タグ:元SMAP

    1: 2019/08/10(土) 02:20:22.03 ID:X0X6Fvjd0
    しかしながら、この騒動に対し、「留飲が下がった」と拍手喝采なのは、キャスティングを担当するキー局編成マンだ。

    「マツコを褒めたいですよ。よくぞ言いにくいことを堂々と語ってくれた。そもそも世間の人々は各テレビ局が古巣のジャニーズ事務所に配慮して“元SMAPの3人を起用していない”と言うが、それは見当違いもいいところ。
    タレントは人気商売で、その結果が番組視聴率に跳ね返ってくる。3人に本当に人気があり視聴率が跳ね上がるなら、ジャニーズだろうが何だろうが起用します。使わないということには明確な理由があるんです。
    厳しいことを言うようですが、ものすごく話が面白いわけでも演技がズバぬけているわけでもない。さらに歌がうまいわけでもない。SMAPというブランド、財産があったからやってこれたことに気が付いていないイタさがまた厳しいんです。
    でもこれをあえて話してしまうと弱い者いじめのような空気が流れてしまう。繰り返しますが、芸能界は人気商売なんですよ」

    さらに別の制作担当プロデューサーも次のように畳みかける。

    「公正取引委員会は、なぜ起用しないのか? ジャニーズに忖度しているのか? と何度も聞くのですが、ズバリ、魅力がないからです。そんなタレントをなぜお上に言われてキャスティングしなければならないのか。
    最近、各テレビ局の社長が揃ってジャニーズに対する忖度はなかったと語った。本当のことです。だからといって公の場や公取の調査に対し『元SMAPメンバーは賞味期限切れ』だとは口が裂けても言えないんですよ」

    実に皮肉な話だが、マツコがコメントを発したことで、元SMAP3人の業界評が透けて見えてしまった格好だ。

    ちなみに巷間、囁かれているような、マツコがジャニーズ事務所に忖度したなどの理由も一切ないという。

    「マツコは厳しい芸能界の実情を話しただけでしょう。自分が身をもって体験していますから」(テレビ局関係者)

    公取委をバックにつけても、3人の地上派復帰は厳しいのが現実のようだ。

    【【現実】テレビ局スタッフ「元SMAPはズバリ、魅力がない。賞味期限切れ」】の続きを読む

    1: 2019/08/05(月) 21:49:01.31 ID:gq5jVxC00
    7月に発覚した、公正取引委員会が注意をしていた『新しい地図』の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾に対するジャニーズ事務所の“圧力”疑惑と、テレビ局の“忖度”問題。
    この件で、文春の直撃を受けたマツコは、こう答えていた。

    《だってテレビ局は使いたくないんだもん。SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった三人に魅力を感じますか》

    《三人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていた》

    《あの三人を使うんだったら、キンプリ(King & Prince)を使いたいんですよ。分かるでしょう。それがテレビ。なめるなって話です》

    この発言の真意について、マツコはこう説明する。

    「3人の人気がないって言ったわけじゃなく、ほかのベテランジャニーズだってそう、手垢まみれのアタシたちより、今の若いテレビマンが企画書ゼロの段階で誰を使うってなったら、キンプリを使うでしょって話よ。
    ギャラも安いし人気もあるしと、そういう話をしたんです」

    【【真実】マツコさん、元SMAPは不人気だからではなく手垢まみれだから使わないと言っただけだった】の続きを読む

    1: 2019/08/01(木) 12:29:44.98
    【文春】マツコ・デラックスがジャニーズ事務所の圧力問題を否定!

    記事の中では、その「ご意見番」であるマツコ・デラックスさんに、今回のジャニーズ事務所の「新しい地図」の3人への圧力について聞いています。

    圧力ではなくて、単にテレビ局が使いたくないだけ。SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じないだけ。公取も暇よねぇ。
    もちろん、(他のどの業界と同じように)忖度もあっただろう。
    でも、テレビはそんなに甘くない。いち視聴者として冷静に考えてみてよ。
    ただ忖度だけじゃ急に仕事はなくならない。あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていた。
    テレビも、あの3人を使うんだったら、キンプリ(King & Prince)を使いたいんですよ。
    それがテレビ、なめるなって話です。

    稲垣吾郎さん、香取慎吾さん、草なぎ剛さんがテレビ出演しなくなったのは、SMAPを抜けて魅力がなくなったからというご意見でした。
    つまり、マツコさんは、ジャニーズ事務所による「圧力問題」に異議を唱えているということです。

    【文春】マツコ・デラックスは5時に夢中で稲垣吾郎に共演NGを?

