わせている”と騒然となる事態に。
    こじつけのようにも思えますが、『湿布を出したいがために文章が不自然』などと、指摘されています」

    そうした中でネット上では伊藤アナに関する真偽不明な噂が”事実”として拡散されているという。

    ■伊藤アナへの攻撃は引退する日まで続く?

    前出のライターが語る。

    「伊藤は趣味がフラメンコだと公言しているのですが、4月中旬にはある嵐ファンが、『伊藤と同じフラメンコ教室に通っていた人』から聞いたというエピソードをツイートした。
    なんでも、その教室では伊藤自身が『ジャニーズと付き合ってる』と吹聴していたといい、報道が出る前の昨年の春頃に『近々ご報告できることがあります』と宣言していたとか。
    証拠の音源があるわけでないのに、嵐ファンはこの一件でさらに伊藤を敵視しているようです。
    こうした状況はさすがに伊藤アナが気の毒ですね」

    伊藤アナが「芸能界引退」を発表する日まで、嵐ファンの攻撃は続くのだろうか。もう一方の当事者、二宮は何を思うのか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1303322/
    2017.04.22 08:00 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】伊藤綾子がまた匂わせた?二宮和也を思わせる番組ブログで騒然¥¥】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/21(金) 09:37:31.36 ID:vfv+5m5w0
    1 AKB48
    2 AKB48
    3 AKB48
    4 AKB48
    5 乃木坂46
    6 乃木坂46
    7 乃木坂46
    8 欅坂46
    9 欅坂46
    10欅坂46

    これ以外になる可能性ってあるの?

    【嵐のCDが売れず年間CDトップ10がほぼ確定したわけだが】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/21(金) 00:02:09.13 ID:CAP_USER9
    4月19日に放送されたバラエティ番組「業界激震!?マジガチランキング」(Abema TV)にて、10代男女が選
    ぶ「マジで歌が上手いと思うミュージシャン」ランキングが発表され、物議を醸している。

    「ランキングの1位は、あまり世間で上手いというイメージのない、嵐・大野智でした。するとスタジオ出演者たちからは
    『えーー!』と驚きの声があがり、ゲストのスピードワゴン・井戸田潤も『大野くん1人の声なんて聞いたことないもん』
    と戸惑う一幕も。さらに竹山は『何このランキング?』『全然納得いかないですよ! だって歌が上手いって聞いてんのよ!?』
    と激怒し、『音楽ランキングだけは許せないからね!』と、番組の最後まで結果に納得がいかない様子を見せました」

    http://www.asagei.com/excerpt/79664

    【【嵐】大野智が「マジで歌が上手い歌手」1位にMCのカンニング竹山ブチギレ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/20(木) 14:12:38.82 ID:CAP_USER9
    4月19日に51枚目となるシングル「I’ll be there」を発売した嵐。初動の売り上げがわかる店頭入荷日の4月18日付オリコンデイリーランキングでは、22.5万枚を売り上げ第1位を獲得している。

    前作「Power of the Paradise」(2016年9月)は、「I’ll be there」と同じく「初回限定盤」「通常盤」の2形態で発売されており、店頭入荷日に22.6万枚、初週42.2万枚を売り上げた。
    しかし、同作は近年発売したシングルの中でも、売り上げが伸びなかった作品。同じく2形態で発売された、「復活LOVE」(16年2月)が48.5万枚、「愛を叫べ」(15年9月)が46.3万枚、
    「青空の下、キミのとなり」(15年5月)が50.1万枚を初週に売り上げていることを考えると、店頭入荷日の時点ですでに前作を下回っているのは、あまり良い結果とは言えないかもしれない。

