タグ:上田竜也

    1: 2019/01/25(金) 05:04:01.64 ID:Nnr3vHtC9
    2019.01.24 19:32
    KAT-TUN上田竜也「最近職質が止まらない」 告白に嵐も驚き

    KAT-TUNの上田竜也が24日放送のフジテレビ系「VS嵐」(毎週木曜よる7時)にプラスワンゲストとして出演。最近の悩みを明かした。

    ◆上田竜也の悩み「最近職質が止まらない」

    最近の悩みを尋ねられた上田は「最近職質(職務質問)が止まらないんすよね」と告白。

    松本潤から「KAT-TUNだろ?」とツッコミが入ったが「友達と飯食って帰ったりすると、警察の方が俺を見つけて一直線に走ってきて」と詳細に説明。「だいたい3、4人に囲まれる」そうで、「君なにか危ないもの持ってない?」と質問されるという。

    スタジオから驚きの声が上がる中、「もう慣れましたね」とサバサバと語る上田。

    上田が“兄貴”と慕う櫻井翔は「もしお巡りさんなら気持ちわからなくはないよ」と、上田のワイルドな風貌や歩き方など思い当たる節があると言わんばかりにコメント。そこで、2人で並んで歩いている場面を実演することに。

    上田はやや猫背で櫻井の隣を早足で歩き、警察官に扮した三四郎の小宮浩信からすかさず“職質”を受けていた。

    ◆上田竜也、“兄貴”リスペクトも止まらない

    また、1月25日は櫻井の37歳の誕生日。上田は花束を持って登場し「兄貴おめでとうございます」と祝福を込めてプレゼント。

    「対戦相手の方が兄貴をイジったりしたら全力で守りたいと思います」と意気込んでいた。(modelpress編集部)


    https://mdpr.jp/news/detail/1817815

    【【KAT-TUN】上田竜也さん職質されまくるwww】の続きを読む

    1: 2018/11/18(日) 05:06:53.21 ID:CAP_USER9
    2018年11月18日
    KAT-TUN上田竜也:ドラマ「節約ロック」で主演 節約サラリーマンに ライバル役にジャニーズWEST重岡大毅

     人気グループ「KAT-TUN」の上田竜也さんが、来年1月スタートの深夜ドラマ「節約ロック」(日本テレビ)で主演を務めることが18日、分かった。上田さんはロックを愛する30歳の独身サラリーマン・松本タカオ役で、散財癖のせいで彼女から捨てられてしまい、彼女を取り戻すために節約を決意するという役どころ。また、タカオの恋と節約のライバル・稲葉コウタ役で「ジャニーズWEST」の重岡大毅さんが出演すること、主題歌をKAT-TUNが担当することも発表された。

     ドラマは、「人は見た目が100パーセント」などのマンガ家・大久保ヒロミさんが「eBookJapan」で連載中のマンガ「節約ロック」が原作。松本タカオは浪費癖のせいで3年間付き合っていた恋人・マキコに捨てられてしまう。「節約や貯金などロックではない」と抵抗しつつも、マキコを取り戻すために節約してみると、“心の貯金箱”にお金がたまる音が心地よく、また節約とロックに意外なつながりがあることを見いだし、「節約ロッカーとなって貯金をし、マキコを取り戻す」ことを決意する……という内容。

     重岡さんが演じるタカオのライバル・稲葉コウタは、タカオの元カノ・マキコに近づく節約マニアの爽やかイケメン。ド天然のカワイイ系男子で、天性の“陽キャラ”。マキコと食事をしていたところをタカオに目撃され、強烈なライバル意識を抱かれる。

     ドラマは同局の深夜ドラマ枠「シンドラ」で、2019年1月21日深夜0時59分スタート。

     ◇上田竜也さんのコメント

     コメディー作品に出演するのは初めてのことで、僕が演じるタカオというキャラクターも自分とはかけ離れている部分が多いのですが、共演者の皆さんとの台本の読み合わせ中に笑ってしまったり、楽しい空気を感じながら演じていくことが今はすごく楽しみです。その空気感も、どう視聴者の皆さんに伝わるかなと考えてワクワクしています。

