タグ:大野

    1: 2017/09/23(土) 14:20:11.96 ID:CAP_USER9
     今年4月に“学会で発表するレベル”という超貴重な生物で幻とも呼ばれる「古代サメ・ラブカ」を東京湾で生きたまま捕獲した、人気グループ・TOKIOの城島茂と山口達也が、今度は“神の魚”“幻の魚”として知られる貴重生物「オオカミウオ」を8月末の北海道・オホーツク海で釣り上げたことが、わかった。その模様は、あす24日の日本テレビ系人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!3時間SP』(毎週日曜 後7:00)で放送する。

     8月末、それは北海道・女満別空港での出来事。『ザ!鉄腕!DASH!!』のロケを終え、東京に戻ろうとしていた城島と山口は、乗り込んだ機内で見覚えのある人物と遭遇。その人物とは同局系『嵐にしやがれ』(毎週土曜 後9:00)のロケを終えたばかりの後輩、嵐の大野智だった。「あれ! 何でおるの?」(城島)、「えっ!? 大野も北海道来ていたの? 何の企画?」(山口)。実はTOKIOの2人も大野も、北海道に来ていた目的は偶然同じ、世界遺産・知床半島の海底100メートルに棲む“北海の親分”こと「オオカミウオ」を捕まえることだった。

     「オオカミウオ」は、硬骨魚綱スズキ目オオカミウオ科に属する海水魚で、全長は約1メートル。歯が鋭く恐ろしげな顔つきからその名がつき、東北地方北部からオホーツク海、ベーリング海の水深50~100メートルの岩礁域に生息する。口には強大な歯が並んでおり、貝類や甲殻類をかみ砕いて食べる巨大な肉食魚で、その怪獣のような見た目から、釣り人たちが一度は釣り上げたいと願う“幻の魚”でもある。

     話しは冒頭に戻り、そんな「オオカミウオ」を釣り上げようと、偶然、全く同じ日にTOKIOと嵐は、世界遺産の知床半島へやってきていたのだ。しかし、残念ながら大野の釣果はゼロ。その手で「オオカミウオ」を釣り上げることは出来なかった。その事を機内で乗り合わせた山口に伝えると「みてよ(笑)この写真」(山口)と、差し出した画面には、1メートルを超える「オオカミウオ」と、その怪魚を釣り上げ、満面の笑顔の城島&山口の姿が。

     2人の持つこの“ヒキ”の強さには、釣り名人として知られる大野も「これはすごすぎる……」と思わずぼう然。しかも、今回の『ザ!鉄腕!DASH!!』知床ロケで城島と山口が釣り上げたのは「オオカミウオ」1匹だけではないという。

     島田総一郎プロデューサーは「オオカミウオは、アイヌの言葉で『チップ カムイ』(神の魚)と呼ばれ、上級者でも簡単に釣り上げることが出来ない魚です。現地の釣り名人からも事前に『あまり期待せず、釣れたらラッキーくらいの気持ちで』と言われていたんですが」と明かしつつも「僕たちスタッフは全員、城島さんと山口さんの『神の手』を信じていました」と満面の笑み。「久々にすごい映像が撮れたので、是非オンエアでご覧になってください」と視聴を呼びかけている。

     また同日の放送では、国分太一とナインティナインの岡村隆史が、沖縄のジャングルに潜む危険な外来種を捕獲して高級イタリア料理にする模様や、DASH島では佳境を迎えるレンガ造りの反射炉の様子を放送する。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13652192
    no title

    【釣り名人の嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる…」 鉄腕DASHで城島&山口が再び幻の魚捕獲 】の続きを読む


    【【嵐&TOKIO】大野智と松岡昌宏のエピソードがやばすぎるwwwww】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】二宮<最近の大野さん?日焼けしてますよ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/05(火) 18:29:41.11 ID:QPRgRfp/0
    三十半ばのおっさんやで?

    【ジャニヲタ「ニノかわいいー大野くんかわいいー」←マジで言ってんの?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2015/09/09(水)11:48:23 ID:MS2
    俺よりイケメンだったことに気付きプライドぐちゃぐちゃの模様

    no title

    【【画像】嵐の大野をブサイクだと完全に見下していた結果】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/08/23(水) 20:53:15.74 0
    は?

