タグ:中島裕翔

    1: 2018/10/17(水) 12:34:44.97 ID:CAP_USER9
    2018/10/16 18:14
    https://asajo.jp/60510

     毎年恒例の第35回「ベストジーニスト2018」が10月15日に発表され、一般選出部門にHey!Say!JUMPの中島裕翔と菜々緒が選出された。一般選出部門の男性部門ではトップテンのうち9人をジャニーズ勢が独占。しかも2位のKing & Prince・永瀬廉や3位のKAT-TUN・上田竜也から、10位のジャニーズWEST・小瀧望までの9人全員が異なるグループから選出されるという離れ業を見せた。

    「そんなに都合のいい投票結果があるのかと訝る人も少なくありませんが、これがジャニヲタの結束を如実に示しています。女性ファンは特定のメンバーだけがお目当ての《単推し》がほとんどで、グループ全体を応援する《箱推し》は少ないもの。しかしこの手の賞レースとなると話は別で、自分の担当(推しメンバー)が所属するグループからベストジーニスト賞を輩出するために、各メンバーの担当が力を結集して、候補者一人に票を集中させるのです。要するに組織票なんですが、グループ間で票が割れることにより、公正な投票になっているとも言えます」(芸能記者)

     そこでトップに立った中島は「MEN’S NON-NO」のレギュラーモデルという実績もあり、昨年に引き続いての2年連続受賞には納得の声も多い。票数でも2位のキンプリ・永瀬に2倍以上の大差をつけており、来年の3連覇と殿堂入りにも期待が高まっているようだ。だがその中島に対し、キンプリのファンから疑問の声があがっているというのである。芸能記者が続ける。

    「一般投票の期間中、ネット上の声を拾ってみると、中島よりも『永瀬クンに清き一票を!』という声のほうが多かったのです。それぞれの名前による検索回数を比べてみても、4月以降は常に永瀬のほうが中島を2倍以上も上回っています。ジャニーズ的にも今年はキンプリの年だったことは明らかで、ヘイジャン中島の名前が目立ったとは思えません。それなのにベストジーニスト賞では中島がダブルスコアの圧勝だったのですから、キンプリファンからは中島への不正投票があったのではと、不穏な声もあがっているようです」

     もっともジャニーズにさしたる興味のない層から見れば、トップが中島だろうと永瀬であろうと「それって誰?」だったのかもしれない。

    (白根麻子)

    【【ジャニーズ】ベストジーニスト、中島裕翔の受賞にキンプリ永瀬ファンが猛反発「不正投票」の声もあがる】の続きを読む


    【【HeySayJUMP】中島裕翔の電車アナウンスが素敵だと話題にwww】の続きを読む

    1: 2017/11/06(月) 17:50:28.51 ID:CAP_USER9
    売れっ子アイドルとなれば、趣味に費やす時間とお金は莫大なものになる。嵐・大野智は、釣りと絵画が大好き。
    釣りグッズには金に糸目をつけないようで、日焼けもしまくり。何度も事務所スタッフから叱られている。

    ジャニーズタレントで最も多趣味と言われているのHey!Say!JUMPの中島裕翔だ。
    裕福な家庭で育ったため、趣味の数もケタ外れ。アイドル雑誌のライターが言う。

    「公言しているだけでも乗馬、ドラム、ベース、ピアノ、タップダンスに、懐中電灯、ジーパン、スニーカー収集。特にすごいのはカメラ。
    アイドル雑誌の『duet』で作品を発表していたころは、ミラーレス一眼、一眼レフを合計27台も所有していました。
    のみならず、高級レンズを保管するための防湿庫まで購入。JUMPはどれだけ儲かってるんだと、マスコミの間で噂になりました」

    お金のかけ方でそれをしのぐのは、SMAP時代の草なぎ剛だ。超がつくほどのデニムフリークなのはご存じのとおり。
    ベスト・ジーニスト賞を5年連続受賞して、すでに殿堂入りしている。

