タグ:山田


    【【HeySayJUMP】山田の解答がやばいwwww】の続きを読む

    1: 2017/01/01(日) 09:16:52.75 ID:CAP_USER9
     男性9人組、Hey!Say!JUMPが31日、東京ドームで初の“年またぎ”公演をスタートさせ、昨年いっぱいで解散したジャニーズ事務所の先輩、SMAPに言及した。

    山田涼介(23)は「いつの日か、SMAPさんみたいな、国民的スーパーアイドルになりたい」と約束。元日に東京ドーム史上初の1日2公演を行う次世代のスター候補は、SMAPが23回出場したNHK紅白歌合戦への初出場を新年の目標に掲げた。

     SMAPの域までJUMPする!!

     SMAPをはじめ、ジャニーズの先輩グループがファンを何度も沸かせてきた東京ドームで、5万5000人をとりこにしたJUMP。山田は「いつまでもSMAPさんはSMAPさん。いつの日か、SMAPさんみたいな国民的スーパーアイドルになりたい」と昨年いっぱいで解散した“レジェンド”を目標に掲げた。

     SMAPも成し遂げていない偉業を達成した。2年半ぶりの東京ドーム凱旋は、初の同所で年末年始にかけて行う“年またぎ公演”。KinKi Kidsが昨年まで7年連続17回開催してきた恒例行事だが、今回はKinKiが紅白に出場したため、JUMPに大役が回ってきた。

     元日には東京ドーム史上初の1日2公演を行う。山田は「最初が俺らでいいのかなと。実感がない」と吐露。中学生のときに見たKinKiの東京ドーム公演がきっかけで、ジャニーズ事務所に入所した高木雄也(26)は「ギネスに登録したい」と喜びを爆発させた。

     11月にデビュー10周年を迎えるJUMP。事務所の先輩、V6やKinKiはデビュー20年の節目に紅白初出場を果たした。

    中山優馬(22)、知念侑李(23)との3人組ユニット、NYCとして2009年から4年連続出場した山田は「どの歌番組でも味わえない緊張感。当時から、いつかHey!Say!JUMPでも出たいと知念と話していた。このメンバーでも(紅白のステージに)上がってみたい」と所信表明した。

     JUMPが、ジャニーズの新たな歴史を刻んでいく。

    サンケイスポーツ 1/1(日) 7:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000028-sanspo-ent

    【【HeySayJUMP】「いつの日か、SMAPさんみたいな、国民的スーパーアイドルになりたい」】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田「服あげてもコイツ一向に着ないっすよ」 知念「全部お金に換えます!笑」】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田涼介<ネットが荒れる】の続きを読む

    1: 2016/11/16(水) 14:53:45.40 ID:CAP_USER9
    21の国と地域で累計7000万部以上の発行部数を記録する荒川弘の同名マンガを、「ピンポン」で知られる曽利文彦が実写映画化した本作。
    幼い頃に母親を亡くした兄エドワードと弟アルフォンスの波乱に満ちた冒険を描く。
    エドワードを山田が演じ、そのほかのキャストには本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、本郷奏多、蓮佛美沙子、佐藤隆太、
    夏菜、大泉洋、小日向文世らが名を連ねる。

    特報には、エドワードやフルCGで制作されたアルフォンスの姿が。
    さらに錬金術によって生み出された何かがエドワードに襲いかかる場面も映し出される。

    「鋼の錬金術師」は2017年冬に全国でロードショー

    時は来た
    http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/

    【【HeySayJUMP】山田涼介主演「鋼の錬金術師」映像初解禁!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】二宮<僕よりね、山田君の方が忙しいんですよ。これはしょうがない】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田涼介、平愛梨に3連敗する】の続きを読む

    1: 2016/10/31(月) 10:41:59.13 ID:CAP_USER9
    史上最低の月9ドラマとなってしまうのか? Hey!Say!JUMP山田涼介が桐谷健太とともにダブル主演を務める「カインとアベル」(フジテレビ系)が、2話連続して視聴率が8%台に沈んでいる。
    今年度の月9は4月期の「ラヴソング」が平均視聴率8.4%、7月期の「好きな人がいること」が同8.9%と低迷しているが、それを下回る恐れもあるのが現状だ。
    その理由についてテレビ誌のライターが指摘する。

    「一つは旧約聖書に由来したタイトルです。本作は韓国で2009年に大ヒットしたドラマのリメイクで、キリスト教信者の多い韓国では受け入れられやすいタイトルでした。
    しかし日本では『カインって誰?』となってしまい、タイトルに込められた『史上初の殺人者』という意味を読み取ってもらえません。
    もっと視聴者に分かりやすいよう改題すべきだったのではないでしょうか」

    そしてもう一つの理由は、主演を務める山田にあるという。前出のテレビ誌ライターが続ける。

    「ジャニーズ内の世代差が視聴率に表れている形です。SMAPや嵐、KAT-TUNらのドラマが高視聴率の常連なのに対し、
    続く世代のHey!Say!JUMPやKis-My-Ft2、Sexy Zoneではまだ視聴率を期待できないのが現状。
    主演の山田は2014年夏に人気シリーズの『金田一少年の事件簿N(neo)』に主演しましたが、視聴率は亀梨が主演だった前作の平均13.7%から、10.5%へと激減してしまいました」

    他のメンバーも、Hey!Say!JUMP・中島裕翔の「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(フジテレビ系)は6.0%、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔のスペシャルドラマ「バスケも恋も、していたい」(フジテレビ系)は3.3%、
    Sexy Zone・中島健人の「黒服物語」(テレビ朝日系)は7.6%など、軒並み2ケタ割れしているのが現状。どうやら若手世代のジャニーズたちがまだまだ、数字を持っていないことを露呈してしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1220143/
    2016.10.31 09:58 アサ芸プラス

    【【HeySayJUMP】山田涼介、月9ドラマ大コケで「ジャニーズの若手は数字を持ってない」を露呈】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田、八乙女の入浴シーンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】山田がファンサークルにサプライズ!】の続きを読む

    このページのトップヘ