タグ:二宮

    1: 2018/12/30(日) 18:17:44.97 ID:CAP_USER9
    滝沢秀明(36)や嵐、関ジャニ∞らが、デビュー前だったジャニーズJr.時代の1998?99年にメインを務めたテレビ朝日のバラエティー番組「8時だJ」が29日、
    約20年ぶりに復活した。番組では「言えなかった本音を20年後に伝える」企画を実施。関ジャニ∞の村上信五(36)が滝沢に対して「ずっと嫉妬(しっと)していて、変な態度で接していて申し訳なかった」と頭を下げた。

    2人は1982年生まれで同い年だが、滝沢は一気にスターダムを駆け上り、ジュニアで絶対的な存在だった。対する村上は関西から上京し、何とか爪あとを残そうともがいていた。
    村上は「東京のジュニアには嫉妬の気持ちしかなかった。バラエティーでもタッキー、ドラマでもタッキー、なんでタッキーばっかなのって。

    “1回チャンスくれたってええやん”って嫉妬、恨み、妬み、そねみが積もり積もって、めっちゃ嫌いやった」と打ち明けた。

    当時、嫉妬する気持ちが収録にも出てしまい、あるVTRを見た後に滝沢からコメントを求められたが「えっ?どうって何が?」とふてくされた態度を取ってしまったという。

    当時を振り返った村上は、滝沢と面と向かい「(怒りが)勝手にたまっていた。だけど、関西ジュニアがたくさん出てきてから、ジュニアを背負っていた(滝沢の)苦労が分かった。
    タッキーはじめ、東京の皆様に変な態度で接してしまったことを謝りたいと思います。20年間大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。

    滝沢は「(村上の気持ちは)僕も分かってましたし。本当に仲が悪かった。その後、2人で世界一周する企画があって、その時に2人で向かい合って仲良くなった」と振り返った。

    スタジオで神妙に謝った村上だが、同じ関ジャニ∞の錦戸亮(34)は「いや、滝沢くんはずっと上の人だし、競争する気持ちとかなかった」と告白。
    嵐の二宮和也(35)も滝沢は別格だったといい「村上ごときがタッキーに嫉妬しているのはおこがましいって。絶対的なリーダーだったんだから」と話してスタジオを沸かせた。

    2018年12月29日 22:46
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/29/kiji/20181229s00041000370000c.html

    【村上信五「(タッキー)めっちゃ嫌いやった」二宮「村上ごときがタッキーに嫉妬しているのはおこがましい」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/12/18(火) 09:24:13.93 ID:CAP_USER9
    嵐の二宮和也(35)が17日、元フジテレビでフリーの加藤綾子(33)らと都内で行われた「平成31年用年賀状引受セレモニー」に出席した。

    各スポーツ紙になどによると、押し花年賀状がお気に入りだという加藤に対し、二宮は「若い世代もそうですけど、加藤さんみたいなおばさん世代にも(合いそう)」と2歳年上の加藤を「おばさん」呼ばわり。

    加藤は二宮に対し、「ちょっと!! 二宮さんの方が年上ですよ」とチクリ。
    2人は今春放送された二宮の主演ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)で共演し、気心知れ仲とあって、二宮もイジれたようだが…。

    「二宮とカトパンの共演が発表された際、二宮のファンはカトパンが二宮に“お手付き”するのを危惧してネット上で発狂。
    カトパンに対してかみついていましたが、このやりとりですっかり安心したのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

    しかし、逆に「おばさん」呼ばわりしたことで、炎上の“燃料”になりそうだというのだ。

    「二宮といえば、2歳年上でフリーの伊藤綾子アナとの同棲&ゴールイン秒読みと報じられています。
    年上と交際しているくせに、『おばさん』呼ばわりしたことから、ネット上では伊藤との交際の“匂わせ”なのでは、と早くも騒動になっています。
    カトパンもそのあたりのことをツッコめばおもしろかっったんでしょうが」(芸能記者)

    二宮はもう少し発言に慎重になった方が良さそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1614608/
    2018.12.17 21:15 週刊実話

    【【嵐】二宮、カトパンへの発言で炎上の“燃料”を注いだ?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/10/05(金) 04:17:56.82 ID:wHqmb0PQ0
    手で洗っても全く垢取れてないんだが

    【【悲報】嵐二宮「体はスポンジを使わず手で洗う」←これ汚すぎじゃない?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/09/28(金) 16:18:29.49
    https://youtu.be/ItU8gH1viBk



