タグ:不仲

    1: 2019/07/31(水) 09:13:19.77 ID:188/QRhp9
    一代で帝国を築き上げ、日本の芸能界に「男性アイドルグループ」というカテゴリを定着させた稀代のプロデューサー、ジャニー喜多川氏が亡くなり、また、国民的グループ『嵐』の活動休止が来年いっぱいに迫り、大きな変革期に直面しているジャニーズ事務所。

    そんな中、ジャニーズ事務所の人気グループ『Sexy Zone』(セクゾ)に大変動が起こりそうだと、ジャニーズ事務所に近い芸能プロ関係者は話す。

    「解散説やメンバーの脱退説もささやかれていたセクゾですが、ここにきて、嵐を担当していたスタッフによるセクゾへの大規模なテコ入れと、立て直しを図ることが決まったそうなんです」

    6月4日、『文春オンライン』が、“ポスト嵐”となる『King&Prince』(キンプリ)を売り込みたいジャニーズ事務所が、セクゾに来たオファーも「キンプリを使ってくれ」とゴリ押しし、セクゾが冷遇されていると報じた。

    さらに『文春オンライン』では、メンバーのマリウス葉(19)が、「アイドルをやっている自分は本当の自分ではない」と、悩んでいると伝えている。昨年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)でセクゾはメインパーソナリティを務めたが、番組終了後にマリウスが、「ジャニーズを辞めたい」と、泣きながら関係者に訴えたという。

    また、メンバーの菊池風磨(24)と佐藤勝利(22)が出演する、フジテレビの『アオハル(青春)TV』が9月にも打ち切りになるという話も聞こえてきている。

    「実は、メンバー間の不仲説も浮上していて……。中島健人(25)はかなりの体育会系で、他のメンバーに対して厳しく当たることもあるとか。中島が熱くなってしまうのは仕事への理想が高く、セクゾをより良くしていきたいからでしょうが、厳しいことを言われた佐藤をはじめとするメンバーは落ち込んでしまうこともあるようです。

    キンプリにポジションを奪われつつあり、1月に始まった『アオハルTV』にも早くも打ち切り説が出ているということで、このままではグループとしての活動は頭打ち、最悪解散に至ってしまうのでは、ということで、嵐のスタッフによるセクゾ大改革が行われることが決まったようです」(前出の芸能プロ関係者)

    ジャニーズの人気グループでは、来年いっぱいで活動を休止する嵐だけでなく、関ジャニ∞にもメンバー脱退や解散説もささやかれている。

    「そんな状況のため、“ポスト嵐”の最右翼といわれるキンプリだけでなく、セクゾもうまく立て直して、今後のジャニーズ事務所の屋台骨を支えるグループにしたい、ということなのでしょう。ただ、周囲からは“もう遅すぎるんじゃないか”、“キンプリを優遇し過ぎたのではないか”という声も上がっています。今頃になって立て直しと言われても、冷遇されてきたセクゾメンバーはかわいそうですよね……」(前同)

    嵐のスタッフのテコ入れにより、セクゾが嵐以上の国民的グループに成長することはできるのだろうか? 今後のセクゾの展開に注目だ!

    http://dailynewsonline.jp/article/1945328/
    2019.07.31 07:02 日刊大衆

    【【セクゾ】「不仲&退社」の激ヤバ危機目前で“嵐”魂をテコ入れ 】の続きを読む

    1: 2019/04/26(金) 23:31:33.93 ID:w52VodAK9
    2019年4月26日 23時2分スポーツ報知
    萩原聖人、キムタクと不仲だった「芝居でだけは負けたくない」
    https://hochi.news/articles/20190426-OHT1T50252.html

    萩原聖人
    no title



     俳優の萩原聖人(47)が、26日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)に出演。元SMAPの木村拓哉(46)と不仲だったことをを明かした。

     人気ドラマ「若者のすべて」で木村とW主演だった萩原は「事務所がとにかく小さかったので、そこだけ(大きい事務所)には負けられないみたいな。何とか…に所属している奴らだけには、芝居でだけは負けたくない」と、当時とにかくギラギラしていたという。

     ドラマの監督が「聖人も木村も自信に満ちあふれていて、負けん気の強い若者でした。たまたま聖人と僕が一緒の時に先輩俳優が現れて『次、誰と共演するの?』と聞いたら、『俳優は俺だけっす。後はタレントっす』と言っていた」とエピソードを暴露。このことがきっかけで、ドラマの制作発表の時に「ジャニーズ事務所の木村拓哉です」とわざわざ事務所名を入れて自己紹介したことも明かされた。

     このことに萩原は「覚えてます。拓哉自身も、その前にドラマやって、これから俳優として行くって時だったんで、そういう見られ方をしていたのを、相当カチンと来てたんだろうなって…『望むところだ!』って感じでお互いやってたところは実際あった」と当時を振り返り、「何十年後かにスマスマで俺のこと『嫌いだった』って話してた。そりゃ嫌われますよ…」と反省した。

