タグ:今後

    1: 2019/07/10(水) 01:43:52.16 0
    ジュリー氏社長就任後持ちこたえられるか?

    【ジャニー氏亡き後これからのジャニーズ事務所はどうなる?】の続きを読む

    1: 2018/05/04(金) 12:30:53.03 ID:CAP_USER9
    “山口ショック”――。

     酩酊状態で女子高生を自宅に招き入れた揚げ句、キスを迫ったという「TOKIO」の山口達也(46)の蛮行に世の中は失意と怒りの念に包まれたが、今回の事件を予期するかのような声が漏れ聞こえてくる。複数の雑誌関係者が「山口を含めTOKIOのメンバーは、こちらが心配になるぐらい人との距離感が近かった」と声を揃えるのだ。

     たとえば、ライブ終了後、ジャニーズ事務所が開催するマスコミ向けの懇親会でのこと。会場の最寄り駅は大勢のファンでゴッタ返し、そのまま帰路につくと大変だろうというジャニーズサイドの配慮により設けられたもので、各媒体はジャニーズの番頭であるS氏のご機嫌うかがいをする機会としても重宝しているとか。おまけにライブを終えたばかりのメンバーも参加するため、本番さながらの華やかで活気のある場になるという。

    「なかでもTOKIOのメンバーは、国分の営業スマイルや松岡の俺サマ気質が目立つという個人差はあるものの、どこのグループよりも群を抜いて親しみやすい。山口とリーダー、長瀬の3人にいたっては誰とでも気さくに話す姿が印象的でした。嵐のメンバーは忙しいということもあるんでしょうが顔を出して中座することもザラだし、人見知りの激しいニノ(二宮和也)は“俺に近寄るなオーラ”を放っていたりする。そういうのとはエラい違いです」(女性誌ライター)

     これまでは好意的に取られていたこの距離感も、女子高生わいせつ事件を起こしたとなれば、すべてパー。メンバーが人気と男を上げた「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)の名物企画「DASH村」への影響まで心配されている。

    「都会とは異なり、マスコミ慣れしていない地方の人たちとの触れ合いは、よくも悪くも人との距離感を見誤ることにつながったのかもしれません」(テレビ誌ライター)

     足かけ18年に及ぶ人気企画に泥を塗り、番組存続も危ぶまれる事態を起こした山口の罪は計り知れない。

    5/4(金) 9:26
    日刊ゲンダイDIGITAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000001-nkgendai-ent

    【【TOKIO】足かけ18年も…DASH村に泥塗った“山口ショック”の後遺症】の続きを読む

    1: 2018/04/25(水) 17:25:17.19 0
    子供の頃から好きだったし終わって欲しくないのだが

    【もしかして俺の唯一好きなジャニーズ番組鉄腕DASH終わってしまうの?】の続きを読む

    1: 2018/04/25(水) 20:03:05.54 ID:CAP_USER9
     日本テレビは、人気グループ「TOKIO」の山口達也メンバー(46)が強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されていたことを受けて、山口メンバーの番組出演を当面の間見送ることを25日、発表した。

     同局広報部は「TOKIO山口達也メンバーの書類送検について」とし、出演について「既に収録している番組については、山口メンバーの出演部分を編集して対応する予定」と発表した。

     山口メンバーは現在、同局朝の情報番組「ZIP!」(月~金曜・前5時50分)の月、水曜日レギュラー、「幸せ!ボンビーガール」(火曜・後10時)の司会。「ザ!鉄腕!DASH!」(日曜・後7時)などに出演している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000146-sph-ent

    【【日テレ】TOKIO、山口達也書類送検で「出演部分を編集して対応する予定」】の続きを読む

    1: 2017/09/13(水) 11:52:24.20 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ事務所の中居正広は、これまで『週刊新潮』と、かなり近い関係にあると思われていた。