    その直撃に対して、マツコさんは「中居や木村でも断ったわよ」とコメント。

    いち視聴者として冷静に見れば、稲垣吾郎は「旬」じゃなかった。
    あの3人(新しい地図)は木村拓哉や中居正広とはマンパワーが違う。
    あの騒動直後に、稲垣さんが出演すれば、番組が築き上げたカラーが一つの色に染まってしまう。
    当時なら中居正広や木村拓哉でも断っていた。

    理由を説明しながら、そういうテレビ界の事情を見ないで、公正取引委員会は3人の出演時間だけを見て、ジャニーズ事務所の圧力を指摘していると繰り返しています。
    マツコさんが、稲垣吾郎さんとの共演を断ったのは、ジャニーズ事務所への忖度ではなく、あくまでも番組のことを考えてのことだったということです。
    さすがに、視聴率女王のマツコさんから「共演するなら降板する」と言われては、制作サイドも慌てますよね。その言葉には従うしかなかったのだと思います。

    https://nobiciro.com/person/5876/

    【【悲報】マツコ「ジャニーズの圧力なんてない。元SMAPに魅力を感じなくなっただけ。テレビなめんな」】の続きを読む

    1: 2019/07/29(月) 15:07:42.33 ID:vR5bVPcU9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/29/kiji/20190729s00041000206000c.html
    2019年7月29日 14:44

    日本テレビの小杉善信社長(65)が29日、東京・汐留の同局で定例会見を行い、ジャニーズ事務所がSMAPの元メンバーを出演させないようテレビ局に圧力をかけた疑いがあるとして、公正取引委員会が注意した問題について言及した。

    小杉社長は直接、公正取引委員会の調査があったか?との質問に関しては「申し上げる立場にはない」とコメントせず。そのうえで「圧力があったかないかに関しては、現場の担当者ではないが、一切そういう声は聞いてない」と圧力について完全否定。「日本テレビに関してでいうと、問題は事務所退所の彼らへの扱いのことになっていると思いますが、日本テレビに退所後の出演実績は何ら変わっていない」と話した。

    ジャニーズ事務所に関した以外でも同局の番組制作の基本は「番組側は出てほしいタレントさんを出演していただくよう努力する。視聴者ニーズがあるタレントさんにも出演交渉するということ」であると強調し、「誰それを出すなというのが、日本テレビとしては考えていない。犯罪等々に関わった出演者以外の制約は現場に課していない」とした。 

    【日テレ社長 元SMAPメンバー出演で“圧力”完全否定「一切そういう声は聞いてない」】の続きを読む

    1: 2019/07/25(木) 20:33:34.99 0
    2019年7月24日 デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/07241731/?all=1

     テレビ局のジャニーズ事務所への忖度によって番組から消えたとされる元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)に光が差し込んだ。
    3人は「日本財団パラリンピックサポートセンター」のスペシャルサポーターを務めているが、その日本財団の笹川陽平会長(80)がブログでテレビ局を辛辣に批判し、忖度をやめるよう求めたのだ。笹川会長は政界などに強い発言力を持つだけに今後が注目される。

    【元SMAP稲垣草なぎ香取がTVに出られないのは不当な圧力の所為←ジャニーズの力があったからTVに出ていられたんだろう】の続きを読む

    1: 2019/07/23(火) 17:09:39.82 ID:SZipcM/H9
    7/23(火) 14:44 J-CASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000006-jct-ent

     公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意をしたとの報道を受け、日本財団の笹川陽平会長が2019年7月23日、ブログで「早急に(元SMAPの)3人のテレビ復帰を実現させてほしい」と要請した。

     元SMAPの元メンバーである稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんは、SMAP時代の2015年から日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターを務める。

