タグ:中島裕翔

    1: 2019/10/15(火) 16:50:36.17 ID:7M5h/7Pz9
    「第36回ベストジーニスト2019発表会」が15日、都内で開催。
    Hey! Say! JUMPの中島裕翔が3年連続で受賞し、殿堂入りを果たした。

    「ベストジーニスト2019」
    今年で36回目を迎える「ベストジーニスト」は、日本ジーンズ協議会が、ジーンズの良さを多くの方々に知ってもらおうという趣旨で開催しているアワード。

    「一般選出部門」「協議会選出部門」「次世代部門」の3つの部門があり、各部門ごとに毎年選出・表彰される。

    中島裕翔が殿堂入り、山本美月は初受賞
    「一般選出部門」は、総数426,516票の投票の結果、男性は3年連続受賞となる中島、女性は初受賞となる山本美月が選ばれた。

    殿堂入りとなった中島は、嬉しさが隠しきれないほどの笑顔で「本当にこれは名誉ある賞ということで…そして今年で3年連続、ストレートで取らせていただき、心なしか昨年よりもずっしりと重みを感じます。感慨無量です」と盾を手にスピーチ。「本当に投票してくださったファンの皆様、ありがとうございました」と殿堂入りできたことに感謝した。

    そして初受賞の山本は「この度は歴史ある賞をいただき、誠にありがとうございます。まさか自分がいただけるとは思っていなかったので、すごくビックリしています」と驚きの様子で、「普段からジーンズを愛用しているので、8万人近い方々が私のことを頭におきながら投票してくださったことが嬉しいです。ありがとうございます」と笑顔を見せた。

    「協議会選出部門」では、出川哲朗、長谷川京子、E-girlsが選出。
    E-girlsからは代表して楓が発表会に登壇。
    このほか、「協議会選出 特別貢献賞」に、パナソニック株式会社代表取締役専務執行役員/コネクティッドソリューションズ社社長の樋口泰行氏、本年より新設された「次世代部門」に、第31回ジュノンスーパーボーイコンテストにてDDセルフプロデュース賞を受賞した現役高校生・井手上 漠、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」でブルーリボン賞の新人賞をはじめ多くの新人賞を受賞している石橋静河が受賞した。

    第36回「ベストジーニスト2019」TOP10
    <男性>
    1位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)…126,853票
    2位:ジェジュン…97,776票
    3位:永瀬廉(King & Prince)…24,646票
    4位:高橋恭平(なにわ男子/関西ジャニ―ズJr.)…23,120票
    5位:西島隆弘(AAA)…21,324票
    6位:正門良規(Aぇ! group/関西ジャニ―ズJr.)…14,738票
    7位:末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニ―ズJr.)…13,041票
    8位:増田貴久(NEWS)…11,945票
    9位:森田美勇人(7ORDER project)…9,022票
    10位:小瀧望(ジャニーズWEST)…8,504票

    <女性>
    1位:山本美月…79,502票
    2位:新木優子…62,204票
    3位:今田美桜…25,595票
    4位:石原さとみ…21,370票
    5位:中条あやみ…17,630票
    6位:新垣結衣…16.555票
    7位:山本彩…12,320票
    8位:白石麻衣(乃木坂46)…11,941票
    9位:滝沢カレン…10,821票
    10位:森星…10,131票

    http://mdpr.jp/news/detail/1882944

    山本美月
    no title

    昨年に引き続き、マイケル・ジャクソンのターンを披露した中島裕翔(昨年とは違うバージョン)
    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/zEUT/hm/zEUTajLOGpO3qnd4Jwpzqp7fw2RBvK4taD_ucPSsnTw.jpg
    殿堂入りした中島裕翔、初受賞した山本美月
    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/23tZ/wm/23tZMi0DvTIIrks_SExVXb1QSx6b3vq7EQogG4x8VnM.jpg
    (左から)井手上 漠、石橋静河、山本美月、出川哲朗、長谷川京子、楓
    http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/0hNf/wm/0hNf5CO8ElXWqnUG_4_0OBhFAziozszMMc4qJlHkt3o.jpg

    【【ベストジーニスト発表】山本美月、初受賞!Hey! Say! JUMP中島裕翔が殿堂入り】の続きを読む

    1: 2019/08/23(金) 14:51:03.21 ID:OONuRq5N9
    2019年8月23日 12時17分
     Hey!Say!JUMPの中島裕翔につきまとい行為をした疑いで、都内在住の20代女性が逮捕されたことが23日、分かった。デイリースポーツの取材に対し、所属事務所が概ね事実を認めた。

     女性はつきまとい行為を繰り返していたことから、警視庁から警告を受けていたが従わなかったため、逮捕となった。

     Hey!Say!JUMPのファンについては、一部の熱狂的なファンの公共交通機関利用のマナーが改善されないため、今年5月にアリーナツアーが見送りになると発表されたばかり。近年、メンバーの新幹線の移動時に一部ファンがホームに殺到したり、飛行機の搭乗ゲート前の通路をふさぐなどして、一般利用者に迷惑をかけることが問題となっていた。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16969658/

    【【平成ジャンプ】中島裕翔につきまとい行為をした疑いで、都内在住の20代女性が逮捕される】の続きを読む

    1: 2018/12/21(金) 00:17:32.27 ID:CAP_USER9
    人気女優の吉田羊(年齢非公表)が来年早々にも、英ロンドンへの留学のため芸能界を一時的に休業すると発売中の「女性自身」が報じて、芸能界がざわついている。背景には留学そのものではなく、休業→事務所移籍の狙いがあるともささやかれ、現所属事務所との確執も取りざたされている。一方で、遠因としてジャニーズの人気グループ「Hey!Say!JUMP」の中島裕翔(25)との関係があるのでは?ともみられている。