    「新潮のライバル誌の『週刊文春』は、中居が嫌いなメリー喜多川副社長と藤島ジュリー景子副社長と関係が深い。だから中居は、新潮に寄っていたと考えられていました」(ジャニーズライター)

    『SMAP」解散を決めた際に、木村拓哉を除く元メンバーの4人は、ジャニー喜多川社長と一緒に面談したが、木村は不在だったこと。
    年末の忘年会は木村拓哉は来なかったが、以前メンバーだった森且行はが来たこと。これらの情報は週刊新潮で記事になったが、
    中居やその周辺の近しい人間からリークされたものだとしか思えないほど詳細に伝えられていた。

    「しかし、週刊新潮も中居をすでに見限っています。あれだけ独立を煽り、
    大騒ぎをして、自分だけは事務所に居残る図々しさを見せた中居のことを、週刊新潮は“カメレオン中居”と記事に書いて痛烈に批判しました」(同・ライター)

    中居は次に女性週刊誌と接触したが…

    中居は次に女性週刊誌に接近した。SMAP独立問題に対して「どうすればよかったのか」と、後悔しているという旨の心境を明かしているという記事が、その女性週刊誌に掲載されている。

    「直近では、高級ブランドバッグを稲垣らに送ったという記事が出ました。しかし、それは“餞別を送った”という風にもとれ、“さよなら”を意味しているといわれました。
    中居本人はいい人であることを演出したかったのでしょうが、逆の意味になっています」(女性誌記者)

    中居は以前にも仕事が増えているが、それも怪しいという。

    「テレビ朝日で放送中の『中居正広のミになる図書館』が低視聴率であることから終了すると噂になっています。
    テレビ朝日の早河洋会長は、もともとジャニーズに批判的な発言をしたことがあり、事務所のやり方を嫌っています。
    独立問題で騒動を起こした末にジャニーズに残った中居のことは、もう切り捨ててしまいたいと思っているのです。番組終了は時間の問題でしょう」(同・記者)

    各所で“中居離れ”が進むなか、週刊新潮も中居ではなく、木村の記事を掲載し始めている。

    「木村が来年以降も立て続けに映画へ出演することを詳細に報じています。
    来年までドラマの仕事は入れず『これからは映画俳優をメインでやっていきたい』という、木村の意向まで書かれています」(週刊誌編集者)

    次第に中居は芸能界から取り残されていくことになるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1354437/
    2017.09.13 10:30 まいじつ

    【中居正広、イメージ暴落が止まない今後は…】の続きを読む

    1: 2017/09/06(水) 08:51:04.18 ID:CAP_USER9
    契約満了を迎える8日にジャニーズ事務所を退所する稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾3人のサイトを8日をもって閉鎖することを4日、同事務所が公式サイトで発表した。

    同サイトでは3人のページにそれぞれ「お知らせ」と告知。「2017年9月8日をもって当社との専属契約が満了いたします。
    それに伴い、同日に当社サイトにて展開しております当該タレントのサイトを、閉鎖することとなりました」とつづった。

    続けて、「長きに渡り、皆さまより温かいご声援を賜りましたこと、タレントをはじめ、スタッフ一同大変感謝しております」と3人のファンに感謝。
    「これからも、それぞれの活躍を温かく見守っていただけますと幸いです」と、退所後の3人の支持を呼びかけた。

    「もっと小規模な事務所なら退社後もプロフィールが残っていたりするが、3人の場合、大々的に告知され、
    さらには、ファンにとっての影響力が絶大なだけに、早々に“店じまい”することを決めたようだ」(芸能プロ関係者)

    そこで気になるのが退所後の3人の窓口。発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、ある映画プロデューサーが稲垣にオファーを出したところ、「弁護士から連絡させます」と言われたという。

    SMAPについていた事務所スタッフをデスクに置いてオファーを受け、弁護士と相談して仕事を受けるかどうかを判断するという、アメリカのようなエージェント方式で仕事を受ける体制。

