タグ:大野智

    • カテゴリ:
    1: 2017/02/16(木) 20:44:29.28 0
    「TVLIFE(テレビライフ)お正月超特大号」及び「TVLIFE Web」上で募集した「第26回年間ドラマ大賞2016」の受賞作が決定した。
    注目の作品賞(大賞)は、2016年4月期に放送された『世界一難しい恋』(日本テレビ系)が受賞。仕事はデキるが恋には奥手、
    性格に難のある一流ホテル社長・鮫島零治(大野智)が、恋した美咲(波瑠)にあの手この手でアプローチするうちに、人間としても成長していく姿を描いたラブコメディ。
    ひたむきでとことん不器用な零治を演じた大野の、つい応援したくなるキュートな演技が多くの視聴者の心をつかんだ。

    大野は、作品賞のほかに、主演男優賞、さらには嵐が歌った同作の主題歌「I seek」で“トリプル受賞”を達成。
    「本当にいいチームで、みんなで作った感がすごくあった」と喜びを語った大野。「一生懸命な零治をとにかく一生懸命演じました。常に試行錯誤の現場だったから、撮影中は(小池さんはじめ)みんなに見守られてた気がする」と、
    劇中の零治と同じような状況だったと語る。さらに、“演技”というものについて、「やればやるほど難しくなる」と心のうちを明かす。大野が主演男優賞を受賞するのは、『魔王』『怪物くん』『鍵のかかった部屋』『死神くん』に続き5度目となる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00028847-etalent-musi

    【【嵐】大野智「年間ドラマ大賞2016」で“トリプル受賞”】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/01/31(火) 19:04:32.40 ID:CAP_USER9
     嵐の大野智(36)が、貴乃花親方(第65代横綱)の長男・花田優一氏と約10年ぶりに再会。花田氏は当時を振り返り「大野さん、一言もしゃべって下さらなくて…」と大野が、全く子どもに対し“免疫”がなかったことを明かした。

     28日に放送された、日本テレビ系『嵐にしやがれ』では、番組レギュラーの大野がゲストとともにモノづくりを体験する企画「大野智の作ってみよう!」に花田氏が出演。現在、靴職人であるという花田氏とともに、大野は靴づくりに挑戦した。

     21歳の花田氏は、18歳の時に単身でイタリア・フィレンツェに渡り、3年間の靴づくり修行を積み、一昨年に帰国。現在は靴職人として活躍している。

     花田氏は「小学6年生くらいの時、お会いしたの覚えていますか?」と大野に尋ね、10年程前、貴乃花親方らとともに嵐のメンバーに挨拶したことを明かし、その時の様子を「大野さん、一言もしゃべってくださらなくて…」と語った。

     大野もその時を思い出し、「だって、どうしていいか分からなかった」と弁明。花田氏は「櫻井さんとか、二宮さんが僕に話しかけてくれたんですけど」と当時を振り返り、嵐の櫻井翔(35)や二宮和也(33)が相手をしてくれたことを語った。

     さらに「大野さんだけ全然話してくださらず、『テレビで観た通りだ~』と思いました」と大野のキャラがそのまま素であったことを知ったという。大野は「大きくなったな~」と当時を思い出しながら、成長した花田氏を感慨深げに眺めていた。

     ちなみに現在、花田氏は都内でハンドメイドで革靴を制作しており、その費用は大体15万円~20万円だという。

     視聴者からはツイッターなどで「大野くん、変わってない」「花田優一さんてすごい」「大野くん、心地よい空気を作ってくれる人」など2人の靴作りを通して打ち解け合っていく様子を賛美する声も見られた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00010005-musicv-ent

    【【嵐】大野智、小学生時の貴乃花親方長男と接するも一言も話さず】の続きを読む


    【【嵐】大野智、上島とフロに入り知念はちゅーwwwwww】の続きを読む


    【【生誕祭】本日11月26日は嵐・大野智さんのお誕生日! おめでとおおおおおおお】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】大野智、サルになりカニにもなる】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】大野智が岡田結実とハロウィンなパーティーをする】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/06/26(日) 06:12:53.15 ID:CAP_USER9
    嵐の大野智が主演ドラマ「世界一難しい恋」(日本テレビ系)収録中、意外なものにハマっていたという。それはドライフルーツ。
    6月22日放送のラジオ番組「ARASHI DISCOVERY」で明かされた。

