タグ:山下達郎

    1: 2019/09/17(火) 04:19:05.07 ID:PKboe7fu9
    2019-09-17 04:00
    山下達郎×木村拓哉 16年ぶりタッグ 次期日曜劇場に主題歌「RECIPE」提供
    https://www.oricon.co.jp/news/2144534/full/

    TBS系日曜劇場『グランメゾン東京』主題歌を担当する山下達郎(左)と主演の木村拓哉
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20190917/2144534_201909170897132001568660422c.jpg


     シンガー・ソングライターの山下達郎が、木村拓哉が主演を務める10月20日スタートのTBS系日曜劇場『グランメゾン東京』(毎週日曜 後9:00)の主題歌として、新曲「RECIPE(レシピ)」を書き下ろしたことが明らかになった。

     木村は令和初のドラマで演じるのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹。料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するが、慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまう。どん底まで転落した尾花が女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

     山下はこのドラマの世界観とマッチする「RECIPE」と題したメロウなリズムの“大人のラブソング”を書き下ろし。木村主演のドラマの主題歌を担当するのは2003年の日曜劇場『GOOD LUCK!!』に提供した「RIDE ON TIME」以来、16年ぶり2度目。奇しくも同じ枠でのタッグとなる。

     主題歌を打診したプロデュースの伊與田英徳氏は「出来上がった曲は、私の想像力を掻き立ててくれて、味覚を刺激してくれながら、温かい気持ちにもなります。タイトル『RECIPE』にも表されているように、人は人生の中で“選択肢”に出会ったとき、色々な“調理法”を選んでいく。料理の世界を描く本ドラマの世界観に最高にマッチしていて、皆様にも早く聞いていただきたい気持ちでいっぱいです」とコメント。

     山下は「日曜劇場は8年ぶり、木村拓哉くんとは16年ぶりにご一緒させていただきます。想い出に残る素敵なドラマとなりますように。私の曲と歌でお手伝いができますように。楽しみにしております」と放送を心待ちにしている。

    (おわり)

    【山下達郎×木村拓哉 16年ぶりタッグ! 次期日曜劇場に主題歌「RECIPE」提供】の続きを読む

    maxresdefault


    【【嵐】松本潤と生田斗真、山下達郎・竹内まりや夫妻とカラオケ「もうカラオケのレベルじゃない」】の続きを読む

    1: 2017/07/10(月) 23:47:05.14 ID:CAP_USER9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/10/0010359149.shtml
    2017.7.10

     今年でデビュー20周年のKinKi Kids・堂本剛(38)が10日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」に出演し、
    シンガー・ソングライターの竹内まりや(62)に、夫でシンガー・ソングライターの山下達郎(64)を「使ってやってよ」と頼まれたという仰天の経験を打ち明けた。

     山下はKinKi Kidsにデビューシングル「硝子の少年」や「ジェットコースター・ロマンス」などを提供しており、剛とは旧知の間柄。

     剛はジャニーズ事務所に入ってうれしかったこととして「山下達郎さんとコラボ」を挙げ、「一番最初は山下達郎さんに楽曲を書いていただいて、(当時は)子供と大人という対話だったんですが」と切り出した。

     剛が成長し、「つい先日、『君、ファンクやってるんでしょ?』って声掛けてくださって、『はい、やってます』って言ったら、『じゃ、僕にギター引かせてよ』って言ってくださって」と、山下から申し出があったことを説明。

     剛が「うのみして大丈夫ですか?」と聞いたところ、「その横にまりやさんもいらっしゃったんですけど。竹内まりやさんが。それで、『達郎使ってやってよ』とかって言われて」と、竹内もプッシュしたという。

     剛は「『硝子の少年』を作っていただいた方に、20年たって、こんな日が来るんだなっていうことをしみじみ感じながら、いろいろなことが走馬灯(のよう)によみがえって、うれしかったです」と、感動の瞬間を振り返っていた。

    【【KinKi Kids】堂本剛 竹内まりやに頼まれる「達郎使ってやってよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