タグ:二宮和也

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/19(火) 22:02:20.92 ID:CAP_USER9
     9月14日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、映画『散歩する侵略者』のPRとして主演の長澤まさみ(30)が登場し、過去に交際報道のあった二宮和也(34)の立ち振る舞いに注目が集まっていた。

     番組冒頭、長澤が映画の紹介をしている最中に嵐の5人のカットが映ったのだが、大野智(36)、櫻井翔(35)、相葉雅紀(34)、松本潤(34)は長澤に顔を向けているにも関わらず、二宮だけはそっぽを向いて長澤から一番遠い場所に位置を取って一言も発することはなかった。

     長澤が天然なことを言ってみんなが笑っている場面でも、二宮は俯いてつまらなそうに身体を揺らして終始ノーリアクション。長澤のトークには基本的に櫻井が対応して、時折松潤もツッコミを入れたりして介入していた。『散歩する侵略者』チームが長澤の好きなデザートを食べてまったりしている時には、ゲームスタンバイ中の相葉が「重いんだから早くしてよ!」とツッコんで笑いを誘い、長澤と1VS1の対決をするゲームでは大野が相手となった。



     このように二宮以外のメンバーは何かしら長澤との絡みがあった上に、二宮自身も普段ならば積極的にゲストに絡むタイプのため、露骨に長澤との絡みを避けているように映っていた。放送中からTwitterでは「ニノの態度ヤバすぎじゃない?」「まーたニノが黙っちゃてるよ」「長澤まさみは普通なのにニノだけが気にしてる感じで子供っぽいwww」「もう時効だって、普通にしなよ」と二宮の不自然な態度を指摘するファンの声が続出。

     二宮と長澤の熱愛は、2007年に「日刊スポーツ」が2年間に渡る真剣交際中だと報道したのが最初であった。2005年にドラマ『優しい時間』(フジテレビ系)で共演したことにより交際がスタートしたといわれたが、その後、2010年に破局報道。翌2011年には二宮が佐々木希(29)と、長澤はEXILEのAKIRA(36)との交際報道が出ている。

     2人が破局報道後に共演するのは今回が初めてではなく、2015年の『VS嵐』での共演を皮切りに、その後も長澤は幾度か同番組に出演している。しかし、共演するたびに二宮は今回と同様の態度を示してきていた。

     2人の交際報道には、ツーショット等の決定的な証拠はなく、通常であれば噂の域をすぎなかった。しかし、近年の二宮の露骨な態度こそが、かえって”何かあった”ことを裏付けてしまっている。芸能界にいる限り今後も共演するだろうが、2人が普通に会話をする日は来るのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1356581/
    2017.09.19 21:00 messy / メッシー

    【【嵐】二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/10(日) 13:13:48.50 ID:CAP_USER9
    嵐・二宮和也(34)がパーソナリティを務めるラジオ『bay storm』(bayFM)の9月3日放送回は、今年の誕生日にメンバーからもらったプレゼントについて、トークが繰り広げられた。

    メンバーの誕生日にはプレゼントを贈り合っているという嵐。7月27日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)では、櫻井翔が二宮にプレゼントしたという“永遠に使える髭剃り”を紹介していた。
    同番組を見たリスナーから、ラジオに「使い心地はどうですか?」と質問が届き、「使い心地はいいですよ、すごく」と愛用していることを明かしていた。

    また、「他のメンバーからは誕生日プレゼントもらいましたか?」という質問には、「相葉(雅紀)さんからサンダルもらって、松本(潤)さんから甚平もらって、
    大野(智)さんからドラゴンボールのフィギュア」と回答。大野からもらったフィギュアに関しては、「もう、本当にあれ、どうしていいかわからないんだよ」と吐露していた。

    二宮が大野からもらったプレゼントに頭を抱えている理由は、大野からプレゼントをもらう際に言われたひと言。
    「『1回だけ飾ってくれ』って言うんだよ。『1回飾ったらもういいから』って言うんだけど、理由がちょっとよくわからないんだよね」と大野の言葉の真意がわからず、悩んでいることを明かした。
    また二宮は、「1回飾ったら、また片さなきゃいけないんだよね?」と皮肉っぽくいうと、
    「ちょっと、大変なんだよな、おっきくて。だから重たいのよ、硬いし。危ないのよあれ。もうわかんないよ、あれどうしたらいいか」と続ける。プレゼントをもらったうれしさを素直に表現できない二宮の一面がうかがえた。