     現在は「その後、(木村とは)2度共演している。僕は楽しかったです。普通にしゃべって」と仲は修復されていることをアピールした。


    (おわり)

    【萩原聖人、キムタクと不仲だった「芝居でだけは負けたくない」】の続きを読む

    1: 2019/04/05(金) 19:41:15.01 ID:RUkI36t29
    俳優の山下智久(31)が4日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演。ユニット「修二と彰」結成直前の亀梨和也と不仲について明かし、周囲を驚かせた。

    山下はドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)で亀梨とW主演。05年に「修二と彰」名義で主題歌「青春アミーゴ」を歌い、162万枚の大ヒットとなった。

    一世を風靡した2人だが、当時について「バチバチしてましたね」と山下。「カメ(亀梨)は、華麗にウインクを決めて、“きゃー”って言われて。
    僕は男とばっかりつるんでいて、そういうのが恥ずかしいというか」と話し、そういう亀梨に「嫉妬していました」と打ち明けた。

    「今思えば、カメのプロ意識というか、それをできない自分をふがいないと思って…」と当時あった亀梨への反発について説明し、MCの有吉弘行(44)から「正直、仲悪かった?」と質問されると
    「仲悪かったです」ときっぱり。それでも、ドラマの撮影に入る前に「お前のここが嫌いだ」「俺はお前のここが嫌いだ」と思いをぶつけ合ったことで「ゼロになってスッキリしてからドラマの撮影に挑んだ」と振り返った。

    同事務所の「嵐」櫻井翔(37)が「むかついたまま(撮影に)入るんじゃないの。ゼロになるんだ」と驚きの声を上げる中、「毎年お正月は、カメの家で一緒に飲む。4、5年続いている」と、仲良しぶりを明かした。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16270183/
    2019年4月5日 11時14分 スポニチアネックス

    【山P、亀梨和也と不仲だった過去「お前のここが嫌いだ」思いぶつけ合う】の続きを読む

    1: 2019/02/28(木) 08:04:46.30 ID:9C8f7ugu9
    タレントの中居正広(46)が27日深夜放送の日本テレビ「ナカイの窓」(水曜後11・59)に出演。ネットで拡散されている自身の噂について語った。

     番組では「世直しの窓」と題し、ネット社会の問題について中居らが議論。「ネットに流れるウワサを検証」するコーナーでは、「中居とタッキー不仲疑惑」「中居、結婚間近!地元の友人に結婚をにおわせる発言」「(中居の)預金残高100億円よりもっと多い」の3つの噂が取り上げられた。

     滝沢秀明氏(36)との不仲説については「皆が仲が悪いと思うならそれでいいです。面倒くさいもん」と苦笑い。「何で(噂が)出たのか分からない。滝沢に番組に出てもらった時に、本番前にスタッフに仲が悪い噂が出ているって言われて、滝沢に『俺と滝沢は仲が悪いって疑惑が出てたぞ。お前知ってた?』って聞いたら『知ってました』って。『言えよ、お前!』ってなった」と明かし、「それまでも何回も絡んでいて、『いえーい!』とか『こちょこちょこちょ』とか俺がバカみたいじゃん」と笑った。

     結婚間近の噂は「誰が言っているの。25年(ずっと)言われているわ」とバッサリ。100億円超の貯金については、ヒロミ(54)が「100億よりもうちょっとある」と補足したが、中居は「あなたが言ったらリアルになる。ないないない」と全力で否定していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000061-spnannex-ent

    【中居正広、滝沢秀明氏との不仲説の真相語る】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2017/09/19(火) 15:47:45.82 ID:CAP_USER9
    9月19日に放送された『MUSIC STATION ウルトラFES 2017』(テレビ朝日系)で『嵐』の松本潤が櫻井翔との不仲説を一蹴する出来事があった。

    櫻井と松本はこのところ、週刊誌上で不仲説がささやかれている。松本が以前、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)へゲストで出演した際に、司会の有吉弘行から「ほんとはふたり仲悪いんじゃないの?」と冗談で聞かれたことがある。
    このとき松本は「(櫻井は)真面目な仕事ができるし、嵐(での仕事)としてはラップもできる」と櫻井をほめた。一方で櫻井も「(松本は)こうみえて真面目。
    コンサートの打ち合わせは基本、松本が主導。照明の位置、セットの場所、階段の段数、細かいところまでこだわってくれる」とお互いを尊敬し合う発言を繰り返していた。

    しかし、週刊誌の報道や有吉からの追及に対して、的確に答えを返せていなかった。こういったことがあったため、ファンからも“グループでの仲”について疑いの声が出ていた。