    【松潤←わかる 櫻井←うん 二宮←おう 大野←まあええわ 相葉←】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/08/16(水) 00:25:45.38 ID:CAP_USER9
    夏といえば海!海水浴やマリンスポーツを楽しむ人も多いのではないでしょうか。
    海が似合う人…といえば小麦色に日焼けした健康的な肌色の持ち主。
    芸能界にもそんな日焼け顔の芸能人が多数存在します。
    そこで今回は、海が似合う日焼け顔の芸能人について探ってみました。

    1位 松崎しげる
    2位 反町隆史
    3位 大野智(嵐)
    4位 加山雄三
    5位 木村拓哉
    6位 伊藤英明
    7位 坂口憲二
    8位 梅宮辰夫
    9位 長谷川潤
    10位 秋山竜次 ロバート

    ■ 1位は「松崎しげる」!

    日焼けといえばこの人、歌手の松崎しげる。
    代表作とも言える『愛のメモリー』は誰もが一度は耳にしたことがある名曲です。
    そんな松崎しげるは“コーヒー豆”と呼ばれるほど黒さに磨きがかかった日焼け肌の持ち主。
    また、自己紹介では「歩くメラニン色素」と口にすることもあるとか。
    元から健康的な肌色の持ち主である松崎しげるは、ハワイをはじめとした南国で休暇を過ごすことが多かったことからどんどん黒くなり、今ではその日焼け肌が彼のトレードマークとなりました。
    あまりに日焼けキャラが定着したことから、最近は日焼けマシーンを使用し、日焼け肌を維持しているそうです。

    ■ 2位は「反町隆史」!

    ワイルドな雰囲気が漂う俳優の反町隆史。
    10月からはじまるテレビドラマ『相棒シーズン16』(テレビ朝日系)への続投出演も決定しています。
    最近でこそ相棒シリーズのイメージがあるものの、彼といえば1997年に放送された月9『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)での日焼け肌とTシャツ姿を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
    当時は彼が着ていたノースリーブTシャツがトレンドになりましたね。
    20年経った今も、あのころのイメージが強いという人が多く、2位となりました。

    ■ 3位は嵐の「大野智」!

    人気ジャニーズグループ・嵐のリーダーである大野智。
    歌やダンスのレベルが高く、また、演技力も高く評価されています。
    そんな彼の趣味は釣り。多忙な中、時間を見つけて釣りにでかけているそう。
    そんな日焼けした肌色や海の印象が強い大野智が3位となりました。

    このように、海が似合う日焼け顔の芸能人は少なくありません。
    みなさんは、どの芸能人が「海が似合うな」と思いますか?

    https://ranking.goo.ne.jp/column/4572/

    【【嵐】海が似合う日焼け顔の芸能人ランキング…松崎しげる、大野智、加山雄三、伊藤英明、坂口憲二、梅宮辰夫など】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/07/28(金) 19:26:11.62 ID:QQ+pNCB10
    相葉→バラエティ特化、NHKに好かれてる、cm契約数1位
    櫻井→TBSに好かれてる、キャスターの顔、バラエティの顔、アイドルの顔を使い分ける
    二宮、松本→ドラマ、映画
    大野→バラエティなし、嵐内cm契約数ビリ

    【【嵐】大野ってこれからどうやって生き残っていくつもりなの?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2012/06/11(月) 21:21:30.37 ID:p29cDIcV
    さてどっち?

    【嵐の大野智 VS 福くん どちらが滑舌悪い?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/07/18(火) 07:31:33.38 ID:CAP_USER9
    大野智、主演映画「忍びの国」舞台あいさつでお忍び札幌観光 : スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170718-OHT1T50055.html

    2017年7月18日5時0分 スポーツ報知

     嵐の大野智(36)が17日、北海道・札幌シネマフロンティアで主演映画「忍びの国」(中村義洋監督)のヒット御礼舞台あいさつを行った。今年公開の実写邦画でオープニングNO1の成績を記録。1日の公開から興収14億円を突破。「櫻井(翔)くんも見てくれたみたい。仕事で会った瞬間、いきなり『面白かったよ~』って」と反響を喜んだ。

     公開翌日に行った舞台あいさつで、ヒット御礼で訪れる会場を抽選で決めた。北海道を希望していた大野は自ら札幌を引き当てた。日帰りという強行日程ながら、札幌ラーメンやジンギスカンを堪能。羊ケ丘展望台のクラーク博士像も“お忍び”で訪問。ライブなどで訪れた際には、なかなか観光はできなかったようで「非常に満喫しました」と大ヒットの“ご褒美”にご満悦の様子だった。

    【【嵐】大野智、お忍び札幌観光】の続きを読む

    このページのトップヘ