    8月30日、メンバーの中で二宮の次に誕生日を迎えたのが松本。ラジオで二宮は、「もう松本さんの(プレゼントを)考えなきゃなーそろそろ。
    放送の時にはもう、松本さん誕生日越えてるもんね? 考えなきゃな」と悩む場面もあった。松本の誕生日8月30日に彼は何をプレゼントしたのか、またラジオで語ってほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1353527/
    2017.09.10 12:45 デイリーニュースオンライン

    【【嵐】二宮和也、大野智からもらった”誕生日プレゼント”の使い道がわからず苦言】の続きを読む

    1: 2017/08/29(火) 05:20:23.80 ID:CAP_USER9
    週刊女性2017年9月12日号 2017/8/29

    「オッケー!」

     8月中旬の午後、原田眞人監督の声が響いた。来年夏公開予定の映画『検察側の罪人』のロケが、都内の寺院で行われていた。

    「木村拓哉さんと二宮和也さんが初共演することで話題になっている作品で、この日は朝7時から200名ほどのエキストラが参加して葬儀のシーンが撮影されていました。

     主演の2人以外は、この日でオールアップということで、ロケ終了時にはスタッフとエキストラから拍手が沸き起こりました」(製作会社関係者)

     猛暑の中、喪服に身を包んだ木村は撮影の合間は小さな扇風機で風を送ってもらっていた。

    「普段どおり参拝客も来ていたので、本堂に入れないことでスタッフにクレームを入れる人も。撮影終了後、エキストラにペットボトル飲料が2本ずつ配られたほどの暑さでした」(前出・製作会社関係者)

     1か月ほど前には、荒川の河川敷でもロケが行われていた。

    「木村さんはグレーのスーツを着て髪をオールバックにしていましたね。

     高速道路の下でエキストラがホームレスに扮していたんですが、そこは本当のホームレスの人たちが住んでいる場所。締め出されて遠巻きに見ていたのは気の毒でした」(近所の住人)

     実は今回の撮影の間、木村が現場でずっと親密にしていた人物がいたという。

    「二宮さんのマネージャーの男性です。木村さんは嵐メンバーとはほとんど交流がなかったのにどうして仲がいいんだろうと不思議がられていました。

     タレント本人ならともかく、マネージャーですからね。実は、これまで香取さん、稲垣さん、草彅さんにはそれぞれ1人ずつマネージャーがついていたのですが、仕事量が減ったので現在は3人を1人が担当しているんです。

     それで、“彼らを担当していた方が二宮さんの担当になったから、木村さんもあんなに親密そうに話しているんだろうね”ってもっぱらの噂なんですよ」(芸能プロ関係者)

     9月でジャニーズ事務所を去る3人は、以前のような手厚い待遇ではなくなっていたようだ。

    「カメラが止まると、木村さんのほうからマネージャーに近づいていって談笑していました。現場では、もちろん二宮さんともコミュニケーションをとっていますが、彼と話しているほうが楽なんでしょうね」(前出・芸能プロ関係者)

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    http://www.jprime.jp/articles/-/10469

    【木村拓哉、二宮と映画ロケで一緒になるも休憩中の「意外」な話し相手】の続きを読む

    1: 2017/08/14(月) 06:26:17.89 ID:CAP_USER9
    どんよりと重たい曇り空の下、俳優陣とスタッフの間には緊張の糸が張りつめていた。だが、小雨が降ってはストップし、撮影はなかなか進まない。

    映画『検察側の罪人』(2018年公開)がクランクイン。同作で木村拓哉(44)は嵐の二宮和也(34)と共演する。

    「敏腕女性 I 氏がマネージャーを務めていたころの独自路線のSMAPでは、嵐との共演はありえなかった。
    SMAP解散、 I 氏が退社したことで実現した共演といっていい」(芸能関係者)

    検事を演じる木村の役どころは、初の汚れ役。物語が進むにつれ、正義感の強い後輩検事役の二宮と対立を深めていく。
    映画『硫黄島からの手紙』などで評価の高い演技派の後輩との初共演。木村の熱意は並ではない。

    「木村さんは終始ピリピリしていて、周囲も緊張している様子でした。
    通りがかったファンがスマホを向けると、スタッフがただちに駆け寄り制止していましたね」(居合わせた女性)