    ただし、万が一のジャニーズタレントとのバッティングによる軋轢を避けるため、
    稲垣側から直接営業をかけることはせず、あくまでオファーに対してイエス、ノーを返答するだけでしばらく新規の仕事は受けないというのだ。

    「3人とも基本的にはそういう体制を敷き、ほとぼりが冷めたところで元チーフマネージャーのI女史が設立した新会社が窓口になるとみられる」(芸能記者)

    退所後、しばらくは放送継続が決まっているレギュラー番組以外で3人にお目にかかる機会は少なくなりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1352079/
    2017.09.05 20:30 リアルライブ

    【元SMAP3人の“店じまい”で注目される今後の身の振り方】の続きを読む

    1: 2016/08/19(金) 08:52:48.38 ID:CAP_USER9
    「もう芸能界を辞めてもいいと思っている」。悲痛な覚悟を吐露したのは香取慎吾――。

    年初の解散騒動から半年、8月14日深夜、突如発表された「SMAP解散」。

    メンバーはそれぞれ、中居「このような結果になったのをお許しください」、木村「正直なところ本当に無念です」、稲垣「つらい決断ではありますが、解散という形を取らせていただくことになりました」、草彅「僕たちSMAPは解散する道を選びました」、香取「ファンの皆さま、関係者の皆さま、SMAPは解散します」などとコメントした。芸能関係者が明かす。

    「発表直前まで事務所はメンバーと活動休止の方向で話し合いを進めていたが、香取がかたくなに『解散』を主張し、草彅と稲垣が同調。諸事情を考え『表向きは休止』というソフト路線だった中居も、香取らの意思を尊重し解散に舵を切ったのです。一方、1月の独立クーデター失敗の際、事務所側についた木村はSMAPの中で『1対4』の対立関係でしたが、最後まで『SMAPは存続するのが当然でしょ』という考えでした」

    SMAPを成功に導いたと評される女性マネジャーI氏が、“女帝”メリー喜多川副社長に放逐されて以降、SMAPは現在まで制御不能状態。そもそもメンバー間で連絡を取り合うような関係ではなく、なかでも特に木村は孤立していたという。

    「ツートップといわれる木村と中居が険悪なのは当然として、木村にそもそも懐いていたのは実は香取だった。“スターのお手本”として見ており、兄貴のように慕っていたほど。しかし、SMAPの“育ての親”ともいえる恩人を裏切った木村を、香取は絶対に許せなかった。大きな尊敬から底知れない憎悪に転じてしまったのです」(民放制作幹部)

    香取は木村に対しまったく口はきかないどころか、目も合わせようとしなかった。SMAPの舞台演出を任されている香取は、「木村さんの演出はしたくない」と言い出す始末だったという。決定的な亀裂が走ったのは、まさにメンバーが事務所と揉めている最中に、木村だけがハワイに旅行したこと。それ自体は、予定ならば致し方ないが、「ジャニーズの実質的な首領、メリー喜多川副社長と、その娘で後継者の藤島ジュリー景子副社長がプライベートジェットでハワイ入りしたのですが、木村が現地で合流したという情報が他のメンバーの耳に入ったのです。こっちはいま、SMAPのことを命懸けで真剣に考えているのに、木村は恩人を切った事務所オーナーとせっせと“ねんごろ”になりやがって、という怒りですよ」(前出の芸能関係者)。

    テレビや広告業界を動かし、社会的影響力は閣僚以上といわれるジャニーズ事務所。彼らに盾突いた以上、造反組には“イバラの道”が待ち受けている。そんなことは百も承知だからこそ、冒頭の心の叫びがあったのだが、早くも業界では「香取はワガママだから、もう使うな」というお達しが出ているという。4人はもはや“戦犯”扱い。木村以外は、過酷な運命を背負うのだろうか。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/188006/

    【SMAP解散 木村拓哉以外の4人を待ち受ける“過酷な運命”】の続きを読む

    このページのトップヘ