タグ:国分

    1: 2017/03/16(木) 08:21:57.13 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ・TOKIOの国分太一が、15日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00~23:30)で、昨年10月に誕生した第1子となる長女が、NEWSの手越祐也を見て泣きやみ、釘付けになっていたエピソードを明かした。

    この日は、手越がゲスト出演し、ジャニーズ事務所に入ったきっかけやオーディション秘話などを告白。自身の恋愛についても語り、10代のときに失恋して号泣したエピソードや、手越流の恋愛テクニックを明かした。

    そして、恋愛トークの場面で、国分が「この間、赤ちゃんが号泣していて、『あやして』って言われてあやしていたら、ちょうどうNEWSが歌番組で『EMMA』を歌っていて…うわーって泣いていたうちの赤ちゃんが、手越のアップになった瞬間にハッて見て泣きやんじゃったの」と長女のエピソードを告白。「手越だけは本当に勘弁してくれ」と笑いながら訴えた。


    以下略で送りしております。
    全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://s.news.mynavi.jp/news/2017/03/16/060/

    【【NEWS】手越、TOKIO国分の娘を誘惑する】の続きを読む

    1: 2017/01/26(木) 19:07:35.33 ID:CAP_USER9
    TOKIOの国分太一(42)と松岡昌宏(40)が25日夜に放送されたフジテレビ系「TOKIOカケル」(後11・00)で、お好み焼きをめぐって大げんかをしたことを告白した。グループ結成前のことで、そばにいた事務所の先輩・植草克秀から「お前ら、けんかするな!」と説教されたという。

     国分が「先輩の前でけんかしたんだよね」と笑って振り返ると、松岡は「東君と植草先輩」と東山紀之と植草が見ていたことをあげ、“お好み焼き事件”の詳細を語った。

     2人でお好み焼きやで食べていた時のことで、まだ1枚残っていたのに2人ともおなかいっぱいになってしまった。お互いに「食べなよ」と押しつけあいをし、松岡がヘラでお好み焼きを国分のほうへ移動させた時、いきおいあまってお好み焼きの一部が国分の服に飛び散った。

     松岡は「太一くんが気に入っていたアルマーニのシャツについちゃった」と振り返った。国分は「ふざけんなと。アルマーニだよ」と高価だったことを訴えた。松岡は「あまりにも怒るから、じゃあ一発殴らせてやるからそれで許せと」と取引。潔く頭を出したら即座に松岡がガツンと頭をたたいたという。

     「痛い!」と思っていたらさらにもう一発。松岡が「謝ってんじゃねえか」と抗議しようとすると、3発目をくらった。そこになって、植草が「お前ら、けんかするな!」と仲裁に入った。

     山口達也(45)はその場にいたそうで、「最高に面白かった。太一の殴るタイイングが良かった」と話し、国分は「モグラたたきみたいにね。アルマーニだから」と再び訴え、笑いを誘った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000067-dal-ent

    【【TOKIO】国分と松岡がお好み焼きをめぐって大げんか「一発殴らせてやる」】の続きを読む

    1: 2017/01/13(金) 09:50:41.23 ID:CAP_USER9
     元SMAPの木村拓哉(44)が13日、TBS系「白熱ライブ ビビット」に登場。番組MCを務めるジャニーズ事務所の後輩・国分太一と生共演して、心優しい気遣いを見せた。

     木村はソロ活動第1弾となる、15日スタートの同局ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(日曜、後9・00)に外科医役で主演しており、共演の竹内結子、浅野忠信と揃って白衣姿で登場。番組冒頭から緊張のあまり、顔をこわばらせていた国分の背後にまわり、いきなり両肩をもむ行動に。「ア~」と絶叫した国分は「なんかリラックスできそうな気がしてきました」と表情を和らげた。

     国分がその後も質問を投げかけるたびに敬意を表して「先輩」を連発すると、「先輩ってやめてくれる?」と注文をつける一幕もあった。

     国分からの「番組を見たことありますか」の質問に、「大抵、(見てますよ」と返し、後輩を喜ばせたキムタクは、もう1人のMC真矢ミキにも“神対応”を見せ、「(番組)最後の真矢さんの一言聞いて、よ~し今日もビビットいくぞ、ってなってます」とリップサービス。さらに真矢が手を骨折してギプスで番組に登場していた話題を自ら持ち出して、真矢を舞い上がらせ「まだ、(ギプスが)外れないな、と思ってました」と発言。感激した様子の真矢は「治していただきたかった!」と「ドクター木村」の治療を受けられなかったことを真顔で残念がっていた。

