タグ:大野智

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/10(日) 13:13:48.50 ID:CAP_USER9
    嵐・二宮和也(34)がパーソナリティを務めるラジオ『bay storm』(bayFM)の9月3日放送回は、今年の誕生日にメンバーからもらったプレゼントについて、トークが繰り広げられた。

    メンバーの誕生日にはプレゼントを贈り合っているという嵐。7月27日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)では、櫻井翔が二宮にプレゼントしたという“永遠に使える髭剃り”を紹介していた。
    同番組を見たリスナーから、ラジオに「使い心地はどうですか?」と質問が届き、「使い心地はいいですよ、すごく」と愛用していることを明かしていた。

    また、「他のメンバーからは誕生日プレゼントもらいましたか?」という質問には、「相葉(雅紀)さんからサンダルもらって、松本(潤)さんから甚平もらって、
    大野(智)さんからドラゴンボールのフィギュア」と回答。大野からもらったフィギュアに関しては、「もう、本当にあれ、どうしていいかわからないんだよ」と吐露していた。

    二宮が大野からもらったプレゼントに頭を抱えている理由は、大野からプレゼントをもらう際に言われたひと言。
    「『1回だけ飾ってくれ』って言うんだよ。『1回飾ったらもういいから』って言うんだけど、理由がちょっとよくわからないんだよね」と大野の言葉の真意がわからず、悩んでいることを明かした。
    また二宮は、「1回飾ったら、また片さなきゃいけないんだよね?」と皮肉っぽくいうと、
    「ちょっと、大変なんだよな、おっきくて。だから重たいのよ、硬いし。危ないのよあれ。もうわかんないよ、あれどうしたらいいか」と続ける。プレゼントをもらったうれしさを素直に表現できない二宮の一面がうかがえた。

    8月30日、メンバーの中で二宮の次に誕生日を迎えたのが松本。ラジオで二宮は、「もう松本さんの(プレゼントを)考えなきゃなーそろそろ。
    放送の時にはもう、松本さん誕生日越えてるもんね? 考えなきゃな」と悩む場面もあった。松本の誕生日8月30日に彼は何をプレゼントしたのか、またラジオで語ってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353527/
    2017.09.10 12:45 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】二宮和也、大野智からもらった”誕生日プレゼント”の使い道がわからず苦言】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/07/09(日) 12:09:51.84 ID:CAP_USER9
    嵐・大野智(35)主演、Hey!Say!JUMP知念侑李(23)出演の映画『忍びの国』が7月1日に封切られ、早速好調な滑り出しを見せている。

    同作は、『のぼうの城』(小学館)、『村上海賊の娘』(新潮社)などのヒット作を生み出してきた小説家・和田竜の同名小説を原作とした、“戦国エンターテインメント超大作”。
    大野にとっては2011年に公開された映画『映画 怪物くん』以来6年ぶりの主演映画となり、ファンも心待ちにしていた作品。

    映画の中で大野は、伊賀一の忍びながら、妻には頭が上がらないという愛嬌のある主人公・無門を演じている。
    また、ドラマ『必殺仕事人シリーズ』(テレビ朝日系)や、映画『超高速!参勤交代』(14年)、『超高速!参勤交代リターンズ』(16年)などの時代劇に出演してきた知念は、織田信長の次男・信雄を演じている。

    4日には、興行通信社より1日~2日の「全国映画動員ランキング」が発表され、『忍びの国』は初週土日動員40万4,500人、興収4億8,500万円という結果で、
    大人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に続く第2位となった。

    興行30億超を果たした『映画 怪物くん』は、初週土日動員43万1000人、興収5億8100万円であった。
    現段階では『忍びの国』がやや下回る結果となっているが、本作も興行30億を十分目指せる滑り出しを切っているようだ。

    数字の結果だけでなく、すでに映画を鑑賞した人からは、好意的な反応が続々と上がっている。

    ネット上では、「誰もが親しめるエンタメ作品。原作を読んでいても、過不足感をまったく感じさせない完成形になっていた」
    「テンポがよく、文句なしに面白い。何度も見に行きたいと思わせる作品」との声が上がっており、作品自体が高く評価されているよう。