    「かつてはラジオで『今月、金欠なんだよねぇ』と漏らしたほど、衝動買いをしてしまう性格のよう。
    1890年代のビンテージもので、1本150万もするジーパンを、『希少もの!』ということで即買いしたそうです。
    香取慎吾と、SMAP解散後の初共演として話題になった『おじゃMAP!!SP』(フジテレビ系)では、
    20年も通っているアメリカ古着屋を訪れ、70本もジーパンを持っていることを明かしています」(前出・アイドル誌ライター)

    一説によると、その総額は驚異の6,000万円。
    デニムの皇帝は元国民的スーパーグループとあって、お金のかけ方もスーパーだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1372979/
    2017.11.06 10:14 アサジョ

    【総額6000万円使った!ジャニーズ最強の「趣味人」とは?】の続きを読む

    1: 2017/10/05(木) 12:21:04.67 ID:CAP_USER9
    ジャニーズ以外にジーンズが似合う男性タレントはいないのか。10月2日、毎年恒例のベストジーニスト賞が発表され、一般選出部門でHey! Say! JUMPの中島裕翔(24)と女優の菜々緒(28)が1位に選ばれた。
    また男性部門は今年もジャニーズタレントが票を稼ぎ、上位10名に9名が名を連ねた。変わらぬジャニーズ偏重の流れに、一部ファンから「ジャニーズばっかり」と不満が漏れている。

    ■スキャンダル関係なし?痴漢騒動の中島裕翔が初受賞

    一般選出部門では、女性部門で20,403票を得た菜々緒が1位に。2年連続で受賞した菜々緒は昨年に引き続き
    、お尻を突き出す“菜々緒ポーズ”をサービスした。
    協議会選出部門で選出されたモデルの滝沢カレン(25)も同ポーズを披露し、話題を呼んだ。

    男性部門では、28379票を獲得した中島が初受賞。
    壇上で中島は「身に余る思い。連続受賞、殿堂入りを目指して、カッコつけずに、カッコいいジーンズの似合う人になりたい」と喜びを語った。

    だが中島は、言わずと知れたスキャンダルの常連。
    2014年には、靖国神社の祭りで仲間と路上でバカ騒ぎしているところをキャッチされ、2016年には約20歳の年の差がある吉田羊(年齢非公表)と怒涛の7連泊。果ては酔って痴漢騒ぎを起こした。

    「その年の主演ドラマ『HOPE?期待ゼロの新入社員?』(フジテレビ系)は、スキャンダルも相まって爆死。何かとウワサされるHey! Say! JUMP内では、ボロが出まくっているメンバー。
    わずか一年足らずで、醜聞によるイメージ低下をV字回復したということなのだろうか」(報道関係者)

    中島に続いて2位にKAT-TUNの上田竜也(33)、3位にKis-My-Ft2の玉森裕太(27)、4位に山下智久(32)……と、8位に入ったゆずの岩沢厚治(40)以外、トップ10は全てジャニーズタレント。
    一部ファンから「ジャニーズばっかり」「やらせ感があって私は嫌」「そろそろジャニーズ1グループ 1ジーニストみたいな風習をやめない?」と不満もポロポロ出ている。

    だがこれは今に始まったことではない。一般選出の男性部門のトップは、2005年の氷川きよし(40)を最後にジャニーズだらけ。氷川の前も1993年の福山雅治(48)まで遡らないといけない。

    「ベストジーニスト賞はたしかに一般投票を受け付けているが、どうもジャニーズファンが投票しているだけで偏りが激しい。
    男性部門は“ジャニーズタレントの誰にジーンズが似合うか”を決める賞に成り果てている。世論を十分反映しているかと言えば疑問符がつく」(報道関係者)

    男性部門で偏りが目立つベストジーニスト賞。来年の受賞者も、すでにジャニーズで決まり!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1361529/
    2017.10.05 09:04 デイリーニュースオンライン