    ■「まことに不可解、どうにも納得できない」

     笹川会長はブログで、元SMAPの3人が日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターに就任し、「パラサポや筆者が会長を務める日本財団には、彼らのファンからたくさんの激励の手紙が寄せられている。3人の活躍なくして『パラリンピック』の認知度が今ほど上がることはなかったと筆者は思う」と感謝をつづる。

     しかし、「まことに不可解、どうにも納得できないことが起きた。絶大な国民的人気を誇っているはずのこの3人がテレビから消えてしまった。ジャニーズ事務所との契約終了後、3人のテレビ出演はコマーシャルを除いてゼロになってしまったのだ」と3人がジャニーズ退所後の"不遇"を嘆く。

     続けて、

      「ジャニーズ事務所の〝圧力〟もさることながら、テレビ局の姿勢にはあきれてしまう。日ごろ『報道の自由』を金科玉条にしているはずの各テレビ局が、国家的イベントである東京パラリンピック大会の成功よりも、多くのタレントを擁するジャニーズ事務所の意向を忖度したとしか思えない。
    公正取引委員会はジャニーズ事務所に対し、独占禁止法への違反行為は認められないものの、違反につながる恐れがあるとして注意したという。これはジャニーズ事務所が、SMAPの元メンバー3人を出演させないよう各テレビ局に圧力をかけたことを物語ってはいまいか」

    と推測し、

      「視聴率を1%アップするためにしのぎを削る各テレビ局が、根強い人気をもつSMAPの元メンバーを2年間も出演させないこと自体が異常である。『出演の可否は独自の判断で決めている』『ジャニーズ事務所からの圧力はなかった』などとするテレビ局側の白々しいコメントを信じる視聴者など、どこにもいないだろう。
    独禁法違反につながりかねない状況を公取委が確認したのであれば、各テレビ局も謙虚に事実を認めるべきである。東京パラリンピック大会を成功させるためにも、早急に3人のテレビ復帰を実現させてほしいものだ」

    と要請した。

    【元SMAP3人の「テレビ復帰実現させて」 日本財団 笹川会長が要望】の続きを読む

    1: 2019/07/19(金) 13:03:08.45 ID:RUeEG3rq9
    https://mdpr.jp/news/detail/1852786

    稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が19日、所属事務所を通じてジャニー喜多川さんへの追悼コメントを発表した。

    稲垣、草なぎ、香取は、連名で「先週、ジャニーさんの家族葬が執り行なわれたと伺っております。僕らは、僕らのそれぞれの想いを込めて、今、自分達のいる場所からお別れをさせていただきました」とコメント。

    最後に「どんな時でも背中を押してくれたジャニーさん、ありがとうございました」とジャニーさんへ感謝の言葉を送り、「心からご冥福をお祈りいたします」と追悼した。

    SMAPとして礎を築いた稲垣、草なぎ、香取は、2017年9月にジャニーズ事務所を退所。その後、新たに「新しい地図」でスタートを切り、AbemaTVレギュラー番組「7.2 新しい別の窓」をはじめ、舞台・映画・CMなどで活躍している。

    コメント全文
    先週、ジャニーさんの家族葬が執り行なわれたと伺っております。
    僕らは、僕らのそれぞれの想いを込めて、
    今、自分達のいる場所からお別れをさせていただきました。

    どんな時でも背中を押してくれたジャニーさん、ありがとうございました。

    心からご冥福をお祈りいたします。

    令和元年7月19日
    株式会社CULEN
    稲垣吾郎
    草なぎ剛
    香取慎吾

    https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/myEJ/wm/myEJTA1BHBIh8g7T2Gg3BoidAB4ArjulHp4_txhwAZw.jpg

    【【元SMAP】稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾、ジャニー喜多川さんを追悼「ジャニーさん、ありがとう」】の続きを読む

    1: 2019/07/13(土) 00:38:20.46 ID:erYWQdO99
    ジャニー氏の前で、SMAP“再結成”の確率は――。

    「ジャニーズ事務所」社長のジャニー喜多川さんが9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため亡くなった。享年87。マスコミ各社は同日午後11時30分の情報解禁と同時に速報し、芸能界のみならず、日本全国に衝撃が走った。