    また、「大野くんのアクションシーンがすばらしかった。ギャップのある演技にもやられました」
    「大野くんだからこそ、この主人公のキャラクターが魅力的に見えます」と、主演の大野を絶賛する映画ファンも多い。

    『忍びの国』公式Twitterでは、映画を見たあとも楽しめるよう、「#忍び活動録」というハッシュタグを使って撮影の裏話が明かされており、こちらもファンから好評。
    映画公開前から、現場の風景や撮影で使われた小道具の写真が多数掲載されファンの期待を高めていたが、

    「『#忍び活動録』を振り返ると、あのシーンはこうやって作られてたんだ~とか感慨深くなるね」
    「映画を見てから『#忍び活動録』を見ると、もう一度劇場に足を運びたくなる!」とのコメントが上がっており、“リピーター”の獲得にも一役買っているようだ。

    映画ファンにもジャニーズファンにも好感触な『忍びの国』。これから夏休みシーズンを迎えるが、どこまで動員を伸ばしていけるだろうか。

    2017.07.08 20:15 デイリーニュースオンライン
    http://dailynewsonline.jp/article/1332284/

    写真
    no title

    【【嵐】大野智主演『忍びの国』が好調スタート!“戦国エンターテインメント超大作” 高評価でリピーターも続出】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/07/04(火) 17:50:56.35 ID:CAP_USER9
     7月1~2日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が初週土日動員77万1500人、興収10億4800万円を記録し、初登場1位を記録した。
    前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』が初週土日動員77万3184人、興収12億902万4500円というスタート。
    興収がやや下回ったのは、1日が映画ファーストデーだったことに起因していると思われるが、動員はほぼ同じ。前作同様、80~90億円を狙える出だしとなった。

    2位は、初週土日動員40万4500人、興収4億8500万円という高い数字を記録した『忍びの国』が、初登場でランクイン。
    人気作家・和田竜の同名原作を、嵐の大野智主演&中村義洋監督で映画化。
    同じく大野&中村監督がタッグを組み、興収30億超を果たした『映画 怪物くん』の初週土日動員が43万1000人、興収5億8100万円という数字。本作も20~25億くらいは見込める出足だ。

     3位も初登場の『兄に愛されすぎて困ってます』がランクイン。初週土日動員14万3000人、興収1億6500万円という結果だった。松竹配給&ヒロイン土屋太鳳という同じ組み合わせだった『PとJK』の初週土日動員が14万1000人、興収1億7300万円。スタートはほぼ同数ということで、こちらも10億が目標数値か。

     その他、『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』が7位に初登場。初週土日動員8万人、興収8800万円は、シリーズ歴代最高の数字で、好スタートを切ったといえるだろう。また『劇場版 Free! ‐Timeless Medley‐ 約束』も10位に初登場を果たした。

     公開11週目を迎えた『美女と野獣』は5位にランクイン。累計興収は120億8000万円を突破し、『風立ちぬ』の120億2000万円を超え、歴代興収ランキング18位に前進した。

     7月1日~2日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

    第1位:パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
    第2位:忍びの国
    第3位:兄に愛されすぎて困ってます
    第4位:22年目の告白‐私が殺人犯です‐
    第5位:美女と野獣
    第6位:昼顔
    第7位:それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!
    第8位:こどもつかい
    第9位:ハクソー・リッジ
    第10位:劇場版 Free!‐Timeless Medley‐約束

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00050513-crankinn-movi

    【【嵐】大野智『忍びの国』2位発進!!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/04/25(月) 10:14:04.43 ID:RSELpPoR
    下馬評は逆だったのに

    【【嵐】松本潤と大野智 なぜ差がついたか 慢心・環境の違い】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/11(木) 12:05:18.38 ID:CAP_USER9
    嵐・大野智(36)の主演映画『忍びの国』(7月1日公開予定)の場面写真や予告編が公開され、早くも注目度が高まっている。
    『のぼうの城』など著者・和田竜原作の人気小説を実写化した同作で、大野智はジャニーズアイドルとして培った身体能力を活かして、本格的なアクションシーンを見せるようだ。

