タグ:宮田

    1: 2018/05/01(火) 07:25:34.04 ID:CAP_USER9
    冨樫義博氏の人気漫画『HUNTER×HUNTER』(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)をこよなく愛する芸人たちが、テレビ朝日系バラエティー『アメトーーク!』に集結。
    近日放送予定であることがわかった。

    3年前にネットで、全く予定に無かったにもかかわらず「『アメトーーク』で『HUNTER×HUNTER芸人』をやるらしい」と勝手にうわさになったこともあるほど期待を寄せられていた企画が、ついに実現。
    ケンドーコバヤシや塚地武雅(ドランクドラゴン)、品川祐(品川庄司)、塙宣之(ナイツ)、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)らがスタジオに登場し、作品を知らない松井玲奈や田中卓志(アンガールズ)をもうならせる愛情と知識を披露する。

    1998年に連載がスタートし、コミックスの既刊35巻、発行部数約6500万部を誇る『HUNTER×HUNTER』。
    同時期掲載の『ONE PIECE』や『ナルト』と肩を並べる『週刊少年ジャンプ』の代表作の一つだが、ファンがハマる要因はただ“内容が面白い”というだけではなかった…。

    『HUNTER×HUNTER』ファンからも一目置かれるジャニーズアイドル・宮田俊哉(Kis-My-Ft2)が『アニソン芸人』以来の番組登場でプレゼンする作品の魅力は? 
    実は芸人や、ほかの漫画のキャラクターが多数登場していた!? 
    ケンドーコバヤシが作品の中に密かに描かれている人々を細部にわたって解説。
    あの意外な人物も描かれている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000303-oric-ent

    アメトーーク!「HUNTER×HUNTER芸人」
    no title

    no title

    no title

    【【アメトーーク!】『HUNTER×HUNTER芸人』ついに実現 ケンコバ、品川、キスマイ宮田ら参戦】の続きを読む

    1: 2018/03/06(火) 05:04:48.52 ID:CAP_USER9
    2018.03.06 04:00

    キスマイ藤ヶ谷太輔、宮田俊哉を役作りの参考に 稽古で体重3kg減<そして僕は途方に暮れる>

    Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔、前田敦子、中尾明慶、板尾創路が5日、東京・Bunkamuraシアターコクーンにて舞台『そして僕は途方に暮れる』の囲み取材に応じた。

    演劇界の異才・三浦大輔氏が手掛ける本作にて、藤ヶ谷が演じているのは自堕落な生活を送っているフリーター・菅原裕一で、周囲の人間を芋づる式に裏切り、あらゆる人間関係から逃げ続ける…という役どころ。プレスコールでは、一部シーンが公開され、記者から「ムカつく役でした」と感想を受けると、「作戦通り。三浦さんに鍛えていただいたのが、出ていた。(ムカついて)いいんです」とニヤリ。

    参考にした人物には三浦氏の名前を挙げ「話し方とか姿勢とか盗みつつ、分からないことは聞いて。リアルな話を聞けた」と役作りを振り返り、キスマイで今回の役に1番近いメンバーを聞かれると、悩みながらも宮田俊哉と回答。

    「本当は心で思っていることと違っても、『いいね』って言って、良くない顔をしている。たまにテレビ観てても、目が笑ってないときがある」「そういうシーンがあるんです。先輩との絡みで、面白くないのに『はは』って。宮田さんの顔がよぎりますね」と明かし「多少は参考にしました」といいつつも、「本人には言わない。すごい調子に乗るので(笑)」と笑いを誘っていた。

    ◆舞台『そして僕は途方に暮れる』稽古で体重3kg減

    これまでミュージカルや青春群像劇など様々な舞台を経験してきた藤ヶ谷を主演に迎え、三浦との初タッグで“裏切り”“怠慢”“孤独”すべての『人間関係』を断ち切り街の片隅で呆然と立ちすくむ、平凡な青年の逃亡記を描き出す本作。

    藤ヶ谷のほか、恋人・鈴木里美を前田、親友・今井伸二を中尾、バイト先の先輩・田村修を米村亮太朗、学生時代の後輩を三村和敬、姉・香を江口のりこ、母・智子を筒井真理子、父・浩二を板尾が演じる。