    しかし「I’ll be there」は相葉雅紀が主演するドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の主題歌に使用されており、嵐ファンでなくても耳にする機会が多い。
    嵐のシングルがドラマ主題歌に使用されるのは、16年発売の「I seek/Daylight」以来約1年ぶり。
    同作は3形態での発売ということもあったが、ドラマ主題歌に使用されることで多くの人の耳に留まったのか、初週73.8万枚を売り上げ、嵐歴代3位の大ヒットを記録している(オリコン調べ)。
    そのことを併せ見ると、「I’ll be there」も今後じわじわと売り上げを伸ばしていくことも十分考えられる。

    すでにCDを手にしたファンは、楽曲についての感想を続々とネット上に投稿しており、早速盛り上がりを見せている。

    ミュージックビデオとメイキングが収録されている「初回限定盤」の特典映像の評判も上々だが、「通常盤」のみに収録されている楽曲「unknown」について、
    「最近の嵐の曲の中で1番好き」「『I’ll be there』より『unknown』のほうが好きかも」と高評価する声が多く上がっている。

    ファンから支持を集める「unknown」は、ミディアムテンポで落ち着いた雰囲気の1曲。
    発売前から櫻井翔がラップ詞を担当することで話題を集めており、“サクラップ”への期待が高まっていたこともあり、
    「こんな感じの曲調でも、ラップをいい感じに乗せられるんだね~意外だけど最高」「ちょっと聞いただけで大興奮。
    低音の囁くようなサクラップがセクシーすぎてヤバい……!!」との感想が続々と投稿されている。

    店頭入荷日の記録はイマイチだったが、ドラマの力と“サクラップ”の人気が後押しし、今後売り上げを伸ばすことができるだろうか……?

    http://dailynewsonline.jp/article/1302713/
    2017.04.20 12:02 ジャニーズ研究会

    【嵐のニューシングル「I'll be there」のカップリングのサクラップがカッコイイと話題に】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/19(水) 12:37:28.92 ID:CAP_USER9
    4月17日放送の『ネプリーグ SP』(フジテレビ系)に、同日から放送がスタートする主演ドラマ『貴族探偵』(同)の共演者とともに嵐・相葉雅紀が登場し、番組を大いに盛り上げた。

    相葉は、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)など、自身のレギュラー番組でクイズに挑戦することはあるものの、ゲストとしてクイズ番組に出演するのは珍しい。
    うっかりすると“おバカ”がバレてしまう可能性もあるクイズ番組だが、相葉はいい意味でファンを裏切る活躍を見せていた。

    番組内では、相葉率いる「貴族探偵チーム」と、司会のネプチューン率いる「ネプチューンチーム」に別れ、一般教養程度の問題が出題される。
    相葉は漢字の読み書き問題で、連続6問正解の大活躍。これには敵のネプチューンチームからも、「すごいね~」「相葉くんすごかったよ!」と感心の声が上がっていた。

    また、「漢字の部首を答える」という問題で、貴族探偵チームの武井咲が「部首ってなに?」と聞くと、相葉が「あの、左の」とフォローする場面も。

    しかし、相葉はこの部首を答える問題で珍回答をしてしまう。制限時間内にチーム5人で10個の問題に答えるのだが、
    相葉は使える時間が十分にあるトップバッターだったため、いきなり1番難しい問題に挑戦する。
    その心意気は立派なのだが、「延」の部首を「しんにょう? きんにょう? ひんにょう?」と3連続で不正解(正しくは「えんにょう」)。
    しかも、“頻尿”という赤っ恥な単語まで飛び出してしまい、『貴族探偵』の共演者にも笑われる始末であった。
    この回答はネプチューンチームからもイジられ、相葉は「ボク、頻尿じゃないです!」と必死に撤回するのだった。

    せっかく活躍していた相葉だが、「“ひんにょう”は一発アウトだよ相葉ちゃん!(笑)」
    「さすがやらかしてくれるな~新たな伝説を作ったね」「ゴールデンタイムのテレビで“ひんにょう”はやめて!」と、ファンからはツッコミが飛んでいた。