    「ドラマの収録中盤くらいから禁酒をしていた大野は、何かを我慢すると、何かをやりたくなる性分であることを告白した。
    かつてドラマ収録中に、どうしても趣味の絵画を仕上げたくなり、筆が止まらなくなったこともあったとか。
    初のラブコメ、初共演者の多い中、ストレスがMAXだったこともあるのでしょう。
    それまで1日の疲れを酒で癒していたのをやめることによって、違う境地に到達できるかもと模索した結果、なぜかドライフルーツにハマったのだといいます。
    スーパーで買ったドライマンゴーがきっかけとなり、イチジク、キウイ、パイナップルと買い続け、ついには止まらなくなってしまった。
    自分でも驚くほどのドハマリ状態になったそうですから」(芸能ライター)

    この後、忍者映画の撮影が控えている大野は本格的なアクションを披露するために、体作りから始めることを発表したばかり。
    だが、このドライフルーツ、爆食いするのは危険すぎる食品らしい。ダイエットに詳しいライターが警鐘を鳴らす。

    「ドライフルーツはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で便秘解消に最適といわれています。
    ですが、水分が抜けているため、生のフルーツを食べる以上に短時間で大量に食べることができてしまいます。
    そうすると体内に大量の糖質が取り込まれ、血糖値が急上昇してしまうのです。バナナチップスの糖質は生バナナの3倍、リンゴチップス100グラム中、半分は糖質です。
    ドライフルーツは製造中に砂糖を加えたり、出来上がった表面にわざわざ砂糖をかけたものもありますし、保存料添加のものも多いです。
    イチジクやマンゴー、キウイ、パイナップルは特に果糖が多く、ドライ製品になると糖質は倍増してしまいます。
    仕事を終え、食事も取らずにドライフルーツを爆食いするのは、不健康になりたくてやるようなもの。
    どうしてもフルーツを食べたいなら、朝食時に糖質の少ない生のグレープフルーツを砂糖をかけずに少量食べるのをお勧めします」

    6月23日放送の同番組で、大野はなかなかやめることができないため、
    やめ時を教えてほしいと、リスナーに向けて異例の呼びかけをしていた。大丈夫か?

    http://dailynewsonline.jp/article/1151655/
    2016.06.25 17:59 アサジョ

    【【嵐】大野智、ドラマ収録中に「不健康になる」食品を爆食いしていた!?】の続きを読む

    1: 2016/06/16(木) 06:25:04.75 ID:CAP_USER9
    嵐の大野智が、和田竜のベストセラー時代小説で、2017年夏に実写映画化する『忍びの国』の主演を務めることがわかった。
    共演は石原さとみや伊勢谷友介、鈴木亮平とのことで、豪華布陣での壮大な時代劇映画となりそうだ。

    一方、SMAPの木村拓哉も、沙村広明原作の同じく人気時代漫画である『無限の住人』(講談社)の実写映画化で主演を務めることが決定している。
    木村の時代劇映画といえば『武士の一分』(2006)以来となる。

    嵐のリーダーとSMAPの象徴的存在が、同じ「原作あり時代劇」映画の主演を張るということになる。
    ジャニーズ人気を牽引する2グループのメンバーの「対決」という構図になり、興行収入や観客動員でもかなり比較されそうである。

    「ジャニーズ事務所側としては、大野はドラマから映画へのシフト、木村はこの作品で『日本アカデミー賞』を狙うつもりとの情報も入ってます。
    岡田准一が『永遠の0』(2013)で主演男優賞を取り、一部では『名実ともにキムタクを超えた』と言われていました。
    木村は以前『賞レースに参加しない』という事務所の意向で『武士の一分』での受賞ができませんでしたが、じゃあ岡田はなんなんだ、と一部で批判されていましたからね。
    今度こそ賞に出席するかもしれません」(記者)

    事務所の意向の変化もあっての動きということだろうか。では、『忍びの国』と『無限の住人』のどちらが結果を出すと見られるのか。
    映画に精通する関係者に話を聞いてみた。