    【【Hey! Say! JUMP】中島裕翔が初受賞?ベストジーニスト賞がジャニーズだらけのワケ】の続きを読む

    1: 2017/10/02(月) 17:47:44.92 ID:CAP_USER9
    2日、第34回「ベストジーニスト2017」が発表され、一般選出部門にてモデルで女優の菜々緒が20,403票で昨年に引き続き2年連続受賞。
    都内にて行われた授賞式に出席した。

    “菜々緒ポーズ”再披露

    昨年の授賞式で2012年に発売した写真集の表紙で話題となった、長い脚をクロスしてヒップを突き出す“菜々緒ポーズ”をジーンズ姿のまま披露し話題になった菜々緒。

    今回、ショート丈トップスに、ジーンズパンツにデニムスカートを重ねたようなユニークなボトムを履きこなし登場。
    最後に記者から「今回難しいと思うんですけど…」と恐縮気味にリクエストが飛ぶと、「絶対言われると思ったので一応柔軟してきました」と笑い、サービス精神旺盛に披露。
    沢山のカメラを向けられた。

    来年受賞となれば殿堂入りとなるため、「またカムバックできるように応援して下さい」と来年の舞台でも“菜々緒ポーズ“披露を約束した。

    中島裕翔、初受賞

    そのほか、同じく一般選出部門では初受賞となったHey! Say! JUMPの中島裕翔、協議会選出部門では俳優の別所哲也、モデルの梨花、滝沢カレンが受賞。
    さらに、一般新人部門ではグランプリ・高尾光さん、準グランプリ・脇坂めいさん、アーティスト賞・八軒綾音さんが受賞し、授賞式に出席した。

    第34回「ベストジーニスト2017」TOP10
    <男性>
    1位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)/28,379票
    2位:上田竜也(KAT-TUN)/21,675票
    3位:玉森裕太(Kis-My-Ft2)/16,327票
    4位:山下智久/7,385票
    5位:松村北斗(SixTONES)/2,434票
    6位:増田貴久(NEWS)/1,954票
    7位:永瀬廉(Mr.KING)/1,912票
    8位:岩沢厚治(ゆず)/1,823票
    9位:戸塚祥太(A.B.C-Z)/1,737票
    10位:中島健人(Sexy Zone)/1,622票
    <女性>
    1位:菜々緒/20,403票
    2位:新木優子/4,076票
    3位:北川景子/3,530票
    4位:新垣結衣/3,376票
    5位:石原さとみ/2,421票
    6位:山本美月/1,858票
    7位:新川優愛/1,526票
    8位:広瀬すず/1,385票
    9位:森星/1,379票
    10位:桐谷美玲/1,194票

    (全文)
    http://mdpr.jp/news/detail/1718485

    「ベストジーニスト2017」を受賞した菜々緒
    no title

    no title

    “菜々緒ポーズ”を披露
    no title

    【「ベストジーニスト賞」ジャニーズ勢独占 !1位中島裕翔 2位上田竜也 3位玉森裕太】の続きを読む


    【【KinKi Kids】堂本光一、HeySayJUMPの伊野尾、中島裕翔と食レポ対決www】の続きを読む

    1: 2017/03/08(水) 05:07:00.09 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 3/8(水) 5:03

     関西ジャニーズJr.の新人・道枝駿佑(14)が、日テレ系連続ドラマ「母になる」(4月スタート、水曜・後10時)に出演することが7日、分かった。主演の沢尻エリカ(30)演じる母親の息子で、誘拐されて9年ぶりに姿を現す少年という主要キャストに大抜てき。少年を担当する児童相談所の福祉司を「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔(23)が演じることも決まった。

     14年11月に入所して、まだ2年余り。この日、都内で先輩の中島と2人で取材に応じた道枝は「出ると決まったとき、跳び上がるほどうれしかった」と初々しく笑顔をはじけさせた。