    稽古を通じて「痩せました」という藤ヶ谷は、体重が2、3kgほど減ったそうで「一生懸命稽古をやってただけなんですけど」と語る場面もあった。

    なお、舞台『そして僕は途方に暮れる』は2018年3月6日(火)~4月1日(日)まで東京・Bunkamuraシアターコクーン、2018年4月9日(月)~15日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。(modelpress編集部)


    藤ヶ谷太輔 (C)モデルプレス
    no title

    前田敦子、藤ヶ谷太輔 (C)モデルプレス
    no title

    https://mdpr.jp/news/detail/1750933

    【【キスマイ】藤ヶ谷太輔、宮田俊哉を役作りの参考に 稽古で体重3kg減<そして僕は途方に暮れる】の続きを読む

    1: 2017/12/14(木) 08:14:42.05 ID:DndEOTDl0
    顔△
    女ウケ△
    頭△
    料理○
    スポーツ○
    遊び心○
    コミュ力○
    アニメ知識◎
    オタグッズ◎

    つよい(確信)

    【【kis-my-ft2】の宮田俊哉さんとかいうなんJ公認アイドルww】の続きを読む

    1: 2017/10/08(日) 20:56:43.03 ID:OwttEJOba
    ジャニーズでもアニオタは許されない例ができてしまった模様

    【【キスマイ】宮田とかいうやべーやつ 】の続きを読む

    1: 2017/10/08(日) 22:07:47.175 ID:KCJfIj+a0
    どうなのかな

    【【キスマイ】宮田のファンって萌えアニメに理解ある人が多いの?】の続きを読む

    1: 2017/10/11(水) 00:22:48.515 ID:zYXLknmMp
    めっちゃ好き

    【キスマイ宮田とかいうジャニオタ(ジャニーズなのにオタク)】の続きを読む

    1: 2017/05/16(火) 11:49:49.63 ID:CAP_USER9
    Kis-My-Ft2の宮田俊哉が15日深夜に放送されたTBS系「Momm!」で、大好きな母親への思いを隠すこと無く吐露。今でも一緒に寝ようと思えば「寝れます!」と即答し、出演者をドン引きさせた。

    番組では、ゲストの渡辺直美のこれまでの人生を振り返っていたが、その中で家は貧しかったが豪快だった渡辺の母親について話題が及んだ。

    MCの中居正広が各出演者に実家が裕福だったかどうかを聞き始め「宮田は?」と事務所後輩にも質問すると、宮田は「あんまり裕福ではなかったですけど、お母さんからの愛がたくさんあったので元気に過ごせました!」と即答。続けて「ママから愛をたくさん注いでもらいました!」とも話し、あまりにもストレートな母への愛に、出演者も驚きを隠せない。

    中居から「ママ大好き?」と聞かれると「大好きです!お母さん好きです。今でも好きです」と再び笑顔で即答。中居から「今でもママと一緒に寝ようと思えば寝られる?」と聞かれると「寝れます!」と答え、ここでやっと他の出演者の反応に気づき「なんでドン引きなんですか」ときょとん。平成ノブシコブシの吉村崇から「通常の反応だよ!」と突っ込まれた。

    中居は他の出演者に「すっげーママ好きなんだよ。知らないと思うけどハンパない」と、宮田の母親好きを紹介。更に「本気出せばママとキスできる?」と聞かれ「酔っていれば」と答え、出演者は絶叫していた。。

    【【キスマイ】宮田の「大好きです!お母さん好きです」に中居もドン引き「ハンパない」】の続きを読む

    1: 2016/09/26(月) 22:47:49.56 ID:CAP_USER9
    25日、10月2日からTBS系にてTVアニメ第2期が放送開始する『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の放送直前特番が放送され、
    ラブライバーでおなじみのアイドル、Kis-My-Ft2の宮田俊哉出演し、“ぶれない”オタクぶりがネットで波紋を呼んでいる。

    番組では、「キスマイ宮田をハマらせよ!『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』放送直前SP」と題し、
    同作の魅力を、シリーズ全作を網羅するバッファロー吾郎の竹若と、年間100本以上のアニメを観るガチオタ芸人・天津向、
    そしてTBS女子アナナンバーワンのアニメ好きという宇垣美里が、ただただ、宮田に『鉄血のオルフェンズ』の魅力を語りつくすといった内容が放送された。

    これまで雑誌やラジオ番組、ライブのMCなどで数多くのアニメ作品が好きだと公言し、中でも『ラブライブ!』の熱烈なファンであることから、「ラブライバー」として知られている宮田。
    しかし、そんな“ガチオタ”であるにもかかわらず、『鉄血のオルフェンズ』は「観ていない」という。
    これには、「非常に残念なジャニーズアイドル」「オタクの風上にも置けない」と、3人から散々な言われよう。

