タグ:山P

    1: 2019/02/01(金) 18:14:15.08 ID:nVsj0+xu9
    大手映画4社で作る日本映画製作者連盟が先日、2018年の興行収入が前年比2・7%減の2225億1100万円だったと発表。

    邦画と洋画を合わせた興収のトップは11月に封切られ、現在も上映中の「ボヘミアン・ラプソディ」(104億6千万円)で、邦画の1位は「劇場版コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」(93.0億円)だった。

    邦画の2位は「名探偵コナン ゼロの執行人」(91.8億円)、3位は「映画ドラえもん のび太の宝島」(53.7億円)。4位が昨年の「カンヌ国際映画祭」で最高賞(パルムドール)を獲得した「万引き家族」(45.5億円)。

    邦画実写版では、山Pこと山下智久が主演を務めた「コード・ブルー」がぶっちぎりの1位となったが、続々と発表されている映画賞では、まったくキャスト陣の名前があがっていない。

    「『万引き家族』はリリー・フランキーが主演男優賞、安藤サクラが主演女優賞、松岡茉優と亡くなった樹木希林さんが助演女優賞を受賞したり、ノミネートされている。
    ところが、『コード・ブルー』に至っては、驚くほどどの映画賞でもキャストたちの演技が評価されていません」(映画ライター)

    山Pといえば、かつてはかなりの素行不良気味で、干されかけた時期もあったが、映画のヒットによってジャニーズ内で見事に“復権”した印象。
    しかし、映画の中での扱いがあまり良くなかったため、演技力を評価しにくくなってしまったというのだ。

    「今さらネタバレになりますが、山Pが演じた主人公が救護中のアクシデントにより負傷。緊急搬送されて後半はほとんどベッドの上で過ごしており、セリフすらありません。
    もっと見せ場を作るべきだったのでは」(芸能記者)

    それでも映画は大ヒットしただけに、山Pにとっては不完全燃焼だったに違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1675327/
    2019.02.01 12:50 リアルライブ

    【主演作がぶっちぎりの邦画興収1位でも、山下智久が全く評価されなかった理由】の続きを読む

    1: 2019/01/21(月) 06:42:14.41 ID:SJoZOHCK9
    2019/01/21 06:00:00
    山下智久、義手を持つ変わり者の天才科学者に! 4年ぶりTBS連ドラ主演

    歌手で俳優の山下智久が、4月スタートのTBS金曜ドラマ『インハンド』(毎週金曜22:00~)で主演を務め、変わり者の天才科学者役を演じることがこのほど、明らかになった。山下がTBS連続ドラマで主演を務めるのは、『アルジャーノンに花束を』(2015年)以来、4年ぶりとなる。

    『イブニング』(講談社)で連載中の朱戸アオ氏による同名漫画を原作とする同ドラマは、右手に黒いロボットハンドのような義手を装着している変人天才科学者・紐倉哲(山下)が、お人好しで正義感の強い熱血助手、クールでやり手な美人官僚とともに、次々と巻き起こる難事件をあっと驚く科学的な方法で鮮やかに解決していく1話完結のヒューマンサイエンスミステリー。寄生虫学者の紐倉は、箱根の巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしているという、人嫌いでドSな変わり者だが博識で天才的な頭脳を持つ男だ。

    山下は「事件解決という鉄板のストーリーの中に、サイエンス要素も織り交ぜられていて、これまであった事件解決の物語とは角度の違う方法で解決をしていく展開が新しいと感じました。寄生虫や微生物などミクロに精通した科学者が、ミクロを通してのマクロを解き明かしていくという方法が今まであったものと違うのでワクワクします」と原作の魅力を語る。

    演じる紐倉については「ひょうひょうとしていて人間味があるようでないような、ミステリアスな人物です。一見何を考えているのか分からない変わり者ですが、どこか陰を感じさせる部分があって。でも実は人の心をしっかり分かっているところが紐倉の一番の魅力だと思います。普段はあえて人の熱に触れることを避けているように見えるけど、本当に救ってあげないといけない人が目の前に現れた時には、自分が人生の中で培ってきた経験を相手としっかり共有して救い出す。それは彼がこれまでの人生で様々な葛藤、苦しみをしっかり味わってきたからこそ、出せる光と影だと思います」と分析。