    ドラマでは“貴族”を演じる相葉だが、クイズでは普段の“相葉ちゃん”が飛び出してしまったよう。
    しかし、そんなギャップこそがファンと、共演者の心をくすぐるチャームポイントなのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1302304/
    2017.04.19 11:55 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】相葉雅紀、まさかの”おバカ”がバレる事態に】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/17(月)23:22:22 ID:CTR
    ええんか…

    【【悲報】嵐、名曲がない】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/19(水) 12:27:01.00 ID:CAP_USER9
    フジテレビの月9枠に引導を渡すのだろうか。4月17日に放送された嵐・相葉雅紀(34)主演の新月9ドラマ『貴族探偵』が、平均視聴率11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。
    3クールぶりの2ケタ視聴率だが、視聴者の反応は真逆。「今期のドラマで1番つまらない」「相葉ちゃんが下手すぎる」と酷評の嵐だった。

    ■序盤から苦笑の展開?「名俳優の無駄遣い感が半端ない」

    豪華キャストを揃えたミステリードラマ『貴族探偵』。初回は30分拡大して放送された。初回の舞台は、死体を投げ込むと消えるという伝説を持つ“鬼隠しの井戸”があるガスコン荘。
    ガスコン荘のパーティーに招かれた高徳愛香(武井咲・23)は、鬼隠しの井戸で死体を発見する。警察とともに犯人探しを始めようとした高徳らの前に、貴族探偵(相葉)たちが現れる。

    放送翌日に発表された平均視聴率は、11.8%。久しぶりに2ケタ台の高い数字だが、視聴者の間では阿鼻叫喚。
    「名俳優の無駄遣い感が半端ない」「今期のドラマで1番つまらない」「もう月9は復活無理」「全てが微妙に外れている。さすがフジテレビ」と様々な角度からダメ出しが相次いだ。
    また放送終了時点で、「さようなら、来週はもう見ません」と視聴リタイアを宣言する人も続出した。

    「視聴率は初回放送に対するご祝儀。おまけにフジが『社運をかけたドラマ』なんて大仰に宣言したから期待して見た方もいたはず。
    だがいざフタを開けてみれば、いつも通り脚本と演出に難あり。一部キャストのセリフのやり取りに不必要なテロップを付けたりテンポ感の悪いストーリー進行を展開したりして、苦笑いしか出てこない。
    前クールの『突然ですが、明日結婚します』の最低記録を塗り替えても、何ら不思議はない」(報道関係者)

    そして今回戦犯に挙げられるであろう一人が、貴族探偵役の相葉だ。

    「上流階級出身らしいということ以外、本名も年齢もナゾの紳士」という設定の相葉は、放送が10?15分ほど経過したところで
    「ようこそ我が家へ」と自身が前回出演した月9ドラマのタイトルを言って登場するや、すぐさま棒読みの演技を開始した。

    ファンの間でも非難が殺到。「ドン引きするレベルで、相葉ちゃんが下手すぎる 」「相葉くんが出てない時の方が面白い」「声も高いし、貴族オーラゼロ。
    衣装が学芸会? って位、わざとらしい」「相葉ちゃん、打ち上げの時に『みなさんにご迷惑おかけしましたぁ』って言って泣きそう」と酷評のオンパレードとなった。

    「驚くほどの棒読みで、表情作りも含め、単純に演技が下手。おまけに貴族役が全然似合わない。
    ネット上では嵐の他メンバーや及川光博(47)、ディーン・フジオカ(36)なら『まだマシだったのではないか』という議論も噴出していた。
    終始声が震えていた中山美穂(47)と並んで、他キャストの足を引っ張りまくっている」(前出・報道関係者)