    立派な考えをお持ちの方だ
    それに引き換えAKBのOGどもは何様のつもりなんだろう

    【二宮和也「僕は役者じゃなくてアイドル。嵐じゃなければ呼ばれてない」、前田大島川栄島崎渡辺「・・・」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/09/07(金) 05:38:30.23 ID:CAP_USER9
    [ 2018年9月6日 22:19 ]
    土屋太鳳&芳根京子「おはよう、チュ」に抵抗なし!嵐・二宮「次世代すぎるんだけど…」

     土屋太鳳(23)と芳根京子(21)が6日、フジテレビ系「VS嵐」(木曜後7・00?7・57)に出演。共演する映画でキスを繰り返したため、完全に慣れっこになってしまったことを明かした。

     今回2人は映画「累―かさね―」の告知を兼ね、嵐チームの“プラスワンゲスト”として参加。川合俊一や平野ノラなどが名を連ねる「チームバレーボール」と対戦した。

     同作品は“不思議な口紅によって、キスした相手の顔を奪うこと”が重要な要素に。そのため、役柄上“顔の入れ替え”が頻繁に行われる土屋と芳根は、何度もキスをしなければならなかったという。

     「初めは緊張していた」と初々しく語る芳根だったが、後半戦は「おはよう、チュ」といった感じで、あいさつレベルにまでなってしまったのだとか。「太鳳ちゃんとのキスは抵抗がなくなっちゃいましたね」との発言に、土屋は「うれしい」とノリノリ。「チューしよっか」とイチャイチャしだす2人を見て、二宮和也(35)は「次世代すぎるんだけど」と、半ばあきれ顔だった。

     さらに芳根は、土屋の「こうやった方がカッコよくキスできる」と見せた手先の仕草に「キュンってしちゃう」とメロメロ。「研究したの?」の問いに土屋は「ちょっと性格がキツい子の役だったので、それが手先にも出たらいいな、と思って研究しました」とコメント。しかし「結果、何もしない方がいいねってなって…」と、最終的には無駄な努力となったことを嘆いていた。


    土屋太鳳Photo By スポニチ
    no title

    女優の芳根京子Photo By スポニチ
    no title


    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/06/kiji/20180906s00041000374000c.html

    【嵐・二宮「次世代すぎるんだけど…」 土屋太鳳&芳根京子「おはよう、チュ」に抵抗なし!】の続きを読む

    1: 2018/09/04(火) 06:33:15.43 ID:CAP_USER9
    俳優の木村拓哉(45)と嵐の二宮和也(35)が3日、都内で、初共演映画「検察側の罪人」の大ヒット舞台あいさつに出席した。

     この日で映画のプロモーションも一段落。8月24日の初日舞台あいさつで次回作について言及していた木村は「時代物とかいいんじゃない?明智(光秀)を(二宮に)やっていただいて、自分が織田(信長)やります」と早くも具体案を提示。二宮の「最後、明智は勝ちますか?」という切り返しに、ニヤリと笑った。

     終了後には取材に応じ、二宮以外の“4嵐”との共演について「その時があればぜひ」と前向きに語った。これに対して二宮は「ほかの4嵐は二宮を堪能して食べ尽くしてからにしていただきたい」と“ニノファースト”を主張していた。

    また、お互いに今1番聞きたいことを問われると二宮は「貯金…」と回答。「正直把握してない自分がいます」と明かした木村に向かって「俺がやりますよ、管理!マジで」と名乗りを上げた

    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/04/0011606692.shtml?pg=2

    【次回作はキムタク信長VSニノ光秀? キムタクはニノ以外“4嵐”との共演にも意欲】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/08/28(火) 08:31:14.94 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ事務所を代表する元SMAPの木村拓哉と「嵐」の二宮和也が、公開中の映画「検察側の罪人」の番宣のため、あちこち動き回っている。
    17日放送のTBS系「ぴったんこカン・カンスペシャル」では、二宮の堕落ぶりが明らかに。
    Tシャツに短パン、サンダル姿で登場し、木村は「凄くないですか? 映画の撮影の時大体こんな感じなんですよ。
    健康ランドの帰りみたいな」と苦笑い。「お前嵐だぞ!」と叱咤するしかなかった。

    二宮は誕生日に木村から「死ぬほど服をもらった」そうで「家から仕事しに行って仕事から帰る、そういう時は基本的にこんな感じです。
    仕事に行く、どっかにご飯食べに行くみたいなことがあるとおそらくこれじゃダメなんだ、もう大人だし、
    そういう時は木村君からもらった服を着て行く」と告白。自宅のクローゼットには木村からもらった革ジャンのみがかけられているという。

