タグ:大河ドラマ

    1: 2019/06/11(火) 15:19:31.83 ID:AGbL+m4G9
    ◆ ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

    テレビ界に予想もしていなかった“まほほん台風”が到来。

    「“まほほん”ことNGT48の山口真帆(23)が、『研音』という大手芸能事務所の後ろ盾を得たことで、現在、ちょっとした争奪戦が勃発しています。いま彼女がテレビに出れば、それなりの視聴率が見込めるからです。まさに旬ですよ。彼女の口から何が語られるのか。ファンのみならず視聴者は興味津々ですから」(キー局編成マン)

     山口が新潟市内の自宅で見知らぬ男性2人から暴行被害を受けたのは昨年12月。意を決してSNSで暴行の被害とNGT48メンバーの関与などを告白したが、なぜか被害者であるはずの山口が謝罪させられる異例の事態に。その後も事件の真相は解明されることもなく結局、先月18日の公演をもってNGT48を卒業してしまった。

    「事務所を辞めた当初は、引き取り手もなく、このまま消えるだろうという見方が大勢を占めていたんです。やはり所属先がないのは、タレントとしては厳しいですからね」(芸能プロ関係者)

     ところがそんな山口に救いの手を差し伸べたのが研音。唐沢寿明(56)と山口智子(54)の夫婦を筆頭に、竹野内豊(48)、反町隆史(45)、菅野美穂(41)、川口春奈(24)や福士蒼汰(26)、杉咲花(21)など人気俳優を多数擁する超大手芸能事務所だ。

    「あのジャニーズ事務所でさえ一目置いているのが研音です。しかも山口のように菅野、市川由衣(33)、成海璃子(26)、志田未来(26)など、他のプロダクションからの移籍組も多く、売り込みも熱心に行ってくれることでも有名なんです。崖っぷちだった山口にとっては、これ以上の移籍先はない」(他の大手芸能プロ幹部)

    ■「恐ろしい早さで仕事が決まっている」

     山口を一本釣りした理由についてはさまざまな臆測が囁かれている。

    「研音はいわゆるAKB48利権とは距離を置いてきた。その研音が暴行事件やグループ内の陰湿な関係を暴露し、まるで腫れ物扱いになっていた山口をあえてツモったわけです。もちろん将来性を見込んで契約したと思います。だが裏では、今回の一件はAKB48利権にぶら下がる他芸能プロに対する挑戦状だとみる業界関係者もいる」(業界関係者)

     今後は、事務所の巨大な影響力を背景に、山口は女優・タレントとしてテレビ局に露出していくという。現在、内定しているといわれているのが2本のドラマだ。

    「一つは7月からスタートする唐沢寿明主演のドラマ『ボイス110緊急指令室』(日本テレビ系)。ゲスト出演が決まっているんです。もう一つは来年放送予定のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも出演が内定したそうです。恐ろしい早さで仕事が決まっている」(芸能プロ関係者)

    “まほほん”のリベンジが始まった。

    2019/6/11(火) 9:26 日刊ゲンダイDIGITAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000006-nkgendai-ent

    【<まほほん> 元NGT48 山口真帆さん、来年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出演内定www】の続きを読む

    1: 2016/10/19(水) 19:32:35.50 ID:CAP_USER9
    当初は「絶対に無理」といわれていたSMAPのNHK『紅白歌合戦』出場をめぐる状況が激変している。
    年内いっぱいでの解散が決まっているため、せめて大晦日の同番組で「5人そろって歌ってほしい」と願っているファンは多いが、まさかの実現の可能性が出てきたというのだ。
    だが、そのウラ側には様々な思惑が絡んでおり、直前まで駆け引きが続きそうだという。

    ■キムタクが西郷隆盛に?大河主演エサに必死の交渉

    『紅白』でSMAPのラストステージを……。

    これはファンだけでなく、NHKの悲願でもある。同局の籾井勝人会長(73)は定例会見で「これだけ一世を風靡したグループですので、
    当然のことながら私は出てもらいたいと思っています」と明言し、自らジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(84)に直談判する可能性まで示唆した。

    さらに今月6日の定例会見でも再び「NHKで(ラストステージを)やってもらいたいのは今も変わっていません」と吐露。
    同局では籾井会長の大号令の下、SMAPの出演交渉に躍起になっているという。

    だが、当初は「出場は絶望的」という見方が大勢を占めていた。独立を画策したとされる
    中居正広(44)、香取慎吾(39)、草なぎ剛(42)、稲垣吾郎(42)の4人と、事務所側についた木村拓哉(43)の間に決定的な溝があり、
    生共演で歌を披露するといったシチュエーションは不可能といわれていたのだ。

    「12月26日に放送が予定されている『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が見納めになる公算が高いが、
    フジ側が希望した生放送スペシャルはメンバーによって即座に却下。
    それほど険悪ムードが続いていますから『紅白』も余程の事情がない限り出場は絶望的と見られていました」(芸能関係者)

    しかし、会長自ら乗り出したメンツもあるだけにNHKも簡単には諦めないようだ。

    「NHK側はSMAP出場の見返りとして、西郷隆盛を主人公にした2018年の大河ドラマ『西郷どん』の主演に木村を内定させるという条件を出してきた。
    当初は堤真一(52)で決まったと報じられていたのですが、堤サイドが断ったという事情もある。
    近年の木村は役者の勲章である大河主演を熱望しており、宙に浮いた西郷隆盛役はのどから手が出るほどほしいはず。
    SMAPの独立を阻止した木村を重用したい事務所サイドの思惑とも重なります」(前出・関係者)

    ■破格条件でジャニーズが乗り気に?

