タグ:ランキング

    • カテゴリ:
    1: 投稿日:2015/12/23(水) 05:36:56.29 ID:CAP
    オリコンが22日、
    2015年の音楽ソフト年間ランキングを発表し、
    嵐が史上初の11冠に輝いた。

    歌手別の総売り上げを競う
    「アーティスト別トータルセールス」部門を3年連続制覇。

    これで09、10年と合わせて通算5度目の受賞となり、
    中森明菜(50)が持つ歴代最多記録を上回った。

    スポニチアネックス 12月23日(水)5時32分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000000-spnannex-ent

    【【嵐】年間ランクで史上初の11冠!歌手別総売り上げも歴代最多】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 08:47:03.19 0.net

    【ジャニヲタ2万5000人が選ぶ日本一の男性・女性アイドルグループランキング発表】の続きを読む

    1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 16:36:29.41 ID:A+FxG6Xr0.net
    1位 世界に一つだけの花/SMAP
    2位 パラダイス銀河/光GENJI
    3位 硝子の少年/KinKi Kids
    4位 夜空ノムコウ/SMAP
    5位 ギンギラギンにさりげなく/近藤真彦
    6位 宙船/TOKIO
    7位 A・RA・SHI/嵐
    8位 青春アミーゴ/修二と彰
    9位 ガラスの十代/光GENJI
    10位 抱きしめてTONIGHT/田原俊彦

    【ジャニーズ楽曲の知名度ランキングベスト10を考えた】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/08/25(月) 14:46:43 ID:
    2014
    http://matome.naver.jp/m/odai/2139104757256800101
    2013
    http://matome.naver.jp/m/odai/2135877890081574201
    時期はまだまだ早いが今の時点でどう思う?
    自分的に田島と長妻がランクインすると思う

    【2015年Myojo恋人にしたいジャニーズJr.ランキング予想しようず】の続きを読む

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/26(土) 15:19:43.03 ID:2JjOLsiA0.net


    1位 本木雅弘(元シブがき隊)
    2位 長瀬智也(TOKIO)
    3位 岡田准一(V6)
    4位 大沢樹生(元光GENJI)
    5位 岡本健一(元男闘呼組)
    6位 滝沢秀明(タッキー&翼)
    7位 木村拓哉(SMAP)
    8位 山下智久
    9位 川崎麻世
    10位 佐藤敦啓(元光GENJI)
    11位 佐藤勝利(SEXY ZONE)
    12位 堂本光一(KinKi Kids)
    13位 生田斗真
    14位 堂本剛(KinKi Kids)
    15位 赤西仁(元KAT-TUN)


    【俺が適当に考えたジャニーズイケメンベスト30】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 禿の月φ ★ 2013/06/27 05:48:06
    ドワンゴモバイルは26日、同社が運営するdwango.jp
    各サイトにおける2013年上半期のダウンロードランキングを発表した。

    同社によると、着うたランキングでは、2013年に嵐がリリースした
    3曲が第1~第3位を独占。第1位「Breathless」、第2位「Calling」、
    第3位「Endless Game」となった。続く第4位~第6位はKis-My-Ft2が独占した。

    シングルランキングでは、きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」が第1位を獲得。
    第2位・第3位は、ゴールデンボンバーで、第2位「女々しくて」、第3位「Dance My
    Generation」となった。着うたランキングとシングルランキングの第4位~第10位の結果は
    下記のとおりである。

    <着うたランキング> (タイトル/ アーティスト順)
    第1位「Breathless/嵐」、
    第2位「Calling/嵐」、
    第3位「Endless Game/嵐」
    第4位「My Resistance -タシカナモノ-/ Kis-My-Ft2」、
    第5位「キ・ス・ウ・マ・イ ~KISS YOUR MIND~/ Kis-My-Ft2」、
    第6位「運命Girl/ Kis-My-Ft2」、
    第7位「にんじゃりばんばん/ きゃりーぱみゅぱみゅ」、
    第8位「Joy!!/ SMAP」、
    第9位「怪・セラ・セラ/ 山下智久」、
    第10位「ミステリー ヴァージン/ 山田涼介」(>>2以降に続きます)

    ソース:IBTimes
    http://jp.ibtimes.com/articles/45878/20130626/672850.htm

    【嵐がトップ3を独占、2013年上半期ダウンロードランキング集計結果】の続きを読む

    1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2013/04/07(日) 10:10:12.92 ID:???0
    これは異変なのか――。ビデオリサーチ社が年2回実施する「テレビタレントイメージ調査」が3月25日に発表されたのだが、
    男性の“ベスト10”にジャニーズ事務所のタレントが誰一人として入らなかったのだ。

