タグ:山田涼介

    1: 2017/11/04(土) 18:25:39.55 ID:W51oEUox0
    no title

    【【画像】ジャニーズ事務所さん、鋼の錬金術師から鋼の錬金術師を消してしまう】の続きを読む

    1: 2017/07/13(木) 12:44:31.30 ID:VgfNt1SjK
    no title

    no title

    【【HeySayJUMP】山田涼介主演の鋼の錬金術士のポスターが凄いと話題に】の続きを読む

    1: 2017/07/11(火) 12:36:29.49 ID:CAP_USER9
    芸能界にはイケメン有名人が多数存在します。
    パッチリとした瞳、高い鼻、美しい肌…まさに完璧!と思いきや、身長がやや低めで残念だと思われている人も多いようです。
    そこで今回は、身長がもっとあれば完璧だと思う男性有名人について探ってみました。

    1位 岡田准一 V6
    2位 西川貴教 T.M.Revolution
    3位 HYDE L'Arc~en~Ciel、VAMPS
    4位 滝沢秀明 タッキー&翼
    5位 小池徹平
    6位 山田涼介 Hey! Say! JUMP
    7位 真田広之
    8位 櫻井翔 嵐
    9位 佐藤健
    10位 木村拓哉

    ■ 1位は「岡田准一」!

    ジャニーズグループ・V6のメンバーであり、最近は俳優として大活躍している岡田准一。
    『永遠の0』『海賊とよばれた男』『追憶』と主演映画は次々にヒットし、鬼気迫る演技が高い評価を得ています。
    クリッとした大きく丸い目がチャームポイントで、デビュー当時からイケメンと言われてきました。
    10代、20代のころはさわやかで可愛い印象をもたれることも多かった彼ですが、30代に入り体を鍛えはじめたこともあり、現在はガッシリとした渋い大人の男性の風格が漂っています。
    そんな彼の身長は約170センチ。決して低いわけではありませんが、他の俳優と並ぶと身長の低さが少し気になる…という人も少なくないようです。

    ■ 2位は「西川貴教」!

    人気ミュージシャンであり、高いトーク力を持つことからバラエティ番組でも活躍する西川貴教。
    どこかユニセックスな雰囲気が漂い、セクシーな雰囲気が魅力的です。
    端正な顔立ちに46歳とは思えない鍛えられた肉体美を持つ彼ですが、身長は161センチとかなり低め。
    バラエティ番組でも度々その身長の低さをいじられてきました。
    ルックスもよく、トークも面白いことから、身長が高かったら完璧だったのに…と思っている人が多いことが分かりました。

    ■ 3位は「HYDE」!

    大人気ロックバンド・L'Arc~en~Cielのボーカルであり、美しいルックスの持ち主のHYDE。
    まるで人形のような完璧な造形美に魅了される人が多数。まさに完璧!と思いきや、身長は161センチとかなり小柄なんだそう。
    一部では160センチないんじゃ…?とも言われています。
    ステージでの存在感が大きいため、もっと身長が高いと思っていた人も多いようです。

    このように、素晴らしいルックスやキャラクターを持っているだけに、身長があれば完璧だったと思われている男性有名人は少なくありません。
    しかしどの有名人も身長の低さを感じさせないオーラがありますよね。
    みなさんは、どの有名人を見て「身長がもっとあれば完璧」だと思いますか?

    https://ranking.goo.ne.jp/column/article/4501/

    【身長がもっとあれば完璧な男性有名人ランキング…岡田准一、滝沢秀明、木村拓哉、山田涼介、櫻井翔など】の続きを読む


    【嵐と平成の山田涼介が綱渡り対決した結果wwwwww】の続きを読む

    1: 2016/10/21(金) 07:13:49.49 ID:CAP_USER9
    10月17日より放送がスタートした、Hey! Say! JUMPの山田涼介(23)が主演を務める月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)の初回放送の平均視聴率が、
    8.8%であることが18日わかった(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)。
    この初回視聴率は、昨年7月に同時間枠で放送された『恋仲』の9.8%を下回り、月9最低視聴率を更新。
    期間平均視聴率が月9最低となった春ドラマ、『ラヴソング』でさえも初回視聴率は10.6%を記録しているだけに、周囲からはこの不調さにため息が聞こえているようだ。