    「ZEROの放送に行ってきます」と松本が冗談

    嵐はMステで、『ファイトソング』、『Monster』、『GUTS』の3曲を披露した。番組観覧した人がツイッターに寄せた情報によると、3曲を披露したあと、
    「このあとの『ZERO』も見てね」と櫻井がキャスターの『NEWS ZERO』(日本テレビ系)を見るよう松本が観客に促したという。

    さらに松本は「それじゃZEROに行ってきまーす」と観客に語りかけ、二宮和也から「おいっ」と突っ込みを入れられたそうだ。
    櫻井はふたりのやり取りに苦笑いしていたという。このやり取りにスタジオで観覧していたファンからは大歓声が起きた。放送終了後、櫻井は日本テレビのスタジオに移動してNEWS ZEROに出演したが、
    Mステとは違うテレビ局ということもあり、特にこの件について言及することはなかった。

    これらのやり取りを耳にしたファンはSNS上で《松潤は櫻井のことが本当、どんだけ好きなんだ》などと投稿している。
    今回の松本の櫻井に対するサプライズ演出で、ファンのあいだでは不仲説が一蹴されたようだ。

    ?http://dailynewsonline.jp/article/1356383/
    2017.09.19 10:55 まいじつ

    【【嵐】松潤が櫻井翔との「不仲説」一蹴】の続きを読む

    1: 2017/07/13(木) 17:57:56.29 ID:CAP_USER9
    山下智久、不仲のきっかけとなった亀梨和也の行動とは「すごく嫌だった」「俺は出来ない」
    2017.07.13 13:01
    https://mdpr.jp/news/detail/1700295

    【山下智久/モデルプレス=7月13日】歌手で俳優の山下智久が12日放送のフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜、午後11時~)にゲスト出演した。
    今年4月期のドラマ「ボク、運命の人です。」(日本テレビ系)がきっかけで約12年ぶりにKAT-TUNの亀梨和也とタッグを組み“亀と山P”としてユニット曲「背中越しのチャンス」をリリースした山下。口を利かなかったほど、不仲時代もあったというが、そのきっかけを明かした。

    ◇ウインクや投げキッスが「すごい嫌だった」

    亀梨とは同級生だが、後輩にあたるという山下。「亀は礼儀も正しくて、総武線ラインで一緒によく帰っていた」が、高校に入学し、環境が離れてしまったときに喧嘩してしまった時期があったという。

    当時のことを山下は「僕はすごく男とつるんでいることが多くて、男目線でしか物事を考えていなかった。だから、その世代のジャニーズの方がやるキラキラしたウインクや投げキッスするのがすごく嫌だったんですよ。俺は出来ないなーって。亀はプロ意識でバシバシやっていた」と、自分の考えと亀梨は対照的だったという。

    しかし、山下は「今考えると羨ましかった」と若さゆえの恥ずかしさだったことを告白。その後、2005年10月期に放送されたドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)をきっかけに再び距離が近くなると、山下は「あれはプロ意識だったんだって。自分がどうあるべきか考えてサービスするべきだと考えるようになった」と亀梨のおかげで成長できたことを明かした。(modelpress編集部)

    情報:フジテレビ

    【山下智久、不仲のきっかけとなった亀梨和也の行動】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 2016/09/02(金) 14:52:44.13 ID:CAP_USER9
    年内で解散を発表したSMAPのレギュラー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が、先月29日に放送された。
    今回の放送は解散発表後、メンバーが初めて顔を合わせた収録だったという。
    料理コーナーの「ビストロSMAP」では、リオ五輪の柔道男子で金メダルを獲得したベイカー茉秋(21)が出演。
    和やかなトークが展開された。また音楽コーナーでは歌手の平井堅(44)がゲストとして登場した。
    こちらも稲垣吾郎(42)が平井に扮するキャラクター“堅井堅”を11年ぶりに披露し、笑いを誘った。

    こうした通常運転ぶりにネット上では、やや安心したというコメントもある一方で、一部ファンからは「よそよそしいな」
    「みんな顔が引きつっていた」といった声も挙がっていたようだ。
    こうしたメンバー間の仲をファンが気に留めることは、SMAPに限ったことではない。
    ジャニーズファンにとっては、他のメンバーとの間柄も気になるところのようだ。

    こうした話題は“ポストSMAP”との呼び声も高い人気グループ・嵐に関しても、いわゆる“アラシック”と呼ばれるファンが敏感になっているようだ。

    ■解散危機を呼ぶ、二宮と松潤との関係

    これまでも嵐は、松本潤(33)と他のメンバーの不仲説がたびたび噂されていた。
    特に正反対で合わないという声が大きかったのが、二宮和也(33)との関係だ。 

    デビュー当初から松本は上昇志向が高く、周囲も「第二のキムタク」路線として売り出す方向性を掲げていた。
    その一方で二宮は、制作や演出に興味を持つなど裏方志向が強く、独特のゆるいキャラクターで人気を集めていた。
    この二宮が醸し出す雰囲気が、松本のシャープで尖った性格と相反し、不仲の要因だったと言われている。