     昨夏にJr.メンバーによる舞台に出演したが、演技経験は少ない。「お芝居は難しいと思った」と話す一方、「水飲ませるシーンがあって、ゲネプロ(稽古)の時は立って飲ませていたけど『これ、顔が見えない』と思って本番では座ってやってみた。やってみたら、先輩から『自分で変えたの? どんどん自分で試したり変えてみたらいいよ』って言ってくれてうれしかった」。14歳ながら自ら考え、行動する姿勢を持つからこそ“大役”が舞い込んだ。

     アイドルの道も、自らの意志で一歩を踏み出した。「家で毎日SMAPさんの曲が流れていた。それから『Hey!―』が好きになって『金田一少年(の事件簿)』(13年、日テレ系)を見て山田(涼介)くんが好きになって、履歴書を送った」と横にいる中島を苦笑いさせながら、自分の意志をはっきりと口にした。

     今年グループ10周年の中島も、入所1年の11歳で木村拓哉(44)の主演ドラマ「エンジン」(05年、フジテレビ系)に出演。「自分はとにかくやんちゃだったけど、(道枝を)見ていてすごく大人っぽい。自分と比べものにならない。初心に帰れるかもしれない」と後輩に刺激を受ける。中島にとっての木村がそうだったように、道枝に背中を見せながら、自身もさらなる成長を遂げる。

     ◆「母になる」 誘拐事件に直面した家族を通して沢尻エリカ、小池栄子、板谷由夏の3人が演じる女性たちが傷つきながらも「母になる」までの物語。沢尻は息子(道枝)が誘拐された後に夫(藤木直人)と別れて一人ひっそり暮らす主人公、小池は息子が“母”と慕う女性、板谷は主人公のママ友を演じる。

     ◆道枝 駿佑(みちえだ・しゅんすけ)2002年7月25日、大阪府生まれ。14歳。14年11月にジャニーズ事務所入所。15年3月にコンサート「春休み関西ジャニーズJr.スペシャルshow」に初出演。同年にSexy Zone、A.B.C―Zらのバックダンサーを務める。映画「関西ジャニーズのお笑いスター誕生!」(8月26日公開)を控える。特技は合気道など。身長162センチ。血液型O。


    沢尻エリカ
    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000047-sph-ent.view-000
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000047-sph-ent

    【【関西ジャニーズJr.】沢尻の息子は14歳!?道枝駿佑が連ドラ「母になる」大抜てき】の続きを読む

    1: 2016/11/25(金)03:29:57 ID:pxE
    みんなヤバイけど、ユウトはマヂでヤバイよな
    顔髪型スタイル性格笑顔演技歌唱力ダンス…
    もう(完璧杉内で欠点)ないじゃん…

    【【画像】平成ジャンプ(特に中島裕翔クン)カッコヨスギじゃない???】の続きを読む

    1: 2016/07/22(金) 08:24:41.61 ID:CAP_USER9
    Hey!Say!JUMP・中島裕翔(22)主演のテレビドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ)と、
    寺尾聰(69)を主演に据えた『仰げば尊し』(TBS)の同時刻ドラマ対決で明暗が分かれた。
    日曜日の夜9時に放送されている両ドラマは、長年続くTBSの日曜劇場枠にフジテレビが戦いを挑んだ格好だ。
    しかし、第1話放送後の視聴率の結果は『仰げば尊し』が11.4%なのに対し、『HOPE』は6.5%とTBSの圧勝でスタートした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    ■露骨な中島推しが最悪の結果に

    事前の評判では、寺尾をメインに学校と部活をテーマにした内容から、『仰げば尊し』に大きなヒットはないだろうと囁かれていた。
    しかしフタを開けてみると、初回は見事『仰げば尊し』の圧勝。この背景には、両ドラマのストーリーとキャスティング力が影響しているとテレビ関係者は語る。