    本作は、旧約聖書の兄弟物語『カインとアベル』が原案で、仕事や恋に悩むヒューマンラブストーリー。
    その中で山田は、兄と比較されて何をやっても認めてもらえない主人公を演じている。

    「夏の月9ドラマ『好きな人がいること』は、恋愛テイストを全面的に押し出したライトなドラマでしたが、今回の月9はこうしたラブストーリー要素を押し出すことはなく、
    骨太さを重視したなストーリーが描かれるようです。
    主演の山田も落ち着いた演技を見せているため、視聴者にもじっくりと良さが浸透していけばいいのですが」(芸能記者)

    山田にとっては、フジテレビのドラマ出演は2008年のスペシャルドラマ『古畑中学生』以来となる。
    同局の中でも花形枠の月9において、序盤からあやしい雲行きでスタートした『カインとアベル』だが、
    キャスティングが非常に難航したという情報が伝えられている。特にヒロイン役に関しては、決定にかなり時間を要したという。

    ■相次ぐスキャンダルでジャニーズとの共演NGの事務所が続出?

    ヒロイン役は当初、戸田恵梨香(28)が演じる予定だったとも言われていたという。
    しかし戸田は現在、情報バラエティ『#ハイ_ポール』(フジテレビ系)内で放送されているショート・ドラマ「タイムパトロールのOL」に出演中だ。

    「このドラマは深夜番組ですが、戸田にとっては馴染みのあるスタッフが制作に関わっています。
    そういうこともあり、今回月9のオファーは断ったと言われていますが、その裏には、ここ最近の月9の低視聴率を意識したのではという声もあります。
    ここで出演して視聴率が芳しくなければ、自身に“低視聴率女優”のレッテルがつきますからね」(前出・芸能記者)

    初回の低視聴率ぶりをみると、もしかすると戸田の判断は賢明だったのかもしれない。
    また、戸田に限らず多数の事務所からオファーを断られた理由には、共演する人物がジャニーズ事務所の山田であったことも大きいようだ。

    「ジャニーズ事務所といえば、現在特にスキャンダルが発覚し週刊誌を賑わせています。
    さらにHey! Say! JUMPは、メンバーの伊野尾慧(26)や、中島裕翔(23)が熱愛スキャンダルをすっぱ抜かれてしまった。
    山田自身も名前こそ出ていませんが、ある報道に関して疑惑の目が向けられています。こうした報道が度重なったことでも、他事務所からのジャニーズの心証を悪くしているようです」(前同)

    ジャニーズ事務所はこれまでスキャンダルが起きると報道機関に圧力をかけ、徹底した火消しが行われていた。
    しかしこうした力も、徐々に弱まりを見せているのかもしれない。

    今後も所属タレントのスキャンダルが続発した場合、ドラマ主演枠を獲得することは困難となりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1214317/
    2016.10.21 07:05 デイリーニュースオンライン

    【【HeySayJUMP】ジャニーズと”共演NG”が続出?山田涼介「月9」惨敗の波紋広がる】の続きを読む

    1: 2016/10/02(日) 18:10:43.03 ID:J+2lg/Pj0● BE:154620419-PLT(16000) ポイント特典
    http://resemom.jp/article/2016/09/27/33977.html

    名字由来netは、「2016年上半期同姓同名アクセスランキング」を発表した。1位となったのは「山田太郎」で、全国に約200人いるという。「山田涼介」「福山雅治」「木村拓哉」「二宮和也」など、有名人と同姓同名の名前も多数ランクインした。

     「2016年上半期同姓同名アクセスランキング」は、全国電話帳データをもとにルーツ製作委員会が独自に解析したもの。2016年上半期にアクセス数が多かった名字と名前について、100位までをランキング化して紹介している。

     1位となったのは「山田太郎」。名字の「山田」は全国順位12位で、全国人数は約82万人となっているが、このうち「山田太郎」と同姓同名の人は、およそ200人だという。2位は「開発光」、3位は「鼻毛豊」であった。

