タグ:山田

    1: 2016/07/26(火) 16:03:20.69 ID:CAP_USER9
    7月23日~24日にかけて放送された『FNS27時間テレビフェスティバル!』(フジテレビ系)。
    多数あるプログラムの中で、特にジャニーズファンが注目していたのが、24日の午前4時ごろから放送された「『いただきハイジャンプ』×『キスマイBUSAIKU!?』超合体フェス!」。
    Hey!Say!JUMPとKis-My-Ft2がバラエティ番組で初共演、しかも生放送のスタジオで「カッコいいキス対決」を披露することもあり、放送前からファンの期待が高まっていたのだ。

    『超合体フェス!』は、Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』をベースにした対決「プールで彼女が落としたアクセサリーをカッコよく飛び込んで拾う」
    「デート前に浴びるカッコいいシャワー」や、「ガチンコ水泳リレー対決」を行い、2組で得点を競った。
    両グループともジャニーズを引っ張る若手グループなだけに接戦になるかと思いきや、結果はなんとキスマイの圧勝。
    2013年から始まった『キスブサ』で、女心とカッコいい演出の仕方を学んできたキスマイメンバーの努力が実ったようだ。

    しかし、JUMPも初参戦とはいえかなり気合いが入っていた様子。
    対戦前には山田涼介が「(Kis-My-Ft2は)日ごろからボクたちをちょっとライバル視してるところがあるんで、負けたくないなと思ってます!」
    とキスマイを挑発し、勝敗が発表されたあとには悔しそうに「もう1回勉強しなおして、挑みたいですね!」と、再戦を予感させるひとことを残していた。

    そして最後には、宮田俊哉が「いつでも待ってるから!」「いつでも来いよ!」と山田に向けて声をかけ、
    「悪いけど、眼中にねーから!」と返すやりとりで笑いをとったのだが、そのシーンがファンの間で物議を醸し、放送後ネット上は大騒ぎとなってしまったのだ。

    キスマイファンは「山ちゃんの『眼中にねぇ』発言すごく腹立つ」「山田くん、ちょっと宮田くんをバカにしすぎでしょ」
    「最後の山田くん、宮っちへの当たりがちょっと強すぎる。なんか残念」と、山田の発言を快く思わないといった声や、
    「宮田くんのファンは、山田くんのこと怒らないよー。おいしくしてくれてありがとう!」「宮田くんのキャラを分かってくれてる上での発言だろうし、ああしないとオチないよ。
    2人ともうまいなぁと思ったんだけどな……」と、バラエティ番組ならではの盛り上げ方だったという、2つの意見であふれていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/1169770/
    2016.07.26 07:00 ジャニーズ研究会

    no title

    【Hey!Say!JUMP対Kis-My-Ft2、山田涼介の「眼中にねえよ!」発言でファン紛糾】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田、知念を煽るwwwwww】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】知念、激怒する】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田、知念のラブラブエピソードwwwww】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田、絵の教室に通うもセンスがないと言われるwwww】の続きを読む

    1: 2016/06/11(土) 14:28:34.37 ID:CAP_USER9
    4月末にネット上で流れた、「Hey!Say!JUMPのメンバー同士が結婚式を挙げている」という目撃情報。
    ファンの間では、ドラマなのか、コンサートのためのVTR収録なのかと憶測が盛り上がったが、
    その後、5月に発売されたテレビ情報誌で、彼らのレギュラー番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)の撮影であったと判明。
    そこにはウエディングドレスを着たメンバーの写真が掲載されており、放送当日までファンの期待が高まっていた。
    そしてそのロケが、6月8日深夜放送の同番組で放送されたのだ。

    今回ロケに行ったのは、山田涼介、中島裕翔、有岡大貴、八乙女光の4人。
    「普通の結婚式じゃ物足りない……」という視聴者の悩みを解決するべく、
    マシュマロキャッチやブロッコリートス、サッカーボールでウエディングベルを鳴らすという3つの“ちょい足し”を行った。
    新郎・新婦・司会・列席者の配役は企画ごとに変わり、山田、中島、有岡の順でウエディングドレス姿を披露したのだが、あるメンバーの花嫁姿が大不評となってしまった。

    まずはじめに新婦役を務めたのは山田。真っ白なウエディングドレスを身にまとい、リップまで付ける気合の入りように、
    新郎役の中島は「もう普通に女の子!」「目合わせらんない」と、すっかりデレデレの様子。
    女装姿がしっくりきてしまうところは、さすがHey!Say!JUMPのセンターだ。しかし、実は2012年に放送されたドラマ『理想の息子』(日本テレビ系)でもウエディングドレス姿を披露している。
    まさかの2回目となった山田は、「初めてって言いたいんだけど、あるんだよね!」と、笑いをとっていた。

    次は有岡が新郎、中島が新婦役を務めるが、2人の身長差が際立つ結果に「新婦デカ! 新郎小っちゃ!」と、他のメンバーからヤジを飛ばされてしまう。
    しかし、スラリとした中島の体形には、山田が思わず「さまになるね!」と褒めていた。
    中島自身、メイク担当から「かわいい!」と言われたそうで、「だんだんちょっとソッチの方に誘われていった」と、
    まんざらでもない様子。すっかり仕草も女性らしくなっていく中島であった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1143962/
    2016.06.11 12:00 ジャニーズ研究会