    「『仰げば尊し』は、まず学園ドラマというわかりやすい設定が視聴者を引き付けた。脇役陣に、真剣佑(19)、村上虹郎(19)、佐野岳(24)といった
    “非アイドル路線”の実力派若手俳優が脇を固めています。そうした絶妙なキャスティングが成功したのでしょう。
    一方『HOPE』は、内容が社会派ドラマ。日曜の夜に見るにしては少し重いと感じる視聴者が多かったのかもしれません。
    また露骨な中島推しが見て取れるキャスティングも中島ファン以外には違和感でしかなった」

    中島はドラマ放送前に女優の吉田羊(年齢非公表)との歳の差7連泊愛や、路上で女性に抱きついた事件などが報じられて話題になっている。
    ドラマの内容よりも、ジャニーズ事務所”次期エース”の私生活の乱ればかりがクローズアップされているのが現実で、
    今後も劇的な視聴率上昇は望めそうにないというのが関係者の見方だという。

    「中島の『HOPE』は、最終回にして視聴率3.3%という過去ワースト記録で幕を閉じた『OUR HOUSE』と同じようなパターンを辿るでしょう。
    日曜日夜に放映するには内容が重すぎてドラマ内の人間関係も陰湿。第一話目から視聴者が付いていけない鬱展開もそっくりです。
    一方の『仰げば尊し』は実話を基にした教師と生徒が起こす感動の奇跡が売りで、今後の展開が楽しみになるストーリーとなっている。
    『HOPE』がこのまま低空飛行が続けば、『OUR HOUSE』のように早期打ち切りもあり得るでしょう」(前出・関係者)

    はやくも第一話目から”期待ゼロ”といった厳しい評価が下されようとしている『HOPE』。今後の巻き返しに期待したいが果たして?

    http://dailynewsonline.jp/article/1167448/
    2016.07.22 08:05 デイリーニュースオンライン

    no title

    【【Hey!Say!JUMP】中島裕翔『HOPE』に囁かれる”早期打ち切り”の現実度】の続きを読む

    1: 2016/07/19(火) 11:43:26.92 ID:vZobtY9t0● BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典
    オリコン 7月19日 10時21分配信

     Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演するフジテレビ系連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』
    (17日スタート 毎週日曜 後9:00)の第一話が17日スタートし、初回平均視聴率が6.5%だったことが
    わかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
     
     同ドラマは、囲碁のプロ技士の夢に敗れ、総合商社で働くことになった高卒の主人公・一ノ瀬(中島)が
    サラリーマンとして上司、部下、同僚との闘いや外部、家族との闘いなど社会の壁にぶつかりながら
    成長していくヒューマンドラマ。韓国で大ヒットした連ドラ『ミセン-未生-』を日本の会社構造、社会背景に
    あわせてリメイクしている。
     
     第一話では、母のつてで、総合商社・与一物産のインターンシップに受かり、営業3課で働くことになった歩。
    出社すると、課長の織田勇仁(遠藤憲一)は外回りに出ており、課内にいたのは主任の安芸公介(山内圭哉)
    だけだった。歩は安芸に命じられた書類のコピーも電話対応すらもわからず、使い物にならない。外回りから
    帰ってきた織田は、歩を打合せに連れ出すがそこでも歩は何もできず。ただ座っているだけの歩に対して、
    織田は「明日から来なくていい」と言い放つ。

     突然始まった社会人生活に右も左も分からずに戸惑う歩はもどかしくも、母の自分を想う言葉を受け
    奮起するひたむきさに思わず胸を打たれた。「努力が足りなかった、だから今こんな目に遭っているんだ」と
    人のせいにせず、目の前の仕事に食らいついていく歩の姿は視聴者の共感を呼びそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000397-oric-ent

    【フジテレビ「助けて!」 ジャニーズ主演の新ドラマ 無事大爆死の初回6.5%】の続きを読む

    このページのトップヘ