     あまり後輩と一緒にドラマのお仕事をする機会がないので、共演する重岡との関係も撮影が進むにつれ、どう変化をしてくのか。そういった部分も楽しみにしています。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    来年1月スタートの深夜ドラマ「節約ロック」の重岡大毅さん(左)と上田竜也さん(C)NTV・JS
    no title


    https://mantan-web.jp/article/20181117dog00m200019000c.html

    【【KAT-TUN】上田竜也:ドラマ「節約ロック」で主演 節約サラリーマンに ライバル役にジャニーズWEST重岡大毅】の続きを読む

    1: 2017/12/11(月) 22:33:41.70 ID:CAP_USER9
    2017.12.11 20:59

    上田竜也、KAT-TUNの将来を語る KinKi Kids堂本光一への思いも吐露

    KAT-TUNの上田竜也が、10日に放送されたテレビ東京系「博多華丸のもらい酒みなと旅2」(毎週日曜深夜2時5分~2時35分)に出演し、これからのKAT-TUNと過去を振り返った。
    同回では、お笑いコンビの博多華丸・大吉の博多華丸と上田らが東京の中野でお酒を飲みながらぶらり旅をした。

    上田は華丸からKAT-TUNの将来の目標について聞かれると、「グループ3人で芝居をしたことないんですよ」と告白し、
    「3人そろって芝居ってのがやってみたいよねって話はメンバー同士でもしてます」と明かした。

    ◆若かりし頃を振り返り「光一さんに迷惑をかけた」

    また、KAT-TUNは元々KinKi Kids堂本光一のバックダンサーを務めており、過去には光一の主演ミュージカル「SHOCK」にも出演。
    当時を振り返り、「光一さんにはすごく、ずっと言ってますけど、迷惑をかけていたのでKAT-TUNは…すごく迷惑をかけていました」と省みた。

    さらに「部活感覚が抜けないというか…ナメくさったKAT-TUNだったので。仕事に対して」と、当時の仕事への向き合い方を振り返り、「これを言っている自分がすごく恥ずかしいですね」と回顧。
    「もし俺が、光一さんの立場で同じ状況のことをジュニアの子にやられていたらぶん殴っていたと思います」と光一の器の大きさを明かした。(modelpress編集部)

    情報:テレビ東京


    https://mdpr.jp/news/detail/1733651

    【上田竜也、KAT-TUNの将来を語る KinKi Kids堂本光一への思いも吐露】の続きを読む

    1: 2017/10/02(月) 17:47:44.92 ID:CAP_USER9
    2日、第34回「ベストジーニスト2017」が発表され、一般選出部門にてモデルで女優の菜々緒が20,403票で昨年に引き続き2年連続受賞。
    都内にて行われた授賞式に出席した。

    “菜々緒ポーズ”再披露

    昨年の授賞式で2012年に発売した写真集の表紙で話題となった、長い脚をクロスしてヒップを突き出す“菜々緒ポーズ”をジーンズ姿のまま披露し話題になった菜々緒。

    今回、ショート丈トップスに、ジーンズパンツにデニムスカートを重ねたようなユニークなボトムを履きこなし登場。
    最後に記者から「今回難しいと思うんですけど…」と恐縮気味にリクエストが飛ぶと、「絶対言われると思ったので一応柔軟してきました」と笑い、サービス精神旺盛に披露。
    沢山のカメラを向けられた。

    来年受賞となれば殿堂入りとなるため、「またカムバックできるように応援して下さい」と来年の舞台でも“菜々緒ポーズ“披露を約束した。

    中島裕翔、初受賞

    そのほか、同じく一般選出部門では初受賞となったHey! Say! JUMPの中島裕翔、協議会選出部門では俳優の別所哲也、モデルの梨花、滝沢カレンが受賞。
    さらに、一般新人部門ではグランプリ・高尾光さん、準グランプリ・脇坂めいさん、アーティスト賞・八軒綾音さんが受賞し、授賞式に出席した。