    「ともにブレイクや紆余曲折を経て、現在ではお互い見直す部分もあったのでしょう。
    あれだけ尖っていた松本も、今や30歳を越えました。年齢も重ねてだいぶ丸くなってきたようです」(芸能記者)

    しかし、そう安心する嵐のファンも、一部今回のSMAP解散報道で再び心をざわつかせているようだ。

    その理由にはSMAPの解散騒動が発表される少し前に、掲載された二宮の雑誌連載のコメントが挙げられる。
    ここでは嵐の解散について触れていたのだ。二宮は、自身から(の脱退)は絶対ないとした伝えた上で、
    「誰かメンバーが一人でも抜けたら、嵐はやらない」とコメントしている。

    「この連載が掲載された時期は、SMAPも解散騒動の余波が止まないころでした。
    今回実際にSMAPの解散を受け、二宮のこの発言がよぎったファンも多少いたのではないでしょうか」(前出・記者)

    二宮の発言は一見すると、「自身は嵐の存在を大切にしている」と捉える事ができる。
    しかしその反面、「他のメンバーはどう思っているかわからないし、それによって解散もあり得るよ」という風にも解釈できるというのだ。
    こうした意見の食い違いは、SMAP解散に至る、木村拓哉(43)と香取慎吾(39)の間に生まれた溝を彷彿とさせるものがある。

    SMAPの解散が決定した今、嵐にも近い将来そういうことが起こりうると不安感を募らせるファンもいるようだ。
    その不安が現実のものとならないことを祈りたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1189382/
    2016.09.02 12:05 デイリーニュースオンライン

    【嵐の”メンバー不仲”の深刻度 SMAP解散が伝播?】の続きを読む

    1: 2016/07/14(木) 23:18:58.53 ID:CAP_USER9
     タッキー&翼の滝沢秀明(34)が14日、TBS系の「櫻井・有吉THE夜会」に出演し、MCの嵐・櫻井翔(34)との間でかねてささやかれていたという
    不仲説について話し合った。2人は同い年で同じ1995年に事務所に入ったが、滝沢のほうが半年早く入り、また、滝沢はすぐにドラマの主役を務めるなどスタートが違っていた。

     番組では「滝沢と櫻井が13年ぶりの共演」などとして、櫻井がゲストの滝沢を招いた。2人でロケも行い、櫻井は「20年くらい同じ事務所にいるけど初めて」と感想をもらした。

     2人はスタッフも退出した部屋で話し合い、嵐が1999年にメジャーデビューした当時を振り返った。滝沢はすでに多大な人気を誇っていたことから、
    次にデビューするのは滝沢だとの説があった。しかし、後輩の嵐が先を越した。それでも滝沢は「嵐のデビューはうれしかった」と振り返った。

     滝沢は「言っていいか分からないけど」と前置きした上で、「ジャニーさんに言われたんだよね。youはまだデビューさせられないからって」と秘話を明かした。
    ジュニアのメンバーで「全員で送り出してやろうぜ」という話もしていたという。これに櫻井は「みんなで?知らなかった」と衝撃を受けて腕組みした。

     櫻井は「おれはグループが違うからタッキーと話さなかったとかじゃなくて、ちょっとタッキーのことを斜めに見ていた。離れていったと思う。
    反省というか謝りたいなと思ってて」と滝沢への複雑な心境を話し始めた。

     18年前のテレビ番組で、滝沢がヒロミと方を並べてMCをしていたことを櫻井は振り返り「それで段々距離ができたんじゃないか」と、
    嫉妬心があったことを告白。「戦っても…努力する意味あるのかなと思った」と滝沢との違いに次第に自分から離れたことをほのめかした。
    櫻井は「番組を進行することの大変さを知らないで。大人になって気づいた」と謙虚に述べた。

     コーナーの最後では2人は抱き合ってほほ笑んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000110-dal-ent

    【【嵐】櫻井翔と滝沢秀明が不仲説の中13年ぶり共演 サシで話し合い最後はハグ】の続きを読む

    関ジャニ∞の村上信五がMCを務める深夜バラエティ『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に 嵐の二宮和也がゲスト出演した。関西ジャニーズJr.時代から関東ジャニーズJr.にライバル心を持っており「当時は、タッキーが嫌いだった」と公言する 村上に、その二宮が「同じステージで考えるのがおかしい」と指摘。MCのマツコ・デラックスも「ニノから言ってもらうと分かりやすい」と感心した。 【タッキーと関ジャニ・村上の不仲】の続きを読む

    このページのトップヘ