    そして、「紐倉の陰と陽の二面性がすごく面白い部分だと思うので、そこは緩急をつけてしっかり表現していきたいです。彼はものすごく切なく苦しい過去を抱えているのですが、そこが陰であり裏の部分。その裏があるからこそ、ひょうひょうとしたつかみどころのない不思議なキャラクターになっていると思うんですよね。大人になるにつれて、社会に合わせるために本当の自分を隠していくことって多いじゃないですか。紐倉はその究極という感じがしています」と語り、「紐倉が持っている本当の人間的な部分は序盤は隠しながら演じていくと思います。感情レベルがMAX5だとしたら、2くらいかな。そのバランスも数学的に考えながら演じたいなって。きっと紐倉は科学者なので、いろいろな物事をそんな風に数学的に考えているんじゃないかなと思うんですよね」と明かす。

    また、「変わり者を演じるのはめちゃくちゃ難しい。やり過ぎると引かれてしまうし、バランスが大事だなと思います」とも言い、「僕自身も割と紐倉と同じタイプなので、彼の生き方には共感できる部分がすごくあります。今まで演じてきた役の中では比較的自分を出しやすいキャラクターな気もするので、紐倉と僕でいい化学反応を起こせるんじゃないかと思っています。紐倉との出会いを大切にして、丁寧に作っていきたいです」と意気込み。さらに、ロボットハンドについて「形、色、フィット感を何度も調節していただいて、やっと僕の手になじむロボットハンドが出来上がりました。初めて手に装着した瞬間から、もう始まったんだという気持ちになりました。違和感もなく、かっこよくていい感じです」と話した。
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    no title

    no title

    https://news.mynavi.jp/article/20190121-758871/

    【山下智久、義手を持つ変わり者の天才科学者に! 4年ぶりTBS連ドラ主演 『インハンド』】の続きを読む

    1: 2018/12/18(火) 00:23:06.27 ID:Gh0a9ftdF
    なんで天下取れなかったんや

    【山下智久とかいう顔だけは最強の男wwwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/12/12(水) 00:03:50.88 ID:a1dLBkc0d
    コードブルー
    カバチタレ
    IWGP
    プロポーズ大作戦
    Stand up!
    ランチの女王
    野ブタ。をプロデュース
    ボク、運命の人です
    クロサギ
    ブザービート

    【山Pという神ドラマ引き当て人wwwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/12/10(月) 07:07:22.35 ID:CAP_USER9
    歌手の山下智久(33)が9日、横浜アリーナで全国ツアー最終公演を開いた。
    2年ぶりの全国ツアーで、この日は昼夜2公演で計3万人を魅了。開演前の取材では、年内で芸能界を引退する先輩・滝沢秀明(36)への思いを語った。

    「事務所の先輩というより、人生の先輩という感覚。少年時代から“裏方をやりたい”と言っていたので、プロデュース業に回っても違和感はないです」

    山下のアイドル人生は、滝沢抜きには語れない。ドラマで見た滝沢に憧れて事務所に入り、
    滝沢がリーダーとして率いたジャニーズ??で大きく成長。靴下の洗い方を教わったのも、「山P」の愛称を付けて大きく売り出したのも滝沢だ。

    「仕事への向き合い方は、先輩の背中で学んだ」と山下。「(愛称が)こんなに浸透するとは思ってなかった」と笑いながら「滝沢くんからの最高のギフト。大切にしていきたい」と力を込めた。

    大みそかに東京ドームで開かれる「ジャニーズカウントダウンライブ」で、一夜限りで復活する「タッキー&翼」と競演する。
    「“ありがとう”の気持ちで、楽しみながら送り出したい」と最後の勇姿を目に焼き付ける。

    万感の思いで締めくくる2018年は、意義深い一年だった。7月公開の主演作「劇場版コード・ブルー」は、興行収入92億円超の大ヒット。
    今年公開の映画で堂々の1位で「みんなが僕にプレゼントしてくれた」とファンに感謝した。9月には沖縄で安室奈美恵さん(41)のラストライブにゲスト出演。「人生で忘れられないライブになった」としみじみ振り返った。

    この日の公演は、新アルバム「UNLEASHED」の収録曲を中心に28曲を披露。「StrAwbErry」の歌唱中には、女性ダンサーにシャツを脱がされ、引き締まった上半身がチラリと見えるなど、悲鳴のような歓声を浴びた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15716079/
    2018年12月10日 4時0分 スポニチアネックス

    【山P「人生の先輩」タッキーと大みそか最後の共演「楽しみながら送り出す」】の続きを読む

    1: 2018/11/03(土) 22:18:13.59 ID:CAP_USER9
    山下智久の約4年ぶり通算5枚目となるオリジナルアルバム『UNLEASHED』(11月28日発売)のアートワークと収録内容が公開され、人気ユニット「修二と彰」「亀と山P」の“相方”、KAT-TUNの亀梨和也と作詞を共作した新曲が含まれることが明らかになった。