     このほかランキングでは、4位「山田涼介」、7位「福山雅治」、9位「木村拓哉」、11位「二宮和也」など、人気有名人と同じ名前が多数ランクインしており、全国にいる同姓同名の人の数も確認することができる。

     サイトでは、トップ100までのランキングを掲載している。知っている名前があるかどうか、確認してみるのも面白そうだ。

    ◆2016年上半期同姓同名アクセスランキング
    1位「山田 太郎」
    2位「開発 光」
    3位「鼻毛 豊」
    4位「山田 涼介」
    5位「田中 実」
    6位「田中 太郎」
    7位「福山 雅治」
    8位「鈴木 一郎」
    9位「木村 拓哉」
    10位「林 美和子」
    no title

    【二宮和也、山田涼介…2016年上半期同姓同名ランキングの1位は?】の続きを読む

    1: 2016/07/23(土) 19:24:47.63 ID:84D44JtRd

    【【AKB】大和田南那「山田涼介くん…って誰?あー何だっけ?…アレですよねグループ、ジャニーズグループのですよね」】の続きを読む

    1: 2016/06/16(木) 14:23:36.70 ID:/URVhi4fp
    大無能

    嵐とかワンパンやったで

    【キスマイの藤ヶ谷太輔、平成の山田涼介を同じグループにしなかったジャニーズwwwwww】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/04/04(月) 12:55:59.81 ID:CAP
    マンガ・アニメの実写化は「こけるのが当たり前」という風潮がある。しかし、そんな常識を打ち破ったのがHey! Say! JUMPの山田涼介(22)主演の映画『暗殺教室~卒業編』。
    興行収入は順調に伸びており、前編の27億円を越える勢いだ。

    振り返れば昨年、大失敗と言われた『映画版 進撃の巨人』でさえ、前後編合わせて50億円の興行収入を記録した。
    あれだけ酷評された映画であっても、黒字であった目算が高い。
    世間的になんと言われようが、マンガ・アニメ原作は映画業界にとってまさにドル箱。そして、そのドル箱を補強する要素としてジャニーズがいるのである。

    ■映画界のドル箱にジャニーズを加える意味とは?

    山下智久主演の『あしたのジョー』、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔の『劇場版 仮面ティーチャー』、
    生田斗真の『土竜の唄』、Sexy Zone中島健人の『銀の匙 Silver Spoon』……実例は枚挙にいとまがない。映画関係者によれば、これは一種の保険だという。

    「原作物はすでにファンがついているので集客が見込め、シナリオも流用できるから制作がスムーズ。
    一方で熱心なファンからネガキャンを張られやすい。そこでジャニーズの登場です。
    なにせ、購買力が桁違い。作品のできが悪くても、ソフト化した際にジャニーズファンは彼らが出演しているだけで購入してくれる。映画業界にとってジャニーズは救いの神です」

    確かに申し分ない戦略だ。若手ジャニーズの起用が目立ってきたのにも、こういった背景があるのは間違いない。だか、副作用がないわけではない。

    「肝心の演技力が追いつかない。V6・岡田准一、嵐・二宮和也、生田斗真など、ジャニーズでも高い演技力を誇る役者はいますが、若手はまだまだ。
    『MARS~ただ、君を愛してる~』の主演を務めるKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔なんかはジャニーズでは演技がうまいと定評があるものの、“ジャニーズとしては”での話。
    演技の質が低下すれば、作品の質は当然下がります。また、事務所のチェックも厳しいので、きわどいシーンは撮れない面もある。
    収益は見込めるものの、がんじがらめの作品になって、下手をしたら主演ジャニーズのPVと化すことも。
    日本映画のスキル向上が止まってしまう懸念はある」

    いいことずくめとは行かない、マンガ原作のジャニーズ多用事情。それでも今後、量産化は止まらないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1111413/
    2016.04.04 12:06 デイリーニュースオンライン

    【山田涼介に生田斗真…若手ジャニーズが映画業界で重宝される背景】の続きを読む

    このページのトップヘ