    1


    【【Hey!Say!JUMP】山田涼介に「痩せろブス」と言われてしまったのは誰?】の続きを読む



    【【HeySayJUMP】山田がモー娘のLOVEマシーン踊る】の続きを読む

    1: 2016/05/26(木) 15:43:16.20 ID:MQwTTB8up
    vpQ4mU7

    あかん

    【【HeySayJUMP】山田の鋼の錬金術師の実写版画像wwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2016/05/24(火) 05:07:53.15 ID:CAP_USER9
    2016-05-24 05:00

    Hey! Say! JUMPの山田涼介(22)が、人気漫画を実写映画化する『鋼の錬金術師』(2017年冬公開)に主演し、
    主人公のエドワード・エルリックを演じることが23日、わかった。

    ヒロインで機械鎧(オートメイル)技師のウィンリィ・ロックベルを本田翼(23)、
    原作でも人気の高い“焔(ほのお)の錬金術師”ロイ・マスタング大佐はディーン・フジオカ(35)が演じる。

    荒川弘氏による原作、通称“ハガレン”は、幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスの
    波乱に満ちた冒険と成長のストーリー。01年に月刊『少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載がスタートし、
    テレビアニメやアニメ劇場版を機に爆発的な人気を獲得。全世界でシリーズ累計発行部数7000万部超という記録を打ち立てた。

    エドワードとアルフォンスの兄弟は、母親を生き返らせるために“錬金術”の最大の禁忌“人体錬成”を行い、失敗。
    その代償としてエドワードは体の一部を失い、右手と左足が機械鎧に。
    アルフォンスは体全てを失い、魂を大きな鎧に定着させた体になってしまう。
    やがてエドワードは国家錬金術師となり“鋼”の二つ名を授かり、失ったすべてを取り戻すため、
    兄弟は絶大な力を秘める“賢者の石”を探す壮大な冒険の旅を繰り広げる。

    監督を務めるのは『ピンポン』(2002)の曽利文彦氏。自ら企画を立ち上げるほどストーリーに強く引かれ、
    「“生きていくことの真実”を描いた、このすばらしいストーリーを幅広い世代にご覧いただけるよう、
    チーム一丸となって全力で取り組んでいきたい」と熱意を込める。

    ジェームズ・キャメロン監督の『タイタニック』でCGを手掛けた経験もある曽利監督は、
    原作ファンが気になるであろうアルフォンスの表現方法について
    「満足していただけるものをお見せできると思う。自信があるから映画化に踏み切ったと言えるくらい」と話している。

    大役を務める山田は「原作が好きだからこそ、どんな作品になるのか疑問と想像がふくらみ、
    自分がこのプレッシャーに勝てるのか?という気持ちもありました」と重圧を吐露。
    アクションシーンも見どころの一つになるが「できる限りスタントは入れず、自分を追い込んでやってみたいと思っています。
    CGなどの技術の発達がある今この時代だからこそ、実現できる。
    原作ファンの方にはもちろん、原作を知らない方にも、この作品のすごさをスタッフ・キャスト一同で作り上げていけたらと、
    身体を鍛え役への理解を深めることで、今は決意が固まりました」と覚悟をにじませた。

    原作の大ファンを公言する本田は「プレッシャーがすごいです。
    原作ファン、そして私たちの世代にこそ観てほしいし、観たいと思わせる作品にできたらと思っています」と意気込み。
    ディーンは増量して役作りに励むといい、「学生時代にはボクシング、俳優のキャリアを始めてからは
    中華武術やテコンドーを含め日常的に練習し、過去の仕事でもアクションを撮影してきたので、
    その経験が今回の新しいチャレンジに生かせるよう頑張ります」とコメントを寄せた。

    そのほか、マスタング大佐の親友ヒューズ中佐役に佐藤隆太、
    マスタングの側近ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子、ロス少尉役に夏菜、
    重要な役割を担う国家錬金術師のタッカ―役に大泉洋、ドクター・マルコー役に國村隼、
    そしてハクロ将軍役で小日向文世が出演。

    エドとアルの冒険に立ちはだかる敵役も豪華キャストが集結し、ホムンクルス(人造人間)である
    謀略に長けた“色欲”のラスト役に松雪泰子、“嫉妬”のエンヴィー役に本郷奏多、
    “暴食”のグラトニー役に内山信二、ホムンクルスと共謀するコーネロ教主を石丸謙二郎が演じる。

    原作者の荒川氏は「マンガでは豆粒ドチビのすぐキレる主人公なので、山田さんに演じていただくのは、
    なんだか申し訳ない気分です…!!(あ、ヒロインもすぐキレますね。すみません…)
    曽利監督はマンガ表現とリアル部分をつなぐCGを上手に使われる方なので、
    アニメやゲームとはまた違った表現を見せていただけそうで楽しみです!」と期待を寄せている。

    6月にイタリアロケから撮影がスタートし、日本での撮影を経て8月下旬に撮影終了を予定。
    配給のワーナー・ブラザース映画は、世界戦略を視野に入れている。


    ・山田涼介主演で『鋼の錬金術師』が実写化。本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子らが共演する
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20160524/2072150_201605240380136001464033620c.jpg
    http://www.oricon.co.jp/news/2072150/full/

    【【HeySayJUMP】山田涼介主演で『鋼の錬金術師』が実写化 本田翼、ディーン・フジオカらが共演】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田の食生活がやばいwww】の続きを読む

    このページのトップヘ