    今月1日には、第20回日刊スポーツ・ドラマグランプリの受賞者が発表され、主演男優賞に昨年放送された『世界一難しい恋』(日本テレビ系)で主演をつとめた大野が、
    元SMAPの木村拓哉(44)にならぶ歴代最多4度目の受賞を果たしたばかり。
    俳優としても、業界内外から高い期待が寄せられている。

    そんな大野に現在、今年の『紅白歌合戦』(NHK)の司会を務めるという案が浮上している。
    『紅白歌合戦』といえば、昨年は同じくメンバーの相葉雅紀(34)が司会を担当したことが記憶に新しい。
    今後しばらくは、嵐のメンバーが持ち回りで司会を毎年つとめていくということが既定路線といわれている。

    昨年末にジャニーズ事務所の柱であったSMAPが解散し「ポストSMAP」として期待される嵐。
    ジャニーズ事務所からの強力なプッシュによって実現した紅白の”司会密約説”だが、業界の反応は芳しくない。

    「昨年の相葉はコメントを噛みまくったことから、『放送事故』と揶揄されるほどポンコツさを露呈しました。
    それもあって、今年大野が司会をしても同じことになるのではという不安がある。
    芸術家気質の大野は、ダンスや役者としての評価は高いですが、トーク術やMCとして進行能力に長けているわけではない。そのためNHK内でも視聴者の反応を無視できないという意見もあるとか」(芸能関係者)

    『週刊女性』(主婦と生活社)のWeb版『週刊女性PRIME』が実施した「好きなジャニーズランキング」では、2年連続3位という不動の順位をキープしている大野
    。国民的歌番組の司会者として相葉に続いて指名がかかるのも、その安定した人気ゆえなのだろう。そこで気になるのは当の大野の反応だが、なんとも不穏な空気ばかりが漂っているという。

    ■肝心の大野も紅白の司会オファーには難色?

    突如浮上した大野の紅白司会抜擢だが、本人ははっきりと難色を示しているのだという。

    「紅白は時間や臨機応変さを求められる場所でもあるので、自分には向かないと感じているようですね。大野のキャラクターの魅力は独特のマイペースさ。
    それを周囲の大野サイドの関係者はわかっているため、大野と紅白司会の相性は良くないという声が出ている」(前出・関係者)

    また関係者の間では、仮に嵐から司会者が抜擢された場合、最も適任はやはり櫻井翔(35)という声が大きいという。
    キャスターとして生放送にも慣れている点や、数々の番組で司会を務めているため、安定感が他のメンバーとは異なるからという理由のようだ。

    櫻井は、今年の24時間テレビ(日本テレビ系)のメインパーソナリティーを務めるなど、司会者としては元SMAPの中居正広(44)を凌ぐほどの実績を積み重ねているところ
    こうした点を踏まえても櫻井の抜擢に切り替わる可能性もありそうだ。 

    http://dailynewsonline.jp/article/1309122/
    2017.05.11 11:51 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】大野智にはやくも”紅白司会案”が浮上?昨年以上の失態の懸念も】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/05/08(月) 18:54:17.54 ID:CAP_USER9
    5月3日に放送されたバラエティ番組「業界激震!?マジガチランキング」(AbemaTV)にて、MCのカンニング・竹山隆範が、番組に苦情が殺到していることを明かした。
    同番組は、4月に行った「マジで歌が上手いと思うミュージシャン」ランキングの放送内容がネットで炎上していたという。

    「以前、『10代男女が選ぶ、歌が上手いと思うミュージシャン』ランキングを発表した際、1位になったのは、嵐の大野智でした。
    この結果に対し竹山は『何このランキング?』と、納得いかない様子を見せたことで、
    放送を見たジャニーズファンが大激怒。その後、番組宛てだけでなく、竹山の所属事務所にまで苦情が殺到したそうです」(テレビ誌記者)

    同番組は、若者に街頭インタビューを実施し、その結果をもとにランキングを作成している。
    しかし今回、進行役の女性によると、炎上が原因でインタビューを断る10代が続出しているとのこと。

