タグ:吉岡里帆

    1: 2019/10/06(日) 02:29:51.53 ID:rpsmRTm/9
    女優の吉岡里帆(26)が5日放送のフジテレビ系「もしもツアーズ」で、燃える闘魂・アントニオ猪木(76)のこん身のモノマネを披露した。

    番組で東京・新宿の小田急百貨店で開催されている北海道物産展を訪れ、サンマの焼き寿司を食したもしツア一行。番組が18年目に突入したとあって、
    レギュラーのキャイ~ン・ウド鈴木が吉岡に「吉岡さんが、もしツア18年目をおめでたいということで、御祝いの言葉、ぜひ、おめでたいギャグをやりたいってことで」とムチャぶりした。

    「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ!言ってないよぉ~」と抵抗していた吉岡だが、いざ始めるとノリノリ。

    下あごを突きだして「18年目のもしツア、元気ですかっ!?本日はとてもおめでたいお祝いごとなのでやらせていただきます。皆さま、ご唱和ください!行くぞっ!イチ、ニイ、サン、マーッ!」と絶叫し、猪木ばりに右腕を突き上げた。

    キャイ~ンの2人は笑いをこらえきれなかったが、福原遥とKis-My-Ft2の千賀健永は硬直。千賀は「ちょっと下品ですね」と突き放し、吉岡は「やだー、頑張ったのに~」としゃがみ込んでいた。

    ちなみに吉岡は先月24日に行われたテレビ朝日系ドラマ「時効警察はじめました」のイベントでも、猪木のモノマネを豪快に決めている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17188222/
    2019年10月5日 19時12分 デイリースポーツ

    no title


    【吉岡里帆、猪木モノマネさく裂! キスマイ千賀「ちょっと下品ですね」】の続きを読む

    1: 2018/09/20(木) 07:13:59.77 ID:CAP_USER9
    9月12日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、女優の吉岡里帆(25)が出演。独特な恋愛観を明かし、TOKIOのメンバーを感心させる場面があった。

    この日は“本当にあった元彼のお義母さんの怖い話”というテーマで、一般女性たちに街頭インタビューしたVTRがスタジオで流された。
    まず、初めに紹介された「(彼氏の母親が)家族にしか分からない話をして仲間はずれにする」という女性のエピソードに対して、
    感想を求められた吉岡里帆は「なんかこれ、お母さん悪気ないんだろうなって思いますね」とコメントした。

    その理由について、吉岡里帆は「久しぶりに会った息子だし、なんか話に花が咲いちゃって。高校時代の友達とかに会うと、昔の話で盛り上がっちゃうみたいのと一緒」と、
    たとえ話で説明し、彼氏の母親の発言に理解を示した。それに対し、TOKIOの国分太一(44)が「吉岡さん、どうします? 同じような局面になったら」と尋ねると、
    吉岡は「知らないなりにも、そこから話を膨らませようとします」と答え、TOKIOのメンバーを驚かせた。

    また、彼氏の母親が自分の母親に「22歳の息子が帰ってきていない」と電話してきた、という別の女性のエピソードが紹介されると、
    吉岡里帆はその話に困惑しつつも「(息子に対する)お母さんの愛情ってすごいと思うので、否定はしたくないですよね」と再び彼氏の母親を擁護。

    さらに彼氏の母親を最初に拒否してしまうと、再び仲良くなることは不可能だと分析すると、続けて「絶対、(彼氏の)お母さんとかお父さんとか、ご家族と仲良くしたいと思ってますね」
    「親がいて彼がいる」と持論を展開。それを聞いた国分太一が「吉岡さん、株上げたなー!」と言うと、城島茂(47)も「(CMの出演で)企業がほっとかないよ!」と声を上げ、吉岡の寛容な姿勢に感心していた。

    吉岡里帆は、本サイトが行った“あなたが最も結婚したいと思う女優”という未婚男性を対象にしたアンケートで2位に選ばれるなど、独身男性からかなりの支持を得ている。
    今回の発言ではそれにプラス、子どもを持つ女性からの支持も、かなり増えただろう。城島茂の言うように、今後、家庭用品などのCM出演依頼が激増するかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1523869/
    2018.09.19 17:00 日刊大衆

    【吉岡里帆の“彼氏の母親”への態度に、TOKIO驚嘆】の続きを読む

    このページのトップヘ