     国分は番組冒頭から「日本列島は最強寒波がきているということですが、実はこのスタジオには、この方が来てくれるということで、私、緊張してまして」と最強寒波になぞらえて先輩と共演する緊張感を吐露していた。

    http://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/13/0009825513.shtml

    【【SMAP】キムタクが国分と真矢ミキに神対応】の続きを読む

    1: 2017/01/12(木) 02:51:30.82 ID:CAP_USER9
    デイリースポーツ 1/11(水) 23:32配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000095-dal-ent
     V6の年長者ユニット「トニセン」(20th Century)の坂本昌行(45)、長野博(44)、井ノ原快彦(40)の3人が11日、
    フジテレビ系「TOKIOカケル」(水曜、後11・00)に出演。
    坂本とTOKIOの国分太一(42)がSMAPの前身だった「スケートボーイズ」のメンバーだったことが明かされた。

     井ノ原が「太一君も坂本君も一時、スケートボーイズだった時代があって」と切り出すと、
    国分が「そうそう、SMAPだった時期がある」と説明した。

     また、坂本がTOKIOの初期に坂本が「サポートで歌っていた」「サポートボーカルだった」ことも明かされた。

     TOKIOの5人とトニセンの3人がジャニーズ事務所に入所したのは、1986年から90年。
    88年入所のTOKIO・山口達也(45)は、「デビューがほとんどない時期だよね。かなりしんどかった」
    >>0�MAPのCDデビューは91年)と話すと、メンバーらは当時を思い出し、うなずきあっていた。

    【【TOKIO】国分太一「SMAPだった時期がある」 V6坂本と前身グループに】の続きを読む

    1: 2016/12/27(火) 09:24:35.10 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 12/27(火) 8:40配信

     TOKIOの国分太一(42)が27日、MCを務めるTBS
    「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。前日26日、
    フジテレビ「SMAP×SMAP」の最終回でラスト歌唱し、年内解散する
    先輩・SMAPへの思いを語った。

     メンバーの生出演やメッセージはなく、番組のラストには今月1日に
    収録された5人による最後の歌唱を披露。メンバーが感極まりながら代表曲
    「世界に一つだけの花」を歌う様子が放送された。

     国分は数年前「正直な話、SMAPを認めなくなかった。いつかSMAPを
    超えたいから。認めてしまったら、敵わないんじゃないかなと。SMAPのことも、
    あまり好きになれないなと思った時もあったんです」と告白。しかし、
    前夜のスマスマ最終回を見て「こんなことをやっていたんだ、SMAPは。
    オレって小さい人間だなと思ったり。やっぱり、この先輩は超えられない」と
    思い直した。

     続けて「後輩たちもみんな思っていると思います。今回、SMAPは
    『解散』という言葉を使ってはいますが、ジャニーズ事務所の後輩の中では
    『欠席』だと思っているじゃないかな。『出席』という札を裏返して
    『欠席』にしているだけじゃないかな。後輩たち、全員待っていると思うので。
    いつかまた(欠席の札が)『出席』に変わればいいなと思いますし。
    その時はもっともっと大きいイベントも自分もやりたいなと思っているんです。
    これは個人的な意見なので、どうなるか分からないですが」と復活を願った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000075-spnannex-ent

    【【TOKIO】国分太一 SMAP「好きじゃなかった」も…復活願う】の続きを読む

    1: 2016/08/23(火) 10:17:10.91 ID:CAP_USER9
    東スポWeb 8月23日 9時8分配信

     TOKIOの国分太一(41)が23日、SMAPメンバーに注文をつけた。

     この日、国分はMCを務める朝の情報番組「白熱ライブビビット」(TBS系)に出演。
    冒頭で木村拓哉(43)が旅行先のハワイから帰国した模様を伝えた。成田空港に
    到着したキムタクは「本当に急な(解散への)話の流れだったので、驚かせてしまったと
    思いますし、すごくごめんなさいという言葉です」と陳謝。
    「ファンの皆さんが一番納得していないと思います」などと語ったことについて、
    国分は「(質問を)スルーしようと思えばできたのに…木村君の率直な心情が
    聞けてうれしい」と、ファンへのメッセージを評価した。