    そのため竹山は、生放送中に、番組側から謝罪させられる事態になったという。

    「番組にてアシスタント女性から『謝ってください』と謝罪を要求されると、竹山は『僕が悪いって言ったら語弊があると思うんですよ。
    絶対謝らないみたいにも言いましたしね。正直なこと言うとね、これ言ったら怒られるのかな。
    どうでもいいっちゃ、どうでもいいんですよ』と反論しました。ですが大野に関しては、誤解を与えたとして『嵐も大好きですし、たまに何回か飲んだ人もいますし好きなんです』と、発言に悪意はなかったと説明。
    またランキング結果に関しても『(順位に入った人は)プロだから全員上手いよねと(前回の放送でも)言ってる』と釈明しました」(前出・テレビ誌記者)

    ジャニーズファンからは批判が殺到した今回の騒動だが、一般視聴者からは「ランキング結果を見た竹山の言動は、
    世間から見れば普通の反応」「竹山はよく言ったと思う」と擁護する意見も多い。しかし、一部から苦情が殺到したことで、謝罪する流れとなってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1308272/
    2017.05.08 17:59 アサ芸プラス

    【【嵐】大野智に対する炎上発言への謝罪要求にカンニング竹山「どうでもいい」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/30(日) 10:53:55.61 ID:CAP_USER9
    http://www.asagei.com/excerpt/80311

     昨年末にSMAPが解散したことで、いまや事務所の期待を一身に背負っている嵐。
    今後も事務所からの強力なプッシュは続き、なかでもNHK紅白歌合戦の司会は昨年の相葉雅紀を皮切りに、メンバーが順番に務めていくことが確実視されている。
    今年の司会はリーダーの大野智との噂も根強いようだ。

     その大野は俳優としても活躍しており、7月には主演映画「忍びの国」が公開予定。
    08年には東京・表参道ヒルズで個展「FREESTYLE」を開くなど、アーティストの一面も知られている。
    そんな多彩な大野だが、紅白の司会者に限れば不向きとの声があがっているというのだ。

    「確かに大野クンは多才だけど、司会業のイメージが薄いのも事実。基本的に口下手だし、場回しも上手いとはいえない。紅白は生放送なので時間管理に厳しく、司会者には臨機応変な対応が必須。局内では大野クンで大丈夫かという声も多いようだ」(NHK関係者)

     そもそも昨年の紅白で相葉雅紀の司会者ぶりが最悪だったという悪しき前例もある。
    プロの芸能人とは思えないほどコメントを噛み倒し、視聴者から放送事故と笑われたほど。
    女性司会者の有村架純との相性も良くなく、チグハグさも目立っていた。
    その相葉は放送後に「ポンコツ司会者でした」と自身の実力不足を認めていた有様なのである。

    「相葉に続いて大野も失敗する可能性は高い。国民的注目を集める番組ならば、司会者は冷静な視点で厳選すべき。しかしジャニーズとズブズブのNHK上層部から異論が出ることはなく、大野の抜てきで話が進むことになるだろう」(週刊誌記者)

     一番迷惑なのは、大晦日に大人の事情で下手くそな司会を見せられる視聴者であることは間違いない。


    アサ芸プラス
    Posted on 2017年4月30日 09:58

    【【嵐】大野智、紅白司会の候補筆頭 NHK局内から早くも心配の声】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/04/21(金) 00:02:09.13 ID:CAP_USER9
    4月19日に放送されたバラエティ番組「業界激震!?マジガチランキング」(Abema TV)にて、10代男女が選
    ぶ「マジで歌が上手いと思うミュージシャン」ランキングが発表され、物議を醸している。