    「正直、『無限の住人』は相当厳しいという声が多いですね。
    まず、作品とは直接的ではありませんが、SMAP解散騒動後のキムタクの印象です。独立寸前で『裏切った』イメージは完全に定着してしまいました。
    演技に関しても従来の『何をやってもキムタク』の域を超えられる期待は薄いでしょう。
    さらに、同映画の監督である三池崇史氏は、今年『テラフォーマーズ』で稀に見る“大コケ”をしており、原作改悪がひどすぎると評判も悪い。
    『三池の映画は見ない』という声すらありますよ。こうした複数要因を考えれば期待は薄いでしょう。
    『忍びの国』は大野初の時代劇主演映画という話題性、配役を見るとアクションも期待できますし、和田竜作品は10年の『のぼうの城』でも評価を得ていましたしね」(関係者)

    現状、大野の『忍びの国』が『無限の住人』に大差勝ちしそうな雰囲気だ。
    キムタクが負ったダメージと映画制作の“周辺”が、大きな足かせとなるかもしれない。

    日本アカデミー賞はもともと「出来レース」なんてウワサもある。この作品の評価が芳しくない中で、仮に木村が「主演男優賞」を取ろうものならどうなるのか、などと想像してしまうが、果たして。

    http://dailynewsonline.jp/article/1146171/
    2016.06.15 18:16 ビジネスジャーナル

    【【SMAP・嵐】大野智vs木村拓哉!? 2017年公開「時代劇映画」にそれぞれ主演も、ミエミエな「勝負結果」と、キムタクの「アカデミー賞受賞」】の続きを読む

    1: 2016/06/12(日) 03:33:14.698 ID:rWP4AXaca
    どれぐらい上手いの?

    メジャーバンドのボーカルと同じ位上手いの? ミスチル GLAY L'Arc~en~Ciel等

    【ジャニーズで歌上手い扱いの堂本剛 坂本昌行 手越祐也 大野智とかって】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/05/31(火) 05:25:46.62 ID:CAP_USER9
    2016年5月31日

    嵐の大野智(35)が映画「忍びの国」(2017年夏公開)で時代劇映画に初主演し、
    初の忍者役で本格アクションに初挑戦することが30日、分かった。

    「のぼうの城」「村上海賊の娘」を手がけた作家・和田竜氏の同名小説が原作。
    11年公開「映画 怪物くん」以来、6年ぶりの単独主演映画となる大野は、
    同作を手がけた中村義洋監督(45)と再タッグを組み、
    怠け者ながら超人的な力を発揮する伊賀一の忍びを体当たりで演じる。

    日本テレビ系「世界一難しい恋」でラブコメに初挑戦中の大野は、
    「今、演じている社長役から次は忍者役へ。役柄は全く違いますが、
    新しい自分を出せるようチャレンジしてみます!」と新境地開拓に意欲を見せた。

    映画は、08年発刊から累計50万部を突破した和田氏の「忍びの国」の初映像化。
    「いくら、くれるんだ?」と銭に執着し、うそもつく伊賀一の忍び・無門(むもん)の活躍と
    天正伊賀の乱を題材に、伊賀忍び軍団VS織田軍の合戦を描く。

    原作発売当初から構想を練っていた監督は親交のある大野をイメージ。
    「役に入った時のえたいの知れなさがピッタリでは」と規格外な男に主演を託し、
    舞台「テンセイクンプー~転生薫風~」(06年)以来、映像では初めての時代劇挑戦が決まった。

    本格アクション初挑戦の大野は当初、刀での殺陣を練習したが、監督からストップ指令。
    武器は小刀だった。アクション吹き替えなしの方向性に「う~ん」と引きながらも
    小刀による二刀流を訓練している。

    コテコテの忍者ルックなど5~6種類の衣装候補があり、地毛でちょんまげも結う予定。
    高い身体能力を駆使する役に「史上最強と呼ばれるほどの忍者役。
    アクションや格闘のシーンがたくさん出てきますが、久しぶりにご一緒する中村監督の描く
    世界観に応えられるよう精一杯頑張りたい」と新たな忍者映画完成を誓っていた。


    ・ 映画の原作「忍びの国」
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2016/05/31/Images/09136238.jpg
    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/05/31/0009136237.shtml

    【【嵐】大野智「忍びの国」で時代劇映画に初主演 ラブコメ社長からガラリ】の続きを読む

    このページのトップヘ