    朝7時から始まったこの日の撮影、「カット」の声がかかると、木村はさっとカメラの前を離れ、製作陣から距離を取る。
    他の俳優陣とも、撮影の合間に静かに言葉を交わす程度だ。曇り空とはいえ、この季節の背広姿は、暑さが堪える様子。
    休憩中には頻繁にジャケットを脱いで涼んでいたのだが、
    そんなときも近寄るのは限られたスタッフのみで、重責を胸にかかえた木村から笑みがこぼれることはなかった。

    SMAP解散で、木村の活躍の場はこれまで以上に俳優業が中心になる。本作は、失敗が許されない正念場の一作だ。
    一人たたずむ背中には、“俺が木村拓哉だ!”という心の叫びが滲んでいた。

    (週刊FLASH 2017年8月15日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170814-00010000-flash-ent
    8/14(月) 6:00配信

    【木村拓哉「初の汚れ役」「嵐と共演」で撮影現場はピリピリ】の続きを読む

    1: 2017/08/05(土) 11:10:58.62 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-01867412-nksports-ent
    日刊スポーツ

     俳優木村拓哉(44)が、嵐の二宮和也(34)と現場で緊張した空気だったという報道を否定した。

     2人は来年公開の映画「検察側の罪人」で初共演する。一部のネットニュースでは、現場での2人の緊迫した空気に共演女優の吉高由里子もドン引きしていたと報じられていた。

     しかし、木村は4日放送のTOKYO FM「木村拓哉のWHAT’s UP SMAP!」で、実際の現場の空気は違ったものだったと説明。「無言の対面とか言われてましたけど、ずっとニノとくっちゃべってました」と語り、そもそも吉高はスケジュールの都合で初日の本読みには参加していないと説明。「現場でニノといろんなネットニュースを笑い合ってます」と和気あいあいとした2人の様子を伝えた。

    【木村拓哉、共演二宮和也との「無言の対面」報道否定】の続きを読む

    1: 2017/07/27(木) 22:44:38.77 ID:CAP_USER9
    木村拓哉(44)と嵐の二宮和也(34)が早くも熱視線を交わしている。2人が初のそろい踏みを果たす来春公開の映画『検察側の罪人』。クランクインに向け、6月30日に台本読み合わせのため2人が初対峙した模様を、発売中の『女性自身』(光文社)が報じている。共演の吉高由里子(29)らを交えた読み合わせは、本番さながらの真剣な雰囲気。ベテラン検事役の木村に対し、熱血漢の若手検事役の二宮との駆け引きが見ものなストーリーだけに、2人のやりとりは緊迫感を漂わせる展開。ひょうひょうとした性格が売りの吉高も、合間に2人に声を掛けるのをはばらかれるほどだったという。

    「木村は、テレビドラマから映画化もされたヒット作『HERO』で久利生公平役を演じており、検察モノへの思い入れは強い。久利生を連想させるアツい検事役を後輩の二宮が演じることが、さらに意識に拍車をかけています」(芸能誌記者)

     また、木村がヒールを演じるのは、過去2回登場したドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)以来のこと。「どのドラマも同じ演技」と批判されがちな木村にとっては、演技の幅を広げる機会にもなる。

    「木村は一連のSMAP騒動で裏切り者のイメージが染みつき、CM出演も風前の灯。とはいえ、逆手にとってのヒール転向は、新境地の開拓につながりそうです」(テレビ局社員)

     木村にとっては今後を占う大事な作品になりそうだが、相手役が二宮というのもネックになり兼ねない。

    ■キムタクと二宮は互いに譲らぬ”オレ様キャラ”

     週刊誌記者は指摘する。

    「二宮は、木村に負けぬ“オレ様”キャラ。今年に入り、ラジオ番組で『二宮先生と仕事したいという人はいるのか』『すっごい上にきちゃったよね、知らない間に』などの傲慢発言を連発しています。ハリウッド作品出演の経験もある二宮が、演技力が乏しく落ち目の木村を下に見る態度に出れば、衝突は必至です」

     ドラマ、映画と低調が続く木村。『検察側の罪人』でも低評価がつけば、「二宮先生と仕事させてもらった先輩役者」という烙印を押される。正念場の一作と言えそうだ。

    文・佐々木浩司(ささき・こうじ)>>1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

    デイリーニュースオンライン2017年7月26日11時40分
    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1337790/