    「ランキングの1位は、あまり世間で上手いというイメージのない、嵐・大野智でした。するとスタジオ出演者たちからは
    『えーー!』と驚きの声があがり、ゲストのスピードワゴン・井戸田潤も『大野くん1人の声なんて聞いたことないもん』
    と戸惑う一幕も。さらに竹山は『何このランキング?』『全然納得いかないですよ! だって歌が上手いって聞いてんのよ!?』
    と激怒し、『音楽ランキングだけは許せないからね!』と、番組の最後まで結果に納得がいかない様子を見せました」

    http://www.asagei.com/excerpt/79664

    【【嵐】大野智が「マジで歌が上手い歌手」1位にMCのカンニング竹山ブチギレ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/02/16(木) 20:44:29.28 0
    「TVLIFE(テレビライフ)お正月超特大号」及び「TVLIFE Web」上で募集した「第26回年間ドラマ大賞2016」の受賞作が決定した。
    注目の作品賞(大賞)は、2016年4月期に放送された『世界一難しい恋』(日本テレビ系)が受賞。仕事はデキるが恋には奥手、
    性格に難のある一流ホテル社長・鮫島零治(大野智)が、恋した美咲(波瑠)にあの手この手でアプローチするうちに、人間としても成長していく姿を描いたラブコメディ。
    ひたむきでとことん不器用な零治を演じた大野の、つい応援したくなるキュートな演技が多くの視聴者の心をつかんだ。

    大野は、作品賞のほかに、主演男優賞、さらには嵐が歌った同作の主題歌「I seek」で“トリプル受賞”を達成。
    「本当にいいチームで、みんなで作った感がすごくあった」と喜びを語った大野。「一生懸命な零治をとにかく一生懸命演じました。常に試行錯誤の現場だったから、撮影中は(小池さんはじめ)みんなに見守られてた気がする」と、
    劇中の零治と同じような状況だったと語る。さらに、“演技”というものについて、「やればやるほど難しくなる」と心のうちを明かす。大野が主演男優賞を受賞するのは、『魔王』『怪物くん』『鍵のかかった部屋』『死神くん』に続き5度目となる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00028847-etalent-musi

    【【嵐】大野智「年間ドラマ大賞2016」で“トリプル受賞”】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/01/31(火) 19:04:32.40 ID:CAP_USER9
     嵐の大野智(36)が、貴乃花親方(第65代横綱)の長男・花田優一氏と約10年ぶりに再会。花田氏は当時を振り返り「大野さん、一言もしゃべって下さらなくて…」と大野が、全く子どもに対し“免疫”がなかったことを明かした。

     28日に放送された、日本テレビ系『嵐にしやがれ』では、番組レギュラーの大野がゲストとともにモノづくりを体験する企画「大野智の作ってみよう!」に花田氏が出演。現在、靴職人であるという花田氏とともに、大野は靴づくりに挑戦した。

     21歳の花田氏は、18歳の時に単身でイタリア・フィレンツェに渡り、3年間の靴づくり修行を積み、一昨年に帰国。現在は靴職人として活躍している。

     花田氏は「小学6年生くらいの時、お会いしたの覚えていますか?」と大野に尋ね、10年程前、貴乃花親方らとともに嵐のメンバーに挨拶したことを明かし、その時の様子を「大野さん、一言もしゃべってくださらなくて…」と語った。

     大野もその時を思い出し、「だって、どうしていいか分からなかった」と弁明。花田氏は「櫻井さんとか、二宮さんが僕に話しかけてくれたんですけど」と当時を振り返り、嵐の櫻井翔(35)や二宮和也(33)が相手をしてくれたことを語った。

     さらに「大野さんだけ全然話してくださらず、『テレビで観た通りだ~』と思いました」と大野のキャラがそのまま素であったことを知ったという。大野は「大きくなったな~」と当時を思い出しながら、成長した花田氏を感慨深げに眺めていた。

     ちなみに現在、花田氏は都内でハンドメイドで革靴を制作しており、その費用は大体15万円~20万円だという。

     視聴者からはツイッターなどで「大野くん、変わってない」「花田優一さんてすごい」「大野くん、心地よい空気を作ってくれる人」など2人の靴作りを通して打ち解け合っていく様子を賛美する声も見られた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00010005-musicv-ent

    【【嵐】大野智、小学生時の貴乃花親方長男と接するも一言も話さず】の続きを読む

    このページのトップヘ