タグ:乃木坂

    1: 2019/09/08(日) 17:49:37.64
    これが一番しっくりくる

    【ジャニーズに例えるとAKB=SMAP 乃木坂=嵐 欅坂=KAT-TUN 日向坂=キンプリって感じだよな?】の続きを読む

    1: 2018/10/09(火) 18:06:29.23 0
    僕バカだからわかんない…(*'ω'*)

    【なんで嵐とかジャニーズは40近くなっても辞めろって言われないのに、乃木坂は25過ぎただけで辞めろって言われるの?】の続きを読む

    2




    2: 2019/06/23(日) 18:38:03.23
    シンクロニシティ 


    ジコチューで歌番組さっぱり出なかったのは失速の始まり

    3: 2019/06/23(日) 18:38:55.40
    東京ドーム

    4: 2019/06/23(日) 18:39:49.34
    2016~2017
    【乃木坂どこがピークだったと思う?】の続きを読む

    1: 2019/06/20(木) 09:23:37.42 ID:Pesif6Ye9
    『オリコン上半期ランキング 2019』の「アーティスト別セールス」部門が20日に発表され、乃木坂46が2年連続通算2度目のトータル1位に輝いた。
    音楽ソフト(シングル、アルバム、音楽DVD・Blu-ray、デジタルシングル(単曲)、デジタルアルバム、ストリーミング)の総売上金額44.2億円。
    2009年より発表を開始した同ランキングにおいて、2年連続の1位は、2011年、2012年にAKB48が記録して以来7年ぶりとなる。

    2012年2月にデビューした乃木坂46は、4年目の2015年度上半期で10位(20.6億円)となり、初のアーティスト別セールス部門TOP10入り。
    以降、2016年度上半期は4位(37.0億円)、2017年度上半期は5位(31.7億円)そして昨年2018年上半期で初の1位(56.0億円)と、4年連続でTOP10内にランクインした。

    期間内には、約2年ぶりのオリジナルアルバム『今が思い出になるまで』(4月17日発売)が、発売初週の4/29付週間アルバムランキングで自己最高のアルバム初週売上となる44.7万枚を売り上げ、1stアルバム『透明な色』から5作連続、通算5作目の1位を獲得。
    「1stからのアルバム連続1位獲得作品数」で女性グループ歴代単独1位となった。
    また、『上半期ランキング 2019』では、作品別売上数部門の「アルバム」と「合算アルバム」の2部門でも1位を獲得した。

    さらに、齋藤飛鳥がセンターを務めた23rdシングル「Sing Out!」(5月29日発売)は、6/10付週間シングルランキングで、2018年5/7付で1位の「シンクロニシティ」、2018年11/26付で1位の前作「帰り道は遠回りしたくなる」に続き、2作連続通算3作目の発売初週100万枚を突破し1位を獲得。
    自身が保持する歴代2位の「シングルの通算ミリオン数」を更新した。
    また、シングル1位獲得数も2012年5/14付の「おいでシャンプー」から通算&連続22作目とし、ともに自身が保持する「女性グループ歴代2位」の記録を更新した。

    メンバーを代表し、1期生の桜井玲香と齋藤飛鳥、2期生の堀未央奈、3期生の与田祐希がコメントを寄せた。
    堀未央奈は「すごく嬉しくて飛び上がりたいくらいです」と喜び、与田祐希は「2年連続で1位を頂くことができ、私たちを支えてくれている皆さんには、本当に感謝の気持ちしかありません」とファンに感謝。

    2年ぶりに発売したオリジナルアルバムについて、桜井玲香は「今作から新たに4期生の後輩も加わり、かなりレベルアップした内容になっていると思います。グループにとっての代表曲がこの2年の間に生まれ、そのような作品を収録できたこと、また、少し遊び心のある新しいジャンルの楽曲にも挑戦していて、タイトル通り、私たちにとって思い出がたくさん詰まった聴きどころ満載の作品です」とコメント。
    一方の齋藤飛鳥は「今年もまだまだ盛りだくさんな1年になると思いますが、これからも皆さんの期待にお応えできるよう、私たちらしく頑張っていきたいと思います」と決意をあらたにした。

    なお、アーティスト別セールス部門では、TOP10のうち5組が初のTOP10入りを果たした。
    なかでも、2位のKing & Prince(期間内売上27.9億円)、3位のクイーン(期間内売上26.2億円)は、初のTOP10入りにしてTOP3入りを記録した。

    全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190620-00000326-oriconbiz-ent

    上半期アーティストトータルセールス
    1位 乃木坂46 44.2億円
    2位 King & Prince 27.9億円
    3位 クイーン 26.2億円
    4位 TWICE 24.8億円
    5位 星野源 23.6億円
    <集計期間> 2018/12/24付~2019/6/17付