    二宮のドケチ…いや倹約ぶりはつとに有名。過去にも「洋服とか靴とかも、3年くらい買ってない。いつも同じ服を着てる」
    「(後輩である関ジャニ∞の)錦戸(亮)と飯行って1回もお金を出した事がない。

    トイレとか行って帰ってくると『じゃあ帰りましょう』みたいな」
    「去年の6月から12月まで、自分で払ったお金の領収書が4枚しかなかった」など、驚きのエピソードを語っていた。二宮を知る芸能界関係者も次のように話す。

    「典型的なインドア人間。休みの日は1日中家にいて、スマホゲームをやっていることもあるそうです。かなりハマっているゲームがあるそうで、
    仕事先でWi-Fiが繋がらないと不機嫌になることもあるので要注意。基本ドケチですが、スマホゲームには多少の課金はしているそうです」

    とはいえ、スマホの課金など二宮の稼ぎからすれば取るに足らない問題だろう。
    二宮は貯金する理由について過去の出演番組で「急に仕事がなくなった次の年の税金を払う事が辛いから」とコメント。
    「嵐」としてデビューしてから間もなく19年。一体、その貯蓄額はいかほどなのだろうか?

    芸能プロ幹部は「10億円は余裕であるでしょうね。別のジャニーズグループのメンバーXの口座情報をあるところから入手したことがあるのですが、デビュー15年で10億円貯めていましたね。
    しかもそれは某メガバンク1行のみの口座。ほかの銀行にも分散して預けている可能性があります。嵐メンバーの年収はゆうに億超え。
    二宮さんのドケチぶりを考えれば、10億円は楽にあるでしょうね」と語る。

    二宮と言えば、元女子アナの伊藤綾子との交際中で、先日も「週刊文春」(文藝春秋)で“モルディブ旅行“が報じられた。
    関係者によれば「さすがの二宮も宿泊代と食事代は支払ったそうだ。
    ある意味、ここ数年で1番お金を使っているのかもしれない(笑)」。ちゃっかり領収書をもらっているかもしれないが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1509953/
    2018.08.28 08:00 トカナ

    【キムタクも驚いた「嵐」二宮和也の“変人伝説”と驚きの貯蓄額!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2018/08/24(金) 10:50:06.84 ID:CAP_USER9
    人気アイドルグループ・嵐の二宮和也(35)が24日放送の日本テレビ系「ZIP!」(月~金曜・前5時50分)にVTR出演し、米ハリウッド映画「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督、2006年)の秘話を明かした。

     24日公開の映画「検察側の罪人」(原田眞人監督)では、ジャニーズ事務所の先輩・木村拓哉(45)との初共演が話題になっている。嵐メンバーも自身も、共演が決まった時は驚いたという。

     二宮は14歳の頃から俳優業を開始。しかし当時は、演技の評価は低かった。「(オーディションを)何十本やってもダメで、落ちるのが当たり前すぎちゃって」という二宮に、インタビュアーの團遥香(25)は「俳優になりたくて自ら受けたいと言っていたんですか?」と質問。すると二宮は「そんなことないよ。俳優になりたかったら、ジャニーズに入っていないでしょ」と返し笑わせた。

     しかし、23歳の時に「硫黄島からの手紙」でジャニーズ事務所のタレントとして初めてとなる“ハリウッド進出”を果たす。演じたのは“全くやる気のない日本兵”西郷昇陸軍一等兵役だったが、出演にいたる経緯は意外なものだった。

     人生の転機となったオーディションについて二宮は「クリント・イーストウッド監督に会えると言われたから。会うだけでも十分価値のあるオーディションだと思って」と回想。
    「行ったら(監督が)いなくて。置いてあるカメラに向かって演技してくださいと言われた。いないからいいやと思って短いシーンを披露したら、『それだと分からないから、もうちょっと長いのやってくれ』と言われた。けど、僕はこれで大丈夫ですと返した」と明かした。

     しかし、その間もカメラが回っており、そのやりとりを見たイーストウッド監督が「こんなにやる気のない子も珍しい。ぴったりだよこの役に」とオーディションとは別の“全くやる気のない日本兵”役でハリウッドデビューを飾った。

     二宮は西郷一等兵の演技が評価され、俳優活動へ力を入れるように。16年の映画「母と暮せば」(山田洋次監督)で、V6・岡田准一(36)に続くジャニーズ2人目の日本アカデミー賞主演男優賞の栄冠に輝いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000073-sph-ent

    【 「硫黄島―」オーディションでイーストウッド監督が嵐・二宮を選んだ意外な理由】の続きを読む

    このページのトップヘ