    事務所発表によると、連日所属タレントが病室を見舞い、最期の瞬間は「最愛の子供達の愛に包まれながら、人生の幕を下ろしました」という。

    当面、ワイドショーはこの話題一色。ジャニーさんの功績とともに、少年隊の東山紀之やTOKIOの国分太一、嵐のメンバーなどが思い出を語り、一部で囁かれている“分裂説”をかき消すように、ジャニーズ事務所の結束をアピールした。

    そんななか、蚊帳の外だったのが、17年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。現在は“新しい地図”として活動する、元SMAPメンバー3人だ。

    「ジャニーさんが救急搬送された先月18日以降、所属タレントは病室を行き来できましたが、“部外者”は完全NG。それはジャニーズ絶頂期を牽引した元SMAPメンバーも例外ではありません。“新しい地図”の3人にはジャニーズ事務所から正式な連絡すらなかったそうです」(スポーツ紙記者)

    外部への情報漏えいを危惧しての措置とみられるが、芸能プロ関係者は、

    「稲垣、草なぎ、香取にとってもジャニーさんはかけがえのない存在。なかでも小学4年で入所した香取はジャニーさんを父親のように慕っていました。その恩人が生死の境にいるなか、何もできなかったことは歯がゆいに違いありません」と、心中を察する。

    そもそも一連のSMAP解散騒動は、ジャニーさんの姉であるメリー喜多川副社長が『週刊文春』で、SMAPと“育ての親”である飯島三智氏に事務所を出ていくよう求める発言から端を発した。「メンバーは誰ひとり悪くない」と言われるだけに、3人が退所を決めた際にジャニー氏は、

    「どこにいようとも、又どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに代わりはありません」「S(すばらしい) M(MEMORIES) A(ありがとう) P(POWER)」と、異例のコメントを発表した。

    「辞めたあともジャニーさんは3人の行く末を案じていました。仮に病室のジャニーさんに意識があったのなら、絶対に面会を許可していたと思います。それを阻んだのは、メリーさん。彼女にとって、3人と飯島氏は今も裏切り者なのです」(前出スポーツ紙記者)

    飯島氏の手腕を高く買っていたのはジャニーさんで、一時は「次の社長は飯島しかいない」と明言していたほど。娘のジュリー氏を次期社長に推すメリー氏にとっては面白いはずがない。

    事務所発表によれば、ジャニーさんの通夜・告別式は「ジャニーの子供でございますタレント達とJr.のみで執り行う家族葬とさせていただきます」。この「子供」がどこまでを指すのか。退所者を含めて「子供」なのなら、“新しい地図”の3人も該当するが…。

    「一部スポーツ紙は家族葬の場で“SMAP再結成”が期待されると報じていますが、ことはそう単純ではありません。ジャニーズに残留した木村拓哉と辞めた3人、とりわけ香取との確執はまったく解消されていません。
    ジャニーズとしては当然、木村を優先するはずで、3人の参列は厳しい状況です。リーダーだった中居正広が事務所に対し“何とか参列させられないか”と奔走しているようですが、例え出られたとしても、彼らは末席に追いやられる可能性が高い。また、タレント達“のみ”と言うのだから、ジャニーさんに恩義のある飯島さんは弔問すらできないかもしれません」(ジャニーズ内部に詳しい関係者)

    家族葬は「子供」たちとジャニーさんの最期の別れの場であると同時に、変わらぬ「ジャニーズ帝国」を内外にアピールする狙いがある。
    そこで退所後も活躍する新しい地図の3人が話題の中心になってはいけないのだ。ファンが期待する光景は望めなさそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00010004-friday-ent

    【中居奔走も「ジャニー氏葬儀」元SMAP拒否は“木村との確執”】の続きを読む

    1: 2018/02/14(水) 15:59:28.70 ID:S8mzIeZpdSt.V
    解散してそれぞれがソロになってからなんでこうも苦しんでいるのかな?

    解散してソロになったって、それぞれSMAP時代の実績・知名度・人脈から引く手あまたなんじゃないのか?

    【元SMAPの5人が苦しんでいる件】の続きを読む

    このページのトップヘ