     国分はSMAPのメンバー5人が揃って出演する他局の番組「SMAP×SMAP」
    (フジテレビ系)にも言及。「ゲストを招く番組ですからね。ゲストの方に気を
    遣ってもらうのではなくて、SMAPさんがゲストを呼んでいるのだからこそ、
    楽しい空気だけはつくってもらいたい」と注文をつけた。改めてSMAP解散を
    嘆いた国分は「笑顔の先輩たちを見ていきたい」と締めくくった。

     22日放送の「SMAP×SMAP」は番組冒頭に、「1996年にスタートした
    SMAP×SMAPは放送20年を越えることが出来ました そして、今年の年末をもって
    ファイナルを迎えることになります 最終回まで全力で番組を作って参りますので
    応援よろしくお願い致します ―SMAP×SMAP―」とのメッセージを流した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000006-tospoweb-ent

    【【TOKIO】国分がSMAPメンバーに注文「スマスマは楽しい空気つくって」】の続きを読む

    1: 2016/07/17(日) 16:13:19.44 ID:CAP_USER9
    「2016上半期タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)で、TOKIOの国分太一が1位(366本)となった。
    2位のバナナマン・設楽統に30本差をつける圧勝で、年間出演本数3連覇も現実味を帯びている。

    自身がMCを務める『白熱ライブ ビビット』(TBS系)や『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系)という2つの帯番組を軸として、『男子ごはん』(テレビ東京)、
    『たけしのニッポンのミカタ!』(同)などにも出演。その上でTOKIOでの出演もあるのだからこの結果も当然か。

    しかし、この「戴冠」には冷ややかな声ばかりが目に付く。「全然結果出てないけどね」
    「そうなの? テレビで見たことない」など、出演本数の結果と一般の認識に大きな溝があるという指摘が多数。
    『ビビット』は視聴率が昨年一時3%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に低迷し、『おさんぽジャパン』にいたっては“5分間”だけの番組。
    国分のMC力に疑問を呈する声も少なくないのが現状だ。

    TOKIOの中でも他メンバーと比べて明確なキャラクターを持たない国分の人気は非常に低い。『鉄腕ダッシュでは空気』『料理番組で食うだけ』と辛らつなコメントも散見。
    バンドでも必要なのかイマイチ微妙な空気の『キーボード』で、器用さがウリのTOKIOの中では、どうしても存在感の薄さが目立つ。

    昨年9月に結婚し、公私ともに順調な日々を過ごしているはずだが、世間の評価は芳しくはないようだ。過去にまき散らした「醜聞」のせいだと指摘する声もある。

    「かつて『すぽると!』(フジテレビ系)の土曜編集長をしていた際も『周りのお膳立てなしでは何もできない』『やる気がまったくない』
    『勉強不足』という悪評に加え、『私生活はどケチ』など、その性格も表に出てしまっています。
    コミカルな印象とはかけ離れた“本性”と仕事面の惰性に視聴者は嫌気がさしている部分もあるのでは?」(記者)

    当分「なんで国分が1位?」というイメージは拭い切れないかもしれない。ランキング上位全員に同じ感情を抱く人も多いようだが……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1164753/
    2016.07.17 14:55 ビジネスジャーナル

    【TOKIOではお荷物? 「上半期テレビ出演」1位の国分太一にブーイングが多い理由は過去の「失態」か】の続きを読む

    • カテゴリ:

    【【嵐】相葉氏、TOKIOの国分に笑われる】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/04/18(月) 10:57:28.65 ID:CAP
    ジャニーズ事務所でもっとも男性ウケがいいグループといえば、TOKIOだ。
    今では、日本テレビを代表するプログラムのひとつとなった『ザ!鉄腕!DASH!!』も絶好調である。
    歌って踊って、演奏もできて、畑も耕せて、島まで作れてしまう、アイドルとして唯一無二の存在だ。
    5人のチームプレーや地域活性への貢献はもちろん、「人とのふれ合い」においても右に出る者はいない。

    いまでこそこんなに人情味溢れるグループだが、結成時はとにかくトガっていた。
    松岡昌宏のいちばん嫌いなジャニーズタレントが「国分太一だった」ことからも、いかに生意気だったか伺い知れる。

    松岡が一番最初に会ったメンバーが、その国分だったという。
    1989年、松岡が出身地の北海道から上京したばかりの、まだ12歳の時だ。
    その時の国分への第一印象が「大っ嫌い。生意気という言葉は、彼のためにある」だった。