    だが、いくら木村が大河主演ほしさに出場に前向きになっても他のメンバーには関係がない。それでは5人そろっての出場は難しいように思えるが……。

    「大河主演だけでなく、NHK側は削減を予定していた『紅白ジャニーズ枠』の維持を提示。
    いずれもジャニーズ事務所にとってメリットが非常に大きいですから、事務所関係者が『最後に5人で歌うことがファンへの恩返しになる』と中居らメンバーを必死に説得している。
    当初、中居や香取らは拒絶モードでしたが、徐々に冷静になってきたことで『ファンのためなら』と説得に応じそうな雰囲気になっています。
    とはいえ、出場すれば生謝罪以上の“見世物”になる可能性が高く、4人にとっては何もメリットはないでしょう」(前出・関係者)

    さらに『東京スポーツ』では「今後5年間、ジャニーズタレントに『紅白』の司会をさせる」という、NHK側の足下を見るかのような破格条件を事務所が突きつけたとも報じられている。

    ここまでくると「そこまでジャニーズに依存している『紅白』の価値とは?」という疑問も頭をよぎるが、SMAPは『紅白』通算出場回数23回。
    大トリ6回、中居が6回も司会を務めた番組の顔。
    さらにデビュー25周年で放送日がSMAP最後の日となれば局側が是が非でも…と躍起になるのも理解できる。
    しかし、ファンやメンバーが本当にそんな形での出場を望んでいるのかは微妙なところだ。

    SMAPをめぐる事務所とNHKの駆け引きの行方はどうなるのか、ファンやメンバーを置き去りにした暗闘がギリギリまで繰り広げられることになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1213730/
    2016.10.19 19:08 デイリーニュースオンライン

    【【SMAP】キムタクが大河主演なら?NHKの”紅白出場”交渉が大詰めに】の続きを読む

    1: 2016/10/17(月) 20:26:29.04 ID:CAP_USER9
    12月31日で解散するSMAPだが、同日放送される『NHK紅白歌合戦』でラストパフォーマンスを見せるのか否か、いまだ決定していない。
    一部報道によれば、木村拓哉(43)は出場に前向きな姿勢を見せているというが、『紅白』出演を希望する理由は、少なくとも「ファンやグループのため」ではないようだ。

    「CDデビュー25周年の記念イヤーにグループ崩壊したSMAP。当初予定されていた記念コンサートの話も聞かなくなり、
    現状、解散までの約2ヶ月半に残されているのは12月21日に発売される記念アルバムと、同28日発売の映像集のみ。
    ファンの間では『最後にもう一度グループのステージを観たい!』といった声もあり、
    NHKとしてもSMAPを今年の『紅白』の“目玉”にするべく熱烈オファーを出しているのですが、当のSMAPサイドが乗り気ではない。
    一部メンバーがすでにヤル気を失っているので、なかなか首を縦に振らない状態が続いています」(スポーツ紙記者)

    ■身勝手な木村拓哉の皮算用

    そんななか、どのメンバーよりも『紅白』出場に意欲的と言われているのが木村だ。

    「木村はもともと解散に反対していたことから、“ならば、せめて『紅白』でファンに感謝を伝えよう”と考えての前向きな姿勢だと思われていました。
    ところが最近、木村の真意が別のところにあることが分かった。
    実は、彼は2018年度のNHK大河ドラマの主演を狙っているんです」(テレビ局関係者)

    NHKは今年9月、2018年度の大河『西郷どん』の制作発表を行ったが、主演はまだ決まっていない。

    「そこへ、木村サイドが猛烈な“逆オファー”を掛けています。木村は解散騒動で好感度を失ってしまったことから、大河主演で名誉挽回したいという思いがあるのでしょう。
    NHKの起用基準は“実績”、つまり局への貢献度が重視されるため、“SMAPの『紅白』出場”は木村にとって逃したくない実績なのです」(前出・テレビ局関係者)

    しかし、その一方で「他メンバーからすれば、そもそもグループ崩壊の一翼を担った木村に、これ以上利用されるのは御免だろう」(前同)と見られている。
    木村の思惑も虚しく、SMAPの『紅白』出場はやはり絶望的ということか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1212701/
    2016.10.17 20:05 デイリーニュースオンライン

    【【SMAP】目的は大河ドラマ主演?木村拓哉だけが”紅白”に固執するワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