タグ:夜会

    • カテゴリ:

    【【嵐】櫻井翔さん、驚く・・・】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/01/03(水) 12:52:50.59 ID:CAP_USER9
    テレビ界でいま「打ち切り間近だろう」と噂されているのが、TBS系の人気バラエティー番組「櫻井・有吉THE夜会」だ。

    司会を務めているのはご存じの通り人気者の有吉弘行(43)と嵐・櫻井翔(35)の2人。だが実はこの両人、プライベートでは口もきかないどころか、知る人ぞ知る“冷た~い関係”だという。だとしたら、番組終了は時間の問題――。

     有吉といえばここ数年間、2桁のレギュラー番組を持つ超人気タレント。なかでもトーク番組での実力は、あのマツコ・デラックスに一歩もヒケをとらないのは、周知の通りだ。

     一方の櫻井も、本紙既報通り今年2月に開催する韓国・平昌冬季五輪の日本テレビ系放送でスペシャルキャスターを務めるばかりか、同局の夜の報道番組「NEWS ZERO」のメーンキャスターへの昇格も噂されている(現在は月曜日キャスター)。

     こんな実力者が2人でトークを展開するのだから、TBSにとって“夜会”は大事なドル箱番組といえる。そもそも同番組がスタートした当初、2人の仲はうまくいっていた。

    「番組を開始したころには、櫻井も有吉と一緒ならバラエティートーク番組の話芸を磨く大チャンス!と、がぜんヤル気を出していましたよ」とは、ある芸能プロ関係者だ。

     ところが、ここにきてガラリと様子が変わってきたようだ。

    「最近は、明らかに事務所から言われた仕事だからと“イヤイヤやっている”のがミエミエなんです。櫻井に本音を言わせれば『辛口でイヤミばっかり言う有吉が大の苦手』といったところでしょう。できることなら、今後は一切仕事で絡みたくないようです」(芸能プロ関係者)

     どうやら、若い櫻井の方が有吉を敬遠したといった感じか。“嫌われた”感のある有吉の胸の内はというと――。

     ある放送作家は「有吉にしてみれば、嵐の櫻井クンと仕事をすることは“好感度UPにつながりおいしい”と思っているけど、それだけ。ここだけの話、櫻井が自分を嫌っていると最近になって知ったみたいですね(笑い)。ひそかにショックを受けていたようです」と明かす。

     ここで気になるのは、なぜここまで櫻井が有吉に対して苦手意識を持つようになったのか、だ。

    「発端は有吉がこの番組で話題にした櫻井の迷彩柄好きのネタ。有吉があまりにもイジリ過ぎたために、それ以来、ありとあらゆるプレゼントが迷彩柄になってしまったそうなんです。確かに芸能界でも櫻井といえば迷彩柄というイメージが定着している。スタイリストもこぞって迷彩柄の衣装を持ってくるようです」(テレビ関係者)

     有吉のせいで、すっかり定着してしまった「迷彩キャラ」を櫻井は内心、払拭したいと願っているとも。
    「スタッフに対して『有吉さん、本当にしつこい! どうにかしてほしい!』と真顔で訴えていたほど嫌悪感を抱いているそうです。日テレの五輪キャスターに内定したため、2月以降は収録にもほとんど参加できない。もしかしたら櫻井が降板して嵐の他のメンバーにスイッチするなんてことになるかも…。いや、その可能性がとても高いようです。櫻井本人がそれを強く望んでいるなんていう話もあるくらいなんですから」(芸能プロ関係者)

     芸人とアイドル――。フィールドは違うものの人気者2人に持ち上がった不仲説だけに、「共演NGリスト入り」なんてことになるかもしれない!?

    1/3(水) 11:16配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000003-tospoweb-ent

    【【嵐】2人が不仲で櫻井・有吉THE夜会が番組打ち切り危機!?】の続きを読む


    【関ジャニさん、嵐の櫻井のとんでもない過去を明かしてしまう】の続きを読む


    【【嵐】櫻井翔<松本潤の盆栽すら 取り上げた番組ですから】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】櫻井<俺は人間的には欠如してる】の続きを読む


    【【嵐&TOKIO】大野智と松岡昌宏のエピソードがやばすぎるwwwww】の続きを読む


    【【KinKi Kids&嵐】櫻井翔が1番ピンチだった瞬間がヤバイ】の続きを読む


    【来週の夜会にKinKi Kids出演キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む


    【【嵐】櫻井さん、ビジネスキスをする】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】大野のメンバーへの不満が大爆発wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