    そんな宮田は、『ガンダムシリーズ』全作品を網羅するバッファロー吾郎の竹若に、「アニメ制作会社、サンライズの代表作は?」と聞かれると、「ラブライブです!」と勢いよく回答。
    また、「裏もエミリアたん(ハート)」と、『ガンダム』には一切関係のない、『Re:ゼロから始める異世界生活』(作:長月達平/テレビ東京ほか)の
    ヒロイン・エミリアが大きく描かれた私物のTシャツを披露するなど、『ガンダム』の特番であるにもかかわらず、他作品の名前を挙げるなど、暴走しまくり。

    しかし、人物相関図をもとに、キャラクターを紹介され、エーコ・タービンの声優が、『ラブライブ!』の小泉花陽役でおなじみの久保ユリカだと知ると、
    「シカコさんですか!?」「声優さんも激アツですね!」と徐々に興味を示し、オーガスが所属する組織「鉄華団」を「μ's」、
    敵対組織「ギャラホルン」を「A-RISE」に例えて説明されると、「『ラブライブ!』に例えてもらうとすっごいわかりやすい!」と一気にテンションアップ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1201985/
    2016.09.26 22:00 おたぽる

    【【キスマイ】「オタクの風上にも置けない」“ラブライバー”宮田俊哉がヤバすぎ!?『ガンダム』特番で大暴走www】の続きを読む

    1: 2016/09/10(土) 19:57:19.23 ID:CAP_USER
    世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット」に今夏初めてT.M.Revolutionこと西川貴教が参戦したことが話題になりました。芸能界には西川のほかにもガチの“アニオタ”が多数いますが、そのガチすぎるエピソードと熱量は、“非オタ”の人はまあまあ引くかも。

    キスマイ宮田はマネージャーから“オタ活自粛”命じられる

    ジャニーズアイドル随一のアニオタといえばKis-My-Ft2の宮田俊哉。とくに『ラブライブ!』への愛は相当のもので、同アニメ発の声優ユニット・μ‘sのライブにアニメグッズを全身にまとって完全武装した姿で一般人にまじって参戦するほどの猛者ですが、さすがに会場で目立ち過ぎ、マネージャーからオタ活動の自粛を言い渡されたことを6月25日放送のフジテレビ系「久保みねヒャダこじらせナイト」で明かしていました。

    また、『週刊少年ジャンプ』への愛も人並み外れていて、2013年8月放送の「ジェネレーション天国」に出演した際は、芸能界の各世代のオタク芸能人たちに混じって『HUNTER×HUNTER』への愛を興奮して汗を流しながら熱弁。少年期には作中に登場する“念能力”を身につけるための特訓をしていたことも明かしていました。また、作者である冨樫義博氏の熱烈な信者で、「僕は『HUNTER×HUNTER』を読むために生まれてきた」と言い切ってしまうほど。笑顔で「『ジャンプ』を読まないなら日本から出て行け!」と言い放つ神々しすぎる姿に、ほかのオタク芸能人たちもすっかり飲み込まれていました。

    山本美月は“理想の浮気相手”も2次元

    女性芸能人のアニメオタクといえば、しょこたんこと中川翔子をはじめ、鉄道オタクやガンプラマニアとしても有名なモデルの市川紗椰、ほかにも元SKT48の松井玲奈や、歌手の神田沙也加、女優の栗山千明らが知られていますが、モデルで女優の山本美月もなかなかのアニオタ。これまでに様々なアニメキャラのコスプレをSNSやテレビ番組で披露しているのはまあ基本として、理想のタイプ、さらに浮気相手も2次元の男性。ちなみに『鋼の錬金術師』のエドワード・エルリックが本命で、浮気相手は『銀魂』の沖田総悟だそう。

    先述したキスマイ宮田とともに「ジェネレーション天国」に出演した際、沖田のことを「総悟」と呼び、「すっごいS(エス)なんですよ。いじめられたいって思っちゃって」とメロメロでした。まあ、沖田との浮気発言で世の女オタから猛烈なバッシングを受けてしまいましたが……。

