タグ:中島健人

    1: 2016/09/12(月) 23:04:33.36 ID:Djb148ijp
    48Gメンバーも見習え
    no title

    【セクシーゾーン中島健人の握手会対応が凄すぎるwwwwwww】の続きを読む


    【【嵐×セクゾ】大野と中島健人が仲良すぎるwwww】の続きを読む


    【【少クラ】中島健人&河合郁人のコラボCANDY】の続きを読む

    1: 2016/07/17(日) 05:46:10.25 ID:CAP_USER9
    2016.7.17 05:05

    Sexy Zoneの中島健人(22)がホラー作品に初挑戦することが16日、分かった。
    8月放送のフジテレビ系オムニバスドラマ「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」(後9・0)で
    短編5作のうち「押し入れが怖い」に主演する。

    幼少時代から“ほん怖”ファンで念願の出演を果たし、
    「夢だったので感謝しかない。感謝を恐怖でお返ししたい」と視聴者を震え上がらせる熱演を誓った。

    ほんとに大好きな「ほんとにあった怖い話」で中島が初ホラーに挑む。

    1999年から始まったフジテレビの夏の風物詩で実際に起きた恐怖体験を映像化する“ほん怖”。
    今回放送される短編5作のうち、中島は「押し入れが怖い」に主演。
    安アパートに住み始めた美容師の幹也(中島)はある日、閉めたはずの押し入れが3分の1開いていることに気づく。
    そこから聞こえてきたのは、なんと少年の声だった…という身も凍る物語だ。

    中島は今年2月公開の主演映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」でドS男子高校生役、
    2014年のテレビ朝日系主演連ドラ「黒服物語」で夜の街でのし上がる黒服の青年を好演。
    幅広い演技を見せる中島に制作側は「これまで動じないキャラが多かったですが、動揺する姿を見てみたい」とオファー。
    小さい頃からほん怖ファンだった中島は「『よっしゃー!!』って飛び上がりました」と快諾した。

    “ほん怖”に限らず、ホラー映画もよく観ると言うが、「まったく霊感はないんです」と告白。
    しかし、ドラマ撮影中は「家に帰ってからクローゼットをちゃんと閉めて寝ました…」とさすがに怖かったようだ。

    念願のシリーズに初主演する中島は「“ほん怖”の仲間入りができて光栄。
    夢だったので感謝しかない。感謝を恐怖でお返ししたい」と手応え十分。
    ファンの心を熱くさせるフレーズが得意な中島が一転、その怪演で夏の夜をヒンヤリさせる。

    ★過去には稲垣、草なぎ、山ピーら ジャニーズ先輩も多数出演!

    “ほん怖”シリーズには所属するジャニーズ事務所の先輩も多数出演。
    2004年から同番組のストーリーテラーを務めるSMAPの稲垣吾郎(42)が1999年の「白昼のベル」、
    草なぎ剛(42)が2014年の「犯人は誰だ」に出演。他にもKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔(29)や
    玉森裕太(26)、山下智久(31)らが恐怖体験を熱演してきた。


    http://www.sanspo.com/geino/news/20160717/joh16071705050001-n1.html

    【【セクゾ】中島健人、恐怖で恩返し「ほんとにあった怖い話」で初ホラー】の続きを読む


    【【嵐×セクゾ】中島健人の神対応がやばいwwwwww櫻井翔のイケメン点数www】の続きを読む


    【【少クラ】中島健人が考えた岸優太のアダ名wwww】の続きを読む

    1: 投稿日:2016/03/30(水) 04:00:48.08 ID:CAP
    2016-03-29 14:00

    【中島健人/モデルプレス=3月29日】Sexy Zoneの中島健人が主演をつとめる映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」(公開中)が異例の快挙を成し遂げた。
    2月27日より全国160館にて公開中の同作は、3月27日時点で興行収入が10億円を突破。同規模の邦画実写作品で10億円を超えることは異例であり、ここ1年では見られなかった数字を叩きだした。

    同作は、「別冊フレンド」で連載の同名少女漫画を月川翔監督が実写化。「男の子にこんなことしてほしい!」という女子の妄想を赤裸々にかつ楽しく描いたドキドキしっぱなしのラブストーリーとなっている。

    公開5週目を迎えても好調!リピーターも続出

    公開初週は、観客動員数第1位を獲得。そして話題作が続々公開される中、公開4週目まで、前週対比が平均で80%超えの好調を維持。
    公開5週目に入っても着実に動員を続け、公開1ヶ月を迎えた3月27日時点で、観客動員数87万3781人、興行収入は10億930万1600円となった。リピーターも多く、ティーンから社会人、また親世代へと年齢層も広まっている。

    海外進出も

    また日本でのヒットを受け、すでに台湾での公開も決定。加えて、フィリピン、香港、韓国などアジア各国からも続々オファーが舞い込んでいる。

    同作は、映画公開に先駆けて、昨年12月22日・23日の2夜連続でスペシャルドラマが日本テレビ系にて放送され、「黒崎くん」「W壁ドン」など関連するワードがいくつもトレンド入りするなど、ネットを中心に反響を呼んだ。
    このドラマの内容が収録された3月16日発売のDVD&Blu-rayも好調だ。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:モデルプレス http://mdpr.jp/cinema/detail/1574291

    【【Sexy Zone】中島健人主演「黒崎くんの言いなりになんてならない」が異例の快挙】の続きを読む

    このページのトップヘ