    1位は3回連続で阿部寛。以下、明石家さんま、イチローの順。
    ちなみに女性は、綾瀬はるか、浅田真央、天海祐希という並びになっている。

    「意外でしょうが、前回も“嵐”の相葉雅紀が10位に入ったのがジャニーズの最高順位。
    相葉は“癒し系”と評され、主婦ら幅広い層から支持される人気者。その相葉も今回は16位に陥落。
    その次は“SMAP”の香取慎吾ですが、25位。木村拓哉は前回の50位から圏外に去っています」(テレビ雑誌記者)

    かつては女性誌『an・an』恒例の「好きな男」アンケートで“V15”を達成したキムタクも面目丸潰れだ。

    「今回、ジャニーズに気を使ってか、スポーツ紙などはほとんど報じていませんが、
    81回目になるこの調査は、広告業界ではキャスティングの基礎データになっています。

    10歳から69歳までの男女に知名度・人気度・イメージ評価の観点からスポーツ選手も含めて選ばせるため、
    特定の層ではなく“一般”に人気があるタレントが分かるのです」(広告代理店スタッフ)

    選ばれるにはそれなりの理由があるという。

    「露出の多さよりも質が大事。阿部は映画“テルマエ・ロマエ”のヒットが大きかった。
    さんまは数多くのバラエティーのMCとして高視聴率を上げているようにすべてで文句なし。
    お笑いの“タカアンドトシ”がコンビとして10位に入ったのは、最近の人気、活躍が支持された結果でしょう」(テレビ関係者)

    ジャニーズのテレビ露出度は群を抜くが、「突出して評判になる番組が少ない」と芸能デスクは言う。

    「ジャニーズはグループとしてのイメージが強く、木村拓哉もSMAPのメンバーとしてなら支持されるが、個人では弱いと言われています。
    “AKB48”も、今回の調査では20位内に誰も入っていないように“AKB”の肩書がない個人だと、支持率が下がるのと似ています」

    解散説が流れて久しいSMAPが、なかなか解散しない一因なのかもしれない。
    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2567

    【 人気タレントランクベスト10から消えたジャニーズの “憂き目”】の続きを読む

    1: れいおφ ★ 2013/04/07(日) 17:04:03.02 ID:???0
    女性ファンの黄色い歓声に包まれて躍動しているイメージのあるジャニーズですが、
    今回はあえて、「男性が好きなジャニーズグループ」について聞いてみました。

    1位 嵐
    2位 TOKIO
    3位 SMAP
    4位 関ジャニエイト
    5位 Kis-My-Ft2
    6位 KinKi Kids
    7位 KAT-TUN
    8位 Hey! Say! JUMP
    9位 少年隊
    10位NEWS
    11位V6
    12位Sexy Zone
    13位タッキー&翼
    14位A.B.C-Z

    やはり現在の人気ナンバーワンアイドルである《嵐》が1位に選ばれました。
    五大ドームツアーを行うなど歌手として活躍する一方、メンバー個々がドラマや映画に主演する超多忙な売れっ子です。
    しかしながら、3月で番組終了となったTBS系『ひみつの嵐ちゃん』での自然なトークやお笑い系タレントとの絶妙な絡み、
    フジテレビ系『VS嵐』でのどんな相手チームに対しても真剣勝負でゲームを楽しむ姿、
    さらに、日本テレビ系『嵐にしやがれ』での数々のアニキゲストからのムチャなアドバイスにも果敢にチャレンジする姿など、
    人間味あふれる活躍ぶりが同性からも共感を得ている理由なのでしょう。
    『NHK紅白歌合戦』の司会者や『24時間テレビ』のメインパーソナリティーという大役は、今の人気からすれば当然とも言えますね。

    2位には《嵐》の兄貴分である《TOKIO》がランク・イン。
    『ザ!鉄腕!DASH!!』で15年以上に渡って自然と向き合い体を張ってきた彼らは、《嵐》の良い手本となっているのでしょうね。

    ジャニーズといえども、“歌って踊れるアイドル”というだけでは生き残れない厳しい時代ですが、
    いくつになっても体を張ってチャレンジし続ける姿は、同性にも支持されるジャニーズの一番の魅力なのかもしれません。

    http://news.livedoor.com/article/detail/7569387/

    【「男性が好きなジャニーズグループ」1位 嵐、2位TOKIO、3位SMAP、4位関ジャニ∞、5位キスマイ】の続きを読む

    このページのトップヘ