    第34回「ベストジーニスト2017」TOP10
    <男性>
    1位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)/28,379票
    2位:上田竜也(KAT-TUN)/21,675票
    3位:玉森裕太(Kis-My-Ft2)/16,327票
    4位:山下智久/7,385票
    5位:松村北斗(SixTONES)/2,434票
    6位:増田貴久(NEWS)/1,954票
    7位:永瀬廉(Mr.KING)/1,912票
    8位:岩沢厚治(ゆず)/1,823票
    9位:戸塚祥太(A.B.C-Z)/1,737票
    10位:中島健人(Sexy Zone)/1,622票
    <女性>
    1位:菜々緒/20,403票
    2位:新木優子/4,076票
    3位:北川景子/3,530票
    4位:新垣結衣/3,376票
    5位:石原さとみ/2,421票
    6位:山本美月/1,858票
    7位:新川優愛/1,526票
    8位:広瀬すず/1,385票
    9位:森星/1,379票
    10位:桐谷美玲/1,194票

    (全文)
    http://mdpr.jp/news/detail/1718485

    「ベストジーニスト2017」を受賞した菜々緒
    no title

    no title

    “菜々緒ポーズ”を披露
    no title

    【「ベストジーニスト賞」ジャニーズ勢独占 !1位中島裕翔 2位上田竜也 3位玉森裕太】の続きを読む

    1: 2017/01/18(水) 05:31:14.88 ID:CAP_USER9
    2017-01-17 14:42

    KAT-TUNの上田竜也が17日発売の雑誌「美ST」3月号にて、グループへの熱い思いを明かした。

    ブラックのパンツにブラックのトップスを合わせたカジュアルファッションで誌面に登場した上田。インタビューでは「『ブレない心』の育て方」をテーマに自身との向き合い方や、目標、モットーなどを語った。

    ◆上田竜也、KAT-TUN再開へ熱意「絶対成し遂げたい」

    現在“充電期間”中のKAT-TUN。個人活動に専念している上田は「ソロ活動に全身全霊で打ち込んでいるのも『KAT-TUNを早く再開させたい』という明確かつ絶対成し遂げたい目標があるから」と想いを吐露。

    周囲に対し反抗的な時期もあったそうだが「メンバーが減っていき、3人になった時に本当の意味でやっと根性が定まった」と本音を見せ「そこからは迷いなくグループのために自分にできる全力を発揮しています」と明かした。

    ◆充電中のKAT-TUN、ソロ活動に専念

    KAT-TUNは、2001年に亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田、中丸雄一の6人で結成したが、2006年に「Real Face」でデビュー後、2010年7月に赤西、2013年9月に田中、そして2016年3月に田口が脱退。

    昨年5月1日に開催された10周年記念ドームツアー「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR ”10Ks!”」千秋楽をもって“充電期間”に突入し、現在、亀梨、上田、中丸の3人は個人活動に専念している。(modelpress編集部)

    情報提供:「美ST」(光文社)


    https://mdpr.jp/review/detail/1656102

    【上田竜也「KAT-TUNを早く再開させたい」相次ぐ脱退に本音も】の続きを読む

    1: 禿の月φ ★ 2013/08/05 05:33:38
     人気グループ、KAT-TUNの上田竜也(29)が来年1月9日開幕の
    舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」(演出・蜷川幸雄氏、東京・渋谷の
    シアターコクーン)に主演することが4日、分かった。

     同劇場が入る複合文化施設、Bunkamuraが来年迎える創設25周年記念作。
    上田は2009年の「ロミオとジュリエット」以来の舞台で、蜷川氏から「上田君の強い個性が
    気になっていて、いつか一緒に仕事がしたいと思っていた」と指名された。蜷川作品の出演は
    KAT-TUNのメンバーでは初となる。

     伝説の熊猟師を祖先に持つ兄弟の壮大な絆の物語で、
    エリートサラリーマンの弟役(兄役は未発表)を演じる。

     上田は「蜷川さんとご一緒できるということで、日が近づくにつれ
    心が高鳴っているのを感じています」と喜び、「この舞台では、
    みなさま胸をお借りして精いっぱい務めさせていただきます」と
    気合十分。東京公演は来年2月1日まで同所で。

    ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20130805/joh13080505040000-n1.html
    KAT-TUN・上田を主演に指名した蜷川幸雄
    no title

    【KAT-TUNで初!上田竜也が蜷川幸雄氏演出の舞台で主演】の続きを読む

    このページのトップヘ