    見事に視聴者の期待を裏切ったフジテレビの『貴族探偵』。怒れる視聴者の反撃にあって、お先はもう真っ暗か。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1302232/
    2017.04.19 11:40 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】相葉雅紀の『貴族探偵』に視聴者が絶句「今期ドラマで1番つまらない」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/18(火) 19:25:02.64 ID:CAP_USER9
    嵐の相葉雅紀(34)が主演を務める月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)が4月17日に30分拡大でスタートし、初回の平均視聴率が11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。
    毎クールのように低視聴率が話題になる月9で初回二桁を記録したのは3期ぶり。「月9にしては高視聴率」といえる好スタートとなったが、
    ネット上の視聴者の間では「主演の棒読みが酷い」「学芸会レベル」などと演技を酷評する声が続出。
    次回以降の数字が不安視される状況となっている。

    ■相葉の棒演技に「学芸会レベル以下」と酷評の嵐

    同作は麻耶雄嵩(47)の推理小説「貴族探偵」とその続編「貴族探偵対女探偵」を原作に、1987年から始まった「月9」枠の30周年を飾る勝負作。
    貴族を名乗る謎の青年(相葉)が主人公であり、召使いに推理をさせて本人は何もしないという異色の探偵モノとなっている。

    初回は女性探偵の高徳愛香(武井咲・23)が殺人事件に遭遇し、警察とともに推理をしている最中に「貴族探偵」が登場。高徳とどちらが先に犯人を割り出せるかを競い合うという内容だった。

    相葉と武井がメインキャストとなるが、貴族探偵の師匠役の井川遥(40)、メイド役の中山美穂(47)、執事役の松重豊(54)、刑事役の生瀬勝久(56)、
    さらにスマホの秘書アプリの音声を仲間由紀恵(37)が担当するなど豪華メンバーが脇を固めている。その演技は「さすが」のひと言であり、文句のつけようがない。

    また、人気小説の実写化ということで原作ファンの反発が心配されたが、こちらも「原作とは内容が違うけどコンセプトをしっかり踏まえてて信頼できる」
    「ここまで原作の世界観を再現してくれるとは」と好評。もちろん批判もあるが、おおむね脚本や演出は合格点以上といえそうだ。

    ところが、肝心の主演を務める相葉の演技が批判の的になっている。

    ネット上では「相葉くんの演技がヘタすぎてガッカリ」「可哀想なくらい相葉くんの棒演技が目立つ」「どう見ても貴族って感じじゃない」「ドラマ面白いのに相葉の大根演技で台無し」
    「よりによってなぜ相葉くんだったのか……」「相葉ちゃんの演技が学芸会レベル以下」などと酷評の嵐だ。初回は開始17分過ぎまで主人公が登場しないという異例の構成だったが、
    一部視聴者からは「貴族探偵が出てくるまでは良かった」という声が漏れてくる始末である。

    「もともと相葉さんは演技が上手いイメージはなくバラエティ向きのメンバーですが、それにしても今回は目を覆いたくなるほど酷い。
    『貴族』というキャラクターを意識し過ぎたせいで役作りに失敗しているように感じられます。
    さらに演技派の豪華な脇役陣をそろえたことで、余計に相葉さんの演技が悪目立ちしている。そもそも貴族役に相葉さんが適任だったのかという疑問もあり、
    嵐のメンバーを主演に据えたいだけで起用してしまった制作サイドのキャスティングミスともいえそうです」(テレビ誌編集者)

    http://dailynewsonline.jp/article/1302102/
    2017.04.18 19:08 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】相葉雅紀『貴族探偵』が好スタートも”棒演技”に酷評相次ぐ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/18(火) 09:06:37.50 ID:6w8cZuTA0
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ「貴族探偵」(月曜後9・00)が17日に30分拡大でスタートし、
    初回の平均視聴率は11・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。
    2桁発進で、苦戦していた同局の看板ドラマ枠「月9」復活のノロシを上げた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000091-spnannex-ent

    【【嵐】相葉雅紀主演「貴族探偵」初回視聴率11・8%の好スタート!】の続きを読む

    このページのトップヘ