    その日2人は、都内原宿にあった合宿所にいた。室内には、2人しかいない。国分は先に入所していたため、先輩にあたる。
    のちに、年齢も2歳上だったことがわかった。国分は、テレビゲームの『ファミスタ』に没頭しており、
    近くにいる松岡には目もくれず、視線はずっとテレビ画面に向けられていたそうだ。

    通常こういう時、合宿所の仕組みを知る先輩が気づかって、新米に話しかけるものだが、国分は松岡にまったく声をかけなかった。
    松岡も気にかけず、音楽を聴いていたという。
    その時、国分が指で「こっちへ来い」のジェスチャーをして見せた。
    人を見下したその表情と指先に、松岡は正直ムッとしたが、「はい?」ととぼけながら、視線を向けた。

    すると国分は「ファミスタできる?」と初めて話しかけてきた。松岡が「できます」と答えると、「やって」「はい」「いくつ?」「12です」と、不毛な対話が続く。
    先輩風を吹かせた国分は「へー。名前は?」と質問、「松岡です」という答えに対して、「名前、覚えてあげるよ」と言い放ったそうだ。これが、2人の最初の会話だった。

    それから27年が過ぎ、松岡いわく、「世の中で一番角が取れた人」が国分だという。
    昨年結婚した際、松岡からのVTRメッセージで国分が号泣したのは、そんな時代を共有したからにほかならないだろう。

    いまでこそ仲のよいTOKIOだが、そこにいたるまではいろいろな葛藤があったのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1117861/
    2016.04.18 10:00 日刊大衆

    https://i.ytimg.com/vi/gVKSHVUN2k4/hqdefault.jpg
    no title


    http://www.youtube.com/watch?v=DuNwyfrSYPo
    鏡花水月

    【【TOKIO】松岡昌宏「一番嫌いなジャニーズ」は国分太一!?】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/04/15(金) 08:35:44.39 ID:CAP
    ジャニーズでは数少ない既婚者であり、温和なイメージのあるTOKIOの国分太一。
    だが、もちろん彼にも反抗期はあった。ジャニーズJr.時代に何度か父親と“絶縁状態”になったエピソードは有名で、
    『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系、2015年4月30日放送)に出演した際には、父親に「高校を辞めるなら、国分家を出ろ!」と激怒され、本当に家を出たと話したことも。
    しかし、何年か経ち、国分のミュージカルを見に来た父親が仕事に理解を示し、和解することができたのだそう。
    そのエピソードを話し終えた後、国分が両親に電話する様子も映し出されていた。

    4月8日放送のラジオ番組『国分太一 Radio Box』(JFN)には、そんな国分に対し、
    「両親と上手く話せる時は来ますか? 太一くんにもこういう時期はありましたか?」といった手紙が寄せられた。
    そこで国分が明かしたのは、中学生時代、“反抗期”の頃の母親とのエピソードだ。

    当時の国分は「母親が朝ごはん作ってくれてるのに、僕が不機嫌になって手をつけずに支度をしてた」そうで、「申し訳ないって言えないことを許せない自分がいた。
    けどつっぱってるから言えなくて」と思春期特有の複雑さがあったよう。

    両親を「正直見下している時あった」そうで、両親から仕事面のアドバイスをされたときも
    「この業界のこと、なにもわからないでしょ!? なんでそんなことが言えるんだ!!」と反抗したそう。国分は、7年間自分なりに努力した結果、メジャーデビューに至ったと考えていたそうで、
    「親のアドバイスよりも、自分がやってきたことの大きさの方が(精神的に)寄っ掛かりやすかった」と、当時の心境を吐露した。

    そのうえで、親も子どもも互いに気を遣っているからこそ、「話せるきっかけをどっちが作りだすか」「素直に『ごめんね』って言えたらいい関係になると思う」とアドバイス。
    「その年齢、年代によって親との関係って違う。どの親子の関係が正解なんて絶対ないし。
    仲良くするってことだけじゃない親との触れ合い方ってあると思う」と、手紙をくれた人だけでなく、同じような悩みを抱えるリスナーを励ましていた。

    自らも理屈では割り切れない時期があったからこそ、ファンの相談に対して真摯に向き合うことができるのだろう。
    「慌てることはない! けど努力は必要かな」との言葉は、多くのリスナーにとっても説得力のあるものだったに違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1116648/
    2016.04.15 08:00 ジャニーズ研究会

    no title

    【【TOKIO】国分太一、「見下している時あった」と両親との確執を吐露】の続きを読む

    このページのトップヘ