     本作は、初回生産限定FEEL盤/LOVE盤(いずれもCD+DVD)は11曲入り、通常盤(CD)はボーナストラックを含む12曲入り。山下は1曲を除いてほぼすべての作詞を手がけているが、7曲目の「Dancer」に亀梨が参加している。SNSでは「めっちゃ楽しみ」「早くゲットしたい」と“亀と山P”のコラボに歓喜している。

     山下は全国コンサートツアー『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED -FEEL THE LOVE-』(15ヶ所33公演)の真っ只中。アルバムはツアー中に発売される。初回限定盤2形態には、2016年に行われたツアー『FUTURE FANTASY』のダイジェスト映像(収録曲はそれぞれ異なる)などが収められる。

    ■オリジナルアルバム『UNLEASHED』収録曲
    01. UnleAsHed
    02. You Make Me
    03. Paraiso
    04. Right moves
    05. LOOK AT ME, LOOK AT ME
    06. 秒針
    07. Dancer
    08. “H”
    09. StrAwbErry
    10. AI
    11. With you
    12. あの日の香り(通常盤ボーナストラック)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000339-oric-ent

    【山下智久、4年ぶり新アルバムに亀梨和也が参加】の続きを読む

    1: 2018/10/10(水) 18:57:17.20 ID:CAP_USER9
    落ち着くどころか、さらに行動がエスカレート!?

    ジャニーズの新人グループ・King & Princeのメンバーが乗車する新幹線にファンが殺到して、新幹線に遅れが出るという騒動が先月、仙台駅にて発生。
    集まったファンの中には駅員の注意を無視して、新幹線の窓に張り付いて中の様子をうかがったり、手すりによじ登ったりする者もいたという。
    また、一般客として新幹線に乗車した小学女児がファンに倒されて数カ所打撲しており、女児の家族は警察に連絡済みということで傷害罪が適用される可能性もあるそうだ。

    この騒動はテレビ番組でも紹介されただけに、ジャニーズファンの間でも一部のモラルのないファンに対する嫌悪感が高まっているのが現状だ。
    しかしながら、またしても一部ファンの暴走行為でタレントがケガを負うアクシデントが起きてしまったようだ。

    「山下智久は2日に『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED -FEEL THE LOVE-』の大阪公演を開催していますが、
    山下が客席に下りる演出でファンにもみくちゃにされてしまうというハプニングが起こっています。
    その際も一部の観客が座席を離れる大移動が起きていましたので、山下がいる場所に人が集まり過ぎてしまったのもありますが、
    山下の腕には引っかかれてできたとみられる傷ができていたという投稿がツイッター上で複数確認されています」(エンタメ誌ライター)

    そのため、ファンからも「客席の民度低すぎる」「山Pがかわいそう」
    「タレントが観客席に来るような演出がなくなったらどうするの」など、暴走するファンへの怒りの声が多数見受けられている。

    「山下自身もこうしたひっかき傷を負うことは初めてではなく、以前にはテレビ番組でその引っかき傷を見せて、ファンに爪を切るように促していたこともありました。
    そういった過去があるだけにマナーを守ってライブを楽しんでいるファンがやるせない気持ちになってしまうのは無理もないです」(前出・エンタメ誌ライター)

    さらにHey!Say!JUMPが7日に新潟でのコンサートを終え、新幹線で東京駅に戻った際も、
    マナーの悪いファンが目立っており、メンバーや駅を利用していた一般人に迷惑をかけていたという情報が拡散されている。

    こういったトラブルが続くと、今後イベント自体が中止となってしまう可能性もあり得るだけに、心当たりのあるファンはもう少し重く受け止めてほしいところだ

    http://dailynewsonline.jp/article/1537686/
    2018.10.10 18:15 アサジョ

    【今度は山Pの腕にひっかき傷!?度重なるジャニーズファンの「問題行動」】の続きを読む

    1: 2018/09/22(土) 21:00:05.84 ID:CAP_USER9
     山下智久の未発表の新曲「Never Lose」が、10月6日スタートの読売テレビ・日本テレビ系テレビアニメ
    『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~Season 2』(毎週土曜 後5:30)のオープニングテーマに決定した。


     山下は「このたび、読売テレビ・日本テレビ系テレビアニメ『逆転裁判~その「真実」、異議あり!~Season2』の
    オープニングテーマを担当させていただくことになりました。すてきな機会をいただき、ありがとうございます」
    と報告。「久しぶりの新曲でもありますので、ぜひ、オープニングテーマ『Never Lose』と一緒に楽しんでご覧ください」
    と呼びかけている。