    【<木村拓哉 vs.二宮和也>”台本読み合わせ”で吉高由里子もドン引きの顛末!互いに譲らぬ”オレ様キャラ”】の続きを読む

    1: 2017/07/24(月) 05:04:26.87 ID:CAP_USER9
    2017-07-24 05:00

    木村拓哉&二宮和也の共演作『検察側の罪人』キャスト発表 ヒロインは吉高由里子

     元SMAPの木村拓哉、嵐の二宮和也が初共演する映画『検察側の罪人』(原田眞人監督、2018年公開)のキャストが24日、発表された。木村、二宮の“正義”を巡る闘いの行方を左右する重要なヒロインを吉高由里子が演じるほか、松重豊、平岳大、八嶋智人、大倉孝二らが出演する。

     原作は『犯人に告ぐ』『クローズド・ノート』の雫井脩介氏によるミステリー小説。エリート検事・最上(木村)と、彼を師と仰ぐ駆け出しの若き検事・沖野(二宮)。2人が担当することになったある殺人事件で、かつて最上にとって大事な人の命を奪い、時効を迎えた未解決殺人事件の容疑者が再浮上する。
    その男を執拗に有罪に仕立てようとする最上と、それに疑問を覚えた沖野の間に徐々に亀裂が走り始め、やがてそれぞれの“正義”のもとに決裂した2人が、敵同士となって対峙していく。

     新たに出演が発表されたのは、検察事務官・橘沙穂役の吉高のほか、正義とは対極を成す社会の必要悪である闇社会のブローカー・諏訪部役の松重、
    最上の重要な決断に影響を及ぼす同級生の国会議員・丹野役の平、沖野と共に検察との闘いに挑んでいく弁護士・小田島役で八嶋、
    凶悪な殺人事件の容疑者の一人である弓岡役の大倉。矢島健一、音尾琢真(TEAM NACS)、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜も出演が発表され、人権派大物弁護士・白川雄馬を山崎努が演じる。

     吉高は、役柄について「幼い頃のある出来事がきっかけで検察事務官になるというすごく信念のある強い女性像です」と説明し、「初めて挑戦する役どころを楽しみながら演じていきたいと思います」と意気込み。
    「木村さん二宮さんそして共演者の方々、スタッフの皆さんと一緒にチームワーク良く撮影に挑めたらなと思います」と話している。

     「私が演じるのは悪い老人の役です」と明かした松重は、原田監督の要望に応えて髪を染めず白髪で臨んだといい、「思ったより白くて、一気に老け込みました。不良にでもならないとやってられない気分です」と告白。
    「木村君も二宮君も以前ガップリ組ませていただいたことがあります。今回はどちらも全く違った関係性なので、どんなことになるやら、乙女のようにワクワクしています」と期待を込めた。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    映画『検察側の罪人』に出演する(上段左から)吉高由里子、松重豊、山崎努(中段左から)平岳大、八嶋智人、大倉孝二、矢島健一(下段左から)音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜
    no title

    http://www.oricon.co.jp/news/2094586/full/

    【木村拓哉&二宮和也の共演作『検察側の罪人』キャスト発表 ヒロインは吉高由里子】の続きを読む

    1: 2017/07/17(月) 12:16:37.10 ID:CAP_USER9
    https://mdpr.jp/news/detail/1701119
    2017.07.17 11:19

    モデルでタレントの滝沢カレンが16日放送の日本テレビ系バラエティ番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時~)に出演。四字熟語であだ名をつけるという特技を披露した。

    おかしな日本語が話題となりブレイク中の滝沢。最近では四字熟語にハマっているそう。
    滝沢が四字熟語であだ名をつけることができ、「芸風過多」とつけられたことを渡部建が明かすと、その的確な四字熟語センスにスタジオは「ドンピシャや」と絶賛。この日の出演者たちにも滝沢があだ名をつけることとなった。

    滝沢は「テレビで一回も泣いたことがない」というKinki Kidsの堂本光一に「感情不明」というあだ名をつけ、さらに宮迫博之を「男前意識」、東野幸治に「薄情大王」、福士蒼汰を「青春役者」、遠藤憲一を「存在強烈」と表現。
    次々と繰り出される四字熟語に「うまいな」「スゴイな、四字熟語」とスタジオは感心しつつも大爆笑となった。

    さらに滝沢は、日本テレビの徳島えりかアナウンサーには「疲労丸見え」というあだ名を命名。なぜかそこだけ四字熟語ではなくなった滝沢のあだ名つけは、最後までスタジオの笑いを誘い続けた。
    (modelpress編集部)