    同誌によれば、来年の吉田のスケジュールは白紙の状態で、ロンドンの演技学校に留学を希望しているという。期間は半年程度とみられるが、この間、現在の所属事務所との契約を解除して、独立へ向けて進むのではないかと報じられた。

    先日発表された今年の「タレントCM起用社数ランキング」では11社(女性部門6位タイ)との契約を持ち、今年も多数の映画に出演。10月クールのドラマでも「中学聖日記」(TBS系)に出演するなど、女優として乗りに乗っている吉田。この絶好調のタイミングでの休業、留学は不可解に思われるのも当然だ。

    ある芸能関係者は「留学というよりも、長年一緒にやってきた事務所の社長との関係があまりよろしくないというのが実情のようです。独立という話も1年以上も前からくすぶっていたようです。だから、独立のためという側面が強く、留学するかどうかはともかく、半年くらいの“充電期間”を置くんじゃないでしょうか」と話す。

    事実、吉田は18日、自身のインスタグラムで女優休業と英国留学をハッシュタグ付きで否定したものの、事務所独立には一切触れていないのだ。

    芸能生活を長く続けていれば、事務所の社長とタレントの関係が悪化することは珍しいことではない。だが、独立となるとやはり穏やかではない。

    一方で、この状態を招いたのは「中島の存在もあるのでは?」とも、ささやかれている。

    吉田が中島と7連泊したと報じられたのは2016年春のことだ。当時、ジャニーズも2人の年の差があまりに開いているとみられることから、あえて大きな問題にはしなかった。その証拠に、その後の吉田の仕事に、大きな支障が出ることもなかった。

    ところが、ある制作会社関係者は「吉田の方に何かおとがめがあったという話も聞かないので、大した問題にはならなかったのでしょうが、やっぱり天下のジャニーズ。周りは“忖度”しますよね。CMや映画の話はスムーズに進んだかもしれませんが、ドラマとなるとジャニーズは強い影響力を持っている。中島との報道以降は、ジャニーズタレントとの共演はもちろん皆無。勝手に顔色をうかがうテレビ局もあったでしょうから、キャスティングが難しいところもあったでしょう」とみている。

    吉田は14年、木村拓哉主演のドラマ「HERO」シーズン2(フジテレビ系)に出演して名を上げたが、中島との交際報道の後は、人気に陰りが見えた時期もあった。

    「事務所としても、文句の一つも言いたいところをグッとこらえたこともあったでしょう。それに吉田が反発したなんていう図式も分からなくはない」と同関係者は言う。

    今回の休業もCMはそのままで、出演映画も来年2月に公開予定。はた目には、活動休止という感じには見られないかもしれない。

    前出の芸能関係者によると「事務所との契約がうまく切れたら、ある程度の期間を置いて、仕事へと戻るつもりだろうといわれています。その場合は、すでに大手の芸能プロとの話が進んでいるなんてウワサもあるくらいです」

    吉田の行く末は、果たして…。

    12/20(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000005-tospoweb-ent

    【<吉田羊(年齢非公表)>“活動休止騒動” 「Hey!Say!JUMP」中島裕翔との7連泊が遠因か】の続きを読む

    1: 2018/10/17(水) 12:34:44.97 ID:CAP_USER9
    2018/10/16 18:14
    https://asajo.jp/60510

     毎年恒例の第35回「ベストジーニスト2018」が10月15日に発表され、一般選出部門にHey!Say!JUMPの中島裕翔と菜々緒が選出された。一般選出部門の男性部門ではトップテンのうち9人をジャニーズ勢が独占。しかも2位のKing & Prince・永瀬廉や3位のKAT-TUN・上田竜也から、10位のジャニーズWEST・小瀧望までの9人全員が異なるグループから選出されるという離れ業を見せた。

    「そんなに都合のいい投票結果があるのかと訝る人も少なくありませんが、これがジャニヲタの結束を如実に示しています。女性ファンは特定のメンバーだけがお目当ての《単推し》がほとんどで、グループ全体を応援する《箱推し》は少ないもの。しかしこの手の賞レースとなると話は別で、自分の担当(推しメンバー)が所属するグループからベストジーニスト賞を輩出するために、各メンバーの担当が力を結集して、候補者一人に票を集中させるのです。要するに組織票なんですが、グループ間で票が割れることにより、公正な投票になっているとも言えます」(芸能記者)

     そこでトップに立った中島は「MEN’S NON-NO」のレギュラーモデルという実績もあり、昨年に引き続いての2年連続受賞には納得の声も多い。票数でも2位のキンプリ・永瀬に2倍以上の大差をつけており、来年の3連覇と殿堂入りにも期待が高まっているようだ。だがその中島に対し、キンプリのファンから疑問の声があがっているというのである。芸能記者が続ける。

    「一般投票の期間中、ネット上の声を拾ってみると、中島よりも『永瀬クンに清き一票を!』という声のほうが多かったのです。それぞれの名前による検索回数を比べてみても、4月以降は常に永瀬のほうが中島を2倍以上も上回っています。ジャニーズ的にも今年はキンプリの年だったことは明らかで、ヘイジャン中島の名前が目立ったとは思えません。それなのにベストジーニスト賞では中島がダブルスコアの圧勝だったのですから、キンプリファンからは中島への不正投票があったのではと、不穏な声もあがっているようです」

     もっともジャニーズにさしたる興味のない層から見れば、トップが中島だろうと永瀬であろうと「それって誰?」だったのかもしれない。

    (白根麻子)

    【【ジャニーズ】ベストジーニスト、中島裕翔の受賞にキンプリ永瀬ファンが猛反発「不正投票」の声もあがる】の続きを読む

    このページのトップヘ