     同曲は約4年ぶり通算5枚目のオリジナルアルバム『UNLEASHED』(11月28日発売)には収録されず、
    来年初頭頃にシングルとして発売予定としている。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000327-oric-ent
    no title

    【山下智久、未発表新曲「Never Lose」がアニメ『逆転裁判』OPに 来年シングル化】の続きを読む

    1: 2018/09/15(土) 15:05:11.964 ID:RNMgtaqVH
    金曜日のMステみたらNEWS4人しかおらんくてワロタ

    【【悲報】いつの間にか山PがNEWS抜けててワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/08/26(日) 15:12:47.64 ID:CAP_USER9
    フジテレビの人気ドラマを映画化した「劇場版 コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―」(7月27日公開)が絶好調だ。
    観客動員数は500万人、興行収入は64億円を超えて100億円に迫ろうとしている。

    人気ドラマシリーズの映画化であり、ヒットは当然との見方もあるが、大成功の裏には、フジの並々ならぬ覚悟があった。

    最近のフジは高視聴率ドラマが減少し、とりわけ“月9”は苦戦が目立つ。そこで、満を持して放送されたのが昨年7月期の「コード・ブルー THE THIRD SEASON」だった。
    この「3rd」の制作決定と同時に映画化も決まったのだが、そこに至るまでが険しい道のりだった。フジとジャニーズ事務所の間で調整が難航し、企画が暗礁に乗り上げる寸前だったらしい。

    「フジがドラマ『コード・ブルー』の制作前にジャニーズ事務所に打診したところ、主演の山下智久を降板させて若手のジャニーズタレントを主演にできないか、逆に打診されたというのです。
    それだけではありません。若手色を出すために、それまでの主要メンバーは成長して病院を出ていったという設定に変えてほしいという話でした。
    彼らはスポット的に出演することはあっても、これまでとは全く違った設定に変えることが、
    ジャニーズ事務所がドラマ制作に協力する条件だったのです。それは映画に関しても同じでした」(芸能事務所関係者)

    ほかの研修医についてもジャニーズの若手を使うことが条件に含まれていたようだ。
    しかし、フジはこの要求を突っぱねたという。

    「どうしても山下を使いたいというより、新垣結衣を降板させるわけにはいかないというのがフジの本音でした。
    そもそも『コード・ブルー』はガッキーの出世作であり、その前年の『逃げ恥』で再ブレーク。
    ガッキー頼みの『3rd』と言っても過言ではありませんでしたからね」(前出の芸能事務所関係者)

    最終的に、ジャニーズ側が折れる形で、山下の同ドラマ主演が決まる。とはいえ、もし、これが失敗していたら、山下の立場はますます危うくなっていたに違いない。

    「2年前に放送されたTBS系の連ドラ『せいせいするほど、愛してる』は、滝沢秀明ではなく山下が主演する予定でした。
    しかし、山下は同時期に中国映画『解碼遊戯』の撮影が入ったため、ドラマのオファーを断ったのです。
    映画の出演を勧めたのは、稲垣吾郎たちと一緒にジャニーズを退所したSMAPの育ての親である飯島三智氏でした。
    どちらに出演するか決断を迫られた山下は中国映画を選択。この決断に事務所は激怒しました。
    さらに、中国映画は完成はしたものの、日本での公開は未定。このままだと日本公開が見送られる可能性すらあります。
    山下の事務所内での立場は今も深刻な状態といえます」(前出の芸能事務所関係者)

    ところが、いざフタを開けてみると、同ドラマの平均視聴率は14.6%を獲得。
    従来のファンに新たなファンを加え、昨年の勢いそのまま映画の大ヒットとなった。
    もっとも、山下のジャニーズでの地位が回復したわけではない。

    「映画が成功したからといって、今更、ジャニーズが山下を優遇するとは思えません。山下にとっても、ジャニーズに残る理由はますますなくなりつつあります。
    去る者を追わないし、邪魔もしないのが今のジャニーズです。
    飯島氏率いる新事務所カレンの『新しい地図』は好調ですし、稲垣吾郎は民放ドラマにも出演しました。
    山下のカレン入りが現実味を増した感じです。独立はそう遠くないでしょう」(芸能ライターの弘世一紀氏)

    コード・ブルーの成功は、崖っぷちだったフジと山下も緊急救命したようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000008-nkgendai-ent
    8/26(日) 9:26配信

    【「コード・ブルー」好調も…山下智久が“降板寸前”だった舞台裏】の続きを読む

    このページのトップヘ