    別記事
    滝沢カレンが嵐・二宮を「趣味在宅」と表現
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/16/kiji/20170716s00041000358000c.html
    2017年7月16日

    モデルでタレントの滝沢カレン(25)が16日放送の日本テレビ「ニノさん」(日曜後0・45)にゲスト出演。MCの「嵐」二宮和也(34)を思わぬ“四字熟語ネーム”で表現し、スタジオの笑いを誘った。
    (略)
    滝沢が「四字熟語ネーム」を付けることが得意だという話題から、美容家でタレントのIKKO(55)に「美容怪獣」、俳優の東幹久に「何故色黒」と付けるなど、スタジオメンバーを「四字熟語ネーム」で表現。
    二宮について聞かれた滝沢は「趣味在宅」とプライベートで引きこもりを公言する二宮を完ぺきに表現。これには「スピードワゴン」の小沢一敬(43)も「凄いよ、センスの塊だよ。天才現る!」と絶賛した。
    放送後には「趣味在宅」がトレンドワードに入るなど、滝沢のセンスがネットでも話題となった。

    【滝沢カレンの“四字熟語あだ名”が面白い 堂本光一は「感情不明」、二宮和也「趣味在宅」宮迫博之「男前意識」など】の続きを読む


    【【生誕祭】本日6月17日は嵐・二宮和也さんのお誕生日!おめでとおおおおおおお】の続きを読む

    1: 2017/05/27(土) 14:13:55.57 ID:CAP_USER9
    個性豊かなアイドルがそろっているジャニーズ事務所。それぞれ歌やダンス、演技など得意なジャンルを持っているが、ひと口に「演技」といっても、
    木村拓哉(44)のようにテレビドラマで高視聴率の記録を作ってきた者、
    V6岡田准一のように映画界で才能を開かせ日本アカデミー賞で最優秀主演/助演男優賞をW受賞した者など、活躍する場も異なる。

    嵐・二宮和也(33)は、その演技力ゆえに映画に引っ張りだこの一人。
    彼がパーソナリティを務めるラジオ『BAY STORM』(bayFM)5月21日放送回では、リスナーからのメールで、
    2013年に公開された『プラチナデータ』以降、年に1本は二宮の出演作が公開されていることが話題となった。
    俳優としては珍しいことではないのかもしれないが、人気アイドルとしてはトップクラスだろう。
    今年の11月には『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が封切りとなり、18年公開の木村主演作『検察側の罪人』にも出演が決定した。

    木村とは今作が初共演となるが、「あくまで木村くんが主演。木村くんありきのものですから」
    「まだ(撮影にも)入ってもないし、この『検察側の罪人』を作る人たちに会ってないから」と、まだ実感は薄いよう。

    一方、木村は自身のラジオ『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)5月19日放送回で、
    二宮に関して「テレビドラマとかでもすごいじゃん。ちゃんと(演技を)やってるじゃん。自然と見入っちゃう」
    「現場でどんな感じになるんですかね? 恥ずかしいですよね、ちょっとね(笑)。
    そこが一番楽しみかな」と、長年知っている間柄だけに、微妙な恥ずかしさがあるようだ。

    新たなスタッフ、新たな共演者と作品を作り上げていくのは大変なこと。二宮は「年に1本って考えると、そんなに出れるものじゃないんだね。
    そう考えるとすごいんだろうなぁ、こうやって呼んでいただけるのは」と、恵まれた環境に感謝しつつも、
    「でも二宮まだまだ働きますよ? 二宮、33(歳)を迎え、34(歳)に差し掛かる中で、まだまだ脂乗ってますよ。
    全国の監督のみなさん、プロデューサーのみなさん、脚本家のみなさん、二宮まだまだできます」と俳優業への意欲を見せていた。

    14日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)では、「新しい作品をやるたびに『この人は一緒に死んでくれるのかな?』って考えながら(やってる)
    。死んでくれるんだったら、全部出して、それ以降ドラマ出ない、映画は出ないって『これで一緒に死ぬ』」という、俳優としての覚悟を語っていた二宮。
    『検察側の罪人』での木村との共演や新たなスタッフとの出会いが、また新たな彼の一面を引き出してくれることを願いたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1315345/
    2017.05.27 14:00 デイリーニュースオンライン

    【木村拓哉と嵐・二宮和也がついに初共演を語る「ニノはちゃんと演技を…」】の続きを読む

    このページのトップヘ