    乃木坂46 (左から)与田祐希、堀未央奈、齋藤飛鳥、桜井玲香
    no title


    23rdシングル
    乃木坂46 『Sing Out!』
    https://www.youtube.com/watch?v=XiYjkSPsQWI


    【【オリコン】乃木坂46、総売上金額44.2億円!2年連続1位「嬉しくて飛び上がりたい」 2位はキンプリ】の続きを読む

    4




    1: 2019/06/20(木) 18:17:12.90 0
    美人になる顔だぞ

    【乃木坂で将来ダントツの人気者になるのって掛橋だと思うんだがwww】の続きを読む

    3




    1: 2019/06/19(水) 18:55:06.26 ID:TJDjzr1T9
    ◆ 2年間で11人…人気絶頂・乃木坂46「卒業ラッシュ」のワケ

    6月いっぱいで乃木坂46を卒業する斉藤優里(25)が18日、都内で初写真集「7秒のしあわせ」の発売記念イベントを行った。

    撮影は憧れのインドネシア・バリ島を舞台に、初の入浴シーンやランジェリー姿にも挑戦した。

    斉藤は「ぎゅっと夢をかなえてもらったような作品になりました」と笑顔。卒業後も芸能活動を続ける斉藤は「いろんなことに挑戦したい。お洋服が好きなので、お洋服関連のお仕事もやってみたい」と目を輝かせた。

    乃木坂は昨年末の「日本レコード大賞」で「シンクロニシティ」が平成最後の大賞に輝き、一昨年に続き連覇を達成した。グループとして栄華を極めたといえるが、昨年は西野七瀬、生駒里奈ら8人が卒業し、今年も衛藤美彩、伊藤かりんが卒業。斉藤を入れれば、2年で11人がグループから離れることになった。

    人気絶頂の今、卒業ラッシュが続いている要因について、アイドル誌編集者はこう指摘する。

    「中心メンバーでなかった斉藤でいえば、グループで活動する限り、メンバー間で売れ方に格差が生じる。グループ内での伸びシロを考えたり、アイドルとしての年齢を考慮すれば、次のステップを考える時期を迎えていることが大きい」

    とはいっても、西野や生駒らセンター常連メンバーもグループから離れている。注目度の高いグループに在籍していた方が、芸能活動にメリットも大きいと思うが…。

    「実は卒業してから“芸能界の頂点を目指す!”と息巻く中心メンバーはほとんどいない。グループ時代に注目され続けた影響か、あまり欲がない。卒業したら注目されなくなることを理解して高望みをするより、自分らしく生きることを重視する。今の若者の感覚と同じなのかも」(前同)

    昨年、卒業した斉藤ちはる(22)も人気メンバーではなかったが、今年4月にテレビ朝日にアナウンサーとして入社した。グループ在籍時に立ち位置を見極め、次のステップを見据えるメンバーが増えていることも、卒業ラッシュが続く要因かもしれない。

    2019/6/19(水) 17:05 東スポWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000045-tospoweb-ent

    【【乃木坂46】2年間で11人…人気絶頂「卒業ラッシュ」のワケ】の続きを読む

    3




    1: 2019/06/15(土) 12:46:07.78 0
    乃木坂メンバー、献血イメキャラ就任会見で取材陣を固めた “無言の首振り”

     アイドルグループ、乃木坂46のメンバー5人が、日本赤十字社の献血プロジェクト『みんなの献血』のイメージキャ
    ラクターに就任した。

     先日行われた発表会見に、齋藤飛鳥(20)、星野みなみ(21)、堀未央奈(22)、山下美月(19)、与田祐希(19)
    が駆けつけたが、取材陣が固まるやりとりがあったという。

     前回のキャンペーン『はたちの献血』でも、この5人がイメージキャラクターを務めた。好評だったという。

    「献血をすると彼女たちのオリジナルグッズがもらえるので、若年層の献血者を増やそうという赤十字社側の狙いは見
    事に当たったそうで、引き続き彼女たちが起用されることになった」

     と、芸能記者が解説する。実際、握手会に来たファンに「献血しましたよ」と言われる機会が増えたと、メンバーも
    喜んでいたという。

    「みなさん、献血はされていますか?」

     会見で齋藤は、

    「献血がどうしたら広まるかなと全員で考えて、今回はより使命感に燃えているので身近に感じてもらって、少しでも
    協力してもらえたらと思います」

     そのようなしっかりとしたメッセージを送った。衣装も赤十字をイメージした白基調のワンピースに赤のワンポイン
    トというデザインで、フォトジェニックだったという。

     会見が終わり、本人たちの生の声を聞く囲み取材に移った。その冒頭で、取材陣が固まる事態が起きたという。

     情報番組デスクの話。

    「取材V(ブイ)を見て、思わず苦笑してしまいました。ディレクターが『みなさん、献血はされていますか?』と質問
    したんです。前回のキャンペーンでもイメージキャラクターを務めていたわけですから、当然やっているものだと。と
    ころが5人は『………』と首を振る。誰もやっていないわけです。普通、ありえないでしょう。商品を食べていないの
    にその商品のイメージキャラクターを務めるようなものですから」

     取材陣は固まり、乃木坂のメンバーも気まずい表情になり、

    「その場を取り繕うとしたメンバーのひとりが『うちのお母さんがよくやっていたと聞いたことがあります』というよ
    うなことを話したのですが、囲み取材が盛り上がることはありませんでしたね」(前出・情報番組デスク)

     日本赤十字社の担当者、メンバーのマネージャー、イベントを仕切ったPR会社と、彼女たちの周りには多くの大人た
    ちがいる。献血のイメージキャラクターを務める前提として、献血をしたことがあるのか、と確認しなかったのだろう
    か。したことがなければ「してみたら」と、なぜすすめなかったのだろうか。
     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00015378-jprime-ent

    献血CM
    https://www.youtube.com/watch?v=NkQPaARlMJA


    【【炎上】乃木坂46が献血イメージキャラに抜擢→乃木坂メンバー「献血したことない」→批判殺到で大炎上wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