    松澤千晶は好きなキャラの“手作り葬式”挙げた

    そして最後に紹介するのはフリーアナウンサーの松澤千晶。2013年にフリーアナウンサーに転身して以降、ガチのアニオタである“正体”を明かした彼女のツイッターでの投稿内容は今でもほぼ9割が2次元の話題。「ああ!羽生(結弦)さんの立ち姿とかスタイル誰かに似てると思ったらルルーシュだ!これとかまさにギアス」といったオタ発言が日常的にツイートされています。

    中学時代には漫画『封神演義』に登場するキャラクター・黄天化が好きすぎるあまり、作中で同キャラが死んでしまった(正確には“封神されてしまった”)際には手描きイラストで遺影を作り葬式を挙げたこともあるという松澤アナ。2014年5月放送の日本テレビ系「有吉反省会」では、「アニメの画面で起こっていることって、現実に起こっている以上の真実がある」と熱弁していましたが、アニメ中心の生活を送っているせいで恋人と破局寸前であることも明かしていました。

    発言でバッシングを浴びようとも、恋人と破局しようとも、2次元に生きるアニオタにはまさにどこ吹く風。これからも我が道を突き進んでもらいたいものです。

    (文/花@HEW)

    http://movie.smt.docomo.ne.jp/article/1048618

    【【芸能人】“ガチでオタク”な芸能人は?キスマイ宮田、山本美月、松澤千晶…】の続きを読む

    1: 2016/07/07(木) 08:00:37.77 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ・Kis-My-Ft2のメンバーである宮田俊哉(27)が、女性ファンだけではなく男性ファンからの支持率も上昇させている。

    宮田といえば、ジャニーズきっての「オタク」として認知されており、先月25日に放送されたサブカル系トーク番組『久保みねヒャダこじらせナイト』(フジテレビ系)にも、
    ジャニーズ事務所のタレントとして初出演し、そのオタクぶりを披露した。

    番組では、人気アニメ『ラブライブ!』の熱狂的なファンである宮田が、先日行われた同作品のファイナルライブに一般客として参戦したエピソードを告白。
    ライブ中に突然宮田の携帯に事務所から連絡が入り、「写真を撮られ過ぎているので注意して下さい」と、注意を受けていたことを語った。

    さらにその一件を受け、事務所からはしばらくアニメ関連のライブ観戦など「オタク活動(オタ活)」を自粛するよう咎められていたが、さ
    ほど日をおかずに再び人気声優の水樹奈々(36)のライブに参戦したことを暴露した。
    この宮田のオタク全開ぶりが、番組を観ていた視聴者の間では大きな話題を呼んでいるようだ。

    「ファンの間では宮田がオタクであることは有名ですが、宮田のことをあまり知らない人にとっては、
    そのガチぶりに男女問わず好感を抱いた人が多いようです」(芸能ライター)

    タレントが「オタク」であることを公言することは、ある種ハードルが高い。というのも、「ビジネスオタク」と揶揄されるリスクが大きいからだ。
    宮田もKis-My-Ft2デビュー時からオタクであることを公言してきたが、当初はビジネスオタク的な目で見られていた部分もあった。
    しかしこれまで告白してきた数々のオタクエピソードで、「宮田は本物だ」と認知され、がっちり彼らのハートを掴むことに成功したようだ。

    ■事務所の注意に男性オタクの擁護も

    そんなオタクからの支持率をぐんぐん上昇させている宮田だが、前述のように事務所から「オタ活の自粛」を受けたエピソードの反響か、現在では宮田を擁護しようとする動きがある。
    ネットでは宮田がイベントやライブに引き続き参加できるように、「写真はとってもネットにあげないこと」などといった注意喚起のツイートも多々見受けられる。

    「ジャニーズとは異なるファン層からの支持ということもあるのでしょう。中には『ジャニーズは嫌いだけど、宮田のことは好きだ』という声や
    『ジャニーズだって一人の男なんだから好きなことさせてやれよ』といった、“いちオタク”として宮田を支持する声も多いようです」(前出・ライター)

    男性からの支持層が高いジャニーズ所属のタレントといえば、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、アイドルとは思えない泥臭くアクティブな活動を見せるTOKIOのメンバーたちである。

    TOKIO同様、宮田も男性支持率の高いジャニーズタレントとしての特別なポジションを得ることに成功しているのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1158514/
    2016.07.07 07:05 デイリーニュースオンライン

    【ジャニーズ唯一のオタク?キスマイ宮田が異例の男性人気】の